【フェブラリーステークス2015】出走登録馬と騎乗騎手とプレ予想

こんにちは、今日はフェブラリーステークスの出走登録馬と騎乗予定の騎手、最後にプレ予想という形でおすすめの1頭を残しておきたいと思います。

コパノリッキーとエアハリファは優先出走権を持っている為、この2頭は回避をしなければ出走ができ、またレーティング上位も出走が可能となります。賞金順に並べていますのでご覧ください。

スポンサーリンク

出走予定馬

登録馬21頭、フルゲート16頭。

  • エアハリファ 57.0kg 三浦
  • コパノリッキー 57.0kg 武豊
  • ワンダーアキュート 57.0kg ベリー
  • ハッピースプリント 57.0kg 吉原寛
  • グレープブランデー 57.0kg 北村
  • サンビスタ 55.0kg デムーロ
  • ベストウォーリア 57.0kg 戸崎
  • ローマンレジェンド 57.0kg 岩田
  • カゼノコ 57.0kg 浜中
  • インカンテーション 57.0kg 内田
  • ワイドバッハ 57.0kg 蛯名
  • シルクフォーチュン 57.0kg 未定
  • サトノタイガー 57.0kg 御神本
  • キョウワダッフィー 57.0kg 福永
  • レッドアルヴィス 57.0kg 勝浦
  • コーリンベリー 55.0kg 松山
  • —–以下、除外対象————-
  • アドマイヤロイヤル 57.0kg 横山
  • アドマイヤサガス 57.0kg 未定
  • ゴールスキー 57.0kg 未定
  • キョウエイアシュラ 57.0kg 石橋脩
  • ベルゲンクライ 57.0kg 吉田豊

有力馬の考察とプレ予想

昨年はG1(級含)3勝のコパノリッキー

昨年、このレースを最低人気で制すると、かしわ記念・JBCクラシックとJpn1レースで結果を残してきた。

チャンピオンズカップは二桁着順に敗れたものの、東京大賞典ではきっちりと巻き返し2着、ホッコータルマエには届きませんでしたが、それでも結果を残した1年でした。

今年の初戦となった東海Sでは、初騎乗となる武豊騎手を背に、4馬身差をつける圧勝でした。

今年もレースレベルもそこまで大差なく、今回も逃げ切り勝ちの可能性は十分にあるとみていいでしょう。

前走根岸Sを1番人気に制したエアハリファ

武蔵野Sで2着やその前走アハルテケSを優勝するなど、東京1600mも問題なくレースが出来る点はポイントが高いですね。

その他、武蔵野Sを優勝し、根岸Sを2着という結果を残したワイドバッハ、川崎記念で2着に入ったカゼノコ、地方からはハッピースプリントが出走を予定しています。

現段階で注目しているのは、

A.人気ブログランキング

人気になるけれど、このメンバーならば仕方がないというところでしょうか。

王道

主役不在の菊花賞で特大万馬券を狙い撃つ

ノーザンF生産馬が上位独占した、ローズS・セントライト記念を的中!満を持して牡馬クラシック第3弾『菊花賞』の提供が決定したそうです!

今週末行われる牡馬クラシックのラストを飾る菊花賞。

今年は、皐月賞馬サートゥルナーリアが、前哨戦の神戸新聞杯を完勝したにも関わらず事前の情報通り菊花賞をパスし天皇賞秋へ向かい、また日本ダービーを制したロジャーバローズは屈腱炎を患い残念ながら引退と2冠を制した両馬不在。

また、毎日王冠を古馬相手に末脚一閃で制した日本ダービー2着馬ダノンキングリーやセントライト記念を制したリオンリオンも不在。

となれば、3歳世代の実力上位馬がおらず、皐月賞2着、日本ダービー3着とクラシック戦線で実績のあるヴェロックスに人気が集まることが予想されます。

ヴェロックスにも不安材料がないわけではない。

新種牡馬として2018年から産駒がデビューしたジャスタウェイ。デビュー直後の2歳戦を賑わせ勝利数を増やしたが、未だこの産駒から重賞ウィナーが表れていない。

その代表格と知られるヴェロックスだが、果たして菊花賞のタイトルを手にすることができるかに牧場関係者も注目しているに違いありません。ここまでおぜん立てされている状況下で結果を残せるのか。

────────────────

菊花賞提供M氏直近的中実績

9月14日松戸特別 馬連24.1倍
9月15日ローズS 3連単107.0倍
9月16日セントライト記念 3連単586.9倍

▼【王道~外厩特選情報~】詳細はこちら

\ 登録無料 /

無料の会員登録はこちら

メールアドレスを入力するだけ

無料メルマガ登録後、【外厩特選情報】の詳細はTOPページより確認できます↑

近年波乱傾向の強い菊花賞らしい一筋縄ではいかないレースとなることが濃厚。

全馬初めての「3000m」という長丁場の未知なる挑戦。
どの陣営にもチャンスがあり、昨年の10万馬券や一昨年の55万馬券など条件戦上がりの馬が高配当を演出していることから伏兵馬の台頭に着目し精査。

調教後の様子など続々とレポートが届くの取材班が追いかけてる各馬情報は要チェックです。

今年の菊花賞を当てたい人は、登録してみる価値はあるでしょう!

\ 登録無料 /

無料の会員登録はこちら

メールアドレスを入力するだけ

スポンサーリンク

SNSでのシェアにご協力お願いします!

フォローしてください!