フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

東海ステークス 2017 最終追い切り評価|デキ平行線でもピオネロ

2017/1/19/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

リッキーです^^

ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、東海ステークスの最終追い切り評価について書いています。

調教タイムや映像を観て気付いたことや好調馬の情報なども書いていますので、お時間ある方は最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

フェブラリーステークスの前哨戦の東海Sですが、重賞は本番が先の重賞とここをどうしても取りたい陣営とで温度差が出てきてしまいます。

その辺りにも着目して追い切りを見ていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アスカノロマン【B】

1月18日(水)栗東 CW(重)
【6F83.5-66.6-52.9-39.7-1F13.5】

単走馬なり。コース9分程を通ってはいますが、少々時計には不満を覚える動きです。

ただ、動き自体はスムーズで、動きを見る限りでは大きなデキ落ちは感じませんでした。

追い切りは動いて無さそうなくらい脱力しているけれど、時計が付いてきている状態がベスト。それと照らし合わせると今回は逆をいってるようにも感じられ、少々心配材料もあるにはあります。

インカンテーション【B】

1月18日(水)栗東 CW(重)
【6F86.9-69.5-54.6-40.3-1F13.2】

単走馬なり。最後は伸びてはきていますが、全体時計は遅いですね。

ただ、CWを選択するとあまり時計が出てこない1頭ではあるので、このくらいでも走ったとは言えるところではあります。

非常に迷うところですが、中間の動きを含めても前走から比べてデキが上がったとは言えないものでした。

カゼノコ【B】

1月18日(水)栗東 坂路(重)
【55.3-38.9-24.7-12.2】

2頭併せ一杯併入。脚色はカゼノコの方が良かったですが、動画では見切れていますが、ゴールを考えるとクビ差以内ではあるものの遅れていると思います。

前走から間隔が近いので、中間の調整程度で、最終だけびっしりと動かしただけの内容となっていますが、全体時計は前回の方が上で、ラストの時計は今回の方が良かったという感じですね。

川崎記念が除外になるくらいですから、本来使いたいローテーションではないと思いますが、前走程度は走れるのかなと思います。

57kgで走れるようになったので、その点ではプラスに見ることもできますが、前走が前走だけにもう少し上積みを感じたかったのは事実です。

カラクプア【B-C】

1月18日(水)栗東 坂路(重)
【54.6-39.2-25.4-12.9】

2頭併せ一杯2馬身程先着。実質的には3頭併せですね。カラクプアの後ろに1頭ずっとついていただけなので、見た目3頭併せのような形になっているだけという感じでもありました。

時計は地味ではあるものの、動きは調子の良さを感じさせる迫力がありました。決して悪いものではないと思います。

ただし、注文を付けるとこの全体時計でも加速ラップで終えられるだけの力は持っているので、最後は時計を落としている点は少々気になります。

昨年の10月から4戦順調に使われていて、その点では完成されているとは思いますが、同時に怖いのは見えない疲労が見えてきた結果の時計であったならばということ。

調子がいい時は加速ラップで終わることが多いので、今回は動きよりも時計を気にして評価を下げます。

グレンツェント【B】

1月18日(水)美浦 南W(良)
【5F68.7-53.7-39.7-1F13.5】

2頭併せ中末強め1頭併入、1頭2馬身先着。陣営コメントでは、ここがピークという言い方から、ここを使った後はフェブラリーSに向かうのかどうかは微妙なところですね。

ただ、内容はというと外を回ったランディングバースに脚色では負けてしまうものでした。脚色で負けて半馬身程前に出られてから盛り返して併入に持ち込んだという見方もできますが、半馬身前に出られる時は抵抗なく抜かれているので、その点はちょっとチグハグな内容だったと思います。

