【京都金杯 2015】最終追い切りタイムと単勝・複勝の2点予想

おはようございます、この記事では京都金杯の最終の追い切りタイムの掲載と、追い切り好調馬から1頭を選んで単勝複勝の2点勝負、予想を行いたいと思います。主な人気馬はフルーキー・グランデッツァ・シェルビー・ウインフルブルーム・エキストラエンドとなりそうですね。

人気通りの決着となるか、それとも伏兵馬が勝つのか。私は今年の京都金杯は伏兵馬の活躍があるのではないかと見ています。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アクションスター【B】

12月31日(水)栗東 坂路 良【52.1-39.2-26.6-14.0】

2頭併せ2馬身先着。一杯に追われて回ってきたものの、入りのタイムがよかったせいか最後は見た目以上にタイムが出てませんでしたが、好調さは伝わってきます。前走時のデキは一時していると見て良さそうです。

アズマシャトル【B】

12月31日(水)栗東 坂路 良【55.0-39.6-25.9-13.5】

単走追い切り。可もなく不可もなしという状態でしょう。もう少し最後が伸びればいいものの、やや寄れながらの追い切りで真っ直ぐ走れていたとするともう少し伸びていたはず。状態はひとまず前走キープとみていいでしょう。

ウインフルブルーム【A】

12月31日(水)栗東 坂路 良【54.4-39.2-25.3-12.5】

単走追い切り。動きは軽快で、前走時よりも追い切り内容は良化。中間も好時計を出しており、デキは今回の方がいいと見ていいでしょう。

エキストラエンド【A(?)】

1日2日(金)栗東 坂路 ?【60.5-43.8-28.5-13.9】

単走追い切り。データ上は31日が最終追い切りですが、実際は軽い外傷のため1月2日にスライド。積雪があり、強めの追い切りが出来なかったものの、28日には栗東坂路【53.8-38.8-24.8-12.2】の好時計をマーク。31日の予定が2日にずれ込み、更に積雪で最後が狂ったのが吉と出るか凶と出るか。なかなか判断し辛いので、一応はA評価も、疑心暗鬼。

グランデッツァ【B】

12月31日(水)栗東 坂路 良【54.4-38.6-25.4-13.2】

単走追い切り。ややデキ落ち感も感じるものの、状態はキープしているとみていいでしょう。

シェルビー【C】

12月31日(水)栗東 坂路 良【55.8-40.8-26.3-12.4】

単走追い切り。前走時の方が迫力がある追い切りだった感じを受けます。

シャイニーホーク【B】

12月31日(水)栗東 坂路 良【56.3-40.2-26.1-13.4】

単走追い切り。前走とさほど変わらない追い切りで、上積みを見込むのは難しでしょう。

ショウナンワダチ【B】

12月31日(水)美浦 南W 良【5F67.4-52.0-37.8-1F13.0】

2頭併せクビ差先着。馬なりから直線線向いて促されると馬体を併せ並走。最後はクビ差前に出ました。

ダノンヨーヨー【C】

12月31日(水)栗東 坂路 良【52.5-39.6-26.9-14.2】

2頭併せ2馬身程遅れ。この馬の追い切りにしては珍しく序盤からラップを刻んでいきましたが、一杯に追われたためか最後は頭が上がった状態で、寮馬に2馬身程の遅れた状態。年齢も年齢で難しい印象。

ニシノビークイック【B】

12月31日(水)栗東 坂路 良【53.0-39.2-26.0-13.3】

2頭併せ併入。最後が12秒台でまとめていれば状態が上向いたと見れるんでしょうが、よく見ても前走をキープしている状態。ただ、盛んに手が動く寮馬相手に馬なり状態で併入できたのは前向きな材料か。

フルーキー【B(?)】

1月2日栗東 坂路 ?【60.5-43.8-28.5-13.9】

単走追い切り。エキストラエンド同様、軽い外傷の為31日の追い切りが2日へスライド。こちらも雪の影響で強めの追い切りが出来ていないのですが、28日には栗東坂路【53.8-38.8-24.8-12.2】で、前走時の状態はキープしているでしょう。最後に強めの追い切りが出来なかったのが誤算も、それが吉と出るか凶と出るか。

