【ユニコーンステークス2015】最終追い切りと5段階評価

シェアする

こんにちは、今日はユニコーンステークスの最終追い切りと5段階評価について書いていきたいと思います。

ユニコーンステークスは3歳のダート路線の重賞で、この時期の3歳ダート路線はまだ力関係がハッキリとわからなかったりします。

その為、しっかりと中間の動き、最終追い切り等の雰囲気や時計などを気にしながら評価を回していきたいと思います。

スポンサードリンク

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アキトクレッセント【B】

6月17日(水)栗東 坂路(良)【55.3-39.5-25.3-12.7】

単走馬なり。特に大きな変化を感じる追い切りではありませんでした。前走は1週前に同程度、最終はやや時計を押えたものでしたが、今回は最終追い切りで時計を出してきました。その点は若干違うものですが、上にも書いたように、大きな変化は見受けられないものでした。

アルタイル【B】

6月17日(水)美浦 南W(良)【5F68.0-52.8-38.6-1F12.2】

2頭併せ外馬なり併入。2馬身程先行する形で直線へ。最後は抜きつ抜かれつつと馬体を併せての併入でした。時計はいいですので、調子は単純に良さそうです。

イーデンホール【B】

6月17日(水)美浦 南W(良)【4F52.7-38.3-1F13.2】

2頭併せ外末一杯1馬身先着。最後だけ追われただけという内容でした。僚馬の外を回っていますが、それでもコース6分7分を通っており、この時計だとやや心配な点も。ただ、雰囲気は悪いものではありませんでした。

クワドループル【B】

6月17日(水)美浦 坂路(稍重)【54.7-40.4-27.0-13.3】

2頭併せ強め併入。特に変化があったという風には感じません。前走程度のパフォーマンスを見せることは十分に可能でしょう。

ゴールデンバローズ【B】

6月18日(木)美浦 南W(良)【4F54.4-39.4-1F12.9】

単走馬なり。走っている姿に力強さを感じられていいデキだと思います。前走のUAEダービーはわからないので、2走前と比べて、状態はヒヤシンスの頃と比べてもそこまで大差はないと思います。

ダイワインパルス【C】

6月17日(水)美浦 南W(良)【5F71.7-56.2-40.8-1F13.4】

2頭併せ内馬なり併入。時計自体も地味ですが、走っている時の雰囲気は今一つという感じも。併入と書いていますが、実際はクビ差程遅れていますが、ズルズルと後退しており、あまり良くは感じませんでした。

タップザット【B】

6月17日(水)栗東 CW(良)【4F55.9-41.2-1F12.3】

2頭併せ内馬なり併入。ゴール後も緩めることなくスピードを保ったまま走っていて意欲的な乗り込みでした。追い切り自体はゆったりとしたところから、残り1F程度促されると自ら動いていく追い切りでした。

ダノングッド【A】

6月17日(水)栗東 坂路(良)【53.3-38.9-25.3-12.5】

2頭併せ末一杯3馬身先着。相手がバテたということも考えられますが、それでもこの走りであれば立派と言えるでしょう。この馬の一番時計を出してきていますし、人気がないのであれば積極的に狙っても面白いかもしれません。

ノボバカラ【B】

6月17日(水)美浦 坂路(稍重)【55.8-40.2-26.2-12.6】

単走馬なり。時計自体も決して悪くありませんし、状態は平行線と見ていいのではないでしょうか。

ノンコノユメ【B】

6月17日(水)美浦 南W(良)【5F71.5-56.0-41.3-1F13.6】

3頭併せ中末強め併入。最後だけやや強めに追われた追い切りでした。時計自体は地味で、少し疑問の残る追い切りと言ってもいいかもしれません。

ピンストライプ【A】

6月17日(水)栗東 CW(良)【7F98.8-82.0-65.4-50.4-37.0-1F12.2】

単走強め。長い距離を走らされましたが、状態はいいんじゃないかなと思います。追われてからのスライドのスムーズさなどを含めて考えても、まずまず整ったと言えそうです。

ブチコ【C】

6月17日(水)栗東 坂路(良)【52.4-38.4-25.4-13.2】

2頭併せ強め2馬身遅れ。全体を52秒台でまとめてはいますが、最後は持ちこたえられなかったという感じにも見受けられますが、1週前には好時計を出していますし、今回の僚馬は一杯に追われている点を見ると、この差はしょうがないのかなと思います。しかし、最後のラップは1秒近く遅れていて、状態はいつもよりかは悪いのかなという印象です。

マイネルオフィール【B】

6月17日(水)栗東 坂路(良)【55.1-40.0-25.2-12.2】

単走馬なり。前走と変化があるとは思いませんが、雰囲気自体は良さそうに感じます。

マイネルサクセサー【B】

6月17日(水)美浦 南W(良)【4F53.2-38.4-1F13.2】

2頭併せ外馬なり1馬身遅れ。僚馬は内に進路をとって、この馬自身は外を大きく回ってと、併せ調教というより、どちらも単走追いという印象を抱きます。最後は遅れたように感じますが、これは外を回った分と言えるし、だけど、外に膨らんでしまったというのであれば気性面に問題ありそうだし、内外と別れるのが想定外だったのであれば、あまり魅力的に映らない追い切りだと思いました。

ラインルーフ【B】

6月17日(水)栗東 CW(良)【6F81.3-65.7-51.2-38.1-1F12.4】

2頭併せ外一杯1馬身遅れ。遅れはしたものの、時計自体はそこまで悪いものではありませんし、状態は相変わらずいいんじゃないでしょうか。

寸評

A評価を付けたのはダノングッドピンストライプの2頭でした。その他B評価を付けた中でもゴールデンバローズは相変わらず調子が良さそうに感じますし、ラインルーフアルタイルの追い切りの雰囲気は良かったと思います。

今回、中間の動き、そして最終追い切りを見た上で一番良さそうだと思うのがC.人気ブログランキング

状態はキャリアの中でも最もいい仕上がりだと見ていいでしょう。強豪が揃った形となりましたが、この馬も目が離せない1頭と見ていいのではないでしょうか。

夏競馬を絶好調の予想サイトで狙う。

7月になりました。
最も競馬で稼げる夏競馬のシーズンです。

夏競馬は「差」が出やすいので競馬予想サイトの実力差がはっきりします。

そんな中で今日は先月から絶好調を維持している競馬予想サイトを紹介たいと思います。

APLI(アプリ)という競馬予想サイトです。

まず、7/1の函館2R。

7/1 函館2R
3歳未勝利
三連単12点✕1000円
的中 1,956,400円

8-9-12(9番人気-8番人気-3番人気)での決着でした。
この荒れたレースをたったの12点で的中しています。

間違いなく普通では買えない馬券です。
この展開を読み切ったのは流石です。

そして、CBC賞も・・・

7/1 中京11R
CBC賞(G3)
三連単30点✕1000円
的中 1,660,900円

4番人気-9番人気-8番人気での決着でした。
こちらは広めに30点買いで的中です。

自信があれば絞って勝負、怪しいときは広く買って勝負。
このバランス感覚は多くの競馬予想サイトの中でもAPLIがトップでしょう。
予想の精度は間違いなく業界トップクラスですし、
APLIで勝負していけば安定してプラス収支を維持していけるでしょう。

堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、
本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

もちろん、APLIはこれ以外のレースでも的中しています。
平均して土日で10〜15本は的中しているイメージです。

固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

「走る馬を見抜く」

基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。
オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。
是非、チェックしてみてください。

APLI(アプリ)に登録する方はコチラ

※メールアドレスだけで登録可能です

スポンサードリンク

シェアする

フォローする