【日本ダービー2015】最終調教追い切りタイムと5段階評価です

こんばんは、今日は日本ダービーの最終追い切りと、調教をみた印象を5段階評価と最後にお薦めの1頭を記しておきたいと思います。

是非、予想の参考にされてみてください。

3歳馬の頂点に立つダービーという舞台で、結果を残せるのはどの馬なのか、しっかりと最終追い切りを見極めていきたいと思います。

【関連】

【日本ダービー2015】有力馬の1週前追い切りと5段階評価です

スポンサーリンク

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アダムスブリッジ【A】

5月27日(水)栗東 坂路(良)【53.4-38.9-25.1-12.6】

2頭併せ強め半馬身先着。状態は若駒Sを勝ち切った時と同じくらい良さそうですね。ラストの一伸びを見ると、やはり今回の方が完成されているのかなと思います。

キタサンブラック【B】

5月27日(水)栗東 CW(良)【6F84.9-68.4-53.2-39.3-1F12.3】

2頭併せ外馬なり1馬身差先着。状態は良いと言っていいですね。いつものアンバランスさを感じるいつも通りの追い切りだったと思います。時計も出ていると言えますし、皐月賞と似たような走りは十分に可能だと思います。

グァンチャーレ【A】

5月27日(水)栗東 坂路(良)【53.2-38.0-24.5-12.1】

単走強め。よく言えば今年初戦となったシンザン記念を勝った時のような雰囲気。かなり仕上げられてきたという印象を抱く追い切りで、惑星になりそうな雰囲気も。

コスモナインボール【C】

5月27日(水)美浦 南W(良)【5F74.6-58.4-43.7-1F15.2】

単走馬なり。ん…??出走する気があるのか微妙なところですね。一応、この前に坂路でもキャンター程度で走っているので、あまり負荷をかけたくないながらもってところでしょうか。

コメート【A】

5月27日(水)美浦 坂路(良)【54.2-39.1-25.8-12.9】

単走馬なり。状態は比較的いいんじゃないかなと思うのですが、どうでしょうか。前走皐月賞10着の時の追い切りと比べれば、時計自体は単純に出ています。

サトノラーゼン【C】

5月27日(水)栗東 CW(良)【4F53.7-42.6-1F13.1】

2頭併せ内馬なり半馬身遅れ。レース間隔が近い為かだいぶ抑えた最終追い切りでした。時計も落ちていますが、雰囲気もやや悪い印象を受けました。

スピリッツミノル【A】

5月27日(水)栗東 CW(良)【6F81.3-65.2-50.8-37.4-1F12.4】

2頭併せ外一杯半馬身先着。外ラチ一杯のところを周回してのタイムでかなり好感が持てる仕上がり。最後もビシビシ気合が入って半馬身抜け出したところがゴール。より実践近い形で仕上げられた印象で、メイチの仕上がりと言えるでしょう。

タガノエスプレッソ【B】

5月27日(水)栗東 CW(良)【7F94.3-79.6-65.2-51.5-38.8-1F13.1】

3頭併せ中末強め大差。3頭併せでしたが、相手がどちらも早々にバテた格好で、内容としては疑問符が付くところ。それでも雰囲気はいいです。

ダノンメジャー【B】

5月27日(水)栗東 坂路(良)【54.0-38.9-24.8-12.6】

2頭併せ馬なり2馬身先着。状態は良さそうですね。前走の方が若干雰囲気としては良さそうなのですが、そこまで大きくデキ落ちと感じるものではありません。

タンタアレグリア【A】

5月27日(水)美浦 南W(良)【5F69.1-53.8-39.1-1F12.5】

3頭併せ内強め併入。2頭を先行させての実践に近い追い切り。追われると重心を低くして伸びの良い脚を見せました。7分どころを通ってはいますが、ラスト1Fタイムも優秀ですし、状態は良いといえるでしょう。

ベルラップ【A】

5月27日(水)栗東 坂路(良)【54.5-39.2-25.0-12.2】

2頭併せ末一杯1馬身半先着。坂路の内を通っての追い切りで、外を回ってもそこまで大きくタイム差が開くものではありませんが、負荷をなるだけかけたくないのかなと思える内容でした。ただ、最後は鞭が飛ぶ中での追い切りで、時計自体も優秀。1週前の時計も文句なしで、仕上がりは良好と言えるでしょう。

ポルトドートウィユ【B】

5月27日(水)栗東 坂路(良)【53.2-38.8-25.5-12.8】

2頭併せ強め併入。この日坂路2本目。キャンターで慣らした後に、最終追い切りを終えました。良い意味でも悪い意味でも平行線なのかなと思える内容でした。

ミュゼエイリアン【A】

5月27日(水)南W(良)【5F69.3-52.9-38.5-1F12.8】

2頭併せ馬なり2馬身差先着。前走よりデキは今回の方が良いですね。好感が持てる追い切りでした。

ミュゼスルタン【A】

5月27日(水)美浦 南W(良)【6F82.8-67.2-53.0-38.6-1F12.8】

2頭併せ末強め1馬身先着。ゴール後も追われるハードな追い切りでした。短期間ですが叩き3走目。前走はNHKマイルC3着でしたが、その時より前進が見込める内容だと思います。

