【シンザン記念 2015】出走予定馬とプレ予想

こんばんは、今週はシンザン記念が京都で行われます。このレースは3歳によって行われるレースです。

過去の優勝馬をみると、ミッキーアイルやエーシントップなど、短距離からマイル戦を得意としている馬が優勝しています。

4年前にはオルフェーヴルが2着に敗れるなど、まだまだクラシックではどうなるかわからないまでも、この辺りから怪物の片鱗を見せていました。そういった馬を見つけていければいいですね。

出走予定馬と展望

  • ヴェルステルキング 56.0
  • キッズライトオン 56.0
  • グァンチャーレ 56.0
  • クインズロンペール 56.0
  • クイーンズターフ 54.0
  • サトノフラム 56.0
  • ダッシングブレイズ 56.0
  • ダノンリバティ 56.0
  • ダンツメガヒット 56.0
  • ナヴィオン 56.0
  • ナリタスターワン 56.0
  • ノースストーム 56.0
  • メイショウマサカゼ 56.0
  • ヤマニンマンドール 56.0
  • レンイングランド 56.0
  • ロードフェリーチェ 56.0

1番人気に支持されそうなのはナヴィオン。前走朝日杯FSは惨敗した形となりましたが、2走前のデイリー杯2歳Sで見せた脚は本物。実績では最上位で、ここでも十分に好走可能です。

レンイングランドは12月に2勝を挙げる活躍を見せ、矢作調教師のリーディング獲得に大きく貢献した1頭です。芝で未勝利を脱出すると、続く3戦はダート戦。500万条件をダート3戦目でクリアすると、続く前走クリスマスローズSでは芝1200mの2歳オープンを勝ちました。上でも触れていますが、シンザン記念の優勝馬はいずれも古馬でスプリントからマイルで実績を残していて、短距離で結果を残せたのはプラス材料と見ていいでしょう。

ダッシングブレイズは新馬を勝つと、続く500万のこうやまき賞で2着。その優勝馬ブリクストは、ききょうSでナヴィオンに続く2着や新潟2歳Sでは5着など実績を残してきた1頭。その馬にハナ差まで迫れたのは、今回の出走メンバーでは地力上位とみて良さそうです。

グァンチャーレは前走東スポ2歳S7着。ただ制したサトノクラウンとは0.3秒差と惨敗という程のことには見えないです。3着だったソールインパクトはホープフルSで4着に入りましたが、ソールインパクトとは1馬身差で、ホープフルSを基準に考えると、ホープフルSよりメンバーは手薄で、あっさりも十分に考えられる1頭です。

プレ予想という形で、1頭挙げるとするならば、A.人気ブログランキング(54位辺り)。なかなかの粘り強さで、ここでも好走は十分に可能な1頭です。

SNSでのシェアにご協力お願いします!

フォローしてください!