フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

【オールカマー2016出走予定馬】想定騎手と推定オッズ|マリアライトが登録!

2016/9/20/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

リッキーです^^ この記事では、オールカマーの想定騎手入り出走予定馬と、推定オッズについて記載しています。

オールカマーは天皇賞秋やジャパンカップなどのG1を目指す馬の秋の始動戦、そして前哨戦として位置づけられているレースです。

例年、多くのG1馬が出てきますが、今年も宝塚記念を制したマリアライトに、有馬記念を制したゴールドアクターに、ダービー馬のワンアンドオンリーとG1馬が集結。カレンミロティックは今年の天皇賞春で2着に入るなど、高いレベルのレースで活躍している馬が出走してきますので、ハイレベルな1戦になる事は間違いありません。

それでは早速出走予定馬を見ていきたいと思います。

出走予定馬

第62回 産経賞オールカマー(GII) 第1回特別登録 12頭

サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 別定 2200m 芝・右 外

左から馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ

  • アクションスター 56.0 大野 199.7
  • エーシンマックス 56.0 石橋 559.1
  • カレンミロティック 56.0 柴田大 12.8
  • クリールカイザー 56.0 田辺 19.4
  • ゴールドアクター 58.0 吉田隼 2.2
  • サトノノブレス 56.0 福永 8.9
  • サムソンズプライド 56.0 横山典 44.4
  • ショウナンバッハ 56.0 戸崎 43.2
  • ツクバアズマオー 56.0 吉田豊 15.9
  • マイネルメダリスト 56.0 松岡 178.9
  • マリアライト 56.0 蛯名 2.5
  • ワンアンドオンリー 57.0 内田 22.8

有力馬考察

ゴールドアクター

【前走】天皇賞春12着【父】スクリーンヒーロー【母父】キョウワアリシバ

3歳時に出走した菊花賞では3着となると、迎えた4歳で大きく成長した1頭。アル共杯を勝利後に挑んだ有馬記念では、8人気の低評価を覆す優勝。今年初戦の日経賞も勝利するなど、G1優勝を含む5連勝と勢いがあった。

そんな中で迎えた天皇賞春は、不利な8枠からのスタート。当日はパドックでもうるさいところを見せたりとして、これまでのゴールドアクターらしさを失っていた。

有馬記念、日経賞と中山競馬場が舞台。得意なコースでのレースだけに、ここでの巻き返しに期待がかかる。

マリアライト

【前走】宝塚記念1着【父】ディープインパクト【母父】エルコンドルパサー

前走の宝塚記念では、強豪と呼ばれるドゥラメンテやキタサンブラックやアンビシャス、そして昨年の覇者ラブリーデイらを振り切っての優勝で、強さを見せつけた。

早め抜け出した功を奏した格好となり、蛯名騎手の好騎乗が際立った1戦でした。

この秋は、こことエリ女と有馬記念を最大目標にしています。

昨年は4着となった有馬記念。両グランプリ制覇へ向けて、今年もここから始動します。昨年は5着で、エリ女優勝となりました。

休み明けはそこまで走るタイプではなく、好走止まりも多い1頭だけに、強きに頭では買いにくいものの、大崩れはないタイプでもあるので、押さえてはおきたい。

注目馬

今回は人気するなら消したい1頭について

カレンミロティック

【前走】宝塚記念11着【父】ハーツクライ【母父】A.P.Indy

ここまでG1の舞台でも、14年宝塚記念2着、天皇賞春では15年と16年で3着と2着と高いところで好走している。

ただし、上記の成績から長距離向きと判断されて、今年の秋の目標はメルボルンC(11/1・豪州フレミントン競馬場3200M)となっていて、無事に予備登録も済ませてある。