リアルスティール【A】

5月27日(水)栗東 坂路(良)【54.6-39.8-25.7-12.4】

2頭併せ馬なり2馬身先着。ド迫力とまではいいませんが、涼しい顔をして僚馬を引き離すところはやはり大物感漂う追い切りでした。1週間前に強く追われているので、最後は流した格好ですが、それでも好タイム。ダービー制覇で準備万端と言えるのではないでしょうか。

レーヴミストラル【B】

5月27日(水)栗東 CW(良)【6F86.4-69.6-53.6-38.9-1F12.0】

2頭併せ内強め1馬身先着。相手に待ってもらうなど、状態は今一つなのかなと思ったのですが、相手が走ったということでしょうか。時計は優秀ですが、それ以上に内容には疑問符が付くものでした。首の位置も高いように感じますし、やや不安視出来る1頭ではないでしょうか。時計は好タイムを出しているのでB評価で。

木曜追い切り

サトノクラウン【A】

5月28日(木)美浦 南W(良)【4F54.6-39.6-1F12.5】

3頭併せ中馬なり半馬身と1馬身先着。状態は良さそうですね。雰囲気もいいですし、タイムも出ていますし
、本番へ向けて体制は整ったと言えるでしょう。

ドゥラメンテ【A】

5月28日(木)美浦 南W(良)【4F53.1-38.6-1F12.5】

3頭併せ中1馬身先着。3頭の中でも目立った追い切りでしたね。皐月賞馬となって、オーラが出ているといっていいでしょう。それくらい雰囲気はいいものを感じます。

除外

ケツァルテナンゴ【B】

5月27日(水)栗東 坂路(良)【53.8-39.2-25.6-12.6】

単走強め。状態はやや下降気味かなと思います。硬さが見え隠れしているのかなという感じがしてしまいます。

マイネルサクセサー【B】

5月27日(水)美浦 南W(良)【6F84.5-68.3-53.2-38.9-1F12.7】

3頭併せ外馬なり1頭大差、1頭2馬身差先着。やや促されるとスムーズな加速をかけていきました。デキはいいと思います。

寸評

5月28日…木曜追い切り馬を追加しました。

やはりダービーということもあって、どの陣営もメイチの仕上がりって感じがしますね。ピークに仕上げたんだろうという気配がヒシヒシと伝わってきます。

A評価を回したのはアダムスブリッジグァンチャーレコメートスピリッツミノルタンタアレグリアベルラップミュゼエイリアンミュゼスルタンリアルスティールと多数(水曜追い切り馬のみ)。

中でも追い切りで凄さを感じたのがC.人気ブログランキング

馬の方は完成された印象で、鞍上がヘマさえしなければダービー制覇も可能のところにいるんじゃないかなと思います。

※木曜日追い切り馬の中で、C馬を超える仕上がりだと思う馬がいた場合は変更いたします。

※変更はありません。

以上、日本ダービーの最終追い切りタイムと5段階評価でした。

王道

主役不在の菊花賞で特大万馬券を狙い撃つ

ノーザンF生産馬が上位独占した、ローズS・セントライト記念を的中!満を持して牡馬クラシック第3弾『菊花賞』の提供が決定したそうです!

今週末行われる牡馬クラシックのラストを飾る菊花賞。

今年は、皐月賞馬サートゥルナーリアが、前哨戦の神戸新聞杯を完勝したにも関わらず事前の情報通り菊花賞をパスし天皇賞秋へ向かい、また日本ダービーを制したロジャーバローズは屈腱炎を患い残念ながら引退と2冠を制した両馬不在。

また、毎日王冠を古馬相手に末脚一閃で制した日本ダービー2着馬ダノンキングリーやセントライト記念を制したリオンリオンも不在。

となれば、3歳世代の実力上位馬がおらず、皐月賞2着、日本ダービー3着とクラシック戦線で実績のあるヴェロックスに人気が集まることが予想されます。

ヴェロックスにも不安材料がないわけではない。

新種牡馬として2018年から産駒がデビューしたジャスタウェイ。デビュー直後の2歳戦を賑わせ勝利数を増やしたが、未だこの産駒から重賞ウィナーが表れていない。

その代表格と知られるヴェロックスだが、果たして菊花賞のタイトルを手にすることができるかに牧場関係者も注目しているに違いありません。ここまでおぜん立てされている状況下で結果を残せるのか。

────────────────

菊花賞提供M氏直近的中実績

9月14日松戸特別 馬連24.1倍
9月15日ローズS 3連単107.0倍
9月16日セントライト記念 3連単586.9倍

▼【王道~外厩特選情報~】詳細はこちら

\ 登録無料 /

無料の会員登録はこちら

メールアドレスを入力するだけ

無料メルマガ登録後、【外厩特選情報】の詳細はTOPページより確認できます↑

近年波乱傾向の強い菊花賞らしい一筋縄ではいかないレースとなることが濃厚。

全馬初めての「3000m」という長丁場の未知なる挑戦。
どの陣営にもチャンスがあり、昨年の10万馬券や一昨年の55万馬券など条件戦上がりの馬が高配当を演出していることから伏兵馬の台頭に着目し精査。

調教後の様子など続々とレポートが届くの取材班が追いかけてる各馬情報は要チェックです。

今年の菊花賞を当てたい人は、登録してみる価値はあるでしょう!

\ 登録無料 /

無料の会員登録はこちら

メールアドレスを入力するだけ

スポンサーリンク

SNSでのシェアにご協力お願いします!

フォローしてください!