【有馬記念 2014】出走予定馬と除外対象馬や展望など掲載中

こんばんは、今日は今週末に行われる有馬記念2014の出走予定馬を見ていきたいと思います。

今年の有馬記念は有力馬が多数出走し、例年以上に混戦模様。しかし、その分盛り上がりそうですね。

まずは出走予定馬をみていきたいと思います。

出走予定馬と除外対象馬

出走予定馬賞金順と予定騎手。

  • ゴールドシップ 岩田
  • ジェンティルドンナ 戸崎
  • ジャスタウェイ 福永
  • フェノーメノ 田辺
  • ワンアンドオンリー 横山典
  • エピファネイア 川田
  • ウインバリアシオン 藤岡康
  • メイショウマンボ 武幸
  • ラキシス Cデム-ロ
  • トゥザワールド Wビュイック
  • ヴィルシーナ 内博
  • トーセンラー 武豊
  • ラストインパクト 菱田
  • オーシャンブルー 蛯名
  • サトノノブレス 池添
  • デニムアンドルビー 浜中

以下、除外対象馬。

  • フェイムゲーム
  • ナカヤマナイト
  • ラブイズブーシェ
  • タマモベストプレイ
  • ショウナンラグーン

展望

ファン投票1位の馬はゴールドシップ。そのゴールドシップは凱旋門賞から帰国するとジャパンC等には目を向けることもなく次走を有馬記念1本に絞ってきました。その為か、具合はかなり良さそうですね。一昨年の優勝馬で、昨年も3着と好走しました。有馬記念の行われる中山2500mの適正もかなり高いことが過去のレースから見て取れます。

ファン投票2位のジェンティルドンナはジャパンCで引退と囁かれていましたが、レース後に有馬記念出走を明言して、本当に出てきました。ただ、得意の東京競馬で好走止まりの内容に、いきなり初出走の中山で走れるのかは未知数。それに、万全の仕上がりはジャパンカップだったはずでお釣りがあるのか。それとも特別報奨金目当ての出走で回ってくるだけなのか。最終追い切りまで注視したいですね。

世界No.1のジャスタウェイは、ジャパンCは本調子ではない追い切りを見せていた中でも、それでも2着と連対。今回1週前の追い切りで調子を上げてきました。追い切り動画を見る限り、前走より雰囲気はよさそう。

ジャパンCを優勝しジャスタウェイに次ぐ世界2位となったエピファネイアは、前走の最終追い切りが素晴らしい走りでした。今回も前走と同程度、もしくは上回るようだと期待度はでかい。ただ、乗り替わりは幾分マイナスか。

その他にも昨年の有馬記念2着のウインバリアシオンや京都が得意ながら末脚魅力のトーセンラーや天皇賞春を連覇したフェノーメノなどメンバーが揃いました。

1週前のプレ予想ということで1頭挙げるとするならばA.人気ブログランキング(78位辺り)。このメンバーの中で中山実績を考慮するとこの馬がやはり筆頭候補。あとは追い切りで動けるのかどうか。難しい面を見せることもあるのでなんとも言えませんが、追い切りの雰囲気では逆に切るのも良さそうですね。

ユラノト買えなかった雑魚wwwwwwww

今年のフェブラリーSが終わりました。
買ったのは断然の人気に応えた形の武豊騎手騎乗のインティでした。

2着にもゴールドドリームと堅い決着。馬連と馬単までの人は、この2頭さえ買っていれば的中となったわけです...。

しかし、問題は3連系の馬券を買った人で、3着のユラノトを買えたか買えなかったという部分。

  • 福永騎手を信頼できなかった。
  • 根岸Sの内容を評価しなかった
  • 8人気は買えない
  • 名前が弱そうww

切った人は色々な事情で買い目から消してしまったという人が多かったと思います。

僕はというと、意気揚々とフェブラリーSを終えることができましたが、某掲示板で面白ネタを探していると、『ユラノト買えなかった雑魚wwwwwwww』というスレが立っていました。

意外にも、買えない人が多かったんだなと思いました。

逆に、僕はなぜ買えたのかというと、≪利用者10万人の競馬指数「うまコラボ」
というサイトを参考にしていたからです。

\ フェブラリーS的中! /

うまとみらいとをチェックする

うまコラボは指数で結果を残し続けています

うまとみらいとは、説明がメンドイのですがww、自分が主に使っているのは『うまコラボ指数』というものです。
指数という名の通り指数を提供してくれています。

先週はフェブラリーSの指数が、そして今週は中山記念の指数が無料公開されるのですが、実は各競馬場の午前中のレースも無料で提供されています。

指数上位6頭には要注意、積極的に買いたいところなんですが、ちなみに、フェブラリーSの指数はこんな感じでした。

インティ 指数順位1位
ゴールドドリーム 指数順位5位
ユラノト 指数順位3位

ゴールドドリームが指数5位というのは驚きましたが、一方でユラノトを高く評価している指数が算出されていました。

これがあったらフェブラリーSを的中させることができたかもしれません。

ユラノトを買えずにフェブラリーSをハズシたあなた、今週の中山記念はうまコラボ指数を使って、的中を導き出しましょう!

\ 指数と言えばコラボ指数 /

無料会員登録を行って無料指数をチェックする

メールマガジンに登録するだけで指数を見ることができます

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする