フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

プロキオンステークス 2017 追い切り評価予想|5段階評価とお薦め馬

2017/7/6/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

先ほど、七夕賞の追い切り考察を更新しました。

七夕賞 2017 最終追い切り評価と予想|5段階評価とお薦め馬
七夕賞の最終追い切りのタイムや映像から、好調だと思う馬をピックアップしてお伝えしています。多段階にて、その馬の調子を評価しています。最後にお薦めの馬を挙げています。今回はマイネルフロストとマルターズアポジーとセーヴィントとスズカデヴィアスの4頭。

引き続き、今週末に実施されるプロキオンステークスの追い切り考察をお届けします。
水曜追い切りからは10頭の映像が配信されていました。

丁度、この記事を書く前にエイシンバッケンが、左後肢筋肉痛にて回避が発表されましたので、9頭の追い切り考察をお届けしておきます。
木曜追い切りがありましたら、追記してお知らせいたします。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アキトクレッセント【B】

7月5日(水)栗東 CW(不良)
【7F94.5-78.4-63.8-51.0-38.3-1F13.1】

単走末一杯。
長い距離を走っていますが、コース事態は中目を通過しているので、時計は参考程度です。
また、末一杯の表記ですが、最後の最後に鞭が入っています。鞭が入って直ぐにゴール部分でもありましたので、全体としては馬なりという評価でいいかもしれません。

中間の時計を見ても、悪いということはないですね。
前走とあまり変わりのない部分での出走になるのではないかと思います。

イーデンホール【A-B】

7月5日(水)栗東 坂路(不良)
【52.6-38.6-25.4-12.8】

単走末強め。
直近の1年では、最速時計です。
2016年4月までは美浦の尾関知人厩舎で、それ以降は栗東の中内田充正厩舎に転厩しているので、そこからの情報では、1番時計となっています。

ただし、上記の時計を刻んで尚且つ加速ラップであればよかったのですが、今回は減速ラップとなっています。
いつも加速ラップを刻んでレースに行っていたので、その点は気になります。

ただし、勝負度合いは高いような気がします。
2日の日曜日も坂路で時計を出していて、作り方としてはこれまでよりも負荷の掛け方が強いです。

カフジテイク【B-C】

7月5日(水)栗東 坂路(不良)
【51.5-38.3-25.7-13.1】

2頭併せ強め併入。
多少左右に振られる部分がありましたが、僚馬も進行方向右へ流れているので、少々わかりづらい内容です。

全体時計は速いのですが、自慢の末脚が13.1秒。
いつもは後半2ハロンを12秒台を出してレースに向かう点を考慮すると、いつもと違う追い切りになってしまったというべき内容です。

入りからスピードが乗った状態で入っているので、その点では全体を早めて後半失速する形になりました。
脚色も僚馬の方がありましたので、状態としては前走から一歩後退とみるべきでしょう。

それでもこのメンバーとみることもできますが、自身の走りとは遠い印象です。

キングズガード【B】

7月5日(水)栗東 CW(不良)
【6F88.5-70.7-54.6-40.1-1F12.4】

2頭併せ内強め併入。
僚馬の2馬身程後方をを追走して、直線入り口で馬体を並べての走りでした。

そこから徐々に負荷を掛けられていきましたが、伸びきれずというような走りで、脚色は僚馬の方が良かったのが印象的でした。

ただ、いつもこのような時計を刻む点を見れば、いつも通りと言えるのではないでしょうか。

チャーリーブレイヴ【B】

7月5日(水)美浦 坂路(稍重)
【51.8-37.4-24.7-12.7】

2頭併せ強め半馬身先着。
僚馬は一杯に追われる中での追い切りでしたが、先着で見た目は良かったです。

1週前に加速ラップのいい追い切りを消化していますが、全体を通してみると前走とあまり変わらずの内容と判断していいと思います。
前走の方が中間の時計の刻み方は好きですが、デキ落ちまでは言い切れない内容だったかなと思います。

ブライトライン【B】

7月5日(水)栗東 坂路(不良)
【53.5-38.1-24.9-12.5】

単走末強め。
前走と殆ど変わりない動きをしていたと思います。
いつもこのくらいの時計で、このくらいの負荷で本番へ向かうので、いつも通りといえばいつも通りです。

8歳馬なので、上昇を見込むのは酷なのかもしれませんね。

ベストマッチョ【B】

7月5日(水)美浦 南W(不良)
【6F84.2-68.4-52.8-39.0-1F12.8】

2頭併せ外一杯2馬身程先着。
2馬身程先行した状態でコーナーを回り、1馬身差で直線へ。

最後は突き放した内容でしたが、僚馬のエンジンの掛かりが遅かったとも言えます。
ゴール後間もなく並走状態に戻っているので、そこから急加速している内容でしたので、この着差はあまり気にしない方がいいでしょう。

内容自体は悪くなく、前走準OPを勝ち上がっているだけの好調さは感じる内容でした。
前走程度の仕上がりではありますが、悪い内容ではないのは好感ポイントです。

メイショウウタゲ【A-B】

7月5日(水)栗東 坂路(不良)
【53.0-39.1-25.8-12.8】

単走馬なり。
直近の1年では、53秒の全体時計は3番目に速い時計で、昨年のこの時期に一番時計を出していることからも、寒い時期よりはこの時期に調子を上げてくる1頭ではないかとみることができます。

僅かですが、今回の方が仕上がりは良さそうな雰囲気は感じます。
欲を言えば、最後は12秒台前半であれば良かったかなと思いましたが、余力ある走りで上記の時計ですから、悪いということはないでしょう。

レヴァンテライオン【B】

7月5日(水)栗東 坂路(不良)
【52.9-38.1-24.6-12.5】

2頭併せ強め2馬身程先着。
加速ラップとはいきませんでしたが、加速ラップを刻んだ時も好走している訳ではないので、特に何かが変わった印象は受けません。
僚馬に先着していますが、僚馬が不甲斐ない動きをしていたと感じるだけに、判断は悩む部分です。

追い切り時計を中心に考えると、特に変化は感じません。

木曜追い切り

ウォータールルド【】

7月6日(木)栗東 坂路(不良)
【54.6-39.5-25.2-12.4】

2頭併せ強めクビ差先着。
特に可もなく不可もなくという内容となりました。
加速ラップを刻んでいるのはいつものことですし、このくらいの時計では走れる1頭です。

取り消し明けとなりますが、いつも通りの動きをしているので、これまでの走りはできると思います。
しかし、そこから上昇を見込むとなると少々厳しいのでは。

プロキオンSの追い切りまとめ

今回の追い切りで上昇気配を感じたのは、イーデンホールメイショウウタゲの2頭でした。
【B】評価の中でも、アキトクレッセントベストマッチョの2頭は、内容は悪くないだけに、悩む部分です。

この中では、上昇気配のイーデンホールとメイショウウタゲの2頭をお薦めしたいと思いますが、評価落ちのカフジテイクの地力の方が上回っている状況ではあるのかなと思いますので、その点は悩むところです。
安易かもしれませんが、イーデンホールとメイショウウタゲとカフジテイクの3頭に、アキトクレッセントを含めた4頭をお薦めしたいと思います。
ベストマッチョは、横の比較となると少々地味だった印象です。

以上、プロキオンSの追い切り考察でした。

-追い切り情報
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。