【フェアリーステークス 2015】最終追い切り調教タイムの掲載と寸評

こんばんは、この記事ではフェアリーステークス2015の最終追い切りのタイムの掲載と、いつものように5段階で評価して寸評を書いています。

牝馬クラシックへ向けて大事な今年初の3歳牝馬重賞。

じっくりと見極めさせていただきました。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

このレースに出走するノットフォーマル、ヤマタケマツリの追い切り動画がない為、動画を観ることができませんでした。ご了承ください。

アドマイヤピンク【B】

1月8日(木)美浦 南W(良)【5F68.6-53.8-39.6-1F14.0】

2頭併せ内1馬身先着。末強めの内容で、併せた馬が盛んに手が動く中馬なりで並ぶと、そこから追われて1番突き放す内容。ただし、動いたように見えてタイムが伸びていないところがやや不安。

エヴァンジル【B】

1月8日(木) 美浦 南W(良)【5F67.7-52.4-39.0-1F13.3】

2頭併せ内馬なり併入。一杯に追われた相手に馬なりで並ぶと、馬なりのまま併入する内容。ただし、外側に違う陣営の追い切り馬と重なり、比較的内を進んでのタイム。状態維持程度で上積みまでは…。

オーミアリス【A】

1月8日(木)栗東 CW(重)【5F68.3-52.1-38.0-1F11.8】

単走末重点。馬なりで回って来て終い重点の追い切り。11.8秒は申し分ない。ただ、若干の首の上げ下げに硬さがあるような…。それでも前走程度からやや上積みは感じる走りです。

カービングパス【B】

1月8日(木) 美浦 南W(良)【5F70.7-54.7-39.5-1F13.2】

3頭併せ馬なり併入。古馬条件馬相手に余力たっぷりでゴール板過ぎても伸びる内容で高評価。タイムはこれくらいでも状態は前走より良さそう。ただ、もう少しタイムが伸びていれば。

ギンザヴィクトリア【C】

1月8日(木) 美浦 南W(良)【4F53.7-40.5-1F13.7】

単走末強め。不安になる追い切り。

コートシャルマン【C】

1月8日(木)栗東 坂路(重)【56.7-40.6-26.1-12.8】

単走馬なり。前走から比べるとデキ落ち感は否めず。前走阪神JF時をピークに1週前、そして最終と徐々に時計が出ていない点が気になります。

テンダリーヴォイス【B】

1月8日(木)美浦 南W(良)【4F52.7-39.3-1F12.8】

2頭併せ馬なりクビ差遅れ。相手に合わせた追い切りで、馬なりでの調整。時計的には申し分なく、前走の状態はキープしているとみていいでしょう。

トーセンラーク【A】

1月8日(木)美浦 南W(良)【5F68.3-53.2-39.2-1F12.9】

単走末強め。外一杯を回ってのタイムならば上々のデキ。前走大敗も状態は上向きか。

トラストレイカ【B】

1月8日(木)美浦 坂路(良)【54.2-38.2-25.0-12.6】

2頭併せ併入。状態は良さそうで、前走をキープできているでしょう。本番で芝でどうか。

ナイアガラモンロー【B】

1月8日 美浦 南W(良)【5F67.4-52.5-38.3-1F12.9】

2頭併せ末強め内併入。コースの真ん中を走っての追い切り。追われるとキレよく伸びたものの、最後に失速している印象も。ただ、時計は出ているので問題はないでしょう。

ノットフォーマル【映像無】

1月7日(水)美浦 P(良)【5F67.2-51.1-37.6-1F12.0】

ハナズプルメリア【C】

1月8日(木)美浦 坂路(良)【58.5-43.1-28.5-14.4】

単走馬なり。一応はうまなりという表記もキャンターに近い形。連闘でもないのでもう少し追ってほしかった印象。また、1月5日にも坂路に入っていますが、その前は昨年の7月19日が最後。久々の坂路での調教もここでは疑問符でどこまで。

マラケシュ【B】

1月8日(木)美浦 南W(良)【5F65.6-51.7-37.8-1F13.3】

2頭併せ直強め外先着。合わせた相手馬がバテテしまい、最後は単走追いのような形になるものの、時計的には平凡といったところ。ただ、追われてからの身のこなしをみると、前走より状態は上向きでしょう。

メイショウメイゲツ【B】

1月8日(木)美浦 坂路(良)【57.5-41.3-26.4-12.3】

2頭併せ半馬身先着。終い重点の追い切りで、最後は伸びたものの、全体時計はイマイチ。ただし、状態はキープしていると見ることは出来るのでB評価まで。

ヤマタケマツリ【映像無】

1月8日(木)美浦 南W(良)【5F68.2-53.7-39.4-1F12.8】

ローデッド【A】

1月8日(木)栗東 坂路(重)【55.3-40.0-26.0-12.8】

2頭併せ1馬身先着。時計を見る限りだと、前走より調子は上向きとみていいでしょう。

追い切り寸評

メンバー中唯一7日に追い切られたのがノットフォーマル。動画を観ていないためコメントは控えたものの、時計を見る限り調子は上向きといったところでしょうか。

この追い切りメンバーの中でよかったと感じたのはD.人気ブログランキング(43位前後)前走と比べてもさほどのデキの違いはないものの、末脚が魅力だと感じます。展開が向けばあっさりもあるでしょう。

勿論、A評価を与えた馬は前走より調子は上向きだと思いますので、気にしてみてください。

TAZUNAさんは無料提供情報が充実!

■イチオシ””TAZUNA””
今週から舞台を中山に移し、春のG1や3月末のドバイミーティングに向けて有力馬が始動するG1並みのメンバーが揃う中山記念が行われます!
好メンバーが揃った中山記念の注目のデータを発見したのでご紹介しますね~!

【中山記念データ】
08,09年連覇→カンパニー
12年2着,13年3着→シルポート
14年3着,15年2着,17年3着→ロゴタイプ

非根幹距離の中山芝1800mは特殊なレースでリピーターよく来るレース。
去年1着ウインブライト、3着マルターズアポジーは人気なくても要注意!

今オススメしている競馬予想サイト『TAZUNA』は、今週は中山記念の無料予想&買い目提供が決定!!
まだ登録していない方は、春のG1シーズン前に相性の良いサイトを作っておくことをオススメしています。

ー直近の重賞的中実績ー

クイーンC→⇒(4点1,200円→58,200円)
京都記念⇒(6点1,000円→170,600円)
東京新聞杯⇒(6点1,000円→181,900円)
きさらぎ賞⇒(24点200円→ 283,920円)

中山記念に直結しそうな中距離古馬重賞の京都記念・東京新聞杯も的中してるので今週も期待できそうです!
十万円以上の払戻を3度も出していて破壊力抜群の予想サイトです。

17日(日)に行われたG1フェブラリーS、G3小倉大賞典の両レースで3連単を小点数で的中。
どちらも3着に福永騎手、小牧騎手の好騎乗が光って人気薄が激走!高配当になりました。

こちらは土曜夜に公開された無料情報。少し分かりづらいスクショですが、よくご覧下さい。
6人気-1人気のワイドを1点で的中。メインレースの軍資金作りに最適な無料情報をいつも提供してくれます!

簡単メルマガ登録のみ。まずは無料でお試しください。確認メールきたらクリックしてログイン!
配信が確定している中山記念の買い目をチェックしましょう。

前日の夜に公開されます。オススメサイトなので、あなたも一緒に利用してみてくださいね。

\無料登録をするだけでOK/

今週末の無料情報を獲得する方はコチラ

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする