フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

京都大賞典 2017 最終追い切り評価|シュヴァルグランは立て直されてきた

2017/10/6/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、10月9日に実施される京都大賞典の最終追い切り考察を行っています。
前走時の最終のタイムと映像から、今回の追い切りで上昇気配を示しているのか、それとも下降気配なのかを見ていきたいと思います。

注目はシュヴァルグラン・スマートレイアーなど、G1でも活躍しているメンバーです。
ここから天皇賞秋やジャパンCを目標に仕上げられていきますので、注目すべきは、ここを目標に仕上げてきたメンバーです。
G1を勝つのは難しい馬でも、有力馬が8割程の仕上げで挑む前哨戦ではチャンスがあります。
その辺りに着目すると、穴馬もフォローできるかもしれません。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アクションスター【C】

10月5日(木)栗東 坂路(良)
【53.6-39.5-26.7-13.6】

2頭併せ一杯4馬身程遅れ。
今回の追い切りを見る限りでは、いいところがなかったです。

前回出走時の映像はありませんが、タイム比較では今回の方がラップの刻み方は悪いです。

また、中間の動きをみると、2400Mという距離も疑問が残るものでした。
デキ落ちでは。

カレンミロティック【B】※

10月5日(木)栗東 坂路(良)
【53.6-38.6-25.9-13.3】

2頭併せ一杯半馬身程遅れ。
1週前には加速ラップを刻みましたが、最終リハで減速ラップとなってしまいました。

仕上がり的にはオールカマーの時と同じくらいではないかと思います。
ただ、一杯に追われて徐々に遅れているのを見る限りでは、やや厳しい印象も受けます。
9歳馬ですので、ここで使われてからということも強く言えませんが、ここを使って次でどのくらい動けるかでしょう。

※評価は1年前のオールカマーと比較して

サウンズオブアース【A-B】

10月5日(木)栗東 CW(良)
【7F97.3-80.6-65.8-51.8-38.6-1F12.3】

2頭併せ内馬なり半馬身程先着。
前走は札幌記念への出走のため、函館Wで最終リハを敢行。
その時に比べれば、今回の方がデキは良さそうです。

有馬記念からのデキで【C】評価を付けた前走札幌記念。
状態的には前走プラスα程度とも見受けられ、もう少し上昇度が欲しかったです。
それでも、気持ちよく走れているので、気持ちが切れたようには見えません。
他にいないのであれば、中心に据えて考えても良い1頭でしょう。

シュヴァルグラン【A】

10月5日(木)栗東 坂路(良)
【53.5-39.0-25.5-12.7】

2頭併せ強め1馬身程先着。
2頭の間に、3頭分ほど間が空いたので、単走みたいな動きになりました。

宝塚記念では【C】評価を付けました。
時計も全く刻めていない中でしたので、仕上げを間違えた形に映りました。

その時に比べると、今回の方が時計が出ているので状態としては良さそうです。
秋へ向けてまだ途上ではあるものの、上手く立て直されてきていると判断していいでしょう。

スマートレイアー【B】

10月5日(木)栗東 坂路(良)
【52.7-38.3-25.0-12.6】

2頭併せ強め2馬身程先着。
踏み込みに力強さを感じられるので、デキ落ちということはないと思います。
ただ、7歳馬ですので、これ以上を望むのは厳しいかもしれません。

デキ自体は決して悪くないのですが、今一つ良い時の雰囲気は感じません。

ただ、前走程度の走りは初戦から動けそうです。
メンバーがいないのあれば、狙ってもいいかもしれません。

トーセンバジル【B】

10月5日(木)栗東 CW(良)
【6F85.7-68.7-53.5-38.5-1F11.7】

2頭併せ外強め2馬身程先着。
状態的には悪いところは見受けられませんでした。

前走の新潟記念では途上感は否めないと書いていますが、今回も仕上がり自体はそこまで変化があったようには思いません。
デキは平行線できていると思います。

ハッピーモーメント【B】

10月5日(木)栗東 CW(良)
【6F87.4-69.8-53.5-39.3-1F12.3】

2頭併せ外強め半馬身程先着。
前走の新潟記念では追い切り動画が配信されていませんでしたので、一概にどうなのかは分かりません。
時計比較となりますが、可もなく不可もなくの範囲ではないでしょうか。

