フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

皐月賞 2017 予想|伏兵馬の馬連とワイド、2点勝負馬券の行方は!?

2017/4/15/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、皐月賞の予想について書いています。
最終追い切りなどから、2頭を選び、馬連とワイドの2点のみで勝負したいと思います。

クラシック初戦の皐月賞ですが、牝馬クラシック初戦の桜花賞は、8番人気のレーヌミノルが優勝。
皐月賞も、同様の荒れ方をする可能性は大いにあると思います。
昨年も3強と言われながら、終わってみれば伏兵扱いのディーマジェスティが優勝したのは記憶にまだ残っています。

さて、伏兵馬の存在を匂わせていますが、当ブログも勿論、注目している伏兵馬がいますので、その馬を絡めて勝負です。

ただし、ここまで当ブログ記事をご覧になられた方は分かっているかと思いますが、スワーヴリチャードは1週前と最終リハと好調な追い切りを消化しています。
ここで逆らうには危険でしょう。

ゴリゴリの1人気に支持を集めていたとしても、逆らわないでいくべきだと思います。
ここまで、順調過ぎる内容と言ってもいいと思います。

では、相手のもう1頭はどの馬なのか。
それについては、今から書いていきたいと思います。

皐月賞の最終見解 / ファンディーナの取捨が決め手になる

今年の皐月賞で例年と違う点は、牝馬のファンディーナの扱いです。
近年の皐月賞で牝馬が出走したのは、14年のバウンスシャッセでした。
人気は12人気。伏兵扱いというよりも、注目はされていなかった1頭。
結果も11着で、人気に沿った内容でした。

ファンディーナは、これまでの牝馬と一線を画す1頭です。
ここまでデビューから3戦3勝。
しかも、初重賞挑戦となった前走フラワーCで、2着以下に5馬身差をつける内容でした。

「牝馬相手に5馬身でも、牡馬相手となるとそう簡単にはいかないのではないか?」

そう思われる方も多いですが、思い出して下さい。
ファンディーナは、この世代の2強のうちの1強と目されている馬で、桜花賞で3着に敗れたソウルスターリングとこの世代を引っ張っていかなければいけない存在です。
前走のソウルスターリングの敗因は明らかで、馬場に戸惑ったのが大きかった。
何度も手前を替えていますので、走りづらい馬場で伸びを欠いたにも拘わらず、地力で3着に持ってきたと判断した方が賢明です。

そんな2強のうち1強をファンディーナが背負うわけです。
しかも、今年の3歳世代は、牝馬»牡馬と言われています。
その世代の2強のうちの1強を成す馬が、皐月賞に挑戦するとなると、下手に無視はできません。
バウンスシャッセの時とは全く状況が違うのです。

ましてや1人気になろうとしている。
これは誰しもが悩みますね。

ここまで長くなってしまいましたが、結論を書くと、消す必要はない、です。
なんだそれ、と思われるかもしれませんが、1週前・最終リハの動きを見ても問題ない仕上がりです。
不良馬場の栗東坂路を走り、多少脚が取られそうになる場面があったのは否定できませんが、それでもここまでは順調に仕上がっています。

では、なぜ消す必要がないという書き方をしているのか。

結論から言うと、当ブログ(私)は2頭を選び馬連とワイドで勝負しますが、ファンディーナの成長力にやや疑問を感じるからです。
いくら相手関係を見て牡馬クラシック路線に挑戦したとは言え、【B】評価はさすがに買い辛いのかなと感じます。
順調に来ているものの、どうして買わないのか。

なぜか。
答えは単純で、春の時点で、牡馬の成長の方が大きいのではないか、と感じたからです。

2歳の時は、牝馬の方が確かにハイレベルなレースをしていました。
しかし、3歳の2月下旬頃のレースを見ていくと、牡馬もなかなかのレースをしています。

そして、今年の3歳の牡馬路線、追い切りでは高評価を付けた馬が軒並み好走してくれました。
私の不甲斐ない予想で、外してしまうことが多かったですが、前走から上昇気配を見せる馬が活躍していたということは、成長を感じさせる好内容だったということですからね?
追い切りを見るだけでも十分に成長を感じる馬ばかりでした。

そこを勘定すると、牝馬のレベルと牡馬のレベルは逆転した、というところまで見ていいのではないでしょうか。
今年の牡馬は全体的に粒揃いであったものの、ここにきて力を付けてきた。

私のファンディーナの見解は、ファンディーナは走ると思うが、それでも優勝はないだろうという予想をします。
となれば、馬連とワイドで勝負する私は、買うのを遠慮したい1頭です。

やはり競馬ですから、勝つ馬を狙うのが手っ取り早く当てる方法だと思います。
勝ちを目指して結果として2着であった。見せ場は十分に作れた。
そんな馬を狙っていくことが、的中への近道です。
来るかもしれないで買い目を増やすことは私はお薦めしません。

ちゃちゃ
2着付けが面白いという買い方は理解はできるけど、馬連とワイドしか買わない人は関係のない言葉だよね
こてつ
2着付けが面白いということは、馬単か3連単を買う人しか分からない言葉だよな

もちろん、3連単や3連複を買うのであれば、フォローしておく馬というのがいるのかもしれません。
ただし、2頭で仕留めるためには、勝つ馬を選ぶのが絶対条件です。

ファンディーナの見解と馬の選び方の見解が終わったところで、予想を行っていきたいと思います。
今回は中間・そして最終追い切りの動きを見た中で、良い動きをしていた馬を単純に狙いたいと思います。

