【ラジオNIKKEI賞2015】最終追い切りタイムと5段階評価

こんばんは、今日はラジオNIKKEI賞の最終追い切りタイムと5段階評価について書いていきたいと思います。

3歳の重賞レースで、ハンデ戦です。アッシュゴールドやアンビシャスと言った面々が出走してきました。

しっかりと最終追い切り等を見て、的中を目指したいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アッシュゴールド【B】

7月1日(水)栗東 CW(不良)【4F55.5-39.9-1F12.1】

2頭併せ内末強め1馬身半先着。ゴール後も追われる意欲的な内容でした。ただ、休養明けということもあってか、若干硬さが見受けられる追い切りにも感じます。

アンビシャス【B】

7月1日(水)栗東 坂路(不良)【53.4-38.5-24.9-12.5】

2頭併せ強め1馬身先着。馬体を併せて残り1Fを切ったところでスパート。反応よく伸びた印象です。重賞でも好走経験がある1頭だけに軽視するには危険な動きと言えるでしょう。好走に期待したいです。

キャンベルジュニア【C】

7月2日(木)美浦 南W(重)【4F55.8-41.0-1F13.4】

2頭併せ外馬なり併入。併せた相手(レアリスタ)は掛るほど抑えられた状態でした。時計も平凡で、このメンバーでどこまでという印象も。

グランアルマダ【B】

7月1日(水)栗東 坂路(不良)【54.8-39.4-25.3-12.4】

単走末強め。状態はさほど変化がないように感じます。時計自体は前走の方がよかったですが、不良馬場だったことを考慮すれば、大した差とまでは言わないと思います。

グリュイエール【B】

7月1日(水)栗東 CW(不良)【5F66.2-51.9-37.9-1F12.4】

2頭併せ末強め併入。外に違う併せ馬3頭がいて、コース真ん中を走ってのタイムで、その点を考慮すればこのタイムも良かった程度。重賞でも前と差がないレースをしていた1頭。前走使われた強みも。

ストリートキャップ【B】

7月1日(水)美浦 南W(重)【5F68.0-53.8-39.6-1F13.0】

2頭併せ外末強め併入。ゴール後に鞭が入る内容でした。動き自体はとてもよかったと思います。

ストレンジクォーク【B】

7月1日(水)美浦 南P(良)【5F65.6-50.0-36.7-1F11.8】

2頭併せ外末強め1馬身先着。どちらかというと内に寄った中で行われているので、上のタイムもどこまで信憑性かあるのかという感じですが、残り1Fで促されるとすかさず反応する動きを見せました。青葉賞の時は坂路での追い切りでA評価でしたが、引き続き状態はいいのではないかと見ています。

ナヴィオン【B】

7月1日(水)栗東 坂路(不良)【54.3-39.2-25.6-12.9】

2頭併せ馬なり1馬身先着。最後は僅かながらラップを落とすのですが、好走時はなんとか持ち堪えているので、0.2秒ではありますが、やや疑って見ても良さそう。ただ、今回は不良馬場で力のいる坂路だったということを差し引けば、そこまで気にしなくていい時計なのかもしれません。

ブランドベルグ【B】

7月1日(水)栗東 坂路(不良)【54.5-39.5-25.2-12.6】

単走馬なり。ゆったりと走っていたので、時計はどうなんだろうかと思いましたが、案外出ていたので、それだけ調子がいいということなのかもしれませんね。

ホワイトウインド【C】

7月1日(水)美浦 南P(良)【5F77.4-61.2-46.0-1F15.9】

単走馬なり。坂路をキャンターで消化した後、南Pでの追い切り。こちらもキャンターに近い形で評価に迷うところ。

マイネルシュバリエ【B】

7月1日(水)美浦 南P(良)【67.0-52.5-39.0-1F12.5】

単走馬なり。外ラチ一杯のところを疾走したという感じですね。追えばもう少し時計が出ているだろうと思うような走りで好感が持てます。

マルターズアポジー【A】

7月1日(水)美浦 南W(重)【5F69.1-52.9-38.8-1F12.8】

3頭併せ外末強め1馬身半先着。相手は一杯に追われる中で、外をグングンと伸びる内容でした。好感が持てる走りで、状態はいいように感じます。前走大敗していますが、その時よりかは良さそうです。

