フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

【セントウルステークス2016最終追い切り】5段階評価とお薦め馬

2016/9/8/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。
分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

2017年3月より、記事を細分化せずにまとめて更新していくスタイルへと変更しています。
例えば「日本ダービー」について書くならば、週初めに出走予定馬を更新し、その後最終追い切りなどを1つの記事に追記して更新を行っています。

リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

セントウルステークスの最終追い切りについて書いていきたいと思います。タイムや映像から、好調馬を最後に記していますので、ぜひ最後までご覧いただけたら幸いです。

スプリンターズSへ向けてのステップレース。ビッグアーサーやダンスディレクターなど、有力馬がどれだけ仕上げているのかを確認していかなくてはいけません。

勿論、100%仕上げは秋の大舞台。もしくは12月の香港で、ということもあるかもしれません。ここで完璧に仕上げることはないので、隙は必ず生まれてしまいます。その辺りもチェックして、美味しそうな穴馬を見つけていきたいです。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アースソニック【A-B】

9月7日(水)栗東 坂路(稍重)【52.4-38.2-25.0-12.5】

単走強め。動き自体軽快で、力強さも兼ね備えていて調子は良さそうです。最後は12.5-12.5で加速ラップとはいきませんでしたが、デキに関しては悪くはないといえるかなと思います。助手が跨っているので時計はこれでもいいんじゃないかなと思います。馬場状態の違いなどもありますが、全体52.4秒は昨年末と今年の初めに行われた追い切りと同タイムで、ここ1年では2番目に速い時計。淀短距離の頃の雰囲気は持ち合わせているのかなと思います。中間の本数が少ないように感じますが、映像からは雰囲気がよく見えます。

前走のアイビスSDの時は最後に時計を落としていますが、今回は上でも書いているように最後は持ちこたえています。今回の方がいいのでは。

アットウィル【B】

9月7日(水)栗東 坂路(稍重)【52.4-37.4-24.2-12.0】

単走強め。映像を観ると、意外と時計が出ていた感じられて、雰囲気はいいですね。時計が出ていないと思うくらいリラックスしていながら、時計がついて来ているというのは悪い傾向ではありません。こちらも順調に来ていると感じる内容です。前走【A-B】の評価をしていましたが、今回はそこからデキ落ちは感じず、今回も好走可能な追い切りを見せてくれたと思います。

ウリウリ【A-B】

9月7日(水)栗東 坂路(稍重)【52.9-37.9-24.2-12.1】

単走馬なり。単走扱いになっていますが、馬が隣にいましたので併せ調教のはず。仮に併せ調教であれば、5馬身程突き抜けています。馬なりでの内容なので、状態の良さを感じさせるものでした。

Mデムーロ騎手が騎乗しての内容だけに、どこまで信頼できるのかは掴みかねます(助手の方が体重が重いため、この時計で助手であれば好走したと言えます)が、この1年近くでは2番目に速い時計を出しているので、状態は良さそうですね。久々ではありますが、雰囲気は良いと思います。前走のヴィクトリアMの時に評価を落としていたので、今回は上げています。

エイシンブルズアイ【B】

9月7日(水)栗東 坂路(稍重)【52.1-37.4-24.1-12.3】

単走馬なり。強めにも見えたんですが、映像全体が暗くてよく分かりませんでした。エイシンブルズアイ自体は動きも軽快で雰囲気良さそうです。最後は時計を落としていますが、全体52.1秒なので気にしなくてもいいのではないでしょうか。

先週はCWで時計を出していますので、状態としては平行線と考えていいのではないでしょうか。前走も決して内容的には悪いというものではなかったです。

スノードラゴン【B】

9月7日(水)美浦 坂路(良)【52.7-38.8-24.8-12.3】

2頭併せ馬なり併入。半馬身程前に出ていたでしょうか、アングルがちょっとわかりづらかったのですが半馬身から1馬身程前に出たところがゴールでした。僚馬はホワイトフーガ。ホワイトフーガ自身は9/19の大井に出走するため1週前調教ではありますけど、追走する形で入っていますので、最後は前に出たのは好感が持てます。

