フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

【新潟記念2016出走予定馬】想定騎手と推定オッズ

2016/8/29/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

今度の土日のレースに行く前に、先週の結果の振り返りを。

まずは、新潟2歳Sの予想から。

結果としては1頭目に挙げたサンライズソアは7着。追い切りでA評価を与えたヴゼットジョリーが優勝と、馬連ワイド予想はハズレ...。申し訳ございません。

ウゼットジョリーは1週前にCWで猛タイム。そして最終でも動けていた1頭で、あまり力が入ってないようで、それでも時計は優秀というものでした。

サンライズソアは見せ場という見せ場もなく沈んでいきました。内を通っていながらも4角では飲み込まれていくような格好となり、直線では一旦は先頭を伺うも、残り400Mの地点で反応が悪くなりましたね。

続いてキーンランドCの予想。

こちらは1頭目に挙げたシュウジが2着。2頭目に挙げたブランボヌールが優勝と、こちらは馬連とワイドのどちらも的中となりました。

馬連920円。ワイドは370円の的中となりましたが、思った以上に人気していたなと感じる1戦でもありました。皆さん、馬券が上手だなと思います。自分としては、シュウジが抜けた1番人気で、ブランボヌールはもう少し人気が低いのかなと思っていましたが、馬連でこの組み合わせは2番人気。単勝も人気し過ぎな印象もありましたが、その馬が勝ったのですから、オッズが正確だとも言えますね。

日曜日の予想は1勝1敗となりましたが、思った以上に勝ち切れず...。新潟2歳Sの予想は自信があっただけに、残念な結果となりました。

9月は巻き返していけるように頑張っていきたいと思いますので、9月もどうぞよろしくお願いします。

では、新潟記念の出走予定馬を見ていきたいと思います。第1回特別登録があった20頭をみていきたいと思います。

出走予定馬

第52回 農林水産省賞典新潟記念(GIII) 第1回特別登録 20頭

サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン ハンデ 2000m 芝・左 外

左から、馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ

  • アデイインザライフ 55.0 横山典 4.9
  • アルバートドック 58.0 戸崎 3.2
  • アロマカフェ 54.0 -- 301.7
  • エキストラエンド 57.0 岩田 16.5
  • エーシンマックス 53.0 石橋脩 116.4
  • クランモンタナ 56.0 和田 20.3
  • サトノギャラント 55.0 北村宏 75.4
  • ダコール 58.0 小牧 5.5
  • バーディーイーグル 54.0 蛯名 35.3
  • ファントムライト 55.0 内田博 14.2
  • ベルーフ 57.0 田辺 7.9
  • マイネルディーン 54.0 石川 301.7
  • マイネルミラノ 57.5 柴田大 6.0
  • マジェスティハーツ 55.0 森一 37.9
  • ムスカテール 57.0 津村 479.2
  • メイショウナルト 56.0 柴田善 387.9
  • ルミナスウォリアー 55.0 柴山 13.9
  • ロンギングダンサー 53.0 吉田豊 46.8

除外対象

  • シャドウウィザード 52.0 -- 339.4
  • フレージャパン 52.0 -- 452.6

有力馬考察

アルバートドック

前走は七夕賞で1着。父ディープインパクト、母父Unusual Heat。

今年の小倉記念を制してから3戦連続で掲示板を外すことになったが、前走は中団待機策がうまくハマり最後は半馬身前に出た。

2着のダコールとは半馬身差先着であったが、3着のオリオンザジャパンとは3馬身差をつけていた。地力は高い1頭だと言える。

ただし、今回は斤量が増えて58kgを背負う。また、左回りで結果を残せていない現状(2戦4着以下2回)を考えると、少々不安視もしないといけない1頭であることは間違いない。

アデイインザライフ

前走は常総Sで1着。父ディープインパクト、母父サクラバクシンオー。

昨年はたった3戦だけに出走し、順調さを欠いた。今年も3月に行われた常総Sで準OPを勝ちあがると休養に入り、復帰が半年後の9月1週目のレースとなった。

素質馬であることは間違いなく、ここまで13戦出走し、大敗したのは皐月賞の16着のみで、その他のレースでは掲示板は死守している。複勝率も83.3%と持っている能力は高い。

重賞挑戦は3歳時の皐月賞が最後となるが、斤量は55kgと恵まれた感はある。それでも復帰初戦だけにどこまで仕上がっているのかがポイントになりそう。追い切りの雰囲気をしっかりと確認したい。

マイネルミラノ

前走は函館記念で1着。父ステイゴールド、母父Polish Precedent。

前走の函館記念で約1年振りの勝利を収め嬉しい重賞初勝利となった。

5月に行われた新潟大賞典では16頭中5着で掲示板は確保。勝ち馬パッションダンスとは0.7秒差と離された結果ではあったものの、2着のフルーキーとは2馬身の差しかなく、逆転も十分に可能だった差しかない。

昨年2着のこのレース。今回は57.5kgの斤量を背負うが、アルバートドックと共にシリーズチャンピオンを狙える位置にいるだけに、ここではなんとしても上位を死守したいところだろう。

クランモンタナ

前走は小倉記念で1着。父ディープインパクト、母父トニービン。

こちらも2000シリーズチャンピオンが射程圏に入っている1頭で、シリーズ制覇を狙っている1頭。そして、こちらも前走で嬉しい重賞初勝利を収めました。

右回りと左回りのコースの旋回によって著しく結果が変わっているわけでもなく、稍重程度であっても良馬場とあまり差はない結果となっている。環境で好走凡走を繰り返すというよりも、調子が良い時には走るし、調子が悪い時は駄目な1頭だと言える。

前走から程よく間隔も空いており、メンバーの中ではローテーションもゆとりがある方だけに無視は出来ない1頭。

ただ、前走勝った1頭だが、斤量は56kgと見込まれなかった。ハンデキャッパーがどのような評価をしたのかは難しいところだが、この評価では買いづらいのかもしれない。意外と最近は良い仕事をしているなと思っているので、少々難しいだろう。

関連:【新潟記念2016最終追い切り】5段階評価とお薦め馬|アルバートドックは平行線|「爆穴」〜的中率が低くても回収率で勝負するブログ

【無料コンテンツ】トレセンリアルレポートで
日本ダービー内部調査!

今年の日本ダービーで3連単を当てるには、多くの情報が必要になりそうです。

それは、今年のメンバーは力が均衡してからです。恐らく、自称プロの見解も大きく分かれるでしょう。
それなのに、まさか、もう何を買うのかを決めちゃいました?

競馬は情報が決め手だと言われて久しくなりましたが、もう決めてしまうのは早計です。

しかし、その情報の中でも、「信じていい情報と信じて悪い情報」があります。

みなさんも、大人なのでわかっていると思いますが、新聞にしてもなんにせよ、集客のために他社には掲載していない情報を載せたがるのは当然だと思います。
でもそれができないのが「現場の生の声」です。

このサイトでは週末重賞、今週は『日本ダービー』について、現地の生の声を無料公開します。
馬の状態・調教具合などなど、一般人では入れない領域の声を公開します。
おススメ『トレセン“リアル”レポート』は、日本ダービー予想の的中率アップの鍵になる情報です。

もっと詳しく知る

ここの無料情報には、他の競馬サイトには負けない記録があります。
それは『無料情報“19週連続的中”記録樹立!』。
4ヶ月と3週間、提供無料情報の連続的中です!

この記録が抜かれない限り、このサイトは伝説に残るでしょう!

この無料情報は、今週の日本ダービーで3連単を的中させるヒントに必ずなってくれます!
さらに今週は、『5月28日(日)東京8R 青嵐賞』の予想を無料提供!

もっと詳しく知る

-出走予定馬
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。