レアリスタ【B】

7月2日(木)美浦 南W(重)【4F55.8-41.0-1F13.4】

2頭併せ内馬なり併入。掛かりながらの追い切りで、気性の荒さが出てしまったという感じでした。時計も平凡ですが、抑えなければ時計は出ていたと思います。キャンベルジュニアを行かせたかったということでしょうか。

ロジチャリス【A】

7月1日(水)美浦 南W(重)【4F52.1-37.8-1F12.3】

3頭併せ末強め1馬身先着。状態は良いですね。前走は条件戦を制し叩かれた上積みもありますし、斤量も相変わらずですので、好走に期待が持てる1頭です。

寸評

A評価を付けたのはマルターズアポジーロジチャリスの2頭でした。B評価の中でも、アンビシャスストレンジクォークの2頭は追い切りからは良かった2頭じゃないかなと思います。

その次にグリュイエールとマイネルシュバリエ辺りも調子が良さそうだと伺えます。

レアリスタは評価を迷うところですが、掛かり癖がなければいいのかなという感じですね。ただ、楽に前に行ければ、時計は出せそうな気がします。自分との戦いなんじゃないかなと思いました。

今回の追い切りで良かったと感じたのはA.人気ブログランキング

前走使われたことで、状態は更に良さそうと判断。これまで戦ってきたメンバーが疑問も、好走続けていた1頭。重賞初挑戦でいきなりも。

以上、ラジオNIKKEI賞の追い切りと5段階評価でした。

平成最後の有馬記念は掴む・・・!

こんにちは!久々の爆穴ブログ登場の馬女のマナミです(*´ω`)ノ

さあ!いよいよ有馬記念が迫るンゴねぇ🏇🏻😍

有馬記念が締めくくりという方も多いんかな?
ここは一発、馬券を的中させてぇところですよね!

実はマナミ、今年に入ってから的中率が上がったんですよ☝☝

利用者10万人の競馬指数「うまコラボ」
というサイトを参考にするようになってから的中精度がグーンとUPしたんです!

うまコラボは、『うまとみらいと』の1番凄いコンテンツですよ🏆

今週末から指数は見逃せないです😜

ちなみにコチラは「うまコラボ」の過去4年の有馬記念の指数及び結果一覧です。

(2014年)
1着:ジェンティルドンナ 指数05位/指数値22
2着:トゥザワールド   指数14位/指数値50
3着:ゴールドシップ   指数02位/指数値16

(2015年)
1着:ゴールドアクター  指数03位/指数値21
2着:サウンズオブアース 指数09位/指数値31
3着:キタサンブラック  指数04位/指数値24

(2016年)
1着:サトノダイヤモンド 指数01位/指数値08
2着:キタサンブラック  指数02位/指数値13
3着:ゴールドアクター  指数03位/指数値16

(2017年)
1着:キタサンブラック  指数01位/指数値07
2着:クイーンズリング  指数10位/指数値40
3着:シュヴァルグラン  指数02位/指数値12

*「うまコラボ」の注目POINT💥*

◆指数順位1位~6位まで推奨
◆指数値30以下の馬に注目
◆指数順位が7位以上でも指数値が30以下の時があるので要注意🤚

有馬記念を勝ち進んで2019年へ向かいましょう~👌👌
マナミと一緒に栄光を掴みませう(=゚ω゚)ノ

\ 指数と言えばうまとみらいと😘 /

[無料会員登録]
混戦模様の有馬記念の
指数をチェックする

たった1分の作業で指数をチェックすることができます

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク