フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

ヴィクトリアマイル 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察

2017/5/9/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、ヴィクトリアマイルの出走予定馬について書いています。
想定騎手と推定オッズの書いていますので、参考にされる方は参考にされてください。
有力馬考察につていはミッキークイーンを中心に、対抗になり得そうなメンバーについて記載しています。

東京1600Mでの重賞が続きますが、今週からBコースを使用します。
NHKマイルCは外枠の馬が走りましたが、Bコースとなりますので注意が必要です。
Bコースは、内ラチから3M外に内枠を設置しますので、より外枠は厳しくなります。
この辺りは頭に入れておきたい情報の1つですね。

それでは、ヴィクトリアMのメンバーをチェックしていきましょう。

ヴィクトリアM出走予定馬

馬名 斤量 想定 推オッズ
アスカビレン 55 池添 48.2
アットザシーサイド 55 田辺 82.1
アドマイヤリード 55 Cルメール 10.6
ウキヨノカゼ 55 吉田隼 18.2
オートクレール 55 235.4
クイーンズリング 55 Mデムーロ 9.8
クリノラホール 55 北村友 356.8
ジュールポレール 55 16.9
スマートレイアー 55 武豊 9.1
ソルヴェイグ 55 川田 42.6
デンコウアンジュ 55 蛯名 72.1
ヒルノマテーラ 55 四位 246.7
フロンテアクイーン 55 北村宏 31.2
ミッキークイーン 55 浜中 1.7
リーサルウェポン 55 内田博 522.3
ルージュバック 55 戸崎 8.3
レッツゴードンキ 55 岩田 4.5

有力馬考察

ミッキークイーン
≪牝5/鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】阪神牝馬S 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Gold Away

前走の阪神牝馬Sでは、小雨の降る重馬場で行われ、2着アドマイヤリードに1馬身以上も付ける完勝でした。
馬場が渋れば自慢の末脚の勢いが鈍ると思われましたが、G2重賞で重馬場は苦にしないところを見せれたのは大きな収穫です。

昨年は阪神牝馬Sで2着で、ヴィクトリアMでも2着。
今年は阪神牝馬Sを制し同じローテーションで挑める点はプラス材料。
オークス・秋華賞に続くG1三勝目は近づいたといえるでしょう。

東京競馬場の週間天気予報を観ると、水曜日と土曜日に雨のマーク。
もしかすると日曜日も雨の予報が出るかもしれない、そんな天気予報となっています。

どの程度の雨になるかは分かりませんし、実際に近くならないと最近の予報は当たらないのでなんとも言えませんが、前走重馬場を苦にしないところを見せたので問題はないはず。
むしろ、強力なライバルの中には渋ると全くダメな馬もいますので、その点を含めて考えると楽しみな部分が広がります。

レッツゴードンキ
≪牝5/栗 梅田智之厩舎≫

【前走】高松宮記念 2着
【父】キングカメハメハ
【母父】マーベラスサンデー

桜花賞を制して以降は、G1勝利こそないものの、前走は高松宮記念で2着に入るなど好走をみせています。
一時の不振は今では見られず、しっかりと成績を残しています。

ただ、古馬になり、より短距離路線での活躍が目立つようになりました。
1600Mでも長いのではないかと感じる部分は確かにあります。

ただ、ミッキークイーン同様に、馬場が渋っても好走しているところを見ると、週末の雨は気にする心配は必要ありません。
現状では、牝馬の中でもスピードでは勝っているので、スピード勝負になれば十分にチャンスはあるとみるべきでしょう。

スマートレイアー
≪牝7/芦 大久保龍志厩舎≫

【前走】京都記念 2着
【父】ディープインパクト
【母父】ホワイトマズル

14年にこのレースで1人気(結果は8着)になっても勝てず、結果として未だにG1勝ち星はありません。
惜しいところまでは来るものの、東京1600M、特にヴィクトリアMはスピードの持続力が必要なレースでは、あと一歩届かない印象を受けます。
こういう展開になると決め手に欠ける印象をどうしても受けてしまいます。

年齢も7歳となり、ある程度高齢となりましたので、現状では厳しくなってきている印象は強く受けます。

ただ、適正距離が広がった印象は前走で感じます。
2000Mを超えると厳しい印象を受けるエリ女での成績でしたが、ここにきて守備範囲が広がった印象は受けます。
高齢となり、キレが鈍ったものの、持続力が勝ってきたのかもしれません。

その点では、今の東京マイルで通用しそうな気もします。
難しい判断となる1頭ですが、現状では東京1600Mは中距離を走れるだけの力がないと厳しいので、その点では今のスマートレイアーの力が丁度いいのかもしれません。

現時点での注目馬

東京1600Mでよく言われるのは、SS系×ND系の組み合わせ。
しかし、NHKマイルカップの血統を見てみると、1着のアエロリットはND系×SS系でした。
2着のリエノテソーロはMP系×ND系の組み合わせ、3着ボンセルヴィーソはSS系×RD系でした。

この点から踏まえてみると、今の東京競馬場では、父SSが併せ持つ爆発的なスピード系の血統よりも、スピードの持続力、そして持久力を持ち合わせた血統の組み合わせが鍵となりそうです。

さて、ここ最近のNHKマイルCでは、「フレンチデピュティ」の血を持つ馬が活躍していました。

もっとこのレースで注目に値するのがヴァイスリージェントの血でありまして
クロフネ産駒が過去3頭馬券に(クロフネ自身も当レース勝ち馬)
母父フレンチデピュティも過去4年間で3頭馬券に(父としても3頭馬券に)
とにかく相性抜群なんでこの血を持ってる馬はマークしたいですね

NHKマイルカップ2017 出走予定馬と展望

血統の師匠とも言えるmenkさんもNHKマイルCの考察で書かれています。
ラジオみたいなやつもされていますので、ご興味ありましたら聴いてみるといいかもしれません。
私も時間の都合が合えば聴取していますが、目から鱗の情報を話されていますよ。

恐らくヴィクトリアMでもされると思います。

さて、話を戻しますが、実はこのフレンチデピュティの孫の世代が活躍しています。
同じく東京1600Mで行われるG1ということで、注目しなければいけないでしょう。

ということで、回りくどくなりましたが、注目馬はクリノラホール
母父クロフネの父はフレンチデピュティということで、しっかりと内包しています。

重賞ではいずれも掲示板に載っていませんので、穴馬中の穴馬となるのは確実です。
私の推定オッズでも単勝300倍越えとしています。
だけど、3着内には残ることはできないかなと思っていますが、どうなるのでしょうか。

以上、ヴィクトリアマイルの出走馬でした。

■■【アイビスSD】■■■■■■■■■■■■■
アイビスサマーDのプロが買う3連単が知りたくありませんか?
関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【7割以上で的中実績が残せるワケ】
1.元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている
2.情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

【アイビスSD】関係者が買う
『3連単勝負馬券』はコチラ

-出走予定馬
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。