ブレイズアトレイル【A】

12月31日(水)栗東 CW 良【6F83.0-66.3-51.7-38.0-1F12.1】

単走追い切り。単走追い切りも、3頭併せのような形になってしまいました。そのせいか、かなり好タイムを出して雰囲気は抜群。

ホウライアキコ【C】

12月31日(水)栗東 坂路 良【55.1-39.5-25.5-12.9】

単走追い切り。最後は強めに追われたものの、前走の方がタイムが良かっただけにデキ落ち感は否めません。

マイネルメリエンダ【B】

12月31日(水)美浦 坂路 稍重【55.9-40.5-26.2-12.8】

単走追い切り。良くも悪くも前走をキープしている状態で、上積みは見込めないでしょう。

ミッキーラブソング【C】

12月31日(水)栗東 坂路 良【53.4-39.7-26.7-14.0】

2頭併せ3馬身程遅れ。最後は頭も上がり、馬なりの併せ馬に離されるなど見せ場なし。状態は悪いのではないでしょうか。

メイショウヤタロウ【B】

12月31日(水)栗東 CW 良【6F81.0-66.0-51.7-38.8-1F13.1】

単走追い切り。外ラチ一杯のところを走っており、タイム的にはこんなものか。最後はややバテた印象も感じますが、状態は良くも悪くもキープしているとみていいでしょう。

レッドデイヴィス【C】

12月31日(水)栗東 坂路 良【52.9-38.9-25.7-13.4】

単走追い切り。前走からのデキ落ちを心配する内容。中間の数は申し分ない物の、1週前もタイムが伸びきれない寂しいものに。

予想

追い切り好調馬から1頭選ぶとなるとD.(ブレイズアトレイルでした)が有力。躍動感は申し分なく、軽快そのもの。前走に比べても見違えるほどで、ここで重賞初勝利も目の前に。

比較的伏兵馬を選んだので、1頭を単勝複勝の2点で買いたいと思います。

D.(ブレイズアトレイル) 単勝500- 複勝4,500- 計5000-

朝日杯FS〜注目穴馬発見〜

僕の個人的考察×信頼してる重賞買い目=的中の法則!

注目穴馬!?2強体制はお待ちを!?
注目穴馬:マイネルサーパス

父はミスプロの5×5インブリード、ダンチヒの5×5インブリードを持っています。
ミスプロ→ ダートの活躍産駒が圧倒的に多い種牡馬
ダンチヒ→スピード競馬の産駒が多いが現在直仔がいない。
ダート産駒が多いイメージですが、現在は芝でもバランス良く成績を残しています。

【注目データ】
2018年アイルハヴアナザー産駒 芝1500〜1800m成績
芝1500〜1,800(9-23-17/201) 複勝率19.6% 他距離比NO.1!
非常に複勝圏が多い距離になっているんです!!
また1週前追い切りが非常に良かったです。

●マイネルサーパス 美浦 単走南W良 
(69.7-54.7-39.6-13.1) 馬なり ふじお評価A+かなり良いです!
そして前走のレース内容も良かったですし、複勝圏の実績距離血統なら狙うのも全然あり!

諸々のデータ調査結果 グランアレグリア,アドマイヤマーズ、そして・・マイネルサーパス

僕はいつもこのように穴馬も考察していきます。
そのあとレース前に答え合わせをするのが・・””競馬学会さんの重賞買い目””なんです。

サイトはこんな感じです。買い目は4頭5頭前後ですが・・このサイトがマイネルサーパス入れてたら・・・・馬券は買い!と考え、穴馬狙いにシフトチェンジします。

競馬学会の朝日杯FSは無料で見れるので、一応サイトはコチラ
点数少なめなので切るところが分かります。
メール登録し、確認メールきたらクリックしてログイン。

的中実績も豊富。ほんの一部をご紹介。

この凄さ、競馬学会に登録しなければ味わうことは出来ません。よく吟味して、登録されてください。
登録費や月額費などは一切不要です。

\ 1分で登録完了! /

無料会員になる方はコチラから

登録にはメールアドレスを入力するだけです

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク