フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

京都金杯 2017 最終追い切り|5段階評価とオススメ馬

2017/1/4/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

リッキーです^^

本日もご覧いただきありがとうございます。

この記事では、京都金杯の最終追い切りについて書いています。

映像配信があった馬は9頭でした。

エアスピネルなど有力馬の調教をチェックしていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

エアスピネル【B-C】

12月31日(土)栗東 CW(良)
【6F88.9-72.3-56.9-42.5-1F13.0】

単走馬なり。映像では31日のものが配信されていますが、3日(火)に坂路に入っていて、【56.2-40.9-26.5-12.9】の時計を出していました。

12月28日に猛時計を出していて、ここまで順調に調整がついていると言えるでしょう。

ただ、どうしてもクラシックシーズンに比べてデキは今一つの印象で、仕上げはまだ先のように感じます。それだけに隙はあるのかなと思いますね。

ガリバルディ【調整】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【キャンター調整】

単走。映像では調整程度の動きでしたが、12月25日と1月2日に時計を出していますので、特に問題ない仕上がりになっているんじゃないかなと思います。

前走のマイルCSの時に比べると中間の動きはやや微妙に映ります。ここまで調整程度の内容で挑むことになるので、その点では【C】評価辺りで見ておきたい1頭です。

サクラアドニス【B】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【54.3-38.4-24.7-12.9】

単走馬なり。時計はやや地味ではありますが、仕上がりに関してはそこまで気にしなくても良さそうですね。

ただ、首の位置がやや高くなっているので、前に進む力がやや弱いかなと感じました。その点はマイナスです。

ダイシンサンダー【B】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【57.6-42.1-27.6-13.8】

単走馬なり。映像では調整程度の内容となっていました。2日に同じく坂路で最終追い切りを終えていて、【51.7-37.8-24.4-12.3】をマーク。加速ラップとはいきませんでしたが、全体51.7秒は出てしまう1頭なので、そこまで気にしなくていい時計だと思います。

使うレースの距離が伸びたり縮んだりとしていますが、陣営もどこの距離を使うのかで悩んでいるようにも感じますが、追い切りを見る感じだと前走は好走していてもおかしくないようなスプリント寄りの時計を出す1頭だけに、少々気になるものですね。

ダンツプリウス【A-B】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【56.6-39.9-25.0-12.2】

2頭併せ強め3馬身程先着。特に時計が良かったわけではありませんので、僚馬がだらしない追い切りを消化したということでいいと思います。

動きを見ると、そこまで時計が出ていなそうに見えて、最後は12.2秒出ているので状態に関しては前向きに見ても良さそうですね。リラックスしている証拠でもあります。

1月2日にも同様の時計をマークしていることから、状態の良さも伝わってきます。

前走の映像があったわけではありませんが、時計を単純に比較すると今回の方が時計の出方などでは順調に来ていると思います。

フィエロ【B】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【62.5-44.2-27.4-13.1】

単走馬なり。坂路の全体時計が60秒を超えた時は馬なりとも言えないんですけど、調整程度の内容でした。

映像はありませんが、3日に【54.2-39.0-25.1-12.3】をマーク。阪神Cから中1週程度ではありますが、最終の時計の刻み方は好感の持てるものでした。

ブラックスピネル【調整】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【キャンター調整】

この日は調整程度の内容でした。1月2日【52.1-37.8-24.2-12.1】の時計を坂路でマーク。順調に調整されているようにも思います。

ただし、順調に来ているとは行っても、加速ラップがどうしても刻めていないのが気になるポイントで、その点では今回の2日の追い切りは12.1-12.1で時計を落とさなかったのは前向きに見れるかもしれません。

追い切り自体で言えば、3走前のポートアイSの時の状態が恐らくいい時だと思いますので、その時に比べれると中間の時計等を見ても、もう1つ上がってきていないのかなと見ることができます。

ブラックムーン【B】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【54.2-39.8-25.5-12.7】

2頭併せ末強め併入。僚馬が一杯に追われている中で最後に気合を入れられ併入に持ち込みました。その点はプラス評価。

加速ラップを刻めていますので、状態に関しては前走を維持していると思います。良い意味でプラス評価と見るべきでしょう。

ペイシャフェリス【B】

1月3日(火)美浦 坂路(良)
【55.4-39.6-25.2-12.6】

単走馬なり。可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。前走に比べても良くなっているという印象は受けません。前走程度には走れると思いますが、それまでではないでしょうか。

調教オススメ馬

今回は上昇を見せた馬はいませんでしたが、フィエロの追い切りは好感の持てるものでした。

ダンツプリウスが上昇している評価をしていました。見落としており、訂正いたします。

間隔が短いのも、状態が良い証拠で、追い切りも3日に速い時計を出していますので仕上がりに関しても問題無さそうです。

エアスピネルは評価を下げましたが、それでもこのメンバーならという楽しみはありますね。

この辺りが今回の映像配信で面白いと感じたところです。

予想はこの後、傾向などを踏まえてお伝えしたいと思います。

単刀直入に言って、うまコラボは"こんな人"にお薦めです。

「本当は6頭まで絞って馬券を買いたいんだけど、絞り切れない。」
「実は縦目を喰らうことが多い。」

パドック横の発売機近くで、時計を気にしながら新聞と睨めっこ。本当は目ぼしい馬を決めていたのに、パドックで馬を見てしまったらどの馬も走るような気がしちゃう...。

「もっと楽に走る馬が判ればいいのに...。」

そんなことを願っている自分がいました。
あなたはそんな経験をしたことはありませんか?

もしも、そんなことを少しでも思ったことがある方なら、きっとお気に入り間違いなしの指数提供サイト『うまコラボ』を使ってみて下さい。

うまコラボを使う利点は、少なくとも以下の事が言えます。

  1. 走る馬を指数で提示してくれる。
    だから、迷ったら数値上位の馬を選択することができる。
  2. 有力馬の中で、どうしても切る材料が見当たらない時にチェックしてみる。
    実は指数では全く高評価されていなかった。
  3. 前評判は悪いけど、どうしても気になる1頭がいる。
    馬の数値をチェックして胸を張って買うことができる。

指数って本当に当たるの?という疑問を持つ方もいらっしゃると思います。私も最初はそう思ってました。

あくまで指数ですから、レース展開やそもそもスタートが上手に切れるかどうかは考慮してくれていません。その為、いざレースが始まると指数上位馬でも簡単に敗れてしまうことは十分にあります。

しかし、うまコラボは、過去の成績をしっかりと提示してくれています。そして、うまコラボは、指数上位6頭は来る確率が非常に高いのがミソです。

直近の結果だけですみませんが、だけど、これだけの実績があります。
6頭BOXという限定ではありますが、3連単の的中率が最高で47.2%というのは本当に高い数字です。ほぼ2レースに1レースは的中している結果ですから、驚異的とも言える成績です。

個人的には、指数サイトを使うことで一番のメリットは、時短ができるという点です。

サイトに行けば指数で走る馬を提示しているわけですから、どっちの馬を切ろうかなと悩んで悩んで時間が無くなってきたとき、思い切って指数を参考に切る馬を決めたりしています。

上記6頭のBOXは、私はさすがに買えないのでもう少し絞りますが、迷った時に頼りになるというのは最大のメリットではないかと思います。

使い方は簡単で、こちらの登録ページからメールアドレスの登録が必要です。

上記の登録箇所がありますので、メールアドレスを登録。仮登録メールが送られてきますので、記載のURLをクリックすると本登録完了です。

無料登録だけだと、第1R~第6Rまでのレースが無料で指数公開中です。

え、後半のレースは観ることができないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは無料で午前中のレースだけお試しください。

お気に召しましたら、月額1,980円で全レースの数値を見ることができます。だけど、この金額で全レース提供というボリュームは凄いです。

まずは無料登録から。だけど、あなたも不思議と有料登録したくなると思いますよ。

うまコラボオフィシャルサイトはこちらから

-追い切り情報
-