フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

小倉記念 2017 最終追い切り評価|人気薄のところではケイティープライドが○

2017/8/5/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、8月6日に実施される小倉記念の最終追い切りの評価を行っています。
多段階評価を用いて、前走からの調子の良し悪しや映像を観て感じたことなどについて記載しています。

今年2月に行われた小倉大賞典にて5着と健闘したストロングタイタンや宝塚記念から直行組のスピリッツミノルなど、注目馬が多数出走してきているレースです。
上位組は拮抗している中で、馬の選択がとても重要な1戦。
人気馬同士の馬券でも高配当を狙えそうな1戦となりそうです。

的中に結びつけるように、追い切りでさらに調子の良さそうな馬を見つけていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

ヴォージュ【B】

8月2日(水)栗東 坂路(良)
【53.4-38.5-25.1-12.8】

2頭併せ強め1馬身遅れ。
実践さながらに追われていますが、僚馬にどんどん差を付けられる内容で、見た目がどうしても地味に見えてしまいます。

先週の追い切りでは、加速ラップで終えていて、その点はいつものこの馬の動きとはちょっと違う印象は受けます。
ただ、逆に言えば、いつも減速ラップを刻む中で、加速ラップを刻んだのは、この1年ではなかなかないデータでもあるので、その点では悩むべきポイントです。

状態は変わりなく来ているのではないでしょうか。

カフジプリンス【B】

8月2日(水)栗東 坂路(良)
【54.1-39.1-25.1-12.5】

2頭併せ強め半馬身程先着。
僚馬にやや待ってもらう場面もありましたが、終わってみれば僚馬を突き放す好内容と言えるものでした。

前回と比べても、特に差があるようには思いません。
全体時計は若干ながら今回の方が良いのですが、時計を縮めたというよりも馬場差などを考慮すると、そこまで変化があったようには見えないのは見えないです。

クランモンタナ【B】

8月2日(水)栗東 坂路(良)
【52.0-38.0-25.1-12.7】

2頭併せ一杯併入。
鞭が入っていないので強め表記にしようかと思ったんですが、あまりに追われているので一杯と表記しています。

最初のラップだけ14秒ですが、残り3ハロンは、12.9-12.4-12.7秒を刻む内容でした。
減速ラップとはなりましたが、しっかりと負荷は掛けられた内容で好感は持てます。

ただ、51秒を出すことも多い1頭で、52秒という今回の時計が特段良かったというわけではないです。
今年は障害にチャレンジするなど、8歳にして新たな挑戦もありますが、追い切りを見る限りでは特段変化した部分は見当たらないです。

ケイティープライド【B】

8月2日(水)栗東 CW(良)
【6F83.3-67.4-52.0-38.5-1F12.0】

単走馬なり。
軽い運動程度の内容に見えるのですが、最後は12秒も出ていて、好感度の高い走りを見せてくれました。
前走の函館記念時は【A-B】評価で、5着という結果でした。

函館記念では、函館Wで調整されてきて好走をみせました。
これまで坂路中心に作られていた1頭ですが、その結果からか、今回は坂路ではキャンター程度で、Wを中心に作られています。

最終追い切りは軽めに行うのは変わりないですが、中身に変化を持たせているのはプラス材料だと思います。
現状では特に悪い点は見当たりませんでしたが、今回の動きの良さは注目しておくべき1頭ではないかと思います。
今回も雰囲気は上々です。

サンマルティン【B(-C)】

8月2日(水)小倉 ダート(良)
【5F68.8-53.1-38.7-1F12.2】

単走馬なり。
力強く走れているのは好感が持てる部分ではありますが、若干ですが、首の位置が高いのが気になりました。
もう少し首を上手に使えると状態が上がってきそうな雰囲気は感じます。

ここまで、出走に間隔を空けていますが、今回はそれが前向きには出ていないような印象は受けます。
もっとも、この馬の追い切り映像を観たのが初めてで、尚且つ小倉ダートの情報もないなかで、前走との比較が難しい1頭。
その点では、現状では評価し辛い部分もあるにはあります。