バロンドゥフォール【B】

10月5日(木)美浦 南W(良)
【5F72.2-55.7-41.4-1F13.1】

2頭併せ内強めクビ差程先着。
近走の映像がさっぱりありませんので、時計比較となりますが、こちらも前走程度の仕上がりではないでしょうか。
近走札幌のレースを使われているので、単純に比較することもできませんが、この馬の範囲と言えるでしょう。

ヒットザターゲット【B】

10月5日(木)栗東 坂路(良)
【55.3-39.6-25.6-12.9】

単走一杯。
良い時の勢いが全くないというのは、ここ最近の考察でも書いている通りで、今回もヒットザターゲットの良い時の雰囲気は感じられません。
9歳馬ですので、これ以上を望むのは酷なことかもしれません。

フェイムゲーム【B-C】

10月5日(木)美浦 南W(良)
【4F56.3-40.1-1F12.7】

3頭併せ中馬なり1頭クビ差先着、1頭半馬身程先着。
前走時は遅れて目黒記念を制していますので、着差はあまり気にしなくていいでしょう。

先着はしていますが、今回は首の位置が高い点とややメリハリが足りない印象でした。
もう少し時計もしっかりと出してくれると勝負度合いが高そうに感じます。
休みを挟んで、仕上がりは途上と言えるでしょう。

マキシマムドパリ【B】

10月5日(木)栗東 坂路(良)
【54.8-39.1-25.6-12.4】

単走馬なり。
3頭併せのすぐ隣を走ったので、実質的には4頭併せのような形となりました。

2走前のマーメイドSの時は、上昇気配を示す動きを見せていましたので高評価。
前走は変わらずに来ていると思いましたので、据え置きで評価していましたが7着でした。

今回は上昇度を示す材料はなかったものの、仕上がりとしては悪くないと思います。
前走は坂路ではなく、函館Wで仕上げられている違いがありますが、デキは悪くないのではないでしょうか。

ミッキーロケット【B-C】

10月5日(木)栗東 坂路(良)
【50.9-37.6-24.9-12.8】

2頭併せ馬なり3馬身程先着。
時計自体は前走の宝塚記念の時と変わりない時計を刻んでいます。

ただ、今回に関してはラップ時計で12秒を切るタイミングがありませんでした。
その点では仕上がりは途上であるような印象も受けます。
調子が良い時は、11秒台を刻むラップがあるので、それが全く無かった点はデキ落ちと考えていいのではないでしょうか。
それでも、時計が悪いということではありませんので、気にしすぎないことも必要かもしれません。

レコンダイト【C】

10月5日(木)栗東 坂路(良)
【52.6-38.6-25.6-13.0】

2頭併せ強め併入。
僚馬が馬なりで併入ですので、映像は地味に映ります。

時計を比較しても、前走の方がラップの刻み方は安定しているので、その点、今回はややデキ落ち感は否めません。
ここからもう一度仕上げられて、次が狙い目であるような印象は受けます。

京都大賞典の追い切りまとめ

以上、13頭の追い切りをチェックしていきました。

今回の追い切りで、上昇気配を示していたのは【A】評価のシュヴァルグランと、【A-B】評価のサウンズオブアースの2頭のみとなりました。
ただ、どちらも、前走時は【C】評価を付けた2頭ですので、落としていた調子を立て直されてきた程度で見ておく必要はあるでしょう。

今回の追い切りを見た限りでは、予想外の穴馬が走るということはない印象です。
【B】評価の中では、スマートレイアートーセンバジルの2頭。
そして、【B-C】評価ではあるものの、ミッキーロケット辺りまでフォローすれば良さそうな1戦という印象です。


  • シュヴァルグラン
  • サウンズオブアース
  • スマートレイアー
  • トーセンバジル
  • ミッキーロケット

個人的にはマキシマムドパリやレコンダイト辺りに頑張ってほしい1戦だと思っていましたが、追い切りを見る限りでは両馬共にここではない印象は受けます。
前哨戦の楽しみ方の1つに、有力馬の仕上がりが甘く、ここを狙いに来た格下馬の逆転が楽しみなんですが、このレースは比較的堅く決まりそうです。

単刀直入に言って、うまコラボは"こんな人"にお薦めです。

「本当は6頭まで絞って馬券を買いたいんだけど、絞り切れない。」
「縦目を喰らい悔しくて悶絶してしまうことがある。」

パドック横の発売機近くで、時計を気にしながら新聞と睨めっこ。本当は目ぼしい馬を決めていたのに、パドックで馬を見てしまったらどの馬も走るような気がしちゃう...。

「もっと楽に走る馬が判ればいいのに...。」

そんなことを願っている自分がいました。
あなたはそんな経験をしたことはありませんか?

もしも、そんなことを少しでも思ったことがある方なら、きっとお気に入り間違いなしの指数提供サイト『うまコラボ』を使ってみて下さい。

うまコラボを使う利点は、少なくとも以下の事が言えます。

  1. 走る馬を指数で提示してくれる。
    だから、迷ったら数値上位の馬を選択することができる。
  2. 有力馬の中で、どうしても切る材料が見当たらない時にチェックしてみる。
    実は指数では全く高評価されていなかったので切ることができた。
  3. 前評判は悪いけど、どうしても気になる1頭がいる。
    馬の数値をチェックして胸を張って買うことができる。
  4. ガチガチの予感がするけど、覗いてみよう。
    指数上位の馬がそのまま人気になっているから見に徹することができる。

指数って本当に当たるの?という疑問を持つ方もいらっしゃると思います。私も最初はそう思ってました。

あくまで指数ですから、レース展開や状態の良し悪し、馬体重の増減など、当日にしかわからない部分は考慮してくれていません。その為、いざレースが始まると指数上位馬でも簡単に敗れてしまうことは十分にあります。

しかし、うまコラボは、過去の成績をしっかりと提示してくれています。そして、うまコラボは、指数上位6頭は来る確率が非常に高いのがミソです。

直近の結果だけですみませんが、だけど、これだけの実績があります。
6頭BOXという限定ではありますが、3連単の的中率が最高で63.9%というのは本当に高い数字です。その日に関しては、2レースに1レースは的中している結果ですから、驚異的な成績です。

これだけの実績を残しておきながら、それでも使わないというのはいかがなものでしょうか。相当ご自分の馬券力に自信がある方以外、使ってみるのも一考ではないかと申し上げます。

個人的には、指数サイトを使うことで一番のメリットは、時短ができるという点です。

サイトに行けば指数で走る馬を提示しているわけですから、どっちの馬を切ろうかなと悩んで悩んで時間が無くなってきたとき、思い切って指数を参考に切る馬を決めたりしています。

上記6頭のBOXは、私はさすがに買えないのでもう少し絞りますが、迷った時に頼りになるというのは最大のメリットではないかと思います。

使い方は簡単で、こちらの登録ページからメールアドレスの登録が必要です。

上記の登録箇所がありますので、メールアドレスを登録。仮登録メールが送られてきますので、記載のURLをクリックすると本登録完了です。

無料登録だけだと、第1R~第6Rまでのレースが無料で指数公開中です。

え、後半のレースは観ることができないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは無料で午前中のレースだけお試しください。

お気に召しましたら、月額1,980円で全レースの数値を見ることができます。だけど、この金額で全レース提供というボリュームは凄いです。

まずは無料登録から。だけど、あなたも不思議と有料登録したくなると思いますよ。オススメです!

【うまコラボ公式】
無料の会員登録をされる方は
今すぐにコチラをクリック!

-追い切り情報
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。