【京都記念2015予想】追い切り好調馬2頭で馬連・ワイド予想

こんばんは、今日は京都記念の追い切り好調馬2頭を選んで、馬連・ワイド予想を行っていきたいと思います。

通常ですと、水曜日と木曜日辺りに、追い切り一覧を作るのですが、今週は時間が迫っている為、申し訳ございませんが、追い切りタイムの一覧は作成しません。

予想

それではまず1頭目の追い切り好調馬を発表します。

1頭目の追い切り好調馬は

2月11日(水)栗東 CW(良)【6F78.7-63.8-49.7-36.5-1F11.8】

をマークした、キズナ

馬体を低く沈めて、好タイム。

体全体を使って走っていて、推進力がしっかりと伝わっている追い切りでした。

長期の休養明けのレースとあって、なかなか買いにくい材料だと思いますが、12月から順調に調教を積んできました。

デキはいい頃に比べると8割程度かなと思うのですが、それでも周りの追い切りもそこまで良さそうだなと感じる馬もいませんので、好勝負に期待が持てます。

そしてもう1頭は

2月11日(水)栗東 坂路(良)【52.1-38.0-24.6-12.4】

をマークしたE.人気ブログランキング

前走、少差で負けたものの、その時の追い切りに比べると雰囲気は格段にアップしていますし、実際に時計も縮めてきています。状態は上向いているとみて間違いないと思います。

ちなみに、有力馬の1頭ハープスター

2月11日(水)栗東 CW(良)【7F99.7-82.5-66.9-38.8-1F12.3】

鞭が入る追い切りでしたが、首を上げ下げを大きくして上手に使っていましたが、どこか硬さも見られる追い切りでした。

勿論、走らないということはないと思います。状態面も休養を挟んだことで上昇していると見れますが、どこか物足りなさを今回は感じます。

ドバイへ向けて、調整色の強いレースとも言えるかと思います。

キズナ – E.馬 馬連2500円 ワイド7500円

簡単な予想となりましたが、京都記念の予想を終わりたいと思います。

フェブラリーSはレープロに頼む!

今週はいよいよ中央競馬G1開幕戦フェブラリーS。

昨年混沌としたダート界に現れた新星ルヴァンスレーヴ!
しかし、残念ながら脚部不安で今回のフェブラリーSは回避することに。。

本命不在の難解なレースになりそうです。

レープロさんはフェブラリーSのステップレース東海S、東京大賞典も的中させているので信頼度大!

昨年のダートの祭典JBCデーも三競走すべてのレースで3連単24点買いで的中させています!
スプリント、レディスクラシックはそれぞれ4人気、6人気の人気薄の優勝だったので3連単ゲットはお見事です!

ダートのことはレープロに任せた!というくらい信頼している予想サイト。
無料情報だけでも十分に参考になるので、馬券を当てて美味い酒を呑みませう(*'ω'*)

無料登録はココから簡単1分で完了します

メールアドレスを用意して登録するだけです

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする