フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

【阪神大賞典2015】出走予定馬と騎乗予定騎手とプレ予想

2015/3/16/

おはようございます、この記事では阪神大賞典出走予定馬と騎乗予定騎手と予想オッズを書いていきたいと思います。最後にはプレ予想という形で現時点でお薦めの1頭を書いておきたいと思います。

天皇賞春へと続く大事な前哨戦。過去1番人気が【3-4-2-1】で馬券に絡む率が激高なんですが、果たして今年はどのような決着となるのか楽しみですね。

出走予定馬

左から馬名・斤量・騎乗予定騎手です。

  • カレンミロティック 56.0 M.デムーロ
  • ゴールドシップ 58.0 岩田
  • サイモントルナーレ 56.0 --
  • スズカデヴィアス 55.0 藤岡祐
  • スノードン 56.0 --
  • デニムアンドルビー 54.0 浜中
  • トーホウジャッカル 57.0 酒井
  • フーラブライド 54.0 幸
  • メイショウカドマツ 56.0 武豊
  • ラストインパクト 57.0 菱田
  • ラブリーデイ 57.0 シュタルケ

 

新旧菊花賞馬対決という感じがしますが、やはり注目はゴールドシップとトーホウジャッカルと見ていいでしょう。

ゴールドシップは有馬記念3着後に挑んだAJCCではまさかの7着と、1番人気の期待を裏切る結果となりました。敗因は色々と言われていますが、ローテーションの問題だとか、後方からのレースで捲るタイミングを見誤った、等々と言われていますね。

私はもっと単純で、走る気がしなかったんじゃないかなと見ているんですけど、ここではどうでしょうか。1週前の追い切りを見る限りだと、好調とは言わないまでも、だけどタイムは出しているので、今週の仕上がり次第という感じもします。

3月11日(水)栗東 坂路(重)【51.4-38.2-25.7-13.3】

 

対してトーホウジャッカルは昨年の菊花賞馬。菊花賞の内容も強いの一言で、神戸新聞杯では最速の上がり3F34.8秒を出し3着。菊花賞は神戸新聞杯の上がり最速馬を抑えるのは鉄則と言われていますが、その言われ通り菊花賞を優勝しました。しかも、レコードのオマケつき。

ここ2週間の調教を掲載しておくと、

3月4日(水)栗東 坂路【52.6-38.7-25.6-12.9】

3月11日(水)栗東 CW【6F82.8-39.0-1F12.4】

という内容でした。どちらも好時計なのですが、物見をしたりとあまり良い内容とは言えないようです。1週前は動画がないので、ニュースサイトで知ったのですが、こういうマイナスの事を書かれると、勿論、最終追い切り次第ですが、手を出したくないという気持ちになってしまいますね。

 

上記の2頭が有力視されていますが、その他、今年は中山金杯・京都記念と2連勝を収めているラブリーデイ。その京都記念で2着に入ったスズカデヴィアス、昨年の宝塚記念で2着に入ったカレンミロティック、昨年躍進したラストインパクトと、少頭数ながらかなりのメンバーが揃いました。

 

好メンバーが顔を合わせた阪神大賞典ですが、上記の中で今現在で注目しているのがA.人気ブログランキング(71位辺り)

1週前の調教が優秀で、

3月11日(水)栗東 坂路【52.5-38.6-25.2-12.4】

綺麗にラップを刻んでいる点を高評価。最終もこの程度のタイムを出していれば、全く問題なく仕上がったと評価できるのではないかと見ています。

以上、阪神大賞典の出走予定馬と騎乗予定騎手とプレ予想でした。

 

長距離で予想材料が乏しい天皇賞春こそ、プロ予想家にまず聞いてみよう。

1.週末の無料買い目はいつも楽しみ

【最新的中実績】

竹下かおり監修レープロ、天皇賞春週無料予想は以下をクリック

【公式】レープロの詳しい情報はコチラから

2.元調教助手 田端正照氏重賞無料公開予定

【最新的中実績】

田端正照の重賞無料予想はメールアドレスのみで受取可能!

【公式】シンジゲートの詳しい情報はコチラから

レープロ・シンジゲートの2つは頼もしい情報を与えてくれますので、まずは登録されて得られる情報を増やしてみて下さい。

-出走予定馬