フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

日本ダービー 2017 最終追い切り評価|アドミラブル52.9秒軽快!

2017/5/24/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、日本ダービーの最終追い切り評価を行っています。
映像をチェックして、上昇気配を感じる馬や逆に下降気配の馬などを見ていきます。
各馬の考察の後に、全体を通しての追い切りまとめを掲載していますので、ご興味ありましたら最後までご覧いただければ幸いです。

ちゃちゃ
いよいよ最終リハが行われましたね

こてつ
水曜日の段階で、18頭の追い切りが行われたぞ

ちゃちゃ
サトノクロニクルを含めてなので、ペルシアンナイトの映像が配信されていません

こてつ
有力馬の1頭だけに映像がないというのは困ったものだが、明日になれば配信されるかもしれんな

なぜかペルシアンナイトの映像が配信されていません
仮にも、ペルシアンナイトの映像が配信されていないのであれば、時計だけ更新しておきたいと思います。

ダービーの追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

リッキー
5月24日23:00最終追い切りの各馬の考察を終わりました。ペルシアンナイトの扱いは、今後決めたいと思います。
明日のこの時間に、最終追い切りを完成させたいと思います。
リッキー
ペルシアンナイトの追い切り映像、上手く撮れていなかったみたいで、遠い引きの映像だけとなっていました。

アドミラブル【A-B】

5月24日(水)栗東 坂路(良)
【52.9-38.8-25.4-12.5】

2頭併せ強め2馬身程先着。
最後はしっかりと負荷を掛けられていますが、時計も加速ラップを刻む良い動きを見せていました。
前走の青葉賞レコードの反動などは特に感じません。

前走と比較しても、今回の方が単純に時計がいいですし、雰囲気も上昇気配に匂わせる内容となりました。
頭の位置がやや高く見えるのはこの馬の個性と判断してもいいでしょう。
前走の青葉賞時も同じように感じていましたが、青葉賞で千切っていますので、これは問題ない範囲です。

アメリカズカップ【B】

5月24日(水)栗東 坂路(良)
【52.8-38.8-25.5-13.0】

2頭併せ強め併入。
併入ではありますが、脚色は鈍っていて僚馬の方が良かったです。

前走の皐月賞では評価を下げていましたが、今回もその評価を据え置きます。
上昇気配は全く感じませんでしたので、状態としては同じくらいだと思います。

アルアイン【B】

5月24日(水)栗東 CW(良)
【4F52.6-37.6-F11.7】

2頭併せ内末強め半馬身先着。
時計自体はしっかりと出ていますので、特段何かが悪いということはないと見ています。
僚馬が必死に追われている中で、馬なりで半馬身抜け出せたのも見た目的なものは良いと思います。

前走の皐月賞では【B-C】評価ではありましたが、結果的には皐月賞を制覇。
言い訳が許されるなら、中間の動きが疑問が残るということで、判断が難しいとしましたが、その判断を誤った形になりました。

その時と比べて、今回が悪いということはなく、状態としては変わりなく来ていると思います。

ただし、前走は6ハロン追いだったものが、今回は4ハロン追い。
皐月賞の考察でも書いている通り、メイチ感が漂った前走の追い切りでしたが、調整が間に合っていないので最後に強くした内容と見て失敗。
今回は、この4ハロン追いをどう判断するかです。

これ以上の負荷を掛けたくないので、前走から距離を短くしているのか、それとも仕上がってしまっているので4ハロンで良いと判断したのか。

仕上がり具合は前走と変わりなく来ていると思います。
皐月賞を制した時と、変わりなく来ているのではないかと見る方がいいです。

ウインブライト【C】

5月24日(水)美浦 南W(良)
【6F83.9-67.8-52.5-38.1-1F13.4】

単走馬なり。
他陣営の前に2頭を置いての内容でしたが、最後まで追いつこうとせずマイペースに走った形になりました。

仕上がり的には少々微妙では。
1週前追い切りで書いていたように、最終では負荷を掛けてくると思いましたがマイペースな馬なりでの調整でした。
さすがに上昇気配と感じず、時計自体も前走の方が良かったですので、ピークは過ぎたような形になっています。

カデナ【A-B】

5月24日(水)栗東 CW(良)
【6F82.5-66.0-51.1-38.0-1F12.2】

2頭併せ外強め3/4馬身先着。
前走はギリギリ【B】評価という内容でしたが、今回は上昇気配漂うものになりました。

今回はCWを選択しての内容。
前走とは追い切りパターンを変えていますが、恐らくこちらの方がいいのではないでしょうか。
しっかりとした踏み込みで好感が持てるものでした。

前走の坂路では、とにかく時計を要していて、雰囲気はいいけど時計的には微妙というものでしたが、今回はそれが全くありません。
むしろ、大物感漂わせる時計とも言えるので、今回は上昇気配としておきます。

キョウヘイ【B-C】

5月24日(水)栗東 CW(良)
【4F52.1-39.2-1F11.7】

単走馬なり。
前走時は悪くないデキなものの、頭の位置が高いのが気になると書いていたんですが、今回もそこまで変わった様子はなく、今回の高いままです。
時計の出方が、距離が短い方が向いているのではないかなと思いますので、ダービーへの距離への不安も色濃く出ていると思います。

ゴールしたところで、騎乗した高倉騎手が首のところをポンポンと撫でるように叩いて、「さぁ頑張るぞ、頼んだぞ」という動きをしていました。
非常に満足した追い切りだったのかもしれませんが、現状では、前走よりもデキはよろしくないのかなと思います。

だけど、そういう騎手と馬とのコンビ愛みたいなものは嫌いじゃないです。
応援馬券を買おうかなと思わせるものでした。
なんだかほっこりしますw

クリンチャー【B】

5月24日(水)栗東 坂路(良)
【54.8-39.4-25.3-12.2】

単走強め。
もう少し首が上手に使えるようになればもっと良くなりそうな感じもします。

前走と比較しても、前走は前走で悪く見えましたが、地味ではありますけど皐月賞では4着の実績を作りました。
その前走時は左右に振られる動きをしていましたが、今回はそれがありません。

その反面、首が立ってしまっていて、少々地味に見えてしまいます。
現状では、前走からの前進となると、なかなか厳しいのではないかと思います。
良くも悪くも前走程度の動きでしたので、何かあれば来れるのかなという程度だと見ています。

サトノアーサー【B】

5月24日(水)栗東 CW(良)
【4F52.7-38.1-1F11.5】

2頭併せ内馬なり4馬身程先着。
僚馬を2馬身程追いかけるところからスタートしていますが、最後は僚馬(トーセンレーヴ)が少々だらしのない動きをしてしまいました。
直線向いたところからすでに単独での走りでしたので、実際のところはよく分かりません。

前走後はここへ向けて乗り込まれてきましたが、どこかが変わったというのは正直なところ感じません。
高いレベルでキープしていると思います。

ただ、きさらぎ賞の時から、成長を今一つ感じさせないだけに、少々不安を覚える部分もあります。
時計がいいですので、何かが悪いということはないと思うんですが、気になるポイントではあります。

サトノクロニクル【B】

5月24日(水)栗東 CW(良)
【4F53.0-39.1-1F11.5】

3頭併せ内末強め半馬身先着。
現時点で出走できるか非常に難しい1頭であることは間違いありませんが、内容自体は、一完歩ずつしっかりと伸びていて、好感は持てる内容だったと思います。
京都新聞杯での2着はたまたまということはないでしょう。勿論、1人気に支持されていたので、それだけ強いと思われていた1頭ではあります。

1勝馬だけに非常に申し上げにくいですが、しかし、追い切りを見ると今後の成長が楽しみな1頭だなと思います。
今回出走できていたとしても善戦以上の活躍はできそうな、大物感は感じるものでした。
秋以降で復帰となるのか、それとも夏場に速めに復帰してくるのかは分かりませんが、秋以降に大きく飛躍してくるのではないかと思います。

ジョーストリクトリ【B】

5月24日(水)栗東 CW(良)
【6F82.5-66.8-52.6-38.9-1F12.1】

2頭併せ末強め併入。
僚馬の方が雰囲気は良さそうでした。強めに追われても反応しているのか微妙だったのがジョーストリクトリの方でした。

特に前走から変化したとは思わないところではありますが、前走の結果を見る限りではさすがに厳しいのかなと思います。
前走から見ても、可もなく不可もなく、そんな追い切りとなりました。

スワーヴリチャード【B-C】

5月24日(水)栗東 CW(良)
【6F84.2-67.4-52.1-37.6-1F11.9】

2頭併せ外馬なりクビ差先着。
外を3頭併せの馬が走っていたので、実質的には5頭併せのような追い切りとなりました。

前走から比べると、少々力みがあるように感じます。
前走時はそこまで感じなかったものの、今回は首が立つ時間が目立つ内容でした。
最後にやや促されるとすんなりと伸びていますが、その点が少々微妙にも映ります。

