フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

日本ダービー 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで

2017/5/19/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

いよいよ5月28日に実施される日本ダービー。
その日本ダービーの出走予定馬をチェックしていきたいと思います。

皐月賞を制したアルアインや青葉賞を制したアドミラブルなど、絶対的な主役は不在も、どの馬にもチャンスがある今年の日本ダービーになっているでしょう。
クラシック王道路線を歩んできた馬、裏街道を歩んできた馬、色々といますが、出走馬をチェックして、最後に現時点で注目している馬を記載しておきたいと思います。

出走予定馬

馬名 斤量 想定 推オッズ
アルアイン 57 松山 3.9
ペルシアンナイト 57 戸崎 12.1
ダンビュライト 57 武豊 18.5
クリンチャー 57 藤岡佑 35.2
アドミラブル 57 Mデムーロ 3.5
ベストアプローチ 57 岩田 85.3
ダイワキャグニー 57 北村宏 89.6

賞金順

馬名 斤量 想定 推オッズ
カデナ 57 福永 16.4
レイデオロ 57 Cルメール 3.6
ウインブライト 57 松岡 31.5
ジョーストリクトリ 57 内田博 145.2
アメリカズカップ 57 松若 265.8
スワーヴリチャード 57 四位 8.7
サトノアーサー 57 川田 9.8
キョウヘイ 57 高倉 389.5
トラスト 57 丹内 205.6
マイスタイル 57 横山典 147.3
マイネルスフェーン 57 柴田大 139.7

除外

馬名 斤量 想定 推オッズ
サトノクロニクル 57 田辺 378.2

有力馬考察

アルアイン
≪牡3/鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】皐月賞 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Essence of Dubai

皐月賞では9人気の低評価をひっくり返す活躍を見せて、毎日杯に続き重賞連勝でG1を手にしました。
ディープインパクト産駒らしい末脚を見せて...というわけではなく、上り4位の時計での重賞連勝ですので、父とはまた違った形でレースを行っています。

日本ダービーの上位馬の多くは、その後マイル路線でも結果を残していることから、マイラーでも勝てるレースと言われることもあります。
アルアインはデビューから3戦続けてマイルを使われていて、毎日杯で距離を延長して優勝。続く皐月賞も距離延長で優勝でした。
距離延長はプラスに働く馬で、2400Mもマイルを勝てる力があれば問題ないと見ることもできます。

皐月賞から直行した馬の日本ダービーの成績は≪7.6.5.51≫で、皐月賞優勝馬の成績は≪2.1.2.4≫で複勝率55.6%で優秀なデータを残しています。
アルアインも、このデータに続けるのか楽しみです。

ペルシアンナイト
≪牡3/黒鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】皐月賞 2着
【父】ハービンジャー
【母父】サンデーサイレンス

皐月賞では、向正面にてMデムーロ騎手の好判断もあり押し上げていくレースを見せてのレースを見せました。
上がりも安定していて、ここまで≪4.0.2.0≫と、後半スピードに乗って追い上げてきます。
どこかハービンジャー産駒らしくないところは持っているのかもしれません。

今回は、騎手が戸崎騎手に変わりどうか。
戸崎騎手の東京での成績がいいものの、テン乗りで勝てるほど甘くはないダービー

過去30年のダービー馬を見ても乗り替わりで勝った馬はいない。ダービー馬の騎手は必ず連続騎乗をしている。

[RBN] 【G1】日本ダービー考査 乗り替わりでは勝てない

上記のサイトで触れられているように、手元のデータでもこの30年では乗り替わりでの優勝はありません。
これだけのデータが揃っていますので、戸崎騎手の手腕があったとしても、データ上では勝ちはないのかなと感じます。
ジンクスを考えないのであれば狙っても面白そうですけど、僕は嫌いたいジンクスかなと思います。

ダンビュライト
≪牡3/黒鹿 音無秀孝厩舎≫

【前走】皐月賞 3着
【父】ルーラーシップ
【母父】サンデーサイレンス

ここまでの3走、きさらぎ賞・弥生賞・皐月賞と、いずれも3着と惜しいレース続きです。
父ルーラーシップは酷い出遅れをしていましたが、ダンビュライトはその血をひいていないですね。スタートも上手に出ていきます。

ただ、ここまで上がり1位の足を使えたのは新馬戦の時のみ。
決め手勝負になり易い日本ダービーを考慮すると、今回は求められる能力が違うようにも思います。
弥生賞では上り4位、皐月賞では上り5位と、この部分がどうにかならない限り、キンカメの血を引く馬の特有の器用さだけでは少々厳しい印象です。

アドミラブル
≪牡3/鹿 音無秀孝厩舎≫

【前走】青葉賞 1着
【父】ディープインパクト
【母父】シンボリクリスエス

青葉賞の勝ち方から、人気になりそうな1頭。
東京2400mを2:23.6で走れる地力の高さは、ダービーでも即通用しそうです。

ただし、時計判断だけで決めてしまうと、プリンシパルSのダイワキャグニーの勝ち時計1:58.3もなかなかの好タイム。
特に、プリンシパルSの1つ前に行われたメトロポリタンSの勝ち馬ヴォルシェーブの勝ち時計は2:24.1でした。
青葉賞と比べて0.5秒遅い時計ですが、それを考慮して考えても1:58.3はかなり時計はいいです。

アドミラブルを時計で買い要素だと思うのであれば、ダイワキャグニーの勝ち時計も立派なので、一緒に買わないと整合性が取れないようにも思います。

ただ、地力の高さは前走で証明しているので、青葉賞から勝ち馬がいよいよ出るかもしれません。
こちらもジンクスを信じるならば嫌いたい1頭ではありますが、近年の活躍を見ると2着3着はあってもおかしくはないでしょう。

現時点でのダービーの注目馬

さて、今年のダービーはまさに主役不在。
どの馬から入っても、必ずケチがつきそうなくらいです。
単勝オッズも、割れてしまうのではないかと思います。

そんなメンバーの中で、現時点で注目しているのはカデナです。
皐月賞の結果で人気を落とすのであれば、さらに美味しいのではないかと思っています。

この馬は、皐月賞で追い切りパターンを変更し、1週前に強めに追って、最終リハでは軽めの調整でした。
どうやらそれが逆効果となり、本番でピリッとしなかったらしいのです。

皐月賞の最終追い切り考察でも、評価自体は【B】評価でしたが、全体時計が掛かっているなど、不安を覚える内容だったと記しています。
それがどうやら、本番にも直結してしまったようで、今回は最終追い切りでしっかりと負荷を掛けてくると思います。

そうなれば、逆転も視野に入ってくると思いますし、この馬の能力を考えると、ダービー制覇も夢ではないと思っています。
以上、日本ダービーの出走予定馬でした。

-出走予定馬
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。