フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

函館スプリントステークス 2017 予想|シュウジ元気に62.2秒の動きを披露

2017/6/16/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、函館スプリントステークスの最終追い切りの評価を行っています。
各馬の考察、最後に現時点でお薦めしたい1頭について記載していますのでご覧ください。

北海道開催となり、これまで蓄積していた追い切りのデータが特に使えなくなります。
昨年までに北海道で走っている馬については、昨年の走りと見比べることができますが、特に初めて北海道のレースを使われる馬については、特に函館Wなどを選択した際のこれまでの時計がないため、なんとも言い切れない考察が続くと思います。

私自身が気にする基準時計も、今年がどの程度まで使えるのか非常に読みづらいです。
というのも、函館Wなどは、あまり使われることがなく来ているので、今年の馬場の傾向がどの程度のものなのかがわからないからです。

現状では、今週の追い切りタイムなどを基準に、来週以降の予想に繋げていきたいと思っています。
そのため、今週は特に精度が悪いかもしれません。
ここ最近の予想の当たらなさを考えると、なんとも言えませんが...(-_-;)

それでは早速行っていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

イッテツ【B】

6月15日(木)函館 W(良)
【5F70.4-55.3-40.8-1F12.4】

2頭併せ内強めクビ差遅れ。
強めに追われて最後はジリジリと離されていく内容でした。
もう少し食い下がって欲しかったというのは、パッと見た感想です。

この馬の映像を初めて観たので、なんとも言えない部分はありますが、時計判断では、それでも走ったと言えるのではないでしょうか。
ただ、上積みがある動きとまでは言い切れない部分はありました。

エイシンブルズアイ【B】

6月15日(木)函館 W(良)
【5F67.2-52.0-38.2-1F12.0】

単層強め。
しっかりと動けているので、特に問題らしい問題は見当たりません。
現状では、上積みまでも感じませんが、これまでの走りには期待がもてるように思います。

この2走はダートを使われていますので、その点ではどうかなと思いますが、それでもここまでは順調に来ているのではないでしょうか。

エポワス【B】

6月14日(水)函館 芝(良)
【5F67.0-50.6-36.9-1F12.2】

3頭併せ内馬なり1頭クビ差遅れ、1頭併入。
僚馬2頭の方を見ながらの走りで、集中力に難がありそう。

昨年のキーンランドCの時の追い切り映像を見比べても、特に動きが変わったようには思いません。
9歳馬ながら、ここまで順調に来ているのではないでしょうか。

キングハート【B】

6月15日(木)函館 W(良)
【5F66.9-52.2-38.7-1F13.0】

単走馬なり。
特に何かが悪いようには感じませんが、ここまで順調に勝ち星を挙げている好調さは伝わってくる走りでした。

やや頭が高いように感じましたが、この馬の動きはいつもこの程度だと思いますので、特に気にしなくていいのではないでしょうか。

クリスマス【B】

6月15日(木)函館 芝(良)
【4F49.0-35.3-1F11.4】

単走馬なり。
短距離馬らしい時計の刻み方です。
洋芝適正の高さも考慮できる時計で、輸送の疲れなどは感じない動きをしています。

前走と見比べても、特に何かが変わったようには感じませんが、洋芝を使っている方がややメリハリがある動きをしているようにも思います。
稽古で比較的走る馬ですので、この時計だから上昇したとも言いづらい部分はありますが、現状では動き自体は良かったです。

シュウジ【A-B】

6月14日(水)函館 芝(良)
【5F62.2-47.2-34.8-1F11.5】

3頭併せ外強め3馬身程先着。
ゴール後も追われる内容でしたので、上記以上の距離は走っています。
殆ど実践的な距離を走っていると言える内容でした。

こちらも前走と比べて、何かが変化したようには思いませんが、洋芝適正の高い動きを見せてくれて、その点では前向きな評価をしたいと思います。
前走は、リズムが悪いところを見せていましたが、今回はこれといって悪い動きとまでは言い切れないものでした。
現状では、北海道に来てからの方が状態が上がっているのではないでしょうか。

ジューヌエコール【A-B】

6月14日(水)函館 芝(良)
【5F67.6-50.1-36.5-1F11.8】

2頭併せ外馬なりクビ差程先着。
終始馬なりでこの時計を出せているのはプラス材料ではなかと思います。

桜花賞の最終追い切りと比べて、一息入れたことで余計な力みは無くなったように思います。
前走はやや掛かり気味での追い切りで、2馬身程度遅れていましたが、それが解消されているだけでも今回の方がいいでしょう。

ただ、距離短縮がプラスに働くかどうかはやや未知数です。
追い切りだけでの評価をしますので、今回は【A-B】評価としますが、距離への不安は予想で考慮しても良さそうです。

セイウンコウセイ【B-C】

6月14日(水)函館 W(良)
【5F66.3-51.4-38.0-1F12.3】

単走一杯。
外一杯を回る追い切りでしたので、時計としては及第点以上のものを出していると思います。

ただ、鞭が入ってから、ギアが切り替わった印象は受けません。
これまでの走りから、プラスちょっと動いた程度の変化しかなく、その点では少々不満を感じる最終リハとなりました。

ノボバカラ【B-C】

6月14日(水)函館 芝(良)
【5F67.5-51.8-38.2-1F12.4】

単走馬なり。
全体的に集中力に難がありそうな走りをしています。
時計自体は特にどこかが悪いという見方もできませんが、現状では少々厳しいのでは。

ブランボヌール【B】

6月15日(木)函館 W(良)
【5F67.9-52.0-37.7-1F12.8】

単走馬なり。
ゆったりとした走りで、どちらかというと調整程度の内容と言えるでしょう。

ここまであまり順調には来ていませんが、昨年は札幌Dを使われてキーンランドCを制しています。
現状では、どこまで良くなっているのかは見えてきません。
それでも、ここ最近の中では良い意味で力が抜けているのかなと思います。

ホッコーサラスター【B】

6月14日(水)函館 D(良)
【5F71.4-55.9-41.3-1F13.4】

単走馬なり。
真っ直ぐ前を見ることがなかったので、その点では集中力に難がありそう。
現状では、その点以外では悪い部分は見当たりません。

前走程度では。

ラインハート【B】

6月15日(水)函館 W(良)
【5F68.2-52.5-37.8-1F12.4】

単走馬なり。
元々狭いWコースですが、それでもこの馬は内を回る動きとなりました。
その為、上記の時計でも、少し楽な部分を回っての時計ですので、割引は必要です。

動き自体にもう少し気迫が欲しいところで、悪い意味で力が抜けているという見方もできるような走りでした。
6歳牝馬ですから、あまり前向きな見方ができませんが、ピークは過ぎているのではないでしょうか。

レヴァンテライオン【B】

6月14日(水)函館 芝(良)
【4F51.5-37.9-1F12.3】

2頭併せ内馬なり半馬身先着。
特に可もなく不可もなくといった動きとなりました。

時計自体は短距離の方が向いているのかなと感じさせるものではありましたが、現状では、やや物足りなさも感じる動きとなりました。

最終追い切りまとめ

さて、今回の追い切りを見た中で、上昇気配を見せていたのは、シュウジジューヌエコールの2頭でした。
ただし、各馬の考察でも書いている通り、ジョーヌエコールの距離短縮は、これまでの追い切りを見ている限りではあまり前向きには感じないのは確かで、時計の刻み方なども1600M前後がベストで、1200Mの今回はやや忙しくなるのではないかとみることができます。

勿論、対応できる可能性も否めなくはないですので、追い切りだけで判断するのは難しいのは注意が必要です。

その他では、【B】評価ながらエポワスは順調に来ているのかなと思います。
また、【B-C】評価のセイウンコウセイは、前走の追い切りが【A】評価で、予想でも1頭目に選ぶほどの内容でした。
そこから比べての【B-C】評価ですので、並の馬には通用しそうです。

上記で名前を挙げた4頭には注目が必要です。
以上、函館スプリントステークスの最終追い切りでした。

最終見解と予想

それでは、最終見解です。
函館SSは、函館競馬の開幕週。
昨年の夏開催以降は使われていないコースのため、とても芝の状態はいいと言っていいでしょう。

函館や札幌の芝を考える上で、一番に考えなければいけないのが洋芝であるということです。
野芝にプラス洋芝を混ぜて使うその他の競馬場や野芝だけの競馬場ということではなく、100%洋芝です。