時計的には特に悪いとは思いませんので、調子自体は悪いということはないでしょう。
首の上下運動が少し可動域が狭いのが気になりましたが、良くて前走程度、悪くて輸送からのデキ落ちは感じる部分です。

ストロングタイタン【B】

8月2日(水)栗東 坂路(良)
【53.6-38.4-24.5-11.9】

単走馬なり。
馬なりで最後11.9秒は立派ですが、11.9秒を2ハロン続けて出すこともある1頭ですので、この馬にしてみれば普通の内容とも言えます。

可もなく不可もなく、いつも通りの内容ではあるのは間違いないです。
重賞では一歩足りない印象は受けますが、今回のメンバーは有力視されている馬でもさほど重賞で成績を残した馬ではないですので、今回はチャンスはあるのではないかと思います。

スピリッツミノル【B】

8月2日(水)栗東 CW(良)
【6F83.5-67.3-52.8-39.2-1F12.0】

単走末強め。
いつも追い切りは動く1頭で、今回も動きはパワフルで可動域もしなやかで順調に来ていると思います。
逆に言えば、追い切りとレース本番とであまりリンクしてこないという見方もできるだけに、要注意な印象は受けます。

ただ、今回は一息入れたあとの1戦ということもあり、いつもは併せ調教を施してくるのですが、今回は単走追い。
ここは試走程度の仕上げと見ていいのではないでしょうか。
時計自体は出ているので、仕上がりとしてはある程度のところでは仕上がっていると思いますが、併せてくる馬が併せていないというのは要注意ポイントとしてみるべきポイントです。

ただ、スピリッツミノルの宝塚記念は1.2秒差の7着でした。
評価は、鳴尾記念の【A-B】を引き継いで【B】評価としていたんですが、こうして振り返ってみると、宝塚記念の時はやや時計が物足りなかったという見方もできます。
その点では、今回は鳴尾記念の時と同じく時計が出ている内容ですので、その点では仕上がりが甘すぎるということはないでしょう。

タツゴウゲキ【B】

8月2日(水)栗東 CW(良)
【4F52.5-38.4-1F11.8】

単走馬なり。
あまりスピード感はありませんでしたが、時計はしっかりと出ていて好感は持てます。

七夕賞の時の映像と比べても、殆ど内容に違いは感じません。
一緒の映像を間違って使っているのではないかと思う程です。

仕上がりは前走程度とみるべきでしょう。

バンドワゴン【B】

8月2日(水)栗東 坂路(良)
【52.8-38.3-24.9-11.9】

単走強め。
馬なりの範疇にも見えますが、強め表記としています。
加速ラップを刻む内容で、全体的には良かったのかなという内容でした。

ただし、リズムが途中悪くなる場面もあり、その点では少々物足りなさを感じます。
前走程度の仕上がり具合と見ていいのではないでしょうか。

あまり人気するようであれば、疑ってみるのも一つの手かもしれません。

フェイマスエンド【B】

8月2日(水)栗東 坂路(良)
【53.9-39.2-25.1-12.2】

単走馬なり。
特に可もなく不可もなくという内容だったと思います。
馬場が荒れている時間帯でもしっかりと伸びているのは好感が持てます。

ただ、いつも通りの動きという感じでもありますので、その点では物足りなさも感じます。

フェルメッツァ【B】

8月2日(水)栗東 坂路(良)
【54.4-39.6-25.6-12.5】

単走強め。
前に馬なりの馬がいて、実質的には追走して追い越していくような内容となりました。
その馬がいたため、進路をやや左寄りに変更したりと、真っ直ぐに走ることができなかったものの、時計はそこまで悪いということはないでしょう。

特に変わりないと言えば変わりない状況ではないかと思います。
中間の動きもさほど差があるわけではないですし、前走と仕上がりは変わらずといったところでしょう。

ベルーフ【B】

8月2日(水)栗東 CW(良)
【4F52.6-38.4-1F12.0】

3頭併せ内強め1頭クビ差遅れ、1頭2馬身程先着。
時計自体は出ているものの、この馬の豪快さというものが見えてこないのが気になるポイントです。
追い切りでは走るタイプの1頭ですが、ハナからクビ差程遅れているのが気になるところです。

現状では、前走と殆ど変わりないと思いますが、デキが上昇した気配はないですね。
キープからデキ落ち程度で見ておくべき1頭でしょう。

まとめ

以上、12頭の追い切りをチェックしていきました。

現状では、タイトルにも記載している通り、ケイティープライドの動きは引き続き面白そうです。
ただし、前走時はそれでも5着という結果でした。
洋芝適正が高く、野芝開催となる小倉でどのような走りになるのかは注意が必要かもしれません。

ただ、今回も52kgは魅力です。

その他では、ストロングタイタンをお薦めしたいと思います。
もう1頭お薦めするのであれば、スピリッツミノル

今回は、上昇気配を見せた馬がいない中で、やはりローカル開催というだけに、そこまで勝負度合いが高い陣営が少ないのがポイントとなりそう。
地力勝負となれば、実績を残しているメンバーにもチャンスは十分にありそうです。

仕事の疲れが出てしまったのか、今朝から体調不良で、昼過ぎてようやく薬が効いてきたのかだいぶ楽になりました。
午前中には更新を完了する予定としていましたが、そうできずスミマセンでした。

プロが予想している競馬サイトを使えば
勝てる可能性は大!!

星の数ほどある競馬サイトですが、「プロが予想しているところ」と「素人が予想しているところ」があるって知ってました?
「なんだそれ、競馬サイトなのにプロも素人もあるのか」と思われるかもしれませんが、実はここだけの話、ドーシロの初心者がそれっぽい理由を書いて、配信しているところも存在します。

僕は以前、そういったしょうもないサイトを使って散財をしてしまいました。

しかし、今回ご紹介させていただく『PREMIUM』は、使って1年になりますが、ここはプロが予想しています。

そう思える理由。それは勿論、ちゃんと的中しているから。

【ダート好きの僕には気持ち良すぎた予想】
ーーーーーーーーーーー
10月7日(土)東京6R
◎13スプリットステップ

買い目 3連単フォーメーション
1着:13.15
2着:2.9.10.13.15
3着:2.9.10.13.15
<計24点>
推奨:1点500円
ーーーーーーーーーーー

【結果】
13-09-02
【配当結果】
3連単24点 351,400円勝ち
買い目、点数、購入金額、すべてがベスト!

僕の当初の予想では、09ヤマイチジャスティも02ペルルクロシュも買い目に入れていなかったので、この的中はすごかった!

【配当結果】
ーーーーーーーーーーー
13-9-2決着
購入金額:12,000円
払戻合計:363,400円
ーーーーーーーーーーー

塵も積もれば山となる。
35万円は塵みたいな金額ではないのですが、純粋に嬉しいです。金銭感覚が麻痺していくのが分かります。

誰もが獲れるわけではないですが、そのチャンスは誰にでもある。
この予想サイト『PREMIUM』を使うと、それがグッと近づきます。

そんなPREMIUMですが、これだけはおススメしたい無料情報があります。
それが「ナマの声」つまり、トレセン現場の声です。

ーーーーーーーーーーー
【秋華賞時の公開内容】
■リスグラシュー
ーーーーーーーーーーー

僕は秋華賞3連単当てました。
ですが、最初はモズカッチャンとディアドラで馬券を組んでました。
デムーロ騎手とルメール騎手は信用していたんですが、武騎手が最近不調なのでリスグラシューは思い切って馬券外としてました。
でも、PREMIUMがリスグラシューを推していたので、最終的に馬券に入れて正解でした!

こういう使い方もできるということです。
切ろうと思っていたけれど、なぜ強く推すのか...それだけの自信があるからです。

他にも無料情報や有力情報はたくさんありますが、ナマの声は一押しの情報です。
チェックしてみてください。

そして、あなたの買い目に入れてみてはいかがですか?
登録は無料。誰でも簡単な登録を済ませるだけでご覧にいただけます。

【無料】今すぐ登録する方はコチラから

-追い切り情報
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。