アーリントンカップ 2018 最終追い切り評価|ラセットの動きは引き続き好調

シェアする

こんにちは、爆穴ブログのリッキーです。
本日もご覧いただきありがとうございます。

この記事では、アーリントンカップの最終追い切りの考察を行っています。
前走の追い切り映像やタイムの比較から今回の状態がどうなのかをチェックし評価しています。

出走馬の情報をまとめていませんでしたが、主な出走馬としてタワーオブロンドン・インディチャンプ、レッドヴェイロンなどが出走を予定しています。

NHKMCを目指すメンバーが顔を揃えていますが、前哨戦仕上げで挑むのか、それともまずは重賞勝利が欲しいのかによって仕上がり具合が違います。
その辺りの考察も入れていきたいと思います。

スポンサードリンク

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アリア【B】

4月11日(水)栗東 坂路(良)
【53.9-39.0-25.5-12.5】

単走強め。
単走扱いとなっていますが、すぐ隣に馬がいるので実質的には併せのような形になりました。

しっかりと加速ラップを刻めていますので、状態が悪いということはないでしょう。
すぐ隣の馬なりの馬に対しても、すんなりと2馬身程の着差を付ける形になりましたので、前に進む力も悪くはないでしょう。

ただ、これまでの追い切り時計をチェックしても、特に変わった様子はありません。
前走時は減速ラップを刻んでいますので、その点では今回の方が時計の出し方は魅力的ですが、全体時計の物足りなさは感じます。

総合的に考えると、Fレビュー時とそこまで大きく変わりなく出走できる見込みです。

イルルーメ【A-B】

4月11日(水)美浦 南W(良)
【5F67.6-51.3-38.0-1F12.3】

単走強め。
近走の結果を見ると有力視はされていない1頭。
ただし、時計の出し方や追い切りの雰囲気自体は決して悪くありません。

それでも特に時計が変わったような印象は受けませんので、現状ではデキキープ程度に見ておく必要があるでしょう。
明け2戦目の上昇分は感じますので、上昇気配としておきますが、大きく変化したとまでは言い切れない内容です。

インディチャンプ【A-B】

4月11日(水)栗東 坂路(良)
【51.6-37.9-25.3-13.0】

2頭併せ強め半馬身程先着。
しっかりと負荷を掛けることができたのは前向きに評価したいと思います。

G1出走の権利獲得へ向けてしっかりと仕上げた印象を受けます。
今回の51.6秒は自己ベストから2番目の時計で、自己ベストを出した1月10日の追い切りは、1月13日に出走した500万下の最終リハでした。

中間の時計は全く出していませんが、前走からの間隔を考えれば仕方がないでしょう。
それでも時計が出ていないので、疲労回復に全ての余念をはらった形です。
最終リハが全てと見ているので、これでも状態は整ったのではないかと見ています。

ウォーターパルフェ【B】

4月11日(水)栗東 坂路(良)
【58.4-42.2-26.7-12.7】

単走末強め。
最後は12.7秒で、反応はしている形。
1週前に強めに追われていますので、これでも状態的には悪いということはないでしょう。

順調に使われているので、上昇しているということも感じませんが、デキ落ちもないと判断できますので、前走程度と見るのが妥当でしょう。

エアアルマス【A-B】

4月11日(水)栗東 CW(良)
【6F84.5-67.3-52.4-38.7-1F12.4】

単走強め。
馬なりの範疇という見方もできますが、少々動かされているので強め表記としておきます。

全体時計はやや物足りないものの、最後は12.4秒で駆け抜けていますので、こちらも状態が悪いということはないと見ていいでしょう。
1週前にラストは好時計を刻む内容を消化。

前走後はシンザン記念に行く予定がハ行を起こして回避するなど問題もありましたが、特に問題なく出走できる見込みです。
仕上がりは今回の方が良さそうです。

ダノンスマッシュ【B】

4月11日(水)栗東 坂路(良)
【55.6-40.8-26.3-13.0】

単走馬なり。
最初から最後までを流すような追い切りを行いました。

前走時は最終追い切りで時計を刻みましたが、今回は1週前にCWで猛時計をマーク。
馬場差を考慮しても、時計的には状態よく挑めそうです。

最終追い切りはあくまで調整と考えるならば決して悪くはないでしょう。
状態的には特に問題なく来ているものと思われます。

タワーオブロンドン【C】

4月11日(水)美浦 坂路(良)
【53.5-38.8-25.5-13.1】

3頭併せ強め半馬身程先着。
先着出来たのは良かったものの、どこか地味に見える追い切りとなりました。

更に1つ付け加えると、これまでの最終リハでは加速ラップを刻むことが当たり前になっていましたが、今回は3ハロンのラップ毎の時計を見ると≪13.3-12.4-13.1≫と、最後に遅れてしまいました。
この中間はどこかスピード寄りの追い切りを消化していて、恐らくはそういうトレーニングを積んできているものと思われます。

それがどういう風に転ぶのかは、ここの結果次第と言えそうです。

ただ、個人的な見立てで行くと、今回はデキ落ちと考えるのが妥当でしょう。
ここを使われてから状態が上向いてくるのではないかと見ています。

パクスアメリカーナ【A-B】

4月11日(水)栗東 CW(良)
【6F83.3-67.4-52.2-38.3-1F11.8】

2頭併せ内強め併入。
全体時計がやや物足りないものの、末の時計は良かったと見ています。

1週前の追い切り時計を見ても好時計をマークしています。
中間の時計を見ても、デキが落ちたとは感じない走りです。

時計的にはここ1週間の時計は良かったですので、上昇気配としておきます。

ピースユニヴァース【B】

4月11日(水)美浦 坂路(良)
【55.3-40.2-25.7-12.5】

2頭併せ強め併入。
加速ラップを刻めていますので、決して状態が悪いということではありませんが、僚馬は馬なりで追われる中での併入は少々地味。

また、時計の刻み方を見ても、前走の方が時計は良かったです。
状態的には前走程度と考えるのが妥当でしょう。

ラセット【B】

4月11日(水)栗東 CW(良)
【6F83.8-66.9-51.8-38.6-1F12.0】

2頭併せ外末強めアタマ差先着。
ゴール後に更に追われるような形となりました。

前走はきさらぎ賞でしたが、そのときと比べても大差は感じません。
前走程度で走れる見込みです。

さらっと書いていますが、伸び脚も豊かで並んでからもう一伸びするところなどは勝負根性もありそうですので、楽しみな1頭です。

レッドヴェイロン【B-C】

4月11日(水)栗東 坂路(良)
【54.1-39.9-26.3-13.0】

2頭併せ強め1馬身程先着。
先着はしていますが、左右にフラフラする場面も見受けられ、全体的には少々地味なものとなりました。

未勝利を勝ち抜いたばかりですが、デキは2走前の未勝利戦2着の時に戻った印象です。
今週の馬場状態を考慮しても、1度も12秒台を刻むラップを刻めなかったのは微妙に映りました。

アーリントンCの最終追い切りのまとめとオススメ馬

今回の追い切りで上昇気配を示したのは、【A-B】評価のイルルーメインディチャンプエアアルマスパクスアメリカーナの4頭でした。
ただ、【B】評価の中でも、ラセットの動きは良かったと感じていて、好走に期待が出来そうです。

注目を集めそうなタワーオブロンドンですが、朝日杯FSを終えてから少々デキはダウンしている印象。
京王杯2歳Sを勝っていることからも、賞金面では不安がありませんので前哨戦仕上げと考えるのが妥当でしょう。
これまでのパターンを変えてきているので、そこだけは気を付けたいですし、これが功を奏するのかどうなのかというのは終わってみなければ分かりません。
これでここをあっさりということになれば、これからが楽しみな1頭です。

以下、オススメ馬です。

  • ラセット
  • エアアルマス
  • パクスアメリカーナ

夏競馬を絶好調の予想サイトで狙う。

7月になりました。
最も競馬で稼げる夏競馬のシーズンです。

夏競馬は「差」が出やすいので競馬予想サイトの実力差がはっきりします。

そんな中で今日は先月から絶好調を維持している競馬予想サイトを紹介たいと思います。

APLI(アプリ)という競馬予想サイトです。

まず、7/1の函館2R。

7/1 函館2R
3歳未勝利
三連単12点✕1000円
的中 1,956,400円

8-9-12(9番人気-8番人気-3番人気)での決着でした。
この荒れたレースをたったの12点で的中しています。

間違いなく普通では買えない馬券です。
この展開を読み切ったのは流石です。

そして、CBC賞も・・・

7/1 中京11R
CBC賞(G3)
三連単30点✕1000円
的中 1,660,900円

4番人気-9番人気-8番人気での決着でした。
こちらは広めに30点買いで的中です。

自信があれば絞って勝負、怪しいときは広く買って勝負。
このバランス感覚は多くの競馬予想サイトの中でもAPLIがトップでしょう。
予想の精度は間違いなく業界トップクラスですし、
APLIで勝負していけば安定してプラス収支を維持していけるでしょう。

堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、
本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

もちろん、APLIはこれ以外のレースでも的中しています。
平均して土日で10〜15本は的中しているイメージです。

固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

「走る馬を見抜く」

基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。
オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。
是非、チェックしてみてください。

APLI(アプリ)に登録する方はコチラ

※メールアドレスだけで登録可能です

スポンサードリンク

シェアする

フォローする