フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

オークス 2017 最終追い切り|ソウルスターリング68.4秒もまずまず

2017/5/18/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

オークスの最終追い切りについて書いていきたいと思います。
映像をチェックした上で、調子の良し悪しやタイムなどから前走時の最終追い切りと比較して仕上がり具合を見ていきたいと思います。

牝馬3冠の2冠目にあたるオークスですが、今週こそは的中目指してしっかりと追い切りをチェックしていきます。
注目はやはりソウルスターリング。桜花賞からの巻き返しに期待が掛かる1戦です。
詳しくは、各馬の考察で書いていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アドマイヤミヤビ【B-C】

5月17日(水)栗東 坂路(良)
【55.0-40.4-27.1-13.6】

単走馬なり。
輸送を考慮して調整程度の追い切り内容ですね。
1週間前にCWで意欲的な乗り込みを行っていますので、状態としてはそこまで悪いとは思いません。

5月14日の日曜日の追い切りも全体57.6秒でこちらも調整程度の内容となりました。
1週前、そして日曜日と時計を刻んでくるのですが、日曜日に時計を出していないのは少々気になるポイントです。
いつもとは違う追い切りというのに違和感を覚えてしまいます。

前走の桜花賞時は【A】評価、予想でも1頭目に選択してハズレ。
巻き返しに期待していたのですが、少々デキ落ちも感じる追い切りだったのではないかなと見ています。
最終のこの時計であれば、最後は13.5-13.1くらいは刻んで欲しかったですね。

カリビアンゴールド【B】

5月17日(水)美浦 坂路(稍重)
【54.5-39.7-25.8-12.7】

2頭併せ馬なり2馬身程遅れ。
2頭併せ表記ではありますけど、終始この2馬身差程を保っていて、また後ろに入れるというよりも、馬3頭分ほど横を走っていたので殆ど単走でした。

最終リハは、坂路で最後の1ハロンだけ12秒台を刻むのはこの馬のいつもの調整方法で変わりなく、時計の機材方を見ても全くいつも通りですね。
良くも悪くも前走程度の仕上がりと見ていいのではないでしょうか。

ソウルスターリング【B】

5月17日(水)美浦 南W(良)
【5F68.4-52.8-38.7-1F12.4】

3頭併せ内末強め併入。
脚色はソウルスターリングの方がありましたが、他2頭は馬なりでの走りでしたので、脚色良くても褒められたものではないという感じです。
ただ、末強め表記ですが、ちょっと強めに促されたかな程度で見ても良さそうで、他のサイトなどでは馬なりとしているかもしれません。

現時点で非常に迷っている1頭です。
というのも、1週前にも少しだけ触れていますが、馬なり調整が多い1頭で、どこがメイチの作りなのかわからない1頭です。
勿論、それが藤沢和雄厩舎のやり方と思う方もいるかもしれませんが、ここまでしっかりと負荷を掛けない馬も、それはそれで珍しいので、その点では迷いが生じますね。
オークスの前くらいはしっかりと負荷を掛けるのではないかと予想していたんですが、結局は負荷は掛けずにという感じでしたね。

状態は悪いということはないと思います。
最後もやや強めに促されて瞬時に反応していました。
それが能力だけで走っているのか、本当に調子が良くて反応できたのかは難しい見方をしなければなりません。
わざわざ栗東からルメールが駆けつけての調教でしたが、もう少し促して負荷を掛けてくれた方が、見る側からは判り易くていいんですけどね。

ディーパワンサ【B】

5月17日(水)栗東 坂路(良)
【54.8-39.6-25.6-12.7】

単走末強め。
不可の掛け方は前走と殆ど変わりなくといった様子で、映像からも前走と殆ど変わりありません。

中間の動きを見ても変わりなく、勝負レースといった気配は感じません。

ハローユニコーン【B(-C)】

5月17日(水)栗東 CW(良)
【4F51.5-37.7-1F12.8】

単走強め。
これと言って悪い部分は見当たりません。
もう少し綺麗に加速ラップを刻むことができれば問題ないかなと思いましたが、1週前に感じた軽い走りは、最終追い切りを見る限りでは問題ない範囲にまで戻っていました。

ただ、強めに追われているにも関わらず、反応しているのかどうかはやや疑問。
良くても前走程度、デキ落ちすら感じさせる内容だったように感じます。

ブラックオニキス【A-B】

5月17日(水)美浦 南W(良)
【6F79.3-63.4-49.8-36.4-1F12.4】

単走一杯。
コース2分から3分程を通っているので、時計は参考程度に見るべきです。
他陣営の馬が走っていた関係上かもしれませんが、内々を回り過ぎています。

最後は強めに追われた馬に、外から追い抜かれているので、その点では少々疑問にも感じる走りとなってしまいました。

時計は出ていますので過剰に反応する必要はないですが、見た目は地味に見えてしまいます。
負荷をしっかりと掛けていますし、時計も全体79.3秒であれば優秀です。内を回ったとしても。
滅多には見ることができない時計なので、ゴリゴリの【A】評価としたいのですが、【A】評価とし辛いのが難点です。

ただ、1週間前にも書いているように、調子はここにきてうなぎ上りで良くなっていると思います。
現状、伏兵馬の扱いではありますが、複勝圏内は十分に視野に入ってくるのではないでしょうか。
穴馬の活躍があるとすれば、ブラックオニキスのような雰囲気は感じます。

ブラックスビーチ【B】

5月17日(水)栗東 CW(良)
【6F86.4-69.6-53.9-39.3-1F12.3】

3頭併せ内馬なり併入。
最後は脚色が鈍ったかのような走りになり、脚色は外を回る僚馬2頭の方が明らかに良かったです。

ただ、余力はありそうでしたので、ここまで2連勝の勢いそのままに出走はできるのではないでしょうか。

しかし、重賞組の方が勢いがありますので、それを逆転できるだけの追い切りだったかと言われると少々不安にも感じる内容でした。
最終追い切りの動き次第ではと思っていましたが、善戦止まりなのかなという気もします。
デキは前走程度と見るべきです。

フローレスマジック【A-B】

5月17日(水)美浦 南W(良)
【6F81.1-66.3-51.8-37.8-1F12.4】

3頭併せ中末強め併入。
脚色は僅かに良かったかなと感じる仕上がりでした。

前走時は【B】評価としていましたが、やや全体的に調子の悪いという感じで考察していましたが、今回はしっかりと最後まで走れているので状態面では今回の方がいいのかなと感じます。

前走と比較しても勝負度合いは明らかに今回の方が上です。
走った距離、負荷の掛け方といい、具合は良化していると思います。

ただ、外を回っていたのは久々のヴァンクールシルクでした。
内を回ったのは古馬ではありますが1000万条件で頭打ちの状態ですので、その点では少々見劣りする印象も受けてしまいます。
良くなっている印象も受けはしますが、勝ち切れるかという部分では少々疑問も感じます。

ホウオウパフューム【B】

5月17日(水)美浦 南W(良)
【4F51.5-37.6-1F12.8】

2頭併せ内一杯半馬身先着。
前走は【A-B】評価を付けて結果は8着でした。
状態で言えば、そこまで悪くないのかなと感じる内容で、条件次第では活躍できそうな雰囲気も感じます。

ただ、良くても前走程度の仕上がりで、大きな成長という成長は感じませんでした。
前走使われたことでもう少し良化しているのかなと思ったんですが、その部分までは感じなかったです。

マナローラ【B】

5月17日(水)栗東 CW(良)
【4F53.4-38.8-1F12.9】

2頭併せ馬なり1馬身先着。
余力を持って先着しているのはいいんですが、僚馬はハギノプレストで、前走はダートで4.7秒差の最下位に沈んだ馬でした。
相手も楽な手応えで1馬身差なので、そこと同じように走っている点は少々能力的にどうなのかなと感じる部分はあります。

500万を勝ちあがったばかりということで、もう少し成長を促したい1頭ではないかなと思います。
仕上がり自体は、現時点で申し分ないところにあると思います。

ミスパンテール【C】

5月17日(水)栗東 坂路(良)
【55.8-39.9-26.2-13.1】

単走馬なり。
自分のリズムで走れていたら良かったんですが、少々リズムの悪さに目が行ってしまいます。
もう少ししっかりと走れていたらと感じますが、前走の方がデキは良かったのではないでしょうか。

こちらも巻き返しに期待がかかる1戦でしたが、現状では厳しいのでは。

モーヴサファイア【B】

5月17日(水)栗東 CW(良)
【5F70.8-54.0-39.1-1F11.5】

2頭併せ馬なり半馬身程度先着。
僚馬は一杯に追われている中で余裕ある走りを披露しての最終リハでした。

全体時計が70.8秒というのは少々遅いように感じますが、最後に時計を出せていますので、そこまで気にしなくてもいいでしょう。
前走の映像がありませんので、時計判断となりますが、状態としては差し引きあまり差がないように感じます。
現状では、前走程度の仕上がり程度で見ていいのではないでしょうか。

デキ落ちは感じません。

モズカッチャン【B】

5月17日(水)栗東 坂路(良)
【54.8-40.0-25.6-12.4】

単走強め。
進行方向右へ流れていくような内容となりました。
寄れ方も終始右へと流れているため、真っ直ぐ走れていないのはマイナス評価です。

前走は【C】評価で、デキ落ち評価で優勝していますが、タイムだけの判断であれば今回の方が断然です。
その点では少々微妙な内容となりました。

時計判断であれば上昇気配と言えますし、内容で言うと、リラックスして走れていた前走の方が良かったようにも見ることができます。
差し引き前走程度の仕上がりではないかと思いますが、評価が難しい最終リハとなりました。

ヤマカツグレース【A】

5月17日(水)栗東 CW(良)
【6F83.9-66.5-51.5-37.9-1F11.8】

単走馬なり。
全体時計もリラックスして走っている割にはしっかりと時計を刻めています。
最後も伸びのある走りをしていて、今回の方が雰囲気は上です。

1週前の時点で、気になる存在でしたが、最終の動きを見て更に気になる存在となりました。
仕上がり良好で、好感度の高い1頭です。

リスグラシュー【B-C】

5月17日(水)栗東 CW(良)
【4F52.3-38.7-1F12.4】

単走強め。
反応をしているとは思いますが、ややぶずさを感じる内容となりました。
その点は少々見劣りしてしまう内容だったと思います。

前走の桜花賞時は、もう少し躍動感を感じる内容でしたが、今回は体が少々重たいような走りに感じます。
前走は【A】評価からの2着でしたが、今回はややデキ落ちを感じる内容となりました。

レーヌミノル【B】

5月17日(水)栗東 CW(良)
【6F83.7-67.0-51.5-38.1-1F13.0】

2頭併せ内馬なり2馬身程先着。
馬なり表記ですが、最後1ハロンはやや促された形での内容となりました。

桜花賞では【A-B】評価、Fレビューでは【A】評価と、上昇気配を見せ続けていた1頭で、桜花賞では2頭目に選択。
結果としてはアドマイヤミヤビを1頭目に選んだので外れましたが、このことから分かる通り、追い切りの動きが直結してくる1頭だということです。

1週前追い切りの様子は別記事にしていますが、調子の良さそうな意欲的な追い切りを消化。
最終リハの様子も元気は有り余っているという感じで、少し跳ねているかのような走りをしていて、個人的には凄く良い状態なのかなと見ています。

同じように、飛び跳ねるように走っているものの、力が前ではなく上へ向いて、推進力に疑問が残る馬というのもいるんですが、レーヌミノルの今回の動きはそういう飛び跳ねるという意味ではなく、元気があるということです。

特に反動などは気にしなくていいでしょう。
仕上がりも、1週前に時計をしっかりと出す追い切りをやっていて、今回は輸送を考慮して最終は軽めの調整と見るべきです。
調子は良さそうなので、あとは距離を克服できるかどうかですね。

レッドコルディス【B】

5月17日(水)栗東 CW(良)
【4F51.8-37.8-1F12.2】

2頭併せ馬なり半馬身程先着。
脚色は僚馬の方がある内容となりましたが、半馬身程前に出ていたところがゴールとなりました。

今回も同じく、重賞レベルでは少々厳しいのではないかという感想を抱きます。
ハーツクライ産駒なので、これからの成長にも期待が持てると思うんですが、フローラSからのこの期間での成長はあまり見られませんでした。

木曜追い切り馬情報

ディアドラ【B】

5月18日(木)栗東 坂路(良)
【53.4-38.2-24.9-12.4】

単走馬なり。
動き自体はそんなに悪いという印象は受けません。
現状では、前走程度の走りには期待が持てると思いますが、上昇したとまでは言い切れない内容となりました。

