フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

【秋華賞2015 予想】最終リハで動けていた馬から

2015/10/18/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんばんは、第20回秋華賞の予想を行っていきたいと思います。今回もいつものように馬連とワイドで予想したいと思います。

秋華賞の最終追い切りと5段階評価を行った記事はこちら

過去の人気別の傾向

さて、最後の1冠目指して3歳牝馬が激突する秋華賞ですが、2008年の第13回秋華賞では11人気のブラックエンブレムが優勝し、2着ムードインディゴ(8人気)、3着にはプロヴィナージュ(16人気)が入り、馬連23,080円、3連単10,982,020円という荒れた年もありました。

ただ、言われてみれば荒れた年もあったなと思ったくらいで、実際のところそこまで荒れるのは稀であって、中心に見たいのは上位人気馬です。

秋華賞2015傾向

ご覧の通り、2008年を除けば1着馬は3人気以内から

ただし、2着馬に関して言えば1桁人気馬であればチャンスがあるという見方もできます。

3着には15番人気と16番人気が入っていますが、それを除けば上位6人気以内から。3着のヒモ荒れには意識したいものの、それ以外はそこまで荒れるということを意識しなくてもいいのかなと感じます。

ただ、追い切りを観た感じだとディアマイダーリンでした。しかし、過去の傾向から言えば、二桁人気馬であるディアマイダーリンは選びにくいところ。

そこで、少し狙いを変えて、最終追い切りで動けていた馬を1頭目に選びたいと思います。

馬連・ワイド予想

追い切り記事でA評価を付けたのはキャットコインココロノアイディアマイダーリンテンダリーヴォイスの4頭でした。

ただし、キャットコインとディアマイダーリンとテンダリーヴォイスに関しては、上記のように人気が低すぎて押え程度の扱いが無難と言えそう。3連系を買われるのであればヒモに入れるのをお薦めしたいです。

速い流れが意識される秋華賞。ある程度のところで、毎年ハイペースに傾きます。

そのことは競馬のさんぽ道様の「秋華賞の傾向 | 過去の傾向ではほぼハイペース必至…今年は?」でも述べられていた通りです。私の見解もほぼ一致します。

毎年のようにハイペースに傾く、やはりG1で最後の1冠にかける思いというのもあるのかもしれませんが、あとは前が止まるのか、それともスピードに乗った状態で最後まで駆け抜けていくのかの違いしかないように思います。

そうなると、気にしたいのはポジション。

ここまで有力馬という有力馬は、基本的には先行以下のポジションを取ることが多かったです。追い切りでは動けていたと感じたレッツゴードンキは、元々言われた距離不安も考慮すると狙えないのかなと思います。勿論、そのまま止まらない馬場であれば積極的に狙っても良さそうですが、そこまで前が有利という馬場ではないと思います。

そうなると考えられるのは......

1頭目の予想

1頭目に選びたいのはタッチングスピーチ

2頭併せから2馬身突き放しての最終リハでした。

時計自体は平凡とも言えるものでしたが、前走ローズSでは最後突き抜けました。

その点も考慮すれば、ここでも同程度のパフォーマンスに期待ができることから狙っていきたい1頭だと思います。

2頭目の予想

悩んだものの、ディアマイダーリンでも良さそうな雰囲気はあるものの、2頭目に選びたいのはココロノアイ

最内枠ということで、窮屈なレースになることが危惧されます。窮屈になれば、それだけ精神力がタフではないと難しいのかなと感じます。

しかしながら、京都内回りでの最内枠は決して絶対的な不利には働かないはず。

その点で言えば、逆転まで可能性は十分にあるのではないかなと私は思っています。

さいごに

タッチングスピーチとココロノアイの2頭で馬連・ワイドで勝負したいと思います。

個人的には、今回はディアマイダーリンの複勝も少し買っておこうかなと思っています。3着ならばチャンスがあるのではないかなと思っています。

以上、秋華賞の予想をお伝えしました。

単刀直入に言って、うまコラボは"こんな人"にお薦めです。

「本当は6頭まで絞って馬券を買いたいんだけど、絞り切れない。」
「実は縦目を喰らうことが多い。」

パドック横の発売機近くで、時計を気にしながら新聞と睨めっこ。本当は目ぼしい馬を決めていたのに、パドックで馬を見てしまったらどの馬も走るような気がしちゃう...。

「もっと楽に走る馬が判ればいいのに...。」

そんなことを願っている自分がいました。
あなたはそんな経験をしたことはありませんか?

もしも、そんなことを少しでも思ったことがある方なら、きっとお気に入り間違いなしの指数提供サイト『うまコラボ』を使ってみて下さい。

うまコラボを使う利点は、少なくとも以下の事が言えます。

  1. 走る馬を指数で提示してくれる。
    だから、迷ったら数値上位の馬を選択することができる。
  2. 有力馬の中で、どうしても切る材料が見当たらない時にチェックしてみる。
    実は指数では全く高評価されていなかった。
  3. 前評判は悪いけど、どうしても気になる1頭がいる。
    馬の数値をチェックして胸を張って買うことができる。

指数って本当に当たるの?という疑問を持つ方もいらっしゃると思います。私も最初はそう思ってました。

あくまで指数ですから、レース展開やそもそもスタートが上手に切れるかどうかは考慮してくれていません。その為、いざレースが始まると指数上位馬でも簡単に敗れてしまうことは十分にあります。

しかし、うまコラボは、過去の成績をしっかりと提示してくれています。そして、うまコラボは、指数上位6頭は来る確率が非常に高いのがミソです。

直近の結果だけですみませんが、だけど、これだけの実績があります。
6頭BOXという限定ではありますが、3連単の的中率が最高で47.2%というのは本当に高い数字です。ほぼ2レースに1レースは的中している結果ですから、驚異的とも言える成績です。

個人的には、指数サイトを使うことで一番のメリットは、時短ができるという点です。

サイトに行けば指数で走る馬を提示しているわけですから、どっちの馬を切ろうかなと悩んで悩んで時間が無くなってきたとき、思い切って指数を参考に切る馬を決めたりしています。

上記6頭のBOXは、私はさすがに買えないのでもう少し絞りますが、迷った時に頼りになるというのは最大のメリットではないかと思います。

使い方は簡単で、こちらの登録ページからメールアドレスの登録が必要です。

上記の登録箇所がありますので、メールアドレスを登録。仮登録メールが送られてきますので、記載のURLをクリックすると本登録完了です。

無料登録だけだと、第1R~第6Rまでのレースが無料で指数公開中です。

え、後半のレースは観ることができないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは無料で午前中のレースだけお試しください。

お気に召しましたら、月額1,980円で全レースの数値を見ることができます。だけど、この金額で全レース提供というボリュームは凄いです。

まずは無料登録から。だけど、あなたも不思議と有料登録したくなると思いますよ。

うまコラボオフィシャルサイトはこちらから

-競馬予想
-