8歳馬なので上昇は見込めませんが、状態は8歳馬とは思えないほどの軽快な動きを披露していると思います。調子落ちはないでしょう。

ダンスディレクター【B-C】

9月7日(水)栗東 坂路(稍重)【54.2-39.3-25.0-12.1】

2頭併せ強め1馬身先着。最後にグッと加速していく追い切りで、31日の1週前に全体52.7秒で駆け抜けていますので、最終はサラッと流した程度の内容となりました。1週前はラストに伸びきれなかったので、今回は終い重視といったところでしょうか。

中間は坂路で6本の時計を出してはいますが、ここを使ってからという印象も拭いされませんでした。長期離脱を余儀なくされた影響は大きいかなと感じます。最後のレース出走は1月末ですが、追い切り自体は3月16日が最後。その時と比べて雰囲気は1つ落ちているのではないかなと思います。

ティーハーフ【B】

9月7日(水)栗東 坂路(稍重)【51.6-37.4-24.6-12.5】

単走一杯。リズムの悪さが目につく内容で、鞭も右から左からと入っています。真っ直ぐに走れていない割には全体時計は出ていますが、この馬自身は50秒台も出すほど坂路はそこまで苦にしない1頭。時計よりも走っている雰囲気を大事にした方がいい1頭でもあります。

前走時に評価を落として12着でしたが、今回の雰囲気は微妙なところ。真っ直ぐにちゃんと走れる1頭なので、今回の内容では買いづらいかなと思います。

ビッグアーサー【B】

9月7日(水)坂路(稍重)【51.9-37.0-23.5-12.2】

単走一杯。映像からは鞭が3発入る内容ではありましたが、微妙と言えば微妙な雰囲気。コース向かって左側を走っていましたが、坂の傾斜がきつくなってくる残り2Fのところからコース真ん中へと斜行していくような格好。

ただそれは、高松宮記念の時も同様で、今回も一緒のような形になりました。

ただ、今回は暴れ馬のような形で、鞍上の助手さんのコメントが「今はコントロールも利いている」というコメントが嘘のように感じます。結構抑えるのに必死だったのではないでしょうか。

先週坂路で自己ベストタイの49.5秒をマーク。見方を変えると、高松宮記念の1週前と同タイムをマークしています。ただ、高松宮記念の最終は全体51.0秒を考えれば、時計が出易い栗東坂路の馬場を考えれば、仕上がり的には8割くらいではないかなと思います。秋の大舞台へ調整はいい形では来ていると思いますし、8割の仕上げでもこのメンバーであれば勝ち切って欲しいところでもありますけどね。

マイネルエテルネル【B】

9月7日(水)栗東 坂路(稍重)【53.6-37.8-24.5-12.3】

単走強め。しっかりと追われた内容でした。加速ラップではないのが気になりますし、前走の方が良かったのではないかなと感じる内容でした。間隔が近いので、それでも仕上がりはいいかなと思うんですが、近走の成績を考えれば、ここは上昇気配を感じさせてほしかったですね。

メイショウライナー【B】

9月7日(水)栗東 坂路(稍重)【54.4-39.1-25.0-12.3】

単走馬なり。伸び伸びと走っているのは好印象も、若干首の位置が高くなっており、その点がやや不安視。近走の成績から上昇気配を感じさせるものであれば良かったのですが、デキは感じさせない止まり。よっぽど展開が向かない限りは難しいのでは。

ラヴァーズポイント【B】

9月7日(水)栗東 CW(重)【5F65.7-51.5-37.7-1F12.4】

単走馬なり。がっしりと手綱を抑えられての馬なりでしたが、動き自体は悪くは見えませんでした。若干のリズムの悪さを感じはしましたが、悲観するほどではありません。

ここまで4戦順調に使われており、しっかりと追わなくても仕上がりはいいのかなと思いますし、前走から間隔が近いですので時計は気にしなくてもいいのでは。雰囲気は良かったと思います。

レッドアリオン【B】

9月7日(水)栗東 坂路(稍重)【54.3-39.3-24.8-12.3】

2頭併せ末強め併入。半馬身程前に出た格好。踏み込みの力も感じられ、状態面では良さそうですね。1週前に全体51.6秒で坂路を駆け上がっていますので、状態が悪いということはないのではないでしょうか。