その点から考えても、明らかにローテーションが楽なここを使って、余裕を持って本番を迎えたいというローテのように感じる。

昨年は10月上旬の京都大賞典、一昨年は12月の香港ヴァーズと、この2年、この時期の戦列復帰はない。

京都を得意としている1頭なのは、天皇賞春や京都記念の好走をみると一目瞭然。特に15年以降は京都が舞台のレースでしか好走していない。

その点を考慮すると、メルボルンC前には叩いておきたいが、京都開幕を待つとメルボルンCの調整が難しくなるから、ここから復帰させようと目論見が透けて見えてくる。

ここは着順に拘るつもりもなく、8割ほどの力で回ってまずは叩き台にと考えているはず。

それは想定騎手の柴田騎手にも表れている。ここまで池添騎手とのコンビで活躍してきた。昨年は蛯名騎手が跨ったりしているが、やはり池添騎手との相性がいい。その点なども考えれば、さすがにここで勝負してくるとは思えない。

人気するならば切って勝負してもなんらおかしな点はない。

単刀直入に言って、うまコラボは"こんな人"にお薦めです。

「本当は6頭まで絞って馬券を買いたいんだけど、絞り切れない。」
「実は縦目を喰らうことが多い。」

パドック横の発売機近くで、時計を気にしながら新聞と睨めっこ。本当は目ぼしい馬を決めていたのに、パドックで馬を見てしまったらどの馬も走るような気がしちゃう...。

「もっと楽に走る馬が判ればいいのに...。」

そんなことを願っている自分がいました。
あなたはそんな経験をしたことはありませんか?

もしも、そんなことを少しでも思ったことがある方なら、きっとお気に入り間違いなしの指数提供サイト『うまコラボ』を使ってみて下さい。

うまコラボを使う利点は、少なくとも以下の事が言えます。

  1. 走る馬を指数で提示してくれる。
    だから、迷ったら数値上位の馬を選択することができる。
  2. 有力馬の中で、どうしても切る材料が見当たらない時にチェックしてみる。
    実は指数では全く高評価されていなかった。
  3. 前評判は悪いけど、どうしても気になる1頭がいる。
    馬の数値をチェックして胸を張って買うことができる。

指数って本当に当たるの?という疑問を持つ方もいらっしゃると思います。私も最初はそう思ってました。

あくまで指数ですから、レース展開やそもそもスタートが上手に切れるかどうかは考慮してくれていません。その為、いざレースが始まると指数上位馬でも簡単に敗れてしまうことは十分にあります。

しかし、うまコラボは、過去の成績をしっかりと提示してくれています。そして、うまコラボは、指数上位6頭は来る確率が非常に高いのがミソです。

直近の結果だけですみませんが、だけど、これだけの実績があります。
6頭BOXという限定ではありますが、3連単の的中率が最高で47.2%というのは本当に高い数字です。ほぼ2レースに1レースは的中している結果ですから、驚異的とも言える成績です。

個人的には、指数サイトを使うことで一番のメリットは、時短ができるという点です。

サイトに行けば指数で走る馬を提示しているわけですから、どっちの馬を切ろうかなと悩んで悩んで時間が無くなってきたとき、思い切って指数を参考に切る馬を決めたりしています。

上記6頭のBOXは、私はさすがに買えないのでもう少し絞りますが、迷った時に頼りになるというのは最大のメリットではないかと思います。

使い方は簡単で、こちらの登録ページからメールアドレスの登録が必要です。

上記の登録箇所がありますので、メールアドレスを登録。仮登録メールが送られてきますので、記載のURLをクリックすると本登録完了です。

無料登録だけだと、第1R~第6Rまでのレースが無料で指数公開中です。

え、後半のレースは観ることができないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは無料で午前中のレースだけお試しください。

お気に召しましたら、月額1,980円で全レースの数値を見ることができます。だけど、この金額で全レース提供というボリュームは凄いです。

まずは無料登録から。だけど、あなたも不思議と有料登録したくなると思いますよ。

うまコラボオフィシャルサイトはこちらから

-出走予定馬
-