フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

セントウルステークス 2017 最終追い切り評価|ラインミーティアの動き上々

2017/9/8/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、9月10日に実施されるセントウルSの最終追い切りの考察です。
映像をチェックし、タイムなども参考に前走からの比較を行って評価を行っています。

セントウルSには17頭が登録。
ラインミーティアやダンスディレクターなど、有力所は出ていることは出ていますが、メンツ的には少々見劣りしてしまうメンバーとなりました。
もう少しメンバーが揃ったら面白かったかもしれません。

ただ、馬券的には面白くもなったと言えるので、好調な馬を選択して、しっかりと見ていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アドマイヤゴッド【B】

9月6日(水)栗東 坂路(良)
【55.2-39.9-26.0-12.5】

単走馬なり。
やや進行方向に対し右側を向きながらという走りでした。
それでも、最後は12.5秒で走れているので、特に問題はない印象も受けます。

1週前に猛時計を刻む追い切りを消化していますので、仕上がりが甘いということはないと思います。
北海道から輸送されて戻ってきた影響は感じません。
今回特別に仕上がりがいいという気配は感じませんが、デキが悪いということはないです。

アルティマブラッド【B】

9月6日(水)栗東 坂路(良)
【51.4-37.7-24.6-12.3】

2頭併せ一杯1馬身程度先着。
全体51.4秒で、ラスト12.3秒。
2F12.3-1F12.3ですので、加速ラップとはいきませんでしたが、それでも踏みとどまっています。

ただし、この時計は比較的出せる1頭ですので、時計は参考程度でいいと思います。
前走は【A-B】評価で、0.3秒差の6着。
個人的にはもう少し前進があってもよかったと思いますが、今回もその時と同じくらい仕上がっていると思います。
評価は【B】評価としておきますが、全体的には良かったと思います。

スノードラゴン【B-C】

9月6日(水)美浦 坂路(重)
【53.0-39.8-26.6-13.3】

単走馬なり。

前走と同じくらいで出走できるのではないでしょうか。
輸送を考慮して軽めに調整しているのだと思いますが、最終追い切りにしては物足りなさを感じる部分はあります。

全体的にはもう少ししっかりとやってもよかったなと感じます。

ダンスディレクター【C】

9月6日(水)栗東 坂路(良)
【52.8-38.6-25.5-12.6】

2頭併せ強め1馬身程先着。
映像を観た印象では、少々作り込みが甘いという感想を抱きました。
最終追い切りでは、悪くても52秒台前半を出してくるだけに、今回の52.8秒という時計も物足りなさを感じる部分です。

追われてからの反応も今一つ。
ここを使われてからという印象は拭い去れません。

ツィンクルソード【B】

9月6日(水)栗東 坂路(良)
【54.1-39.2-25.4-12.5】

単走強め。
個人的にはあまり買いたくない1頭です。
というのも、どこかフワフワしている印象の脚捌きで、真っ直ぐに走れているかも少々疑問です。

北九州記念からさほど変化もなく、現状では上昇気配とは言いづらい仕上がりでした。
【C】評価の北九州記念から、評価据え置きます。

ファインニードル【B】

9月6日(水)栗東 坂路(良)
【52.4-37.6-24.2-12.1】

単走強め。
脚捌きは悪くはないですね。時計もしっかりと出ています。

ただ、好調時は、ラスト11秒台後半を刻むか、加速ラップを刻むのが特徴。
今回は、【12.1-12.1】と加速ラップを刻めなかった点は少々疑問も。

ただ、踏ん張っているので、デキ落ちとまでは言い切れない印象は受けます。

フィドゥーシア【B】

9月6日(水)栗東 CW(良)
【4F50.4-37.1-1F12.1】

3頭併せ外強め2馬身程先着。
アイビスSDでは【A-B】評価としていました。
今回は、その時の評価を据え置きます。

アイビスSDでは、「ここを使って次走が狙い目か」と書いていましたが、観たところ更に上昇気配とまでは言い切れない印象は受けました。
単純に時計の比較を行っても変わりないですし、見た目的にもあまり変化は感じませんでした。
デキ落ちはないと考えるといいかもしれません。

プレイズエターナル【C】

9月6日(水)栗東 坂路(良)
【53.0-38.7-25.4-12.8】

単走強め。
映像だと分かりづらいですが、やや進行方向に対し左へ流れているようにも見えます。
特にスプリント馬で真っ直ぐに走れていないというのは、マイナスポイントだと思いますので、その点は減点だと見るべきです。

時計的にも前走の方が単純に良いと思いますので、今回はデキ落ちと判断したいと思います。

ミッキーラブソング【B-C】

9月6日(水)栗東 坂路(良)
【53.8-38.8-25.8-13.0】

2頭併せ一杯半馬身程遅れ。
1週前に末を大きく伸ばす追い切りを消化。
しかし、最終リハで減速ラップを刻むのは珍しいので、そのままデキ落ちと見ていいのではないでしょうか。

前走は久々を使われていましたが、今回は休み明けを使われた上積みは感じません。
状態は前走以上に悪いと判断しました。

メラグラーナ【B】

9月6日(水)栗東 坂路(良)
【53.0-37.7-24.3-12.1】

単走強め。
左右に振られる場面も見受けられ、個人的にはあまり評価は高くありません。
時計を見ても上積みはないのかなと思いますので、前走程度の評価とさせていただきます。

ラインミーティア【A-B】

9月6日(水)美浦 南W(重)
【4F53.2-38.0-1F13.0】

単走末強め。
ゴール直前に少しだけ動かされたような形になりました。

前走は併せ調教でしたが、今回は単走での仕上げ。
その点は少々微妙に映りますが、仕上がりで言えば今回の方が良いような印象は受けます。
前走の重賞勝利の勢いそのままに出走できるのではないでしょうか。
好走に期待したいです。

ワキノヒビキ【B】

9月6日(水)栗東 坂路(良)
【53.6-39.2-25.8-12.8】

単走馬なり。
前走に比べれば今回の方がいいのかなと思う反面、作り方が基本的に変わっていないのが気になるポイントです。
もう少し工夫があれば良かったかなと思います。

ワキノブレイブ【C】

9月6日(水)栗東 坂路(良)
【54.3-39.6-25.9-12.9】

単走一杯。
やや左右に振られる時間帯もあり、現状では評価はし辛い1頭です。
こちらも時計の刻み方はさほど変化なく、久々ということも影響してか、今一つと言える内容だったように思います。
初戦でいきなりは考えにくいかと思います。

セントウルSの追い切りまとめ

以上、13頭の追い切りをチェックしていきました。

今回の追い切りで上昇気配を示していたのは、ラインミーティアの1頭のみでした。
ただ、B評価の中でも、アルティマブラッドファインニードルの2頭は評価できる内容だったと見ています。

上記の3頭には注目しておくべきでしょう。
以上、セントウルSの追い切り考察でした。

■■【朝日杯FS】■■■■■■■■■■■■■
プロが買う≪朝日杯FSの3連単≫を知りたくありませんか?
関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【7割以上で的中実績が残せるワケ】
1.元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている
2.情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

【朝日杯FS】関係者が買う
『3連単勝負馬券』はコチラ

-追い切り情報
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。