フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

皐月賞 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察

2017/4/10/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、皐月賞の想定騎手入りの出走予定と推定オッズについて書いています。
有力馬考察と1週前の注目馬を掲載していますので、最後までご覧いただけたら幸いです。

さすが皐月賞というだけあり、メンバーが揃いました。
登録馬の前走を見ると、重賞を勝利している馬は8頭。連対馬を含めると計10頭います。
登録19頭の内18頭は、前走掲示板以内とハイレベルな1戦となることは間違いないでしょう。


リッキー
17年の回収率100%を切って早1ヶ月弱...
リッキー
そろそろ本気で当てないとまずい...
いつも本気だけど......

今までに経験したこともないくらい、長期間当たり馬券を見ていません。
ただし、桜花賞は、「アドマイヤミヤビ」と「レーヌミノル」の馬連とワイドで勝負していました。
追い切り考察では、リスグラシューを【A】評価としていたので、これは悔しい結果となりました。
当たりそうで当たらないというのは、スランプ独特の感じなのでしょうか。

より穴を求めるならばリスグラシューとレーヌミノルから攻めるのが正しい選択でした。
今回も、当てにいった買い方でしたね。
スランプの時こそ、自分を忘れないでいた方がいい証拠ですね。

先週もまた反省材料となりましたが、しっかりと狙いを定めて今週は挑んでいきます。


出走予定馬

馬名 斤量 想定 推オッズ
アウトライアーズ 57 田辺 10.7
アダムバローズ 57 池添 35.8
アメリカズカップ 57 松若 24.8
アルアイン 57 松山 16.5
ウインブライト 57 松岡 9.8
カデナ 57 福永 5.1
キングズラッシュ 57 柴田善 389.2
クリンチャー 57 藤岡佑 48.5
コマノインパルス 57 江田照 67.8
サトノアレス 57 戸崎 19.5
スワーヴリチャード 57 四位 3.5
ダンビュライト 57 武豊 30.5
トラスト 57 柴田大 258.3
ファンディーナ 55 岩田 2.9
プラチナヴォイス 57 和田 145.1
ペルシアンナイト 57 Mデムーロ 9.4
マイスタイル 57 横山 85.9
レイデオロ 57 Cルメール 7.8

除外

馬名 斤量 想定 推オッズ
スズカメジャー 57 1032.6

有力馬考察

ファンディーナ
≪牝3/青鹿 高野友和厩舎≫

【前走】フラワーC 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Pivotal

69年ぶりに牝馬の皐月賞制覇を狙います。

前走のフラワーCでは、2着のシーズララバイに5馬身差をつける完勝を見せての勝利でした。
最後は、鞍上の岩田騎手がオーロラビジョンを見る余裕を見せる内容で、牡馬に混じってその強さが通用するのかというのがポイントになるでしょう。

前走の勝ち時計、1:48.7は古馬1000万クラス条件程の時計です。
最後は余裕がありましたので、まだ時計は出せるでしょう。
古馬準OPクラス程度の時計は持っていると思います。

この時期にその時計が余裕で出てしまうのは凄いですが、スプリングSの勝ち時計は1:48.4と今年の牡馬も時計は出ています。
2歳時には、今年は牝馬の世代と言われていたものの、牡馬の成長力にも目を見張るものがありますので、あとはどこまで通用するかでしょう。

カデナ
≪牡3/鹿 中竹和也厩舎≫

【前走】弥生賞 1着
【父】ディープインパクト
【母父】French Deputy

前走は同条件で行われる弥生賞を勝利。
半馬身差ではあったものの、内容はこの馬の強さを示すものでした。
3コーナーから4コーナーにかけては、大外をぶん回されての内容でした。
着差以上に強い内容だったと言えます。

ただ、勝ち時計2:03.2は、皐月賞本番の時計を考えると物足りないと言えます。
ここ4年の皐月賞の勝ち時計は2分を切っていますので、その点では、もう3秒分どこかで稼がなくてはいけません。

捉えた後の最後の数歩は追ってないとは言え、その数歩でその時計を出せるものでもないですので、勝ち時計的には疑問が残るものでした。
昨年の皐月賞の時計から、5秒近くも遅れているのは不安を感じるものだったと思います。
調教の動きで、さらに成長を感じさせるものでないと厳しいと感じるのは私だけではないはずです。

スワーヴリチャード
≪牡3/栗 庄野靖志厩舎≫

【前走】共同通信杯 1着
【父】ハーツクライ
【母父】Unbridled's Song

前走は四位騎手の好騎乗もあり、最後は突き放す一方のレースを見せての完勝でした。
狭いところを通っての内容で、他馬を気にする素振りは一切ありません。
こういった狭いところを嫌がらない馬は、多頭数でも問題なく自分の力を出せるので、大きな舞台でも安定した力を発揮できるのは前向きなポイントです。

残り1ハロンのところまで追い出しを遅らせに遅らせた影響か、2馬身半差の先着は一見すると地味に見えるかもしれませんが、最後の100Mの部分で一気に後続を突き放していて、距離延長は全く問題がないでしょう。
あの内容で、少し反応が悪かったと言える部分はあるでしょう。

末脚は確実なものを持っていて、あとは中山にコース替わりする点をどう見るか。
適正は広いコースの方が合いそうなだけに、コース替わりだけは唯一の心配材料か。

ウインブライト
≪牡3/芦 畠山吉宏厩舎≫

【前走】スプリングS 1着
【父】ステイゴールド
【母父】アドマイヤコジーン

前走はスプリングSでしたが、外を回りこちらも強い勝ち方だったと言える内容でした。

ここまでの調教の様子を時計だけで追いかけると、ここまで仕上がりは良さそうです。
1週前の追い切りを確認しても、【5F67.5秒-1F12.6秒】で一杯に追われる僚馬を軽くあしらう形での併入でした。

