アーリントンカップ 2019 出走予定馬|想定騎手と推定オッズ|ヴァルディゼールら登場

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

どうも、リッキーです。
ご覧いただきありがとうございます。

NHKマイルCの前哨戦であるアーリントンCの出走予定馬について記載しています。
想定騎手や推定オッズの掲載と有力馬考察や現時点での注目馬を掲載していますので、もしよろしければ最後までご覧下さい。

共同通信杯で4着だったフォッサマグナが人気になりそう。
前走は500万下で、タニノミッションを撃破するなど、能力の高さを見せています。

小粒揃いではあるものの、それはそれで楽しみなレースです。

それでは登録馬をチェックしていきたいと思います。

アーリントンCの出走登録馬

馬名斤量馬名
アズマヘリテージ54岡田
イベリス54浜中
ヴァルディゼール56北村友
オーパキャマラード54松若
カテドラル56シュタルケ
トオヤリトセイト56福永
フォッサマグナ56ルメール
ミッキーブリランテ56坂井瑠
ラブミーファイン54藤岡康
ロードグラディオ56藤岡佑

抽選対象(8/10)

馬名斤量馬名
ヴァンドギャルド56Mデム
サンノゼテソーロ56津村
ジゴロ56
ジャミールフエルテ56池添
ニシノカツナリ56武藤
ニューアビリティ56○○
ヘイワノツカイ56和田
ミッキースピリット56松山
ヤマニンマヒア56武豊
ユニコーンライオン56岩田康

推定オッズ

馬名推定オッズ
フォッサマグナ3.0
ヴァンドギャルド4.3
ヴァルディゼール5.6
ミッキーブリランテ7.0
カテドラル10.6
ユニコーンライオン15.8
ミッキースピリット25.4
ロードグラディオ33.8
ニシノカツナリ62.2
ジャミールフエルテ86.9
サンノゼテソーロ102.4
ラブミーファイン164.2
イベリス176.7
トオヤリトセイト223.6
ヘイワノツカイ236.0
ジゴロ248.7
アズマヘリテージ257.6
オーパキャマラード262.0
ヤマニンマヒア277.0
ニューアビリティ341.6

有力馬考察

フォッサマグナ
≪牡3/黒鹿 藤沢和雄厩舎≫

【前走】500万下 1着
【父】War Front
【母父】Lahib

今回も引き続きルメール騎手とのコンビ。
共同通信杯はG1馬も出走してきたので、その点では強豪揃いの中でのレースでしたので4着でも仕方がないかもしれません。

前走は自己条件に戻って完勝。
共同通信杯では不利を受けていてスムーズな競馬が出来なかった点を含めて考えると侮れないと感じるでしょう。

ただし、ルメール騎手は先約があるので本番では乗れないはず。
今後もルメール騎手を確保するのは難しいので、騎手を変更して挑んでも良かったのではないかと思う部分はあります。

フラワーCの勝ち馬であるコントラチェックがオークスに向かうので、グランアレグリアはNHKマイルCへ向かうということですが、フォッサマグナもNHKマイルCが濃厚。
ダービーだとしてもサートゥルナーリアに騎乗するのは濃厚ですので、どのみちルメール騎手は確保できないことになります。

仕方がないのかもしれませんが、他の騎手で試して欲しかったと思っています。
有力馬考察ではない部分で恐縮ではありますが。

ヴァンドギャルド
≪牡3/鹿 藤原英昭厩舎≫

【前走】毎日杯 3着
【父】ディープインパクト
【母父】Motivator

東スポ2歳Sと毎日杯の2重賞で3着を確保。
この世代の中でも上位の力は持ち合わせていると思いますが、重賞勝ちはなく、ここでは権利獲得へ向けての出走という形になります。

今回のメンバーではヴァルディゼール以外は賞金面での不安を抱えているので、NHKマイルC本番を狙うのであればここで権利獲得を目指すのが手っ取り早いです。

その為、仕上がりで言えばある程度は勝負できるように作っていかなくてはいけなくて、本番を見据えてお釣りを残すことも大事ですが、権利を獲れなければ意味がありません。

前走からの間隔も近いので、1週前は様子見をしているような雰囲気も感じます。
最終リハでどのような時計を刻んでくるのか、そして雰囲気がどうなのかというのはしっかりと確認しておきたいところです。

ヴァルディゼール
≪牡3/鹿 渡辺薫彦厩舎≫

【前走】シンザン記念 1着
【父】ロードカナロア
【母父】ハーツクライ

ここまで2戦2勝と勢いのある1頭。
シンザン記念を制している分、楽なローテーションで本番を迎えられそうです。

今回も引き続き北村騎手が跨ります。
その点ではマイナス要素はないと思いますが、逆に言えばノーザンFの馬にしては消極的な器用。

厩舎初の重賞勝ち馬となりましたが、桜花賞で2着に入ったシゲルピンクダイヤなどもいます。
今後ますます楽しみな厩舎となるのではないでしょうか。

まとめと現時点での注目馬

上でも少し触れていますが、前哨戦に関しては本番前の叩きとして出走する馬、ここを全力で勝ちに来ていて賞金加算や権利獲得を狙う馬の好仕上げと、2通りの考えがあります。
仕上がりの良し悪しも、必ず変わってくるので、地力の高いものの仕上がり8割程度で出走して、完璧に仕上げてきた馬に逆転されるということは何度も見てきました。

ただし、今回みたいに、そもそも抽選組が多いレースだと、除外されたことも視野に入れなければなりませんので、どこまで仕上げてくるのかは分かりません。

その点では賞金はあってアーリントンCには出走できるものの、NHKマイルCで走れるかどうかは分からない馬を狙うのもありじゃないかなと思います。

【アA】ミッキーブリランテ。

重賞で好走歴がある馬ですが、前走自己条件で勝ち星を挙げてOP入り。
賞金面ではまだ不安が残る中で、これから大舞台を考えるとここで権利獲得を狙ってくるはず。

全2勝はいずれも阪神で挙げているもので、ある程度は走れる見立てがあるはず。
勝負してくるならここではないでしょうか。