ただ、仕上がり的には前走と変わりないように感じられ、デキ落ちは感じられないもののといったところ。距離短縮が向くか向かないかじゃないかなと思います。

木曜追い切り馬

ネロ【B】

9月8日(木)栗東 坂路(稍重)【48.7-35.9-24.2-12.5】

2頭併せ一杯4馬身程先着。破格の時計を披露し、状態の良さを感じさせるものでした。12.8秒からスタートしたあとに11.7秒と11.7秒を刻んでおり、スピードに富んだ内容となりました。

1週前に全体48.4秒とこれまた破格の時計を刻んでいますので、状態落ちは感じさせません。前走からの上昇気配すら感じさせる好内容でした。ここを獲りにきているなと感じさせるものでした。

お薦め馬

以上12頭の追い切りをチェックしていきました。ワキノブレイブの追い切り映像は配信されていませんので、あとはネロの追い切り次第ということになるのかな。木曜追い切りだと思うので、明日の夜に映像配信があるかなと思います。なかったら、以上の12頭の中で見ていきたいと思います。

さて、水曜追い切り馬の中で上昇気配を感じさせたのはアースソニック・ウリウリの2頭でした。

ただ、アースソニックとウリウリ同様に、前走からの上昇気配ということで書いていますので、横と比べると近走の成績では若干の疑問も残ります。

B評価の中ではビッグアーサーは高松宮記念前のような内容で、仕上がりは若干の甘さを感じはしますが、状態面で言えば殆ど休養前に戻っていると思います。

その他だとエイシンブルズアイも良かったですね。意外なところでは、スノードラゴンの動きも良かったと思いました。前走と変わりないところではありますけど、このメンバーならば一息入って良くなっているのではないでしょうか。

お薦め馬はネロの内容を観て決めたいと思いますが、ネロは1週前に坂路で≪48.4-12.5≫と超抜の内容。この時計が自己ベストではないことが非常に面白い1頭ではあるんですが、それでも軽快な動きを披露していました。アイビスSDの時の1週前にも似たような内容をこなしており、今回も仕上がりはいいんじゃないかなと思っています。映像をチェックしたい!!

8日22時頃に追記して再更新いたします。映像配信のあった全頭の考察が終わりました。

ネロの映像を観ましたが、パワフルな動きを見せていました。脚の回転も非常に素晴らしい動きを見せており、状態はかなりいいのではないかなと思います。

お薦め馬です。

1頭目にはビッグアーサー。高松宮記念の出走時と動きなども似ており、今回もある程度のところで仕上げてきたなと感じさせるものでした。

2頭目には今回はネロを挙げておきます。次点でエイシンブルズアイをお奨めして、セントウルステークスの追い切り診断を終わりたいと思います。

週末は大阪杯!
絶好調の競馬予想サイトで勝負!!

今週末は大阪杯ですね。
2017年からG1にグレードアップした大注目のレースです。出走馬も豪華ですね。
そこで今回は4月に開催される4つのG1を勝ち切るために私が厳選した競馬予想サイトをご紹介します。

それは、投資競馬 高配当です。
個人的には今、1番調子の良い競馬予想サイトだと思っています。

公式サイトはこちら

03/25 中京08R 4歳上500万下
三連単 12点×500円=6000円
的中 払戻金:582,200円

03/26 中京02R 3歳未勝利
三連単 15点×500~1000円=7,500~15,000円投資
的中 払戻金:667,500円

03/26 中山11R マーチステークス(G3)
三連単 20点×400円=8,000円投資
的中 払戻金:1,867,560円

03/26 中山12R 4歳上1000万下
三連単 9点×1000円=9,000円
的中 払戻金:515,400円

先週の最高額は186万円でした。
1着に10番人気のインカンテーション・2着に11番人気のアルタイル。この三連単は普通じゃ買えません。
三連複すら難しいレベルです。
このレースをたったの20点買いで仕留めた投資競馬 高配当の実力は本物です。マグレじゃ絶対に当たりません。

もちろん、精度の高い無料情報もあるので無料情報から参加してみるのもいいと思います。
サポートの人もすごい親切なので色々相談してみるといいでしょう。

お申し込みはこちらから

※メールアドレス(フリメ可)だけで登録できます

-追い切り情報
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。