力関係はあまり変わりないところにあると感じます。
こうなると、あとは直前の作りで勝負度合いが高い馬、そして状態が良い馬を選ぶのが理想です。

1頭目は勿論スワーヴリチャード

近年の共同通信杯から直行組の成績がいいように、恐らくはこのローテーションは、この時期の馬にとってはベストな間隔と言えるのではないでしょうか。
10週以上は長すぎるし、4週程度だと疲労が残ってしまう。
共同通信杯から9週という微妙な間隔こそが、好成績に結びつくと言いましょうか。

追い切りを見ても、1週前と最終と【B】評価ではありますが、前走はゴリゴリの【A】評価を付けての完勝でした。
その点を含めて、今回の動きは非常にその時の雰囲気ととても似ていますし、仕上がりは極めて良好です。

1週前の追い切りをチェックした時から、勝てると確信に近い感覚を持ちましたので、ここは積極的に。

2頭目は伏兵扱いもプラチナヴォイス

追い切りでは、上昇度のある動きを披露しました。
日本ダービーが目標というよりも、恐らく皐月賞で一旦は仕上げてしまったという追い切りを行っていました。

勿論、ここで好走した暁には日本ダービーにもという魂胆であるのは明白ですが、そちらではあまりお釣りは残っていないのではないでしょうか。
皐月賞で好走することが、日本ダービーへ出走できる一番のチャンスであることは間違いありません。
ここから日本ダービーの前哨戦で使うことも考えられますが、狙いは皐月賞で権利獲得です。

先行力があるプラチナヴォイスですが、前走はやや控えてのレース。
ここにきて脚質に幅が広がったのは、大舞台で多頭数となるこの機会では買える材料です。

しかも、何度も書きますが、勝負度合いの高い仕上がり。
権利獲得も目標ですが、皐月賞を狙う追い切りです。

ここは人気薄ではありますが、騎手も和田騎手。
マークされる存在ではないので、自由にレースができるでしょう。
好仕上がりにノーマーク。
穴馬の条件は揃っていると言えるのではないでしょうか。

皐月賞の予想のまとめ / 推定馬連オッズは175倍前後

今回は人気の一角スワーヴリチャードと、伏兵馬のプラチナヴォイスの馬連とワイドの2点勝負を行います。
推定の馬連オッズは175倍前後、ワイドは48倍前後を目論んでいます。

2017年の負債を、ここで返したいので、是非ともこの2頭のマッチレースになることを期待しています。

リッキー
心底、願ってます

以上、皐月賞の予想でした。

単刀直入に言って、うまコラボは"こんな人"にお薦めです。

「本当は6頭まで絞って馬券を買いたいんだけど、絞り切れない。」
「縦目を喰らい悔しくて悶絶してしまうことがある。」

パドック横の発売機近くで、時計を気にしながら新聞と睨めっこ。本当は目ぼしい馬を決めていたのに、パドックで馬を見てしまったらどの馬も走るような気がしちゃう...。

「もっと楽に走る馬が判ればいいのに...。」

そんなことを願っている自分がいました。
あなたはそんな経験をしたことはありませんか?

もしも、そんなことを少しでも思ったことがある方なら、きっとお気に入り間違いなしの指数提供サイト『うまコラボ』を使ってみて下さい。

うまコラボを使う利点は、少なくとも以下の事が言えます。

  1. 走る馬を指数で提示してくれる。
    だから、迷ったら数値上位の馬を選択することができる。
  2. 有力馬の中で、どうしても切る材料が見当たらない時にチェックしてみる。
    実は指数では全く高評価されていなかったので切ることができた。
  3. 前評判は悪いけど、どうしても気になる1頭がいる。
    馬の数値をチェックして胸を張って買うことができる。
  4. ガチガチの予感がするけど、覗いてみよう。
    指数上位の馬がそのまま人気になっているから見に徹することができる。

指数って本当に当たるの?という疑問を持つ方もいらっしゃると思います。私も最初はそう思ってました。

あくまで指数ですから、レース展開や状態の良し悪し、馬体重の増減など、当日にしかわからない部分は考慮してくれていません。その為、いざレースが始まると指数上位馬でも簡単に敗れてしまうことは十分にあります。

しかし、うまコラボは、過去の成績をしっかりと提示してくれています。そして、うまコラボは、指数上位6頭は来る確率が非常に高いのがミソです。

直近の結果だけですみませんが、だけど、これだけの実績があります。
6頭BOXという限定ではありますが、3連単の的中率が最高で62.5%というのは本当に高い数字です。その日に関しては、2レースに1レースは的中している結果ですから、驚異的な成績です。

これだけの実績を残しておきながら、それでも使わないというのはいかがなものでしょうか。相当ご自分の馬券力に自信がある方以外、使ってみるのも一考ではないかと申し上げます。

個人的には、指数サイトを使うことで一番のメリットは、時短ができるという点です。

サイトに行けば指数で走る馬を提示しているわけですから、どっちの馬を切ろうかなと悩んで悩んで時間が無くなってきたとき、思い切って指数を参考に切る馬を決めたりしています。

上記6頭のBOXは、私はさすがに買えないのでもう少し絞りますが、迷った時に頼りになるというのは最大のメリットではないかと思います。

使い方は簡単で、こちらの登録ページからメールアドレスの登録が必要です。

上記の登録箇所がありますので、メールアドレスを登録。仮登録メールが送られてきますので、記載のURLをクリックすると本登録完了です。

無料登録だけだと、第1R~第6Rまでのレースが無料で指数公開中です。

え、後半のレースは観ることができないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは無料で午前中のレースだけお試しください。

お気に召しましたら、月額1,980円で全レースの数値を見ることができます。だけど、この金額で全レース提供というボリュームは凄いです。

まずは無料登録から。だけど、あなたも不思議と有料登録したくなると思いますよ。オススメです!

【うまコラボ公式】
無料の会員登録をされる方は
今すぐにコチラをクリック!

-競馬予想
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。