ヴィクトリアマイル2015の予想 好調馬2頭馬連ワイドで勝負

こんにちは、今日はヴィクトリアマイル2015の予想を行っていきたいと思います。

牝馬路線の春のG1はここで終わりですが、ここから安田記念に出走してくるメンバーもいますので、どういったレースだったかはしっかりと振り返っておきたいレースです。

まずは、出走表を見ていきたいと思います。

ヴィクトリアマイル2015の出走表
クリックで大きくなります

1番人気となりそうなのはヌーヴォレコルト、7枠15番と外枠からのスタートとなりました。2番人気となりそうなディアデラマドレは3枠6番、連勝で阪神牝馬Sを制したカフェブリリアントは1枠2番とこちらは内枠に入りました。

過去の枠別成績(下図)で見ると、4枠と5枠が未勝利。

また、7枠と8枠は勝率が低くなっていますので、ヌーヴォレコルトにはやや厳しい数字とも言えるかもしれません。

しかし、基本的には内外はあまり意識しなくても良い過去の傾向かと思います。

ヴィクトリアマイル2015の過去の枠別成績

それでは予想を行っていきます。

ヴィクトリアマイルの予想

最終調教追い切りでお薦め馬として挙げていたのはウエスタンメルシーでした。

穴を狙ってウエスタンメルシーを挙げてもいいのですが、前走を見直すとそこまで強いレースをした印象がありません。前走が福島牝馬ステークス組も好走率が低いですし、それなりのメンバーしか集まらないというのが、ここでの凡走に繋がるのかもしれません。前走9着ではあったものの、それから比べると今回は上昇気配の漂うのですが、前走のレースレベルを考えると、ここではどうなんだろうかというのが本音。

その点を嫌って、今回は追い切りで好調だとは思いましたが、軽視したいと思います。

その他、追い切り記事で評価したのは、ショウナンパンドラタガノエトワールミナレットレッドリヴェールをA評価、B評価の中でも、ヌーヴォレコルトスマートレイアーディアデラマドレは評価できる内容でした。

その中から1頭目を選ぶとすると、レッドリヴェールを選びたいと思います。

追い切りの雰囲気もよく、1週前の段階でも完成されていました。馬体も素晴らしいとまでは言えませんでしたが、程よくすっきりとしていました。昨年の桜花賞2着馬だけに、マイル適正も高いと言えるでしょうし、総合的に考えるとこの馬が一番目に挙げられます。

もう1頭はF.人気ブログランキング

こちらも追い切り記事ではA評価ではなかったものの、前走からの引き続き同じ状態という意味でのB評価で、前走と変わりなく走れていると思います。

こちらはマイル適正という意味で言えば、やや懐疑的な見方もできますが、東京では既に重賞勝ちを収めている1頭。このメンバーならば能力は高いと言えるでしょう。

この2頭の馬連とワイドで。

SNSでのシェアにご協力お願いします!

フォローしてください!