宝塚記念2015の予想です【好調馬2頭の馬連ワイド予想】

こんばんは、この記事では宝塚記念の予想について書いていきたいと思います。

上半期最後のG1レースだけに、ここのレースは是非とも当てて終わりたいレースです。

それでは早速宝塚記念の予想を行っていきたいと思います。本日も追い切り好調馬2頭を選んで馬連ワイド1点ずつで勝負していきたいと思います。

予想

宝塚記念の最終追い切り記事はコチラに記載しています。

A評価をつけた馬が多数いて、合計8頭。さすがはグランプリレースだけあるなという追い切りでした。特にメイチで仕上げてきた感じのある馬もチラホラ。難しくさせる要因となっています。

最終追い切りの記事でお薦めの1頭として挙げていたのはA.トーホウジャッカルでした。

間違いなく好仕上がりであろうと思うのですが、さすがに実践からここまで離れると積極的に買える材料は乏しいのかなと思いました。

本当に悩ましいのですが。

そこで、最終予想の段階で変更したいと思います。

まず1頭目ですが、お薦めしたいのがやはりゴールドシップ

今回は、A評価を付けた馬の上昇度より、B評価のゴールドシップの評価の方が高いと判断。ここでも好走出来る材料は整った見るのがいいでしょう。あとは気持ち次第というところですが、この3週間の動きを見ると、とってもいいんですよね。逆に良すぎるくらいの雰囲気があります。追い切りの様子だと、3連覇に十分に期待が持てるんじゃないかと見ています。

もう1頭はD.人気ブログランキング

今回出走する馬との最終追い切り。最後はやや遅れをとったような感じですが、それでも好調を窺い知れる内容。このところ精彩を欠く1頭ですが、スローの流れなら意識しておきたい1頭。

ゴールドシップとD馬で勝負したいと思います。

以上、宝塚記念の予想でした。

競馬で勝ち続ける方法はあるのか?調べてみました

突然ですが、みなさんはどこを参考に予想していますか?

僕は毎回、JRAのホームページや前走映像やデータをチェックして馬券を買っていましたが、月間収支がプラスになりませんでした。

ド下手くそと言われればそこまでなのかもしれませんが、毎週のようにマイナスになるのでお小遣いがドンドン減っていきます。

趣味だからと思っていても、このままじゃホントに家計がヤバいと思って、競馬で勝ち続ける方法を調べまくりました。

その結果、ある一つの答えにたどり着いたのですが、それは、
「予想で本当に大事な事は出走表ではわからない。」
ということです。

自分で予想するとどうしても人気順に近い予想や妥協した馬券になってしまう。
だけど、人と同じ事を考えていては儲からないわけです。

僕が使えるお金は1日3,000円投資、月間予算が3万円程度。
少ない投資で勝ち続ける!これが僕の目標でした。

そこで先にお教えしますが
この競馬サイトを参考にしてから、1年間プラスです!

最初の1ヶ月でわかりました。これは使える!と。

やっと今までと流れが変わってきました。

競馬は勝つ為に必要な情報はたくさんあります。

・今調子がいい選手は誰なのか?
・今日の勝負駆けは誰なのか?
・メイチ仕上げの今日のレースを狙いに来ている馬は?
・今日の有利なコースは?
・勝ちやすいレースはどれ?

皆さんはどれだけ把握できてますか?

仕事の合間、スマホ片手で楽しむ僕には到底把握しきれません。

そこで初めてこの競馬サイトに身を預けてみたんです。

それからというもの最高に気分がよかったです!
以前はず~っとマイナスだったのに、今では毎月プラスで終えてるんですから!

実は、5月に初めて万券バーストにチャレンジしてみたら、
給料の3倍くらいの配当を手に入れちゃいまして・・・これは嫁にはナイショね。

そして忘れもしない、一昨年の函館記念。
一撃915,320円を獲得してしまいました。僕にとってのメモリアルです。
そして・・・競馬やってることが嫁にバレました(笑)

今では休みの日は一応家族サービスを優先しつつ
でも家族で温泉旅行の合間にスマホで競馬を楽しんだりもしてますよ!

僕と同じような境遇の人ww、もしくはちょいっと資金を増やしたい人、

試しにこの競馬サイトの無料予想を使ってみるといいですよ

無料だからといって手抜きはなし。手抜きだとしたらマジで凄い。

的確な予想を出してくれるので、
まずはそこから試してみるのがおススメです。

土曜日と日曜日、それぞれ無料予想情報が出てくるので、しっかりとチェックしてください。
自分ならこんなチャンス、絶対に逃しませんけどね。

無料のお申し込みはコチラ

メールアドレスのみで登録です。
メルマガ以外に有料発売の案内メール等も送信されてきますので、面倒な方はYahooメールなどのフリーメールアドレスをご利用下さると便利です。

SNSでのシェアにご協力お願いします!

フォローしてください!