フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

【東京新聞杯2016最終予想】東京巧者を意識して2頭を選択

2016/2/7/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

おはようございます、リッキーです^^ 引き続き、東京新聞杯の予想を更新していきたいと思います。

ヴィクトリアMや安田記念を目指す馬が出走してきたというようなメンバー構成の東京新聞杯。

安田記念には直結しないレースという印象ではあるものの、東京コースでの実績がそのまま反映されているようなメンバーが優勝しています。

昨年の優勝馬ヴァンセンヌは、その前に東京マイルの条件戦を優勝、東京新聞杯後は京王杯SCで2着、安田記念2着と、東京コースで強さを発揮した1頭でした。

一昨年の優勝馬ホエールキャプチャは、ヴィクトリアマイルを制するなど、東京巧者と言われていた1頭。東京新聞杯では8番人気の低評価をひっくり返す優勝を見せました。

3年前の優勝馬クラレントは、NHKマイルCで3着に入ると、その秋に行われた富士Sで優勝し、東京新聞杯を制覇。その後もエプソムCを優勝したり毎日王冠で3着に入ったりと、東京コースで強さを発揮する1頭でした。

この3年の流れを見ても、東京コースを上手く立ち回る馬が、ここでも例外なく勝っていると言える結果を残しています。

その点も考慮しながら組み立てていきたいと思います。

予想

いつものように馬連とワイドで勝負していきたいと思います。

1頭目

1頭目にお薦めしたいのはダノンプラチナ

東京新聞杯の追い切り記事では、テイエムタイホー、マイネルラウアート、スマートレイアーの3頭をお勧めしていましたが、今回は東京での立ち回りも考慮に入れて組み立てたいと思います。

ダノンプラチナは昨年秋に富士Sを勝利。その前には未勝利戦とベゴニア賞の条件戦を勝ち切るなど、東京を得意としている1頭。

追い切り自体は、富士Sと比べると若干の疑問を感じるものの、コースとの相性であっさりということも想定できますし、メンバーを見てもそこまで強い馬が出走してきたという感じはありません。

好走は十分に出来ると思いますので、1頭目で勝負したいと思います。

2頭目

2頭目にお薦めしたいのはスマートレイアー

3番手評価だった追い切りですが、筆頭に挙げたテイエムタイホーは東京コースの経験不足。

2番手に挙げたマイネルアウラートも、条件戦の勝ちあがりは東京でもあるものの、連対率も低く強くは推せない1頭です。

となると、ある程度の成績を残しているスマートレイアーを選択する方がここは良さそうと判断。

東京での実績を考慮して考えると、ここで好走を見せて、VMでは弱さを見せる1頭だけに買わないというのがこの馬の買い方かなと思っています。

最後に

ダノンプラチナとスマートレイアーの馬連とワイドで勝負したいと思います。

こちらもあまりオッズは付かないかなと思いますが、きさらぎ賞の予想も含めて、本日は勝負度合いは少ないかなと思います。

今日のメイン前に勝負するレースを見つけて、重賞の2つのレースは観戦程度に留めておく方が良さそうな1日となるのではないと思います。

-競馬予想
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。