【東京新聞杯2015追い切り】調教・最終追い切りタイムと寸評

こんにちは、今日は東京新聞杯の最終追い切りタイムの掲載とその追い切りを見てどうだったかを5段階評価していきたいと思います。

6月に行われる安田記念へ向けて、早くもマイル戦線が動きだします。

ヴィクトリアマイルや安田記念と同じ舞台で行われるレースだけに、じっくりと見極めさせて頂きました。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アルフレード【B】

2月4日(水)美浦 南W(良)【5F67.4-52.6-38.6-1F13.1】

2頭併せ馬なり外クビ差先着。良くも悪くも前走維持程度で上積みは見込めません。

アンコイルド【B】

2月4日(水)栗東 坂路(重)【52.2-38.3-25.1-12.8】

2頭併せ一杯併入。一時置いていかれそうになる場面もありましたが、なんとか最後に喰らいつきました。タイム自体も前走と変わりなく、上積みは感じません。

ヴァンセンヌ【C】

2月4日(水)栗東 坂路(重)【56.5-40.9-26.2-12.3】

単走強め。動き自体は動いたように感じましたが、前走に比べるとややデキ落ち感は否めません。最後の1Fは伸びたものの、これまでは徐々に加速していく形での追い切りで、少し不安の残る追い切りです。

エキストラエンド【B】

2月4日(水)栗東 CW(重)【6F89.5-72.3-55.8-40.5-1F11.9】

3頭併せ強め中半馬身先着。直線入って内を走った5歳500万以下の馬に待ってもらう場面があったものの、最後は少し追われて11.9秒のタイムを出しました。状態は前走を維持していると見ていいでしょう。

サトノギャラント【A】

2月4日(水)美浦 南W(重)【5F66.4-50.9-38.0-1F13.3】

3頭併せ強め併入。時計はそこまで出ていないものの、調子は上向きという動きでした。ゴール板過ぎてから鞭が入る追い切りで、時計以上にハードに乗られた追い切りでした。叩かれた分も含め、前走以上は仕上がっているように感じます。

シャイニープリンス【B】

2月4日(水)美浦 南W(良)【5F68.0-54.1-39.8-1F12.7】

2頭併せ馬なり併入。一緒に走ったのはイスラボニータということもあってか、直線入って差を広げたものの、最後は詰め寄られるものになりました。ただ、追い切りタイム自体は優秀で、デキ自体は良さそうです。

タガノグランパ【C】

2月4日(水)栗東 CW(重)【6F85.5-69.7-54.7-39.5-1F12.1】

単走末一杯。CWのコース真ん中を選択。時計自体はそこそこといったところですが、菊花賞前の頃の迫力に乏しいかなと感じます。休み明けということもあり、ここを使ってからという動きのように感じます。

ダノンヨーヨー【C】

2月4日(水)栗東 坂路(重)【52.3-38.6-26.1-13.6】

2頭併せ強め大きく遅れ。画面上から寮馬が消えた為着差確認できず。9歳馬ということで大きな上積みはい見込めないどころか、大きなデキ落ちを感じます。終始集中力を欠いたような走りで、これで激走はないように感じます。

ハノハノ【C】

2月4日(水)栗東 坂路(重)【54.4-39.5-25.8-12.7】

単走強め。休み明けという点もあるのでしょうが、良い頃の時計よりも遅れていますし、いきなりの好走は難しいように感じます。

フェスティヴタロー【B】

2月4日(水)美浦 南D(良)【5F67.3-52.3-38.7-1F12.8】

単走強め。鞭が一発だけ入ったものの、促す程度のもので強めもどちらかというと馬なりに近い形。良い意味でも悪い意味でも状態は平行線とみていいでしょう。

フルーキー【B】

2月4日(水)栗東 CW(重)【6F84.4-67.5-52.3-38.2-1F12.4】

3頭併せ馬なり外クビ差・1馬身遅れ。併せた2頭がいずれもオープン馬で、前走力んだ点を考慮して落ちつかせることを目的としたとはいえ、最後は併入程度には持っていってほしかった。

