フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

【安田記念2016出走予定馬】想定騎手と有力馬考察。モーリスやリアルスティールなどが登録。

2016/5/22/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。
分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

2017年3月より、記事を細分化せずにまとめて更新していくスタイルへと変更しています。
例えば「日本ダービー」について書くならば、週初めに出走予定馬を更新し、その後最終追い切りなどを1つの記事に追記して更新を行っています。

こんばんは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、6月5日に行われる安田記念の想定騎手入りの出走予定馬と有力馬の考察を行っています。

世界で活躍しているモーリスやリアルスティールなどが登録しています。海外で活躍している2頭の海外帰りのレースということで内容が楽しみですね。

出走予定馬

第66回 安田記念(G1) 第1回特別登録 15頭

サラ系3歳以上(国際)(指定)オープン 定量 1600m 芝・左

左から馬名・斤量・想定騎手

  • イスラボニータ 58.0 蛯名
  • クラレント 58.0 小牧
  • サトノアラジン 58.0 川田
  • サトノギャラント 58.0 --
  • ダノンシャーク 58.0 岩田
  • ダノンプラチナ 58.0 横山典
  • ディサイファ 58.0 武豊
  • フィエロ 58.0 Cルメール
  • マジックタイム 56.0 --
  • メイショウマンボ 56.0 武幸
  • モーリス 58.0 Tベリー
  • リアルスティール 58.0 福永
  • レッドアリオン 58.0 川須
  • ロゴタイプ 58.0 田辺
  • ロサギガンティア 58.0 Mデムーロ
  • コンテントメント 58.0 Bプレブル

有力馬考察

モーリス

前走は香港・Cマイルを優勝。父スクリーンヒーロー、母父カーネギー。

ここまで怒涛の7連勝と勢いに乗っている1頭。昨年の安田記念からG1連続勝利数も4に伸ばしており、今年も春・秋のマイルG1勝利へ向けて突き進むのみ。

今回はTベリー騎手が想定されているか、テン乗りでも結果を残してきている1頭で乗り替わりは心配ない。

それだけ操縦性があると言えるし、鞍上に素直とも言える。

ここまでの勝ちっぷりも圧巻で、アジアでは1600Mでは敵なしの状態。国内のレースへは約半年ぶりとなるが、昨年の安田記念を制しているだけにコース適性などにも死角を感じない。

あとは検疫期間を過ぎたばかりで調整に手間取っているようでは厳しいか。無事に、そして順調に走る事ができれば問題ないだろう。

リアルスティール

前走はドバイターフを優勝。父ディープインパクト、母父Storm Cat。

クラシックではドゥラメンテとキタサンブラックに苦しめられてきたものの、日本ダービーでは2着に入った実績を持つ。

そして、G1勝利をドバイの地で達成することができました。

ただし、ドゥラメンテやキタサンブラック以上に敵にもなりかねないのが想定騎手が福永騎手である点。

福永騎手とのコンビではデビューからの付き合い。

しかし、ドバイでは「祐一には申し訳ないが、今回は世界と戦う特別な舞台なのでムーアにも乗ってもらう」ということでRムーア騎手へと変更となり、本人も大変ショックを受けていたのだとか。

また、ドバイを制した後のコメントにも「世界一のジョッキーだと信頼していますので、彼を乗せて負けたらしょうがないと思っていました。」とあるように、福永を乗せて負けたらしょうがないとは思えないという発言で、やや棘もあるコメントでした。

ただ、福永騎手自身は次の日の高松宮記念でうっ憤を晴らすかのようにビッグアーサーで制覇。

それでも今回は複雑な気持ちでの騎乗となるはずでプレッシャーにもなっているはず。得意の中距離ではなく1600Mである点では言い訳ができてしまうが、それでもドバイを他騎手で勝たれているだけに恥ずかしいレースは出来ないはず。

1週前考察

モーリスとリアルスティールの国内緒戦を安田記念と明言した事で登録馬が減ってしまったのか。NHKマイルC組やヴィクトリアM組の参戦なども取沙汰されていたが、蓋を開けてみればフルゲート割れ。

短距離の成績が安定しているものの1600Mでもレースが出来るミッキーアイルは、高松宮記念の疲れが抜け切れず早々に回避を表明。

ヴィクトリアMを制したストレイトガールも秋までの休養を発表。NHKマイルCを制したメジャーエンブレムも登録無く休養となっています。

その他参戦を表明していた馬も結局は回避して秋に備えたり、夏のマイル重賞へと矛先を変えたりと、どこか残念にも思う。

それだけにモーリスとリアルスティールの強さに白旗を上げているということだろう。

モーリスVSリアルスティールのマッチレースに、香港で行われたチャンピオンズマイルで2着(優勝モーリス)のコンテントメントがどこまで伸ばせるかというレースになってしまった。

それでもモーリスとリアルスティールが出走するのだから、注目度の高いレースの1つになっているのは間違いないでしょう。

■■■【 高松宮記念 】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今年は決して混戦ではありません!不動の軸を無料公開します!
関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

7割以上で的中実績が残せるワケ】
1.元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている
2.情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

【無料!】高松宮記念『3連単勝負馬券』はコチラ

-出走予定馬
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。