フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

新潟記念2015の出走予定馬20頭と予定騎手とオッズです

2015/8/31/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは、この記事では新潟記念の出走予定馬と騎乗予定騎手と推定オッズの掲載です。

最後に有力馬の考察と現段階でお薦めの1頭を記していますので、そちらまでご覧いただければ幸いです。

賞金が足りていない3歳馬ミュゼスルタンは、賞金順は20番目ですが、斤量54.0kgを背負うので、アローワンスを考慮すると実質的には57kgを背負っているのと一緒なので、重斤量上位3頭に食い込んで、ハンデ優先で出走が可能となりました。

  • アヴニールマルシェ 53.0 北村宏 5.2
  • アスコットシチー 52.0 - 437.0
  • アルフレード 56.0 森山 6.1
  • アーデント 56.0 石川 73.9
  • クランモンタナ 54.0 内田 12.6
  • スイートサルサ 54.0 蛯名 15.0
  • ダコール 58.0 小牧 4.7
  • ネオブラックダイヤ 54.0 秋山 59.6
  • パッションダンス 56.0 Mデムーロ 26.4
  • ファントムライト 54.0 戸崎 201.7
  • マイネルミラノ 56.0 柴田大 21.6
  • マジェスティハーツ 56.0 森 4.7
  • ミュゼスルタン 54.0 柴田善 6.1
  • メイショウカンパク 54.0 大野 276.0
  • メイショウノーベル 54.0 - 194.2
  • メドウラーク 55.0 田中勝 12.8
  • ユキノサムライ 53.0 国分恭 524.4
  • ユールシンギング 56.0 吉田隼 83.2
  • ラブイズブーシェ 57.0 - 58.3
  • ロンギングダンサー 53.0 吉田豊 33.8

オッズはnetkeiba.com様参照。

有力馬考察

ダコールの前走は同コースで行われた新潟大賞典を優勝。7歳馬となりようやく本格化してきた晩成型とも言える成績ですが、新潟大賞典は13年にも3着に入ったり、同新潟記念では4着に入るなど、新潟競馬場はあまり苦にしないところは高ポイントです。昨年の新潟記念は二桁着順に沈みましたが、今年は新潟大賞典を勝っているように、これまでの同馬とは違います。斤量58kgは福島民報杯で経験済み。重賞連勝となるか注目です。

マジェスティハーツはここ2走重賞で2着を死守。昨年の新潟大賞典ではユールシンギングの2着に入る活躍を見せていて、このコースでの実績もある点はプラス材料。距離も前走のマイルから延長も歓迎材料と言えそうで、ここでの活躍に期待が掛かります。

メドウラークは近走4連勝をマーク。秋の大舞台へ向けて、夏の上がり馬となれるのか楽しみな1頭です。前走は2番人気に支持されましたが、ラングレーやシャドウダンサーと有力馬が揃った中での快勝でした。重賞初挑戦でいきなりは考えにくいものの、ここであっさりがあるとすれば非常に楽しみな秋のG1戦となりそうです。

アルフレードは今年の新潟大賞典で3着に入った実績を持つ1頭。前走の七夕賞では5着と掲示板を死守。2歳王者の同馬ですが、ようやくここに来て復調気配漂う1頭です。

ミュゼスルタンは今年のNHKマイルC3着の実績。今年の3歳世代は、世代全体で能力が高いと実しやかに囁かれていますが、この馬は日本ダービーでも6着と好走を見せ、世代の中でも上位の能力を持っていると言っていいでしょう。休み明けである点は積極的に買えないかなと思いますが、ここから天皇賞秋を見据えて出走してきたので、恥ずかしいレースは出来ないはず。ある程度のところまでは仕上げてくるかと思います。

 

今現在、当ブログが注目しているのはメドウラーク

前走は時計以上に強い内容で、やや縦長の展開も、最後は横に広がった追い比べで後続に1馬身半付けての勝利でした。

上でも書いたように、重賞でいきなりは考えにくいメンバーであるのも事実ですが、2着3着には十分に食い込めるだけの力は秘めている1頭だと見ています。

混戦模様だけに、なかなか難しいレースとなりそうですが、しっかりと追い切り等から好調馬をフォローしていきたいと思います。

 

以上、新潟記念の出走予定馬と騎乗予定騎手と推定オッズでした。

G1で穴馬をバシバシ的中できる方法があった

今週の穴馬ターゲットレースは、もちろん東京優駿(日本ダービー)!

【最近の重賞優勝馬】
桜花賞:レーヌミノル(8番人気)
ニュージーランドT:ジョーストリクトリ(12番人気)
皐月賞:アルアイン(9番人気)
フローラS:モズカッチャン(12番人気)
ヴィクトリM:アドマイヤリード(6番人気)

みなさんに一つ確認したい事がございます。
何でこんな馬が来るんだ?って思う事ありませんか?
3連単が100万馬券となった先日の皐月賞、9番人気のアルアインが優勝するなんて想像できなかったでし、ファンディーナが7着に終わるなんても思いもしなかったですよね。
先週のヴィクトリMだって、ダントツ人気のミッキークイーンがまさかの7着ですよ。

誰もが予想もしなかったことが平気で起きています。

今週の注目レースは「東京優駿(G1)」
過去、東京優駿の穴馬と言えば、
2014年:マイネルフロスト(12番人気3着)
2013年:アポロソニック(8番人気3着)
2012年:トーセンホマレボシ(7番人気3着)
2011年:ウインバリアシオン(10番人気2着)
など。

ただ、これらの馬にしても他に大穴を開ける馬にしても、穴馬を本命にする側から言えば「何でこんなにオッズが付くの?」と思っているはずです。
そういう人ってやっぱり情報源が違うんですよね。
普通の人って東スポなどのスポーツ新聞とかを使って予想するじゃないですか。
穴馬を当てる人って違うんです。
独自の情報源を持っているんです。

だから人気のない馬を躊躇なく買えるんです。

そんな、穴馬をバシバシ当てまくっているサイトが「PREMIUM」というサイトです。

先週で言うと
21日
東京1R ガチコ(8番人気1着)1997,000円的中
20日
新潟8R モンストルコント(8番人気1着)2,111,150円的中

などを拾っています。

しかも買い目が20点前後で。
20点前後って、例えば1着を固定した場合、2着3着を5頭ずつしか買えないんです。
1着を固定する事自体にかなりリスクがあるのに、12番人気や13番人気を1着指定に持ってくるのは難しいと思うんですよ。

それをやってのけるんですから強力な独自情報源がある事は間違いありません。

「なんでこんな馬が来るんだ?」は今日で卒業して
「なんでこの馬が人気ないんだ?」に変えていきませんか?

土日それぞれ1レースずつ、渾身の無料予想が公開されているので穴馬が的中する感覚を味わってみて下さい!
東京優駿(日本ダービー)の穴馬ももちろん公開予定ですよ!

お申し込みはこちら

-出走予定馬
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。