ただ、前々走の重賞時の時計は、ラスト14.1秒と時計を要したのに対し、今回13.5秒と踏みとどまった印象も受けます。

正直なところは、ピークとは思いませんが、デキが悪いとは言えないのかなと思います。

ショウナンアポロン【B】

1月18日(水)美浦 南D(良)
【5F67.2-51.5-37.4-1F12.7】

単走馬なり。調整程度ではありましたが、最後は12.7秒と時計が出ているので及第点の時計だと思います。

ただ、ここまで不甲斐ない続きとなっていますので、その点では少々不満を持ちます。

中間の動きも含めて、何か策が欲しいなと感じる1頭ですね。いつも通りと言えばいつも通りなので。

トウショウフリーク【B】

1月18日(水)栗東 坂路(重)
【52.3-37.9-25.3-13.3】

単走一杯。舌を出したまま走っているので、集中力という意味では疑問視です。

全体を52.3秒でまとめているので、10歳馬にしては走っていると言えますし、まだまだ馬体は元気がありそうですね。

ただ、上昇という上昇気配も感じない中間を含めての動き。単純に最終追い切りでは今回の方がいいのはいいんですが、どこで一杯に調整するかという段階なので、今回は1週前ではなく直前の追い切りで一杯に追っただけという見方もできます。

1週前に一杯に追っても、最終で一杯に追っても結果はあまり変わらないので、この時計でもというところはありますね。

ピオネロ【B】

1月18日(水)栗東 CW(重)
【6F82.9-67.5-52.9-39.0-1F12.1】

単走強めから末一杯。直線入ったところで強めに促されてから、ラストの部分では鞭も飛ぶ内容でした。珍しいですが、強めから末一杯という書き方をしています。

時計は好感が持てるものでした。まとめの部分で書くつもりですが、今週の栗東CWは雪の影響もあり時計を要する馬場でしたが、この馬はそれを苦にせず走れています。

一息入っていますが、良い意味での平行線と言えるでしょう。

マイネルクロップ【A】

1月18日(水)栗東 坂路(重)
【52.5-38.2-25.4-13.0】

単走末強め。脚捌きはしっかりとしていて、時計も決して悪いものではありません。1週前の坂路全体50.7秒は恐らく坂路自己ベスト。

雰囲気的には3走前の平安Sで掲示板に載った時のようなデキ以上にあると思います。

ただ、ここは叩きで勝負は次の佐賀記念を目標にしているのではないかなと思うので、その点では勝負度合いは弱いかなと思います。

※川崎記念の出走の可能性も出てきているようです。そうなると、佐賀記念ではなく、川崎記念からフェブラリーSへ向かう可能性もあるようです。

メイショウウタゲ【B】

1月18日(水)栗東 坂路(重)
【53.8-38.8-24.9-12.6】

単走馬なり。やや馬場状態が悪い中での追い切りでしたが、馬なりでも脚捌きは軽やかで良かったです。

ただ、状態は可もなく不可もなくではないかなと思います。

時計を見ても休み明けを使われた前走に比べて、全体とラストを見比べても差し引き±0という感じを受けますね。息の入りという意味では今回の方がいいのかもしれませんが、大きな上積みは正直感じませんでした。