デキで言えば、桜花賞の時から全く変わりないと思いますが、春のこの時期に桜花賞から1戦多く走っているのは迷う材料ですね。
走り自体はしっかりとしているので、疲労などはないとは思いますが、桜花賞から直行組から比べると、多少の疲労は残っているのでは。

除外馬

除外された馬を記載しています。
土曜東京9レース「カーネーションC」へ回る馬もいますので、そのまま記載しています。

アドマイヤローザ【B】

5月17日(水)栗東 坂路(良)
【53.3-38.5-25.0-12.6】

※カーネーションCへ出走します

2頭併せ馬なり半馬身程遅れ。
真っ直ぐに走れていなかった点は減点材料です。頻りに手綱を調整して真っ直ぐと走らせようとしていたのが印象的でした。

調子が良い時は加速ラップを刻んでくる馬だと思うんですが、前走と今回と加速ラップは刻めていません。
一応、2週間前に加速ラップを刻む追い切りを見せてはいますが、良化途上という気がしてしまいます。
前走マイナス評価としていましたが、今回もその評価を引き継いでという評価とします。

アルメリアブルーム【B】

5月17日(水)栗東 坂路(良)
【53.6-38.2-25.0-12.3】

※メルボルンCへ出走します

単走馬なり。
やや上体が浮ついているかのような走りを見せました。
それでも、最後は12.3秒で駆け抜けていますので、もしかしたらそこまで気にしなくていい部分なのかもしれません。
馬場が荒れている時間帯だとすると、そこまで悪いという時計ではないです。

ただ、仕上がり自体は前走と殆ど変わりがないのかなと思う時計の刻み方で、前走程度と見ておく必要があるでしょう。

アンネリース【B】

5月17日(水)美浦 南W(良)
【5F68.9-52.5-38.2-1F12.3】

※カーネーションCへ出走します

2頭併せ内一杯併入。
僚馬は馬なりでの並走状態から、アンネリースが追われてからさらに余裕のある走りを見せていました。

この馬の映像がないのでなんとも言い難いのですが、時計自体は決して悪いとは言い切れないものがあるので、その点では前走程度なのかなと思います。
少々難しい1頭ですね。
最後までしっかりと負荷を掛けた点も、負荷がかけられるほど元気なのか、それとも仕上がりが甘くてそうせざるを得ないのか、なかなか判断が難しい部分ですね。
時計判断で前走程度と見ていますが、もしかすると仕上がりは危険視した方が良いのかもしれません。

ブルークランズ【B】

5月17日(水)栗東 坂路(良)
【53.5-38.4-24.6-12.2】

※カーネーションCへ出走します

単走馬なり。
若干集中力に欠ける走りとなり、進行方向向かって右を向いていましたし、実際にやや右へと流れています。

それでも加速ラップを刻めていますので、仕上がりに関しては特に問題ないのかなという見方をしています。
1週前は減速ラップとなりましたが、今回は加速ラップを刻んでいます。

それでも、G1で好走できるだけの雰囲気は全く無く、未勝利を勝ちあがったばかりという印象は受けてしまいますね。

ムーンザムーン【B】

5月17日(水)美浦 南W(良)
【5F67.9-53.2-38.9-1F13.0】

※カーネーションCへ出走します

単走末強め。
伸びのある走りをしていて、好感は持てる内容だったと思います。

出走の当落線上にいますので、突破できるだけでもよほどの運が必要になってきますが、もしここを落ちたとしてもカーネーションカップへスライドすると思います。
その場合でも、期待が持てる走りをしているのではないかと思います。
上昇気配とまでは感じませんが、引き続き好仕上がりで挑めるでしょう。

オークスの追い切り総合評価は、一言で言えば荒れる可能性の方が大きい

今回は、ソウルスターリングの巻き返しに注目が集まる1戦だというお話は何度もしてきましたが、今回の追い切りを見て巻き返しまであるのかどうかまではなかなか言い切れない追い切りだったように思います。
厩舎の方針というのも当然あると思いますが、仕上がりがやや甘いと言えば甘いと思いますし、成長を感じるだけの動きだったかというと、そうでもないように思います。

