フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

【神戸新聞杯2016出走予定馬】想定騎手と推定オッズ|ダイヤモンド秋初戦!

2016/9/19/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

菊花賞へと続く神戸新聞杯。これまでも多くの名馬がこのレースを制し、菊花賞へ駒を進めています。

今年は、日本ダービーで2着のサトノダイヤモンドがこのレースで秋の初戦を迎えます。セントライト記念ではディープインパクト産駒が大活躍。このレースでも、やはりディープインパクト産駒に注目しなければなりませんね。

それでは登録馬17頭を見ていきたいと思います。

出走予定馬

第64回 神戸新聞杯(G2) 第1回特別登録17頭

サラ系3歳 (国際)牡・牝(指定)オープン 馬齢 2400m 芝・右 外

左から馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ(月曜15時頃掲載)

  • アグネスフォルテ 56.0 松山 155.5
  • アドマイヤエイカン 56.0 -- 71.5
  • イモータル 56.0 浜中 29.0
  • エアスピネル 56.0 武豊 3.3
  • カフジプリンス 56.0 岩田 40.9
  • サトノダイヤモンド 56.0 Cルメール 1.6
  • ジョルジュサンク 56.0 -- 36.7
  • トゥルーハート 56.0 秋山 374.8
  • ナムラシングン 56.0 池添 8.9
  • ヒルノマゼラン 56.0 古川 307.4
  • マイネルラフレシア 56.0 松若 117.3
  • ミッキーロケット 56.0 和田 14.5
  • メゾンリー 56.0 -- 334.1
  • レッドエルディスト 56.0 四位 10.1
  • ロードヴァンドール 56.0 太宰 189.7
  • ロードランウェイ 56.0 川須 529.9
  • ワンスインアライフ 56.0 北村友 183.0

有力馬は2頭

サトノダイヤモンド

【前走】日本ダービー2着【父】ディープインパクト【母父】Orpen

皐月賞では1番人気に支持されたものの、星の如く現れたディーマジェスティーとBIG3の一角マカヒキの末脚の前に敗れた。

日本ダービーではマカヒキと同じ位置取りで徹底的にマークし、マークされるような形となるも、マカヒキの前に敗れた格好。

G1の舞台では善戦止まりで、あと一歩のところで敗れている。

皐月賞と日本ダービーでマカヒキに2度も敗れたことで、勝負付けが済んだとも言える。もちろん、日本ダービーの着差を考えれば逆転も可能だが、2度も敗れたことで勝負付けが済んだ印象は強い。

ただ、マカヒキが凱旋門賞で不在の為、国内では秋競馬では出てこない。日本ダービーの力を出すことができれば、ここでは1強の様相。

関東の菊花賞トライアル「セントライト記念」では、ディーマジェスティが着差以上の強い競馬で制したことで、関西のトライアルはサトノダイヤモンドの強さに期待がかかる。無様なレースはできないはず。

エアスピネル

【前走】日本ダービー4着【父】キングカメハメハ【母父】サンデーサイレンス

春のクラシックでは皐月賞4着、日本ダービー4着と好走止まり。ただ、日本ダービー3着馬のディーマジェスティとは2馬身の開きがあった。

皐月賞では不利があったとはいえ、半馬身も3着馬のサトノダイヤモンドと開いているが、着差以上に上位3頭との開きがあるのは誰の目で見ても分かる。

ただ、早熟傾向があり成長力に疑問が残るディープインパクト産駒に対し、こちらは普通型の成長曲線を描く馬が多いキングカメハメハ産駒。

ただ、1週前追い切りでは、栗東CWで3頭併せから1馬身弱遅れる動き。それでも時計は6F81.1-1F12.6と、最終追い切りでどこまで仕上げてくるか前向きに見れる時計。

最終追い切りの動きを見てから、判断を決めたい。

注目馬はあの馬の同じ厩舎のあの馬

レッドエルディスト

【前走】日本ダービー9着【父】ゼンノロブロイ【母父】Darshaan

この春は青葉賞2着から日本ダービーへと進んだ。そのダービーでのレース内容は悪くは無かったものの、明らかに地力で上位陣に敗れた格好となった。

しかし、1週前の追い切りでは、エアスピネルとの3頭併せ。1馬身弱先着したのはレッドエルディストだった。

エアスピネルに跨ったのは武豊騎手。相手が動きすぎたとのコメントを残しているものの、この1週前の時点で0.2秒前に出ていた。

青葉賞では33.9秒、日本ダービーでは33.7秒の上り脚で駆け抜けており、末脚に期待がかかる1頭。

スタートが上手ではないものの、キレ勝負に持ち込めれば上位進出は十分に可能で、春の勢力図を塗り替える1頭にもなれるのではないかと見ています。

このレースの注目したい1頭です。

G1で穴馬をバシバシ的中できる方法があった

今週の穴馬ターゲットレースは、もちろん東京優駿(日本ダービー)!

【最近の重賞優勝馬】
桜花賞:レーヌミノル(8番人気)
ニュージーランドT:ジョーストリクトリ(12番人気)
皐月賞:アルアイン(9番人気)
フローラS:モズカッチャン(12番人気)
ヴィクトリM:アドマイヤリード(6番人気)

みなさんに一つ確認したい事がございます。
何でこんな馬が来るんだ?って思う事ありませんか?
3連単が100万馬券となった先日の皐月賞、9番人気のアルアインが優勝するなんて想像できなかったでし、ファンディーナが7着に終わるなんても思いもしなかったですよね。
先週のヴィクトリMだって、ダントツ人気のミッキークイーンがまさかの7着ですよ。

誰もが予想もしなかったことが平気で起きています。

今週の注目レースは「東京優駿(G1)」
過去、東京優駿の穴馬と言えば、
2014年:マイネルフロスト(12番人気3着)
2013年:アポロソニック(8番人気3着)
2012年:トーセンホマレボシ(7番人気3着)
2011年:ウインバリアシオン(10番人気2着)
など。

ただ、これらの馬にしても他に大穴を開ける馬にしても、穴馬を本命にする側から言えば「何でこんなにオッズが付くの?」と思っているはずです。
そういう人ってやっぱり情報源が違うんですよね。
普通の人って東スポなどのスポーツ新聞とかを使って予想するじゃないですか。
穴馬を当てる人って違うんです。
独自の情報源を持っているんです。

だから人気のない馬を躊躇なく買えるんです。

そんな、穴馬をバシバシ当てまくっているサイトが「PREMIUM」というサイトです。

先週で言うと
21日
東京1R ガチコ(8番人気1着)1997,000円的中
20日
新潟8R モンストルコント(8番人気1着)2,111,150円的中

などを拾っています。

しかも買い目が20点前後で。
20点前後って、例えば1着を固定した場合、2着3着を5頭ずつしか買えないんです。
1着を固定する事自体にかなりリスクがあるのに、12番人気や13番人気を1着指定に持ってくるのは難しいと思うんですよ。

それをやってのけるんですから強力な独自情報源がある事は間違いありません。

「なんでこんな馬が来るんだ?」は今日で卒業して
「なんでこの馬が人気ないんだ?」に変えていきませんか?

土日それぞれ1レースずつ、渾身の無料予想が公開されているので穴馬が的中する感覚を味わってみて下さい!
東京優駿(日本ダービー)の穴馬ももちろん公開予定ですよ!

お申し込みはこちら

-出走予定馬
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。

adad
adad