【日本ダービー2015】出走馬の最終追い切り調教後の馬体重

おはようございます、今日は日本ダービーに出走するメンバーの最終追い切り調教後の馬体重について書いていきたいと思います。

最終追い切りの情報についてはコチラのページをご覧ください。

馬体重

馬番馬 名馬体重計量日前走
11サトノラーゼン4605/28(木)454
2タンタアレグリア4765/28(木)468
23コメート4905/28(木)486
4グァンチャーレ4425/28(木)440
35ダノンメジャー4885/27(水)482
6ポルトドートウィユ4805/28(木)476
47レーヴミストラル4785/28(木)478
8ベルラップ5045/28(木)500
59コスモナインボール4785/28(木)472
10ミュゼエイリアン4805/27(水)478
611サトノクラウン4905/27(水)474
12アダムスブリッジ4765/28(木)468
713リアルスティール5065/28(木)502
14ドゥラメンテ5035/27(水)486
15ミュゼスルタン4725/27(水)470
816スピリッツミノル4785/28(木)476
17キタサンブラック5145/28(木)510
18タガノエスプレッソ4505/27(水)442

大きく疲れが残っているということはないかと思いますが、やはり日本ダービーはレース間隔が近いためか、馬体の回復が1つポイントとなりそう。その点、体重が増えれば良いというものではありませんが、目安にはなります。

上記の体重は最終追い切り後の馬体重の為、これから輸送がありますので、特に栗東馬の当日の馬体重は大事です。

上記を見て、心配に思ったのがE.人気ブログランキング

フォトパドックでは体重があったようにも感じる写真でしたが、体重の増減だけを見ると、やり過ぎた印象を感じます。当日プラス体重、もしくは増減なし程度、マイナス体重で大きく差が出来た場合はやや危険かもしれません。

人気はないですが、コスモナインボールは追い切りも軽いものでしたが、あまり体重が増えていないというのは、やはり本調子ではないのかなという感じがします。

以上、日本ダービーの最終調教後の馬体重の増減でした。

SNSでのシェアにご協力お願いします!

フォローしてください!