一般的に洋芝は、タフなコースになりやすいと言われています。
力強さが求められるコースですので、適正がハッキリと表れてきます。

今年のメンバーで洋芝適正が高いのは、

  • クリスマス...函館2歳S優勝(13年)・函館SS3着(14年)・TVh杯優勝(16年)・UHB賞優勝(16年)
  • ブランボヌール...函館2歳S優勝(15年)・キーンランド優勝(16年)
  • シュウジ...函館SS2着(16年)・キーンランド2着(16年)
  • エポワス...道新スポ杯優勝(14年)・UHB賞優勝(15年)
  • レヴァンテライオン...函館2歳S優勝(16年)

勿論、現状では洋芝適正が未知数な馬もいますが、現時点では上記の5頭が該当します。
洋芝になると、いきなり走る馬もいますので、それだけ洋芝は気にしておかなければなりません。

そのことは、頭の叩き込んで予想を行います。

1頭目は追い切りで上昇気配のシュウジ

1頭目にはシュウジを選択。
今回は7枠10番とやや外枠に入ったものの、13頭立ての7枠ならばそこまで気にしなくていいでしょう。

今年に入り、阪急杯と高松宮記念で、勝ち馬と1秒以上の差を付けられての敗戦続きで、あとがない状況。
今年4歳になり、ここが正念場。

斤量57kgになると、突如として走らなくなるものの、今回は56kgで許容範囲か。

他にも洋芝適正の高い馬も多いので、あまり洋芝適正だけでは押せない馬ですが、追い切りの雰囲気も上々で、楽しみな1頭です。

2頭目はジューヌエコール

こちらも追い切りで上昇気配を見せていた馬。
今回、斤量50kgでチャレンジできるのはプラス材料。

ここまでの成績は同世代の中でも苦戦していますが、追い切りの動きは前走の桜花賞時よりも今回の方が良かったのが印象的でした。

ここで大負けするようであれば、この先のレース選択に幅ができてしまうため、ここはなんとしても好走して欲しいところです。

予想まとめ

今回はシュウジとジョーヌエコールの2頭の馬連とワイドの2点勝負を行っていきたいと思います。
馬連とワイドの組み合わせは1:10の割合がベストです。
馬連100円に対しワイド1000円といった買い方がいいでしょう。

以上、函館スプリントステークスの予想でした。

完全無欠の情報力。
だからこそ、高配当を狙う!

的中が難しい分、その見返りが大きい馬券を選択することで、高配当を手にすることができる。
誰もが分かっていることですが、それを見極める情報がどうしても必要になります。

高配当を求めるのには、理由(ワケ)がある。

本物を見極める情報力。
穴馬を見極める確かなデータと掛け合わせれば、激走する穴馬を発見できる。

だから、みなさんが「惜しい」ところで買い目から外してしまう穴馬を選び、高配当を得ることができます。

そして、『長年の蓄積データ』をバックに各馬の能力を数値化した「SI指数」。
日の当たらない隠れた激走馬をさらします。

低配当では投資に非ず...。その理念に共感できる方は、SI指数や確かな情報を基に、今以上に大きなところを目指して下さい。

感謝の声も続々寄せられています。

(一部抜粋)御社の情報には過去に何度か参加した事がありますが、私とはかなり相性がいいみたいですwwこれで3回連続的中。4回目もあることを期待してます。
投稿日時:9月10日 東京都 Y様

初めて御社の情報を基に無料情報を購入して新潟10Rが的中しました。こういったサイトを利用するのが初めてだったので少し不安もあったのですが、的中は普通に嬉しかったです。
投稿日時:9月2日 神奈川県 O様

この間のキーンランドCの無料情報と今週の大井競馬での無料情報3日間連続全的中すごいです。今週末と来週の船橋情報も楽しみにしています。今週もありがとうございました。
投稿日時:8月30日 東京都 M様

あなたも是非、この機会に参加して下さい。

-追い切り情報
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。

馬券を買うあなたに朗報です!ポイントサイトを使って節約して馬券代を稼ぎましょう!

【第1位:げん玉】まだポイントサイトを使ったことがない人はココ!!

ポイントサイトを使う利点は、普段のネットでのお買い物やネットサービスを利用する際に、ポイントがキャッシュバックされる点です。

そして、数多くあるポイントサイトの中で『げん玉』を1番にお薦めする理由を書いてみます。

  • 安心の会員数1000万人以上の日本最大級の規模
  • リッキーの2017年(10月末時点)のキャッシュバック総額は3500円
  • 楽天市場やYahoo!ショッピングなど定番ショップでポイントが貯まる
  • ポイントに毎月利息が付く
  • 300円から換金できる
  • ポイント増のキャンペーンが多い

当然ですが、完全無料で利用することができます。
また、私自身がしっかりと換金しています。

『げん玉』は、10pt=0.1円換算となりますので、上記は500円を換金しています。

ただ、ここの換金は、げん玉と同じリアルワールドという会社が運営している『PointExchange』というサイトを経由しなければなりません。そこが正直面倒なポイントなんですが、その『PointExchange』は、「トラノコ」というお釣りで投資をする会社と提携して、『ポイントで投資』というサービスを利用できるようになりました。

まだ、私は試していませんが、丁度、テレ東を観ている時に特集されていたので気になっていたんです。雑誌『AERA』『日経ヴェリタス』などにも掲載されていて、凄く興味を持ってます。

この後、2位と3位で紹介するポイント会社からも、ポイント投資先に選べるようになったら、ポイントを使って投資ができるので、楽しみが増えそうです。

詳しく勉強して、ポイントでお金を増やす取り組みにも力を入れていきたいと思います。

【第2位:ハピタス】実は他のポイントサイトよりも、キャッシュバック額が大きい...!?

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

完全無料で利用することができるポイントサイトです。会員数はげん玉に比べて少ない180万人ですが、ハピタスの特徴に、『毎月ハピタス宝くじ』『毎日ハピタス宝くじ』などの、面白いサービスを行っています。

条件を満たした場合に、宝くじ交換券を貰うことができます。それを使って、上記のどちらかの宝くじと交換します。

『毎月ハピタス宝くじ』は、毎月1回抽選が行われ、1等前後賞30,000pt(1pt=1円)。
『毎日ハピタス宝くじ』は、毎日抽選が行われ1等1,000ptが当たるかもしれません。

私はこれまで10回ほどチャレンジしていますが、当たったことはないです。だけど、こういった遊び心があるサービスは楽しみが増えるので、ワクワクできるものは好きですね。競馬をやっている方なら、ワクワク感って好きですよね。

ハピタスは、リッキーが今年1番稼いでいるポイントサイトです。
10月末現在、4,860ptを保有していますが、9月からの2か月弱で貯まりました。

もう少し貯まる予定ですので、年末の有馬記念で使いますヽ(^◇^*)/

『げん玉』を使う機会が多いのですが、それでもなぜハピタスの方がポイントが貯まるのかというと、意外と利率が高いのがハピタスの特徴です。

例えば、出張の際に、私は楽天トラベルを使うことが多いですが、楽天トラベルをげん玉経由で申し込みを行うと、げん玉でのポイントは最大2500ptしか貯まりません。定額キャッシュバックです。

しかし、ハピタスの場合は、利用額の0.6%のポイントがキャッシュバックされます。

ここで使い分けます。

げん玉経由で楽天トラベルを利用した場合は、国内ホテルの宿泊だけだと750ptが定額で付きます。そこはハピタスを使うと損をします。
しかし、ANAパックなどが使える出張の場合は、高額になりやすいので、げん玉の最大2500ptよりも、ハピタスの0.6%のキャッシュバックの方が多くなる場合があります。連泊が必要な場合は、ハピタスを利用する方がキャッシュバック額が多くなります。

そして、10月28日現在、楽天トラベルは、利用額の3.1%がキャッシュバックされるキャンペーン中です!これは大きいですが、私はこの時期の出張や旅行の予定がありません。。。

分かりやすい説明に、楽天トラベルの名前を借りましたが、基本的にハピタスは他のポイントサービスに比べて、オトクに利用できることが多いです。
げん玉とハピタスの二刀流で、ガッチリ貯めることができます。