フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

天皇賞春 2017 サイン|CMは次から次へと プレゼンターはなしもゲストは筧利夫が来場!

2017/4/25/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、天皇賞春のサインに纏わることを見ていきたいと思います。
CMは『#5 次から次へと』というタイトルの作りです。
プレゼンター情報は残念ながら見つかりませんでしたが、ゲストは筧利夫さんが来場されるそうです。

その他のことから、サインを見ていきたいと思います。

CMは『ある数字』が鍵となっている!?

もう内容に関してはどうでもいいと言いますか、何も思わないようにしていますww
一々突っ込んでいてもはじまりませんからね。

CMのスタートは正門(京王線から続く陸橋)を走ってくるという構成です。
「レースもう終わっちゃいました?」と松坂桃李さん。
「はい、第一レースは修了しました。間もなく第二レースが始まります。」とインフォーメーションの女性。
「えぇ!」と驚く一同。

「いや、調べて来いよ。」と私はやっぱり突っ込みますww
このCMシリーズは、前回や前々回の構成を、0から忘れてしまうのか、それとも全く関係のない話なのかは分かりませんが、前回の設定を引き継ぐならばパドックに行ったり、レーシングプログラムを貰っているはずなんですけど、今回のCMは、恐らく全部の設定をその回その回で作っているんでしょう。
特にこれと言ってサインも見つかりませんが、それ以前に回りくどくて、競馬を知っている人から見ると不評でしょうね。

「何かの終わりってさ、きっと何かの始まり、なんだよね。」と柳楽優弥さん。
このCMのキーとなるようなセリフです。

さて、このCM動画を何度か確認すると、ある数字が浮かび上がってきます。
皆さんはお気づきになりましたか?

その気になる数字とは、26番と27番。
フジビュースタンド3Fの正門連絡歩道橋から中央インフォメーションの部分ですね。

映像の中にも、数カ所出てきます。

このCMから言えることは、26番と27番というのが鍵となる暗示ではないかと思います。
ちなみに、天皇賞ということで、天皇繋がりで考えると、第26代天皇は継体天皇、第27代天皇は安閑天皇。
この辺りも何かのヒントになるか。

もしくは、単純に2-6、もしくは2-7で決着する可能性は十分に考えられます。
この辺りには要注意ポイントと言えるでしょう。

ゲストは筧利夫さん プレゼンターではないみたい

ゲストの欄には筧利夫さんが表示されていましたが、どうやらプレゼンターという情報が書いていないので、プレゼンターは行わない可能性が高いですね。
昨年のゲストは草刈正雄さんで、こちらもプレゼンターはありませんでした。
もしかしたら、天皇賞は格式高いのでプレゼンターはやっていない可能性はありますね。

だけど、2015年の天皇賞秋のプレゼンターに東出昌大さんがされているので、関係ないですね、すみません。
京都競馬場で行われる天皇賞春なので、都合がどうしても付かないのかもしれませんね。

ちなみに、筧利夫さんのプロフィールを簡単に。

筧 利夫(かけい としお、本名同じ、1962年8月10日 - )は、日本の俳優、タレントである。静岡県浜松市中区出身。
浜松市立佐藤小学校卒、浜松市立丸塚中学校卒、静岡県立浜松東高等学校営業科卒、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科卒。スタッフ・テン所属。

筧利夫

勝浦正樹騎手が8月10日生まれではありますが、その他には該当する方がいないですね。
ちなみに、8月11日が誕生日なのが友道康夫調教師ですね。
繋がりらしい繋がりはないですが、8-10辺りが可能性としてあるのかなと思いますが、プレゼンターではないので、今回はゲストからのサインはないように思います。

今上天皇の趣味は麻雀!?

天皇繋がりで、現在の天皇陛下のニュースが昨日流れていました。
それによると、麻雀がお好きということでした。

陛下は大学時代に麻雀を覚えられ、友人や侍従たちを相手に楽しまれることがありました。皇太子時代の1953年にヨーロッパを訪問されたときには、船上で麻雀に興じられました。

天皇陛下 大学時代に麻雀を覚えられ打ち筋は手堅い

このニュースを観た時、私は驚きました。
天皇陛下も人なんだなと、人柄が見えてくるニュースでした。

お気持ち表明から退位への流れとなり、もしかしたら今年が来年が平成の最後かもしれないと言われていますね。
天皇賞と言えば、エイシンフラッシュのデムーロ騎手の最敬礼が印象的です。

このタイミングで麻雀が大好きだというニュース。
何か繋がりがあるのかもしれません。

麻雀牌は全部で136枚。
4人で行うテーブルゲーム。
各プレイヤー13枚の手牌を使って、計14枚でアガリを目指すゲーム。

麻雀繋がりのサインに使えそうな数字は、このくらいでしょうか。


ヘッドラインが決め手か!?『長編の伝統を受け継ぐ勇者が最強を証明する。』

ヘッドラインが公開されていました。

『長編の伝統を受け継ぐ勇者が最強を証明する。』

伝統を受け継ぐということは、過去の天皇賞春を制したことのある血統という見方をすることができます。
そこで今回のメンバーを見ていきましょう。

(02年)マンハッタンカフェ産駒
シャケトラ
(06年)ディープインパクト産駒
ファタモルガーナ・ディーマジェスティ・サトノダイヤモンド

上記の馬が該当します。
特に『受け継ぐ』というところに着目すると、親子でという意味合いが大きいのではないでしょうか。

以上、天皇賞春のサインでした。

© JRA ©YouTube Google. All Rights Reserved.

-考察
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。