【日本ダービー2015】出走馬の最終追い切り調教後の馬体重

おはようございます、今日は日本ダービーに出走するメンバーの最終追い切り調教後の馬体重について書いていきたいと思います。

最終追い切りの情報についてはコチラのページをご覧ください。

馬体重

馬番馬 名馬体重計量日前走
11サトノラーゼン4605/28(木)454
2タンタアレグリア4765/28(木)468
23コメート4905/28(木)486
4グァンチャーレ4425/28(木)440
35ダノンメジャー4885/27(水)482
6ポルトドートウィユ4805/28(木)476
47レーヴミストラル4785/28(木)478
8ベルラップ5045/28(木)500
59コスモナインボール4785/28(木)472
10ミュゼエイリアン4805/27(水)478
611サトノクラウン4905/27(水)474
12アダムスブリッジ4765/28(木)468
713リアルスティール5065/28(木)502
14ドゥラメンテ5035/27(水)486
15ミュゼスルタン4725/27(水)470
816スピリッツミノル4785/28(木)476
17キタサンブラック5145/28(木)510
18タガノエスプレッソ4505/27(水)442

大きく疲れが残っているということはないかと思いますが、やはり日本ダービーはレース間隔が近いためか、馬体の回復が1つポイントとなりそう。その点、体重が増えれば良いというものではありませんが、目安にはなります。

上記の体重は最終追い切り後の馬体重の為、これから輸送がありますので、特に栗東馬の当日の馬体重は大事です。

上記を見て、心配に思ったのがE.人気ブログランキング

フォトパドックでは体重があったようにも感じる写真でしたが、体重の増減だけを見ると、やり過ぎた印象を感じます。当日プラス体重、もしくは増減なし程度、マイナス体重で大きく差が出来た場合はやや危険かもしれません。

人気はないですが、コスモナインボールは追い切りも軽いものでしたが、あまり体重が増えていないというのは、やはり本調子ではないのかなという感じがします。

以上、日本ダービーの最終調教後の馬体重の増減でした。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク