フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

【新潟記念2016最終予想】お薦め馬2頭の馬連とワイドの2点勝負|最終で動けた馬を

2016/9/4/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

新潟記念の最終予想について書いていきたいと思います。夏競馬もいよいよ本日で終了となりますね。秋が来ているんだなと感じる朝と夜の涼しさですが、競馬も秋競馬(というのかわかりませんが)に突入していきます。

追い切りではマイネルミラノ・アデイインザライフ・アルバートドックの3頭をお薦めしていました。

上昇気配を見せたムスカテールもいますが、横と比較するとどこまでといったところではないかなと思います。好走は難しいのではないかなと思っています。

前日オッズをみると、アルバートドックが1番人気になっています。以下、23時現在の前日オッズを掲載。

  1. アルバートドック 5.9
  2. ダコール 7.0
  3. アデイインザライフ 7.5
  4. マイネルミラノ 8.3
  5. ルミナスウォリアー 8.4
  6. ベルーフ 10.3
  7. ファントムライト 12.3
  8. エキストラエンド 14.9
  9. ロンギングダンサー 15.2
  10. クランモンタナ 17.6
  11. バーディーイーグル 22.2
  12. サトノギャラント 28.7
  13. エーシンマックス 29.8
  14. マジェスティハーツ 30.3
  15. マイネルディーン 44.9
  16. ムスカテール 62.4
  17. メイショウナルト 85.0
  18. アロマカフェ 151.9

前走七夕賞を制したアルバートドックが1番人気となっていますね。それでも上位5頭が10倍を切るオッズとなっていますので、人気は割れていると言えるかと思います。

上位人気のダコール・ルミナスウォリアーの2頭に、6番人気のベルーフはデキに疑問が残る調教内容でしたので、その辺りは消していきたいと思います。

今回は人気馬同士の決着になると見ていますが、それでも上位の3頭ではない3頭を選びたいと思います。

最終結論

過去のデータを振り返ると、枠の有利不利を見ていくと3枠の連対率が31.6%、4枠の連対率が26.3%で好調枠となっています。逆に、新潟2000Mコース全体では1枠が一番成績がいいのですが、このレースに限っては1枠は1頭が優勝した以外は苦戦を強いられています。

この点はポイントの1つになりそうで、過去のラップを見ていくと【2F-3F】まで加速していきますが、1000Mを通過するところまでは徐々にスピードが落ちていきます。中だるみし易いレースではあるんですが、1000Mを通過して後半戦になると1800Mまでは加速していく刻み方をしていきます。最後は余力が尽きるのか、1800M-2000Mの残り1Fは逆にラップが落ちてしまいます。逃げ先行馬が失速するという見方もできますね。

ラップを可視化して文字にすると、緩やかなWのアルファベットのような形をしています。最初は直線長いのでスピードが上がるものの、1000M通過前後でレースの流れが落ち着き、1000Mを通過すると加速していき、また最後に落ちる。おおざっぱに言うとですけどね。最後に粘り込めるだけの地力がある先行馬か、一瞬のキレ味勝負となったところで大駆けしていく差し追い込み馬かのどちらかに偏ることも多く、過去10年の内5年の優勝馬は上3F時計は上位3位以内に入っていません。

また昨年の2015年と2010年と2009年は上位3頭には上3F時計で1位から3位に入った馬もいませんでした。

同じようなラップの刻み方をしているレースではあるんですが、その年その年で全く違う中身のレースとなりますし、求められるものが全く真逆になり易いということも言えます。

そのことは頭に入れておいてもいいでしょう。

1頭目

1頭目にマイネルミラノの調教の動きを評価したい。

今回同型のメイショウナルトと一緒の枠になりましたので競馬のし易さで言えばやや疑問が残るものの、恐らくはメイショウナルトが行ってしまうのではないでしょうか。

新潟大賞典では0.7秒差の5着になってしまいました。エプソムCではルージュバックの3着などもありますので、レベルの低いレースばかりではないと思います。

ここは重賞2連勝を意識したい1頭です。

2頭目

2頭目にアデイインザライフの調教の動きを評価したい。

今回は久々のレースとなりますが、前々走は久々のレースで勝ち切っています。今回も休み明けからいきなり動けても不思議には思わない動きを披露していました。

外枠に入ったのはやや気になったものの、4角で先行馬にとりついていける脚を持っていて、そこから更に伸びていけますので上で挙げたラップを刻んだレースでも対応できるはずです。

もう1頭お薦めしていたアルバートドックはもう少し時計が伸びていても良さそうだったのが気になりました。その点が気になりましたので、最後に消しました。

-追い切り情報
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。