モルトベーネ【A-B】

1月18日(水)栗東 坂路(重)
【51.2-37.2-24.6-12.7】

2頭併せ強め併入。時計はしっかりと出ているんですが、その分僚馬も併入で走れているので見た目が地味に見えますね。

それでも、この2年近くの時計を振り返って見ると全体51.2秒は自己ベスト。一息入れたのが前向きな形で出てきていると思います。

前走ベストを更新しているのがみやこSの6着時でしたので、それと比べても今回の方が時計は出ています。

ただ、その時は単純に離された結果でしたので、それから比べるとこの常勝曲線では厳しいのかもとは思います。

ラストインパクト【B】

1月18日(水)栗東 CW(重)
【5F66.4-51.0-38.4-1F12.8】

単走末一杯。芝馬がダートに挑戦するときは時計が出る典型例ですね。やはり勝負度合いはある程度高いとは思いますが、適正がどうでるのかでしょうか。

G1出走時と殆ど変わらないくらいにやっているので、デキはいいところにあると思います。AJCCでも良かったのではないかなと思いますが、果たして。

リッカルド【B】

1月18日(水)美浦 南D(良)
【6F85.7-69.1-53.7-39.6-1F12.5】

2頭併せ内馬なり併入。強めに追われる僚馬を尻目に、馬なりで併入しているのは好感が持てます。

ただ、馬場がかなり綺麗な時間帯でしたので、時計が出ているのは当然と言えば当然かもしれません。

雰囲気としては、特段悪いという気もしませんし、追い切りでは走ってしまうタイプだけにあまり追い切りが関係ないのかなと思ってしまう1頭です。

走れる状態は整っていると思うので、いきなり走られても不思議ではないですが、追い切りの雰囲気を見る限りだと、状態は平行線ですね。

ロワジャルダン【B】

1月18日(水)美浦 南D(良)
【6F82.7-66.6-52.5-39.0-1F13.2】

単走末強め。馬場の綺麗なところを走っているので、時計は出てもそこまでといったところです。

デキは前走程度だとみています。いい意味では平行線ですが、若干ですが可動域が狭くなっているようにも感じます。

一息入れてから2回使われていますが、もう少しまとまった休養が必要なのかもしれませんね。

中間の時計などを見てもこの馬らしい時計の刻み方をしているので、考えすぎかもしれません。

ロンドンタウン【B】

1月18日(水)栗東 CW(重)
【6F83.5-66.6-51.7-38.2-1F12.7】

2頭併せ内馬なり1馬身程先着。ちょっと僚馬がだらしない内容となってしまったかなというところでしたが、時計は上々だと思います。着差は考えなくてもいいのかなと思いますね。

一息入れて状態を立て直してきたという見方もできますが、良い意味でリフレッシュは出来ていると思います。

ただし、やや一息入れた状態が抜け切れていないのかなと思う雰囲気も感じていて、レース前というより、どこか中間の動きを見せられているような雰囲気を感じます。

もう少しピリッとして欲しい印象は受けましたが、時計は上々なので、もしかしたらこの馬の特徴なのかもしれませんね。ここの結果次第で評価を変えてもいいと思います。

時計は出ていたので、評価は据え置きます。

木曜追い切り馬情報

モズライジン【B】

1月19日(木)栗東 坂路(稍重)
【53.4-38.8-25.6-13.1】

単走強め。上々と言える時計は出したのかなと思います。あまり坂路では走らない1頭ではあるので、その点ではあまり変わりなく来ているのかなと見ることができます。

できれば加速ラップで終わる追い切りを見せてほしかったなと思いますが、全体時計は近走の中ではいい時計を出していますし、末がもう少し伸びれば上昇と言えたかなと思います。

オススメ馬考察は

以上で映像チェックを終わりました。

今回の追い切りで上昇気配を見せていたのは【A】評価のマイネルクロップと【A-B】評価のモルトベーネは今回は調子が上がっている時に出走できそうですね。

ただし、モルトベーネに関しては、上昇気配は感じるものの...というところで止まっているとも言えますね。もう少し見た目が派手な追い切りをやれるくらい上昇しているならば穴馬候補まで言えたのかなと思います。

マイネルクロップに関してはなかなか先が読みづらいなと思いますね。

デキは良い状態で出走できそうですが、勝負度合い的にはやや弱い印象も受けます。

ただ、馬の状態はいい時に出走できるので一発あるならこの馬でしょう。

今回の追い切りで、時計と雰囲気、いずれをとっても調子が良さそうなのがピオネロでした。

状態は良い意味で平行線だと言える内容でした。

今週の栗東はまだ雪が残る中で、重い馬場状態の中での追い切りとなりましたが、それを苦にせずしっかりとした脚取りをしています。

上昇は感じないまでも、状態の良さが伝わってくるだけに、楽しみな1頭です。

その他、【B】評価ではありますが、アスカノロマンはデキは正直心配な部分もありますが、それでもこのメンバーであればという印象です。

グレンツェントも同じく、上昇は感じないまでも、良いところでキープできていると言っていいのかなとみています。

マイネルクロップ・ピオネロ・アスカノロマン・グレンツェントの4頭をオススメして、東海Sの追い切り考察を終わりたいと思います。

≪参考≫

東海Sの予想を公開しました。

今回は超大穴の2頭を選択しています。

東海ステークス 2017 予想|今回は馬連ワイドの大穴勝負で挑みます
この記事では、東海ステークスの予想について書いています。東海ステークスは、2月19日に実施されるフェブラリーSへ続く前哨戦の重賞で、これまでにもコパノリッキーやニホンピロアワーズなどのG1馬が勝利を収めているのが特徴です。G1に直結する力がないと勝ち切れ...