【B】評価でも構わない範囲ではありますが、思い切って下降気配としておきます。

ダイワキャグニー【B】

5月24日(水)美浦 坂路(良)
【53.4-39.0-25.7-12.7】

2頭併せ馬なり併入。
終始、外を見ながらの動きで、集中力に課題が残ります。

馬場状態も綺麗な時間帯での追い切りでしたが、やや物足りなさを感じるものとなりました。
雰囲気今一つという印象は拭い去れません。

それでも時計判断で言えば、前走から殆ど変わらないラップで駆け上がっていますので、状態としては可もなく不可もなくと言えるでしょう。

ダンビュライト【B】

5月24日(水)栗東 坂路(良)
【52.6-38.6-25.6-13.0】

2頭併せ馬なりクビ差先着。
アメリカズカップとの併せ馬ですが、その点は前走と変わりありません。

ただ、前走時はそのアメリカズカップを置き去りにしていたので、その点では少々不満も残る追い切りを消化していました。
加速ラップを刻んでいないものの、これはこの馬の特徴でもあるので気にしなくていいでしょう。

追い切り考察が非常に難しい1頭なのかなと思います。
この馬に関しては、当日のパドックでの雰囲気などを見た方がいいような気もします。

この内容ではありますが、前走時もいい追い切りとは思いませんでしたので、これはこれで完成しているのかもしれません。

トラスト【A】

5月24日(水)栗東 CW(良)
【6F83.8-68.1-53.1-39.0-1F11.8】

単走一杯。
ここまで使われてきているので、状態としては厳しいのだろうと思っていたんですが、日本ダービーの追い切りを見る限りでは意外にも好感度が高い1頭です。

しっかりと負荷を掛けれられて、しかも、前走よりも好内容の追い切りを消化。
ここを目標に、メイチ仕上げを施してきていると見ていいでしょう。

皐月賞の時は明らかに不調を感じさせる追い切りでしたが、結果2桁着順。
そこからあまり変わりないと思われたNHKマイルCで8着と人気より前進。
今回はメイチ感伝わる好内容で、復調気配すら感じます。

ベストアプローチ【A-B】

5月24日(水)栗東 CW(良)
【5F64.1-50.4-37.2-1F12.0】

2頭併せ内一杯3馬身程先着。
僚馬が外一杯を回るところで、コース7分程を回っているので着差は参考程度です。

しっかりと負荷を掛けられていて、しっかりと追われていますので、特に問題はないと見ていいのではないでしょうか。

前走から比べても、特に悪いところは見つかりません。
前走も僚馬が外を回り、7分程を通過しての馬なり併入。

今回は一杯に追われているので着差が開きましたが、状態としては今回の方が時計の意味でも良かったですし、良化してきていると思います。
前走8分程の仕上がりだったと見ても、頷ける範囲の追い切りを消化していました。
今回の方が仕上がりはいいでしょう。

マイスタイル【A-B】

5月24日(水)栗東 CW(良)
【6F86.9-69.8-54.3-39.8-1F11.8】

2頭併せ外馬なり2馬身先着。
僚馬が一杯に追われる中、馬なりでグングンと引き離す様子は好感度の高い内容でした。

1週前追い切りでも【A-B】評価と上昇気配としていましたが、最終追い切りからも調子の良さを感じさせる動きを披露してくれました。

単純に上昇気配としておきますが、それでもどこまでという印象は拭い去れません。
もう少し分かりやすく、中間で超抜的な動きをしてくれた方が良かったかなと思います。

ただ、雰囲気の上昇は確かに感じるので、弥生賞2着の時と比べても、今回の方がいいでしょう。

マイネルスフェーン【B】

5月24日(水)美浦 南W(良)
【6F85.3-69.1-53.9-39.3-1F12.9】

単走馬なり。
特に可もなく不可もなくと言える仕上がりとなりました。
スムーズな身のこなしなどは、前走と殆ど変化がありません。

時計も、美浦南Wを最後12.9秒で走れるのは好感が持てる内容だったと思います。

ただ、単走なので比べる馬もいませんが、やや地味。平凡という言葉の方がしっくりくるでしょうか。

オーラというと目に見えないものなのであまり使いたくないですが、マイネルスフェーンが持つ雰囲気が、他の馬と比べて少々見劣りするのが気になります。
やはりG1で好走するには、おっと思わせてくれる内容、雰囲気でなければ厳しいと思っています。
その点では、手が出しづらい1頭であることは間違いありません。

レイデオロ【A-B】

5月24日(水)美浦 南W(良)
【5F68.5-52.3-38.1-1F12.5】

3頭併せ内強め併入。
時計自体はしっかりと出ているので特に不安な点はありません。
現状では、前走程度だと思いますが、1戦使われた上積みは感じる内容でした。

前走時から、単純に時計も伸びていますので、しっかりと作られてきていると思います。

ペルシアンナイト【B】

5月24日(水)栗東 CW(良)
【4F52.0-37.7-1F11.9】

2頭併せ内馬なり1馬身先着。
引きの映像しかないのと、映像が荒れていて何をしているのかは分かりませんが、動きとしてはそこまで悪くない範囲ではないかなと見ています。

状態としては、前走の皐月賞時とあまり変わりなく出走できるのではないかと思います。
時計も殆ど変わりなく来ています。

1週前にかいた通り、ラストは4ハロン追いと見ていましたが、きっちりと4ハロン追い。
順調に来ている証拠でもあります。

日本ダービーの最終追い切り考察まとめ

以上、出走馬全頭の追い切りをチェックしました。
全頭が水曜追い切りでしたが、皐月賞で木曜追いを敢行したレイデオロは、この選択がどちらに転ぶのかわからない部分はあります。

さて、今回の追い切りで、上昇気配を見せていたのは、【A】評価のトラスト、【A-B】評価のアドミラブル・カデナ・ベストアプローチ・マイスタイル・レイデオロの合計6頭でした。
ないと思われていたトラストが、ここに来てベストのパフォーマンスを披露してくれたと思います。
追い切り漂うメイチ感は、好感が持てるものではありました。

ただし、近走の成績から、どこまで成長しているのかというのは疑問が残る範囲ではあります。

【B】評価の中では、やはりアルアインは状態が非常に良さそう。
引きの映像しかなかったペルシアンナイトも、時計判断では前走と殆ど変わりなく、追い切り内容も想定していた内容通りでしたので、ここまで順調に来ているのだと思います。

ペルシアンナイトは、高速決着となった皐月賞の疲労が抜けず、回復が遅れているという話もありましたので、しっかりとした映像で見たかったのは事実です。
ただ、時計自体は前走程度なので、変わりないと言えば変わりないくらいで見ています。

なかなか難しい考察となりそうですが、個人的に評価が高いのはマイスタイルです。
追い切りからは機敏な動きを披露してくれていましたし、迫力も出ていました。
オーラという言葉はあまり好きではありませんが、画面から放たれる雰囲気は、G1などの大きなレースになればなるほど大事になってきます。

その雰囲気は、今回のメンバーと比べても、高いものとなりました。
枠順が発表されていますが、2枠3番であれば、非常に楽しみな1頭になるのではないか、そう思っていて、もう少し熟考してみたいと思います。

日本ダービーの予想は、土曜日の午後公開予定。
それまでもう1回ずつくらいは見直してみたいと思います。
以上、日本ダービーの最終追い切り考察でした。

どーも、爆穴管理人のリッキーです!!
今回は宣伝が一部含まれますが、これまでに爆穴ブログ経由でご登録が多数あり、多くの反響が出ているサイトです。

注目すべき点は、他の予想サイトは印だけの提供に買い目と点数を指定することが多いですが、今回ご紹介するサイトは、指数の提供を主なコンテンツとしています。

その為、3連単派の方も、馬連ワイドという組み合わせで馬券を買われる方も、あなたの使い方次第で十分な戦力になる点です。

よく巷で見られるような、印だけ、買い目だけの予想サイトとは違います。数値を提供しているので、過去のその馬の指数も残りますので、不正や嘘の申告はできません。

これまでに、コラボ@指数は、安定した成績を残しています。上位6頭までの組み合わせで、

  • 単勝:83.3%
  • 複勝:93.2%
  • ワイド:81.9%
  • 馬連・馬単:58.3%
  • 3連複・3連単:37.2%

と、安定感抜群の平均的中率を叩き出しています。
上でも書いていますが、多くの登録者がいる手前、嘘の申告や偽りの数字は出すことはできません。

『スピード指数』『適性指数』『統計データ』『血統理論』

この4つの情報を組み合わせたコラボ@指数は、断然利用する価値があります。

無料で利用できるのであれば尚更です。

個人ではなかなか計算し辛い指数は、専門のところに任せるのは一番です。餅は餅屋は鉄則です。

下記URLから無料の申し込みをされますと、各競馬場の前半のレース+指定重賞の指数をご覧になれます。

今月の残りの指定重賞レースは、『朝日杯FS(G1)』『有馬記念(G1)』の2つ。
早めに登録して、指定重賞の指数を試すだけでも結構です。
ただし、今年の爆穴ブログ経由での申し込みは、12月20日(水)にて完全停止。また、先着順で一定のお申し込みで早期の募集停止となる場合があります。特に今月は有馬記念が行われる関係で、申し込みが殺到します。

無料で使える指数系のサイトは珍しく、18年もまだまだ注目のサイトですので、お早めにご登録して使って下さい。

今すぐ無料登録をして始める

-追い切り情報
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。