フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

【新潟大賞典2016予想】好調馬の馬連とワイドの2点で!

2016/5/8/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんばんは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事は新潟大賞典の最終予想についてです。

新潟の2000Mで行われるハンデ戦だけに、きっかけ1つで浮上できます。そのきっかけには勿論、追い切りで見つけた調子の良し悪しもありますので、しっかりと追い切りをチェックしてから予想していきたいと思います。

その新潟大賞典の最終追い切りタイムや様子はこちらをご覧ください。

予想

さて、枠の傾向を見ていくと3枠が好走している枠となります。対して7枠が連対0、8枠が連対率10%と低い数字になっています。

ただ、1枠の成績も悪くなっていてこの辺りは考えようですね。最内だと包まれて何もできないまま終わってしまう事も考えられます。

新潟2000Mは、最初の直線も長く約1000M弱あり、最後の直線も外回りコースなので660M程度あります。その為、序盤からペースが上がりやすく後半もかなり持久力が求められるタフのコース。その為、コースの傾向から言えば最短距離を通る事ができる内枠が有利に働きます。

ただ、極端に外枠のコース成績が悪いということもないので、内枠がやや有利になっている程度で見ていくのがいいでしょう。

1頭目はアングライフェン

1頭目に選びたいのは最終追い切りでA評価を付けたアングライフェン。

今回内枠の2枠を引けたこともプラスに見ていいです。

最終リハではリラックスしていながらも【54.0-39.3-25.0-12.4】を坂路でマーク。もう少し時計が遅くても良さそうなところを、見た目以上にスピードが出ていた=余計な力が抜けてリラックスして走れていたという事になるので、ここでも通用するのではないかと見ています。

2頭目はフルーキー

2頭目に選びたいのはフルーキー。こちらも追い切りでは動けていた1頭。

中山記念から間隔が空いてはいるものの、状態は整っていると思える内容でしたよ。

問題は乗り替わりで藤岡佑騎手になっている点。

馬の力差で言えば上位は拮抗していると思っているので、テン乗りでどこまで特徴が掴めているのかが気になりますね。敗因があれば、その辺りもありそうですが、馬の仕上がり具合は問題ないと見ています。

最後に

今回はアングライフェンとフルーキーの馬連とワイドで。

想定馬連オッズは44倍前後、ワイドは12倍前後を見込んでいます。

CBC賞はこの人の予想方法を盗んで下さい。

人気の走れない馬を暴く。

期待を裏切った、キタサンブラック。天皇賞惨敗。
期待を裏切った、セイウンコウセイ。函館SS惨敗。

人気だけが先行しています。
馬は人気通りに走ってくれません。

そろそろ、新聞やTVでも取り上げられている
世の中の情報が怪しと気づきましたか?

馬体診断の天才『柴崎幸夫
実力を証明する為、CBC賞を3連複6点でとります。

(無料提供)
※アドレス送信後の返信メールが無い場合、迷惑メールフォルダを確認してください。
せっかくの勝てる情報が入手できなくなります。

お申し込みはこちら

『人気があるこの馬は、今走れる体調ですか?』
この質問に答えられる新聞やTVからの情報はありますか?

キタサンブラックでボロ負けしたあなた。
セイウンコウセイでボロ負けしたあなた。

そろそろ、世間の情報を怪しんでもいいと思います。
馬体診断の天才『柴崎幸夫』の予想が見れるサイトはこちら!↓↓(会員登録無料)
※アドレス送信後の返信メールが無い場合、迷惑メールフォルダを確認してください。
せっかくの勝てる情報が入手できなくなります。

お申し込みはこちら

-競馬予想
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。