ま、当たれば高配当です^^;

単刀直入に言って、うまコラボは"こんな人"にお薦めです。

「本当は6頭まで絞って馬券を買いたいんだけど、絞り切れない。」
「縦目を喰らい悔しくて悶絶してしまうことがある。」

パドック横の発売機近くで、時計を気にしながら新聞と睨めっこ。本当は目ぼしい馬を決めていたのに、パドックで馬を見てしまったらどの馬も走るような気がしちゃう...。

「もっと楽に走る馬が判ればいいのに...。」

そんなことを願っている自分がいました。
あなたはそんな経験をしたことはありませんか?

もしも、そんなことを少しでも思ったことがある方なら、きっとお気に入り間違いなしの指数提供サイト『うまコラボ』を使ってみて下さい。

うまコラボを使う利点は、少なくとも以下の事が言えます。

  1. 走る馬を指数で提示してくれる。
    だから、迷ったら数値上位の馬を選択することができる。
  2. 有力馬の中で、どうしても切る材料が見当たらない時にチェックしてみる。
    実は指数では全く高評価されていなかったので切ることができた。
  3. 前評判は悪いけど、どうしても気になる1頭がいる。
    馬の数値をチェックして胸を張って買うことができる。
  4. ガチガチの予感がするけど、覗いてみよう。
    指数上位の馬がそのまま人気になっているから見に徹することができる。

指数って本当に当たるの?という疑問を持つ方もいらっしゃると思います。私も最初はそう思ってました。

あくまで指数ですから、レース展開や状態の良し悪し、馬体重の増減など、当日にしかわからない部分は考慮してくれていません。その為、いざレースが始まると指数上位馬でも簡単に敗れてしまうことは十分にあります。

しかし、うまコラボは、過去の成績をしっかりと提示してくれています。そして、うまコラボは、指数上位6頭は来る確率が非常に高いのがミソです。

直近の結果だけですみませんが、だけど、これだけの実績があります。
6頭BOXという限定ではありますが、3連単の的中率が最高で50.0%というのは本当に高い数字です。その日に関しては、2レースに1レースは的中している結果ですから、驚異的な成績です。

これだけの実績を残しておきながら、それでも使わないというのはいかがなものでしょうか。相当ご自分の馬券力に自信がある方以外、使ってみるのも一考ではないかと申し上げます。

個人的には、指数サイトを使うことで一番のメリットは、時短ができるという点です。

サイトに行けば指数で走る馬を提示しているわけですから、どっちの馬を切ろうかなと悩んで悩んで時間が無くなってきたとき、思い切って指数を参考に切る馬を決めたりしています。

上記6頭のBOXは、私はさすがに買えないのでもう少し絞りますが、迷った時に頼りになるというのは最大のメリットではないかと思います。

使い方は簡単で、こちらの登録ページからメールアドレスの登録が必要です。

上記の登録箇所がありますので、メールアドレスを登録。仮登録メールが送られてきますので、記載のURLをクリックすると本登録完了です。

無料登録だけだと、第1R~第6Rまでのレースが無料で指数公開中です。

え、後半のレースは観ることができないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは無料で午前中のレースだけお試しください。

お気に召しましたら、月額1,980円で全レースの数値を見ることができます。だけど、この金額で全レース提供というボリュームは凄いです。

まずは無料登録から。だけど、あなたも不思議と有料登録したくなると思いますよ。オススメです!

【うまコラボ公式】
無料の会員登録をされる方は
今すぐにコチラをクリック!

-追い切り情報
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。

馬券を買うあなたに朗報です!ポイントサイトを使って節約して馬券代を稼ぎましょう!

【第1位:げん玉】まだポイントサイトを使ったことがない人はココ!!

ポイントサイトを使う利点は、普段のネットでのお買い物やネットサービスを利用する際に、ポイントがキャッシュバックされる点です。

そして、数多くあるポイントサイトの中で『げん玉』を1番にお薦めする理由を書いてみます。

  • 安心の会員数1000万人以上の日本最大級の規模
  • リッキーの2017年(10月末時点)のキャッシュバック総額は3500円
  • 楽天市場やYahoo!ショッピングなど定番ショップでポイントが貯まる
  • ポイントに毎月利息が付く
  • 300円から換金できる
  • ポイント増のキャンペーンが多い

当然ですが、完全無料で利用することができます。
また、私自身がしっかりと換金しています。

『げん玉』は、10pt=0.1円換算となりますので、上記は500円を換金しています。

ただ、ここの換金は、げん玉と同じリアルワールドという会社が運営している『PointExchange』というサイトを経由しなければなりません。そこが正直面倒なポイントなんですが、その『PointExchange』は、「トラノコ」というお釣りで投資をする会社と提携して、『ポイントで投資』というサービスを利用できるようになりました。

まだ、私は試していませんが、丁度、テレ東を観ている時に特集されていたので気になっていたんです。雑誌『AERA』『日経ヴェリタス』などにも掲載されていて、凄く興味を持ってます。

この後、2位と3位で紹介するポイント会社からも、ポイント投資先に選べるようになったら、ポイントを使って投資ができるので、楽しみが増えそうです。

詳しく勉強して、ポイントでお金を増やす取り組みにも力を入れていきたいと思います。

【第2位:ハピタス】実は他のポイントサイトよりも、キャッシュバック額が大きい...!?

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

完全無料で利用することができるポイントサイトです。会員数はげん玉に比べて少ない180万人ですが、ハピタスの特徴に、『毎月ハピタス宝くじ』『毎日ハピタス宝くじ』などの、面白いサービスを行っています。

条件を満たした場合に、宝くじ交換券を貰うことができます。それを使って、上記のどちらかの宝くじと交換します。

『毎月ハピタス宝くじ』は、毎月1回抽選が行われ、1等前後賞30,000pt(1pt=1円)。
『毎日ハピタス宝くじ』は、毎日抽選が行われ1等1,000ptが当たるかもしれません。

私はこれまで10回ほどチャレンジしていますが、当たったことはないです。だけど、こういった遊び心があるサービスは楽しみが増えるので、ワクワクできるものは好きですね。競馬をやっている方なら、ワクワク感って好きですよね。

ハピタスは、リッキーが今年1番稼いでいるポイントサイトです。
10月末現在、4,860ptを保有していますが、9月からの2か月弱で貯まりました。

もう少し貯まる予定ですので、年末の有馬記念で使いますヽ(^◇^*)/

『げん玉』を使う機会が多いのですが、それでもなぜハピタスの方がポイントが貯まるのかというと、意外と利率が高いのがハピタスの特徴です。

例えば、出張の際に、私は楽天トラベルを使うことが多いですが、楽天トラベルをげん玉経由で申し込みを行うと、げん玉でのポイントは最大2500ptしか貯まりません。定額キャッシュバックです。

しかし、ハピタスの場合は、利用額の0.6%のポイントがキャッシュバックされます。

ここで使い分けます。

げん玉経由で楽天トラベルを利用した場合は、国内ホテルの宿泊だけだと750ptが定額で付きます。そこはハピタスを使うと損をします。
しかし、ANAパックなどが使える出張の場合は、高額になりやすいので、げん玉の最大2500ptよりも、ハピタスの0.6%のキャッシュバックの方が多くなる場合があります。連泊が必要な場合は、ハピタスを利用する方がキャッシュバック額が多くなります。

そして、10月28日現在、楽天トラベルは、利用額の3.1%がキャッシュバックされるキャンペーン中です!これは大きいですが、私はこの時期の出張や旅行の予定がありません。。。

分かりやすい説明に、楽天トラベルの名前を借りましたが、基本的にハピタスは他のポイントサービスに比べて、オトクに利用できることが多いです。
げん玉とハピタスの二刀流で、ガッチリ貯めることができます。