フレイムヘイロー【B】

2月4日(水)美浦 坂路(良)【54.5-40.4-26.2-12.5】

2頭併せ強め4馬身先着。4馬身先着と書くとド迫力の追い切りに見えますが、時計自体は至って普通で、併せた馬が伸びを欠いたと見るのが良いでしょう。

マイネルホウオウ【C】

2月4日(水)美浦 坂路(良)【52.6-38.9-25.7-13.0】

単走馬なり。久々な分動けていませんね。ここは一旦は様子見、リハビリ程度の出走でしょう。

マイネルメリエンダ【B】

2月4日(水)美浦 坂路(良)【53.8-39.4-25.7-12.5】

単走馬なり。前走もこのくらいの時計で京都金杯3着と好走しているので、状態は維持していると見ていいのではないでしょうか。タイムは前走程度ではありあますが、今回の方が雰囲気がいいですね。好走気配漂う追い切りだと思います。

メイショウヤタロウ【B】

2月4日(水)栗東 CW(重)【6F80.4-65.2-50.8-38.0-1F12.2】

単走強め。好走しそうな追い切りではありましたが、どこか雰囲気が物足りないというか、順調に使われている分なのでしょうか。時計は出ているんだけど今一つ感が漂います。

リルダヴァル【B】

2月4日(水)栗東 坂路(重)【53.4-39.7-26.1-13.3】

単走強め。前を走る馬が進路を変えて前に来たため、大きく進路を切り替えるロスが有り判断が難しいですが、前走よりかは上向いてきた程度ではないでしょうか。良い頃の追い切りまでは戻れていませんので、ここを使われて次辺りが狙い目という印象も。

短評と推奨馬

A評価を付けたのはサトノギャラント1頭のみ。ただし、前走よりかは上向いたけれどといったところで、どこまで走れるか程度でしょう。

中心に見たいのはB評価を付けたA.人気ブログランキング(53位辺り)

前走からデキ落ちしていない、状態をキープしているという点で言えば、ここでも十分に好走出来る材料は整ったと見るべき。ここでも好走可能でしょう。

【無料おすすめサイト】

小点数で的中させることに長けたサイト!

≪8日速報≫リゲルS 3連単16点 82万!
アクアラインS 3連単12点 12万!

そして、中日新聞杯 3連単12点 105万!
2着12番人気ショウナンバッハを選択。
普通、12番人気のショウナンバッハを入れますか?
JHAの馬券はやはり違います。

今週の無料提供レース12月16日(日) 阪神11R「第70回 朝日杯フューチュリティステークス(G1)」

年末にかけて続くG1戦線を勝ち残るために、今アツいサイトのご紹介です!

安価な的中を出すだけではなく、
しっかりと満足して頂ける配当を提供しています!

しかも、小点数で的中を導くことにこだわり、どの買い目を見ても6点~12点で提供。
先週の的中もしっかりと導き出しています。

中日新聞杯では100万オーバー獲得!

【12月8日(土)】
★中京 11R 中日新聞杯
3連単12点/Gマイスター:1,056,000円獲得!

荒れに荒れた中京新聞杯も3連単少点数でガッチリ!

12月から1月にかけて、なにかと出費がかさむ時期。

この冬、まだ思い通りの的中を出せていない方、小点数で導く会心の一撃の力を利用してみませんか?

今週は朝日杯FSの無料提供がありますので、これまでの悔しさを晴らしましょう!

≪8日速報≫リゲルS 3連単16点 82万!
アクアラインS 3連単12点 12万!

そして、中日新聞杯 3連単12点 105万!
2着12番人気ショウナンバッハを選択。
普通、12番人気のショウナンバッハを入れますか?
JHAの馬券はやはり違います。

\ 安定した成績を残しています! /

無料登録して朝日杯FSの買い目を見たい方はココから

仮登録案内が届きますので、記載の手順に沿って本登録お済ませ下さい。URLをクリックするだけなので、簡単に無料登録ができます。

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク