【七夕賞2015】出走予定馬と騎乗予定騎手と推定オッズ

こんばんは、この記事では七夕賞の出走予定馬と騎乗予定騎手と推定オッズを掲載しておきたいと思います。

このレースはサマー2000シリーズの第1戦目。その他、函館記念、小倉記念、札幌記念、新潟記念の計5レースが対象となっています。

それでは早速出走をしている馬達を見ていきたいと思います。

出走予定馬

左から馬名・斤量・騎手・予想オッズ

  • アルフレード 56.0 北村宏 6.4
  • ヴィクトリースター 52.0 – 103.8
  • グランデスバル 52.0 江田照 272.6
  • グランデッツァ 57.0 川田 4.5
  • クランモンタナ 55.0 田中勝 7.6
  • ゲシュタルト 53.0 吉田豊 161.5
  • ステラウインド 56.0 蛯名 18.0
  • ゼンノルジェロ 53.0 熊沢 319.1
  • トウケイヘイロー 58.0 柴田善 6.5
  • トラストワン 54.0 松岡 86.1
  • バーバラ 52.0 – 384.8
  • ヒラボクディープ 56.0 – 24.5
  • フィロパトール 52.0 – 54.3
  • フラアンジェリコ 54.0 田辺 26.8
  • ブロードスター 50.0 – 272.6
  • マイネルディーン 54.0 柴田大 13.5
  • マデイラ 52.0 大野 335.4
  • メイショウナルト 57.0 津村 9.8
  • ユールシンギング 56.0 内田 35.4
  • レコンダイト 55.0 Mデムーロ 3.4

予想オッズはnetkeiba.com様を参照。

展望

レコンダイトは前走目黒記念で2着。オープンの大阪ハンブルクカップの2着などもあり、距離適性は高い1頭。人気を背負いそうだが、前走3着以内は2頭しかいないレースで、近走の成績ならば大崩れは考えにくい。

アルフレードは前走新潟記念3着の実績。前々走では2着には食い込むなど、1400mを使われていた時よりも活躍の幅は広がっていると言えます。

トウケイヘイローは、前走鳴尾記念10着と大敗した形。香港カップでは3着に入る活躍も、昨年、そして休養明けとなった前走鳴尾記念は惜しいレースもありましたが、馬券圏外という結果に。休み明け2戦目で盛り返せるか。

グランデッツァは、昨年のマイルCSで3着に入った実績馬。今年はオープン都大路Sで2着に入る活躍も、重賞では掲示板止まり。比較的堅実に走るタイプで大崩れは少ない1頭も、勝ち切れないレースが続いているのは気がかり。

その他、クランモンタナメイショウナルト等、重賞でもお馴染みの馬が出走を予定しています。

現在、注目しているのはA.人気ブログランキング

この成績で、この斤量は恵まれた感がある1頭。後は追い切りの雰囲気などで決めたいと思います。

以上、七夕賞の出走予定馬と騎乗予定騎手と推定オッズでした。

SNSでのシェアにご協力お願いします!

フォローしてください!