もしかすると、中山での好走歴が目立ちますが、追い切りの末の時計を考えると、東京コースなども合いそうかなと思います。
個人的には、ダービーもしくはNHKマイルCの方が可能性は高いのではないか、と思う部分はあります。

馬体重も順調に回復していて、前走から更に大きくなって出走できると思います。

ただ、前走より馬体重が増えるということは、逆に言えば、前走の仕上げがメイチだった可能性は否定できません。
前哨戦仕上げは余裕を残して仕上げるので、その点では、プラス体重出走であれば少々不安視してもいいのかもしれませんね。
冠ウインが付く馬は、クラブ馬ですから基本どのレースも勝っていかなくてはいけません。

その点では、皐月賞への優先出走権が獲得できればいいと思う陣営と、スプリングSの優勝を目指す陣営とでは、やはり前者の方が仕上がりが甘くなる半面、上積みに関しては大きくなります。
仕上がりが甘いところから、メイチに仕上げた方が上積みが大きいのは当たり前ですが、もしかすると最終追い切り次第では、前走の仕上がりの方が良かったと判断できるかもしれません。
そうなれば、やはり厳しいでしょう。

レイデオロ
≪牡3/鹿 藤沢和雄厩舎≫

【前走】ホープフルS 1着
【父】キングカメハメハ
【母父】シンボリクリスエス

前走から間隔が開くことになったのは、ソエが原因で、今回は皐月賞へ直行することになりました。
本来、想定したローテーションは、弥生賞を使った後に皐月賞へ向かう予定でしたが、この段取りが無くなったことで、必要な調整が出来なかった可能性は大いにあるでしょう。

いずれにしても、ホープフルSから皐月賞本番へ直行して勝った馬はこれまでにいません。
勿論、OP時代を含めているので、元々のレースレベルが足りていなかった、レイデオロ級の馬がいなかったとも言えます。

しかし、この3ヵ月以上もの間、外厩でしっかりと乗り込まれているとは言っても不安がないと言えばウソになるでしょう。

ただ、葉牡丹賞とホープフルSと、中山2000Mでの連勝を含む、デビューから無傷の3連勝。
無敗での皐月賞勝利に期待が掛かるのは、牝馬のファンディーナとこのレイデオロのみ。
仮にもここを無敗で勝つとなると、あとは名馬への階段のみ。

現時点での注目ポイント

他にも、重賞で活躍している馬が多数出走し、どの馬からでもチャンスは十分にありそう。
しかも、オッズは拮抗するはずで、上位人気馬が敗れ伏兵馬が1頭でも連対するだけで、配当は大きく跳ね上がる可能性はあるのでしょう。

さて、現時点で注目しているポイントを記載しています。

それは、藤沢和雄厩舎です。
今年の藤沢厩舎は、2歳チャンピオンのサトノアレスとレイデオロの2頭出し。
しかも、サトノアレスはスプリングSで4着に敗れたとはいえ、明らかな前哨戦仕上げでの4着は価値ある4着。
叩かれて今回仕上がりがよくなるのは当たり前とも言えるでしょう。

そして、長期間間隔が空いたレイデオロ
無敗で挑む1頭だし、ホープフルSの内容は強さを示すものでした。

2頭共に末脚が光る馬で、前が流れることになればワンツーの可能性は十分に高いでしょう。

能力の高い2頭だけに、その可能性は大いに秘めていると言えるのではないでしょうか。
藤沢厩舎の2頭には要警戒です。

以上、皐月賞の出走予定でした。

皐月賞 2017 予想|伏兵馬の馬連とワイド、2点勝負馬券の行方は!?
皐月賞(2017)の最終見解と予想について。今回も馬連とワイドの2点で勝負。1頭目は追い切りで「良い」を連発したスワーヴリチャード。ここで買い目から外すことはできません。ファンディーナ見解も書いていますが、消しました。

予想を更新しましたので、もしよろしければご覧ください。

CBC賞はこの人の予想方法を盗んで下さい。

人気の走れない馬を暴く。

期待を裏切った、キタサンブラック。天皇賞惨敗。
期待を裏切った、セイウンコウセイ。函館SS惨敗。

人気だけが先行しています。
馬は人気通りに走ってくれません。

そろそろ、新聞やTVでも取り上げられている
世の中の情報が怪しと気づきましたか?

馬体診断の天才『柴崎幸夫
実力を証明する為、CBC賞を3連複6点でとります。

(無料提供)
※アドレス送信後の返信メールが無い場合、迷惑メールフォルダを確認してください。
せっかくの勝てる情報が入手できなくなります。

お申し込みはこちら

『人気があるこの馬は、今走れる体調ですか?』
この質問に答えられる新聞やTVからの情報はありますか?

キタサンブラックでボロ負けしたあなた。
セイウンコウセイでボロ負けしたあなた。

そろそろ、世間の情報を怪しんでもいいと思います。
馬体診断の天才『柴崎幸夫』の予想が見れるサイトはこちら!↓↓(会員登録無料)
※アドレス送信後の返信メールが無い場合、迷惑メールフォルダを確認してください。
せっかくの勝てる情報が入手できなくなります。

お申し込みはこちら

Character by : © 似顔絵ジェネレーター

-出走予定馬
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。