取りこぼしも十分に感じる内容でした。

さて、今回の追い切りで状態が上がっている馬は、【A】評価のヤマカツグレース、【A-B】評価のブラックオニキス・フローレスマジックの3頭でした。
もう少し多いのかなと、追い切りを見る前には思っていましたが、終わってみればそこまでだったように思います。

ただ、【B】評価ながらレーヌミノルの追い切りは非常に好感度の高い内容を消化していて、前走桜花賞時の走りに期待が持てるものでした。
距離が持つかどうかというのは、追い切りだけでは見抜けないので、なんとも言えませんが、追い切り自体は状態の良さを感じさせるものでした。

木曜追い切り馬情報もまとめましたが、概ね上記の考察通りでいいと思います。
今回は特にヤマカツグレースの動きに目を奪われましたので、予想でも前向きに選ぶと思います。
以上、オークスの最終追い切りでした。

単刀直入に言って、うまコラボは"こんな人"にお薦めです。

「本当は6頭まで絞って馬券を買いたいんだけど、絞り切れない。」
「縦目を喰らい悔しくて悶絶してしまうことがある。」

パドック横の発売機近くで、時計を気にしながら新聞と睨めっこ。本当は目ぼしい馬を決めていたのに、パドックで馬を見てしまったらどの馬も走るような気がしちゃう...。

「もっと楽に走る馬が判ればいいのに...。」

そんなことを願っている自分がいました。
あなたはそんな経験をしたことはありませんか?

もしも、そんなことを少しでも思ったことがある方なら、きっとお気に入り間違いなしの指数提供サイト『うまコラボ』を使ってみて下さい。

うまコラボを使う利点は、少なくとも以下の事が言えます。

  1. 走る馬を指数で提示してくれる。
    だから、迷ったら数値上位の馬を選択することができる。
  2. 有力馬の中で、どうしても切る材料が見当たらない時にチェックしてみる。
    実は指数では全く高評価されていなかったので切ることができた。
  3. 前評判は悪いけど、どうしても気になる1頭がいる。
    馬の数値をチェックして胸を張って買うことができる。
  4. ガチガチの予感がするけど、覗いてみよう。
    指数上位の馬がそのまま人気になっているから見に徹することができる。

指数って本当に当たるの?という疑問を持つ方もいらっしゃると思います。私も最初はそう思ってました。

あくまで指数ですから、レース展開や状態の良し悪し、馬体重の増減など、当日にしかわからない部分は考慮してくれていません。その為、いざレースが始まると指数上位馬でも簡単に敗れてしまうことは十分にあります。

しかし、うまコラボは、過去の成績をしっかりと提示してくれています。そして、うまコラボは、指数上位6頭は来る確率が非常に高いのがミソです。

直近の結果だけですみませんが、だけど、これだけの実績があります。
6頭BOXという限定ではありますが、3連単の的中率が最高で63.9%というのは本当に高い数字です。その日に関しては、2レースに1レースは的中している結果ですから、驚異的な成績です。

これだけの実績を残しておきながら、それでも使わないというのはいかがなものでしょうか。相当ご自分の馬券力に自信がある方以外、使ってみるのも一考ではないかと申し上げます。

個人的には、指数サイトを使うことで一番のメリットは、時短ができるという点です。

サイトに行けば指数で走る馬を提示しているわけですから、どっちの馬を切ろうかなと悩んで悩んで時間が無くなってきたとき、思い切って指数を参考に切る馬を決めたりしています。

上記6頭のBOXは、私はさすがに買えないのでもう少し絞りますが、迷った時に頼りになるというのは最大のメリットではないかと思います。

使い方は簡単で、こちらの登録ページからメールアドレスの登録が必要です。

上記の登録箇所がありますので、メールアドレスを登録。仮登録メールが送られてきますので、記載のURLをクリックすると本登録完了です。

無料登録だけだと、第1R~第6Rまでのレースが無料で指数公開中です。

え、後半のレースは観ることができないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは無料で午前中のレースだけお試しください。

お気に召しましたら、月額1,980円で全レースの数値を見ることができます。だけど、この金額で全レース提供というボリュームは凄いです。

まずは無料登録から。だけど、あなたも不思議と有料登録したくなると思いますよ。オススメです!

【うまコラボ公式】
無料の会員登録をされる方は
今すぐにコチラをクリック!

-追い切り情報
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。