フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

【富士ステークス2016最終追い切り】調教診断で見えてきたオススメ馬

2016/10/21/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。
分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

2017年3月より、記事を細分化せずにまとめて更新していくスタイルへと変更しています。
例えば「日本ダービー」について書くならば、週初めに出走予定馬を更新し、その後最終追い切りなどを1つの記事に追記して更新を行っています。

リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では富士ステークスの最終追い切りについて見ていきたいと思います。

マイルCSを目指す馬が集まりました。メンバーは豪華ですね。

しっかりとチェックして、予想へ繋げていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

イスラボニータ【B-C】

10月19日(水)美浦 南W(良)
【5F68.1-52.5-38.0-1F12.8】

単走馬なり。馬自身がグイグイと走っていく形でしたが、鞍上の手は止まったままでしたので馬なりとしています。それでもしっかりと時計も出ていますので久々ではありますが状態はいいと判断できます。

今年はまだ3戦しか消化していないため、かなりフレッシュさを感じる馬体をしていますが、目標が先にある分、仕上がりは8分程度かなと感じます。前走は併せて負荷を掛ける内容も今回はそうではありませんでした。評価は1つ落としていますが、それでも状態は良さそうですね。

ガリバルディ【B】

10月19日(水)栗東 坂路(稍重)
【52.2-38.4-25.2-12.9】

単走強め。全体時計が52.2秒なのでこの馬にしてみれば結構時計が出た方だと思います。最後は若干苦しくなったのか反応が鈍いような気もしますが、単走ではありますがしっかりと負荷はかけた内容になったのかなと思います。

前走時も加速ラップでは終わってない中での優勝でしたので、ラップに関してはそこまで気にしなくていいと思いますし、調整過程も前走と遜色ない走りを続けています。前走と同様と考えていいのではないでしょうか。

ダノンプラチナ【B】

10月19日(水)美浦 南W(良)
【6F82.0-66.9-52.6-39.3-1F13.2】

3頭併せ内強め1頭併入、1頭2馬身遅れ。前走は評価を下げていましたが、今回も上昇気配は感じることができませんでした。その前走は京成杯AHで3着に入っていることから、あまり追い切りを気にしなくてもいいのかもしれませんが、今回は少々遅れすぎた印象。2頭を追いかける形での内容となりましたが、ダノンプラチナはコース内側を通ってカットしているので、追い付いても不思議ではない格好でしたが、外を走った馬に差をつけられました。

昨年の勝ちレースではありますが、どこか2走ボケが心配になりました。

ブラックスピネル【B】

10月19日(水)栗東 坂路(稍重)
【52.6-37.9-24.7-12.7】

2頭併せ強め併入。併せた僚馬を含めてやや反応に疑問が残る内容となりました。全体52.6秒と比較的時計が出ているので気にする必要はないかもしれませんが、最後は0.7秒時計と落とすラップを刻んでいます。

走る時も走らない時もラップは基本的にはあまり気にしなくて良い1頭ではあるものの、雰囲気は決していいものではなかったです。内容に違いこそあるものの、前走と時計も変わりませんし、デキはキープ程度に捉えておく方がいいでしょう。

ブラックムーン【B】

10月19日(水)栗東 CW(稍重)
【6F85.0-67.3-51.6-37.8-1F12.4】

3頭併せ外強め2馬身程遅れ。遅れてはしまいましたが、最後も12.4秒出ているのでそこまで心配しなくてもいいのではないかなと思います。それでも2頭ともに2馬身差の内容に見た目は地味ですね。

こちらもどこか2走ボケのような雰囲気を感じますが、時計を信頼するならば前走の走りには期待ができるのではないでしょうか。

フルーキー【B】

10月19日(水)栗東 CW(稍重)
【6F85.5-69.7-54.1-38.8-1F12.4】

3頭併せ内末強め併入。こちらも時計が出ていますのでそこまで心配する内容ではないかなと思います。近走は2着続きではありましたが、休養を挟んだことでいい具合にリフレッシュしているのかなと思いました。

最後は外の2頭と馬体を併せているのでよく見ることができませんでしたが、脚捌きは軽快で休み明けはそこまで気にしなくてもいいのかもしれません。これまでの力を発揮できるレースになると観ています。

マイネルアウラート【B-C】

10月19日(水)美浦 南W(良)
【5F70.5-54.5-39.8-1F12.6】

単走強め。ややチグハグな内容だったかなと思います。美浦ウッドなので、時計は優秀ともいえるのかもしれませんが、少々掛かっているのかなと感じさせる走りを見せたかと思えば、どうも内へ刺さっていそうな捌きを見せています。

その外側に2頭併せの他陣営の馬がいましたので、それを嫌がるように内へ刺さったのかもしれませんが、どうも時計とは違う部分で少々嫌いたい部分がありました。

ミュゼエイリアン【C】

10月19日(水)美浦 坂路(良)
【55.0-40.3-25.7-12.4】

3頭併せ末強め1頭併入、1頭1馬身先着。久々のレースのため、様子見なのかなと思ったんですが、意欲的な内容を消化してきましたね。意外に感じますが、昨年のセントライト記念で2着に入った時の雰囲気を感じる時計でした。

それでも併せた馬は馬なりで併入で、見た目は地味。時計を見ると最後は12.4秒出ているので気にする必要はないかなと思いましたが、アタマ差ほどは遅れを取ったのでその点ではやはり休み明けを感じます。

ヤングマンパワー【B】

10月19日(水)美浦 坂路(良)
【53.0-38.6-25.2-1F12.2】

2頭併せ強め併入。馬場が荒れている時間帯ではありましたが、時計はしっかりと出ています。やや進行方向向かって右へ刺さるような格好となり、鞭が一発入っていますが、それを矯正するためのものなので一杯ではなく強めにしています。

見た目は真っ直ぐに走れていますが、それでもずっと右を向いたままで走っているのでその点では集中力に問題がありそう。

ただ、前走時の内容を観ても右を向いていましたので、あまり気にする内容でもないのかもしれません。

ロードクエスト【B-C】

10月19日(水)美浦 南W(良)
【4F52.7-38.8-1F12.4】

3頭併せ内馬なり併入。ちょっと甘めに見て併入にしていますが、半馬身から1馬身程遅れているとも見ることができます。角度的に少々わかりづらかったです。

時計自体はいつも通りの動きではありますが、NHKマイルCほどの動きは感じませんでした。前走を勝ったことで、どうも余裕ある仕上がりを施してきたような気がします。目標は先でここでピークは作りたくないというような内容となりました。時計は出ていますので、状態が悪いとは思いませんが、雰囲気は1つ落ちた印象です。

オススメ馬のピックアップ

最終追い切りをチェックしてきました。前哨戦ということもあってか、ここで作ってきた馬はいませんでしたね。

さすがにデキが悪いと感じる馬はいませんでしたが、ここを使ってさらに次走で作り上げたいという陣営の思惑のようなものが透けて見える内容となったのが印象的でした。

さて、今回のオススメ馬のピックアップです。

今回は、それでも、という部分で選んでおきたいと思います。

1頭目はガリバルディ。前走と殆ど差の無い部分での仕上がりでした。ここ1年でベストを刻んでいる辺りは状態はいいのだと判断出来ます。最後に時計を落としていますが、今回は全体時計を観てしっかりと負荷が掛けられた方をプラスに見ていきたいと思います。

2頭目にイスラボニータ。今回は状態は落ちたと判断しましたが、前走は安田記念で仕上げてきていましたので、そこと比べると、という状態です。メンバーと比べて、そこまで落ち込んだわけではありませんので、状態としては好走してもおかしくないかなと思っています。

3頭目にヤングマンパワー。仕上がりに関しては前走と殆ど変わりがないかなと思います。個人的な見解で言えば、右に刺さる仕草を見せるのは買いづらいのですが、それは前走も同じでした。今回特に時計が悪いというわけではありませんので、仕上がりに関しては特段変わらず良かったと思います。

今回は上記の3頭をピックアップして調教診断を終わります。予想はこの後22時頃の公開予定です。枠などを考えて予想したいと思います。

【海外競馬】ドバイワールドカップデーに興味がある方は必見です。

2016年10月2日フランス、シャンティイ競馬場で開催された凱旋門賞G1にマカヒキが出走したことを機に、
海外競馬が日本でも注目を浴びるようになってきました。

同年12月には、香港で開催されたG1、4レースに多くの日本馬が出走。
激走を繰り広げ、日本の競馬ファン、世界の競馬ファンが熱狂しました。

そして今回、2017年3月25日(土)日本時間深夜アラブ首長国連邦ドバイ、メイダン競馬場で「ドバイワールドカップデー 3競走」が開催されます。

日本中から多くの期待がよせられ、
武豊騎手や、C.ルメール騎手が騎乗し、多くの日本馬が出走予定されています。

====================================
【ドバイワールドカップデー 3競走】
UAE・ドバイ メイダン競馬場
3月25日(土曜)深夜

1)第7レース ドバイターフ(G1)
出走馬数:13頭 1800m 芝・左
19:30(日本時間26日(日曜)0:30)発走
賞金総額 6,000,000米ドル 1着賞金 3,600,000米ドル
(1着賞金:日本円で約3億6千万)
JRA発売開始時刻 日本時間 3月25日(土曜)19:30

2)第8レース ドバイシーマクラシック(G1)
出走馬数:7頭 2410m 芝・左
20:05(日本時間26日(日曜)1:05)発走
賞金総額 6,000,000米ドル 1着賞金 3,600,000米ドル
(1着賞金:日本円で約3億6千万)
JRA発売開始時刻 日本時間 3月25日(土曜)19:30

3)ドバイワールドカップ (G1)
出走馬数:14頭 2000m ダート・左
20:45(日本時間26日(日曜)1:45)発走
賞金総額 10,000,000米ドル 1着賞金 6,000,000米ドル
(1着賞金:日本円で約6億)
JRA発売開始時刻 日本時間 3月25日(土曜)19:30
====================================

日本競馬の1着最高賞金は、有馬記念・ジャパンカップで3億円です。

ドバイシーマクラシック(G1)においては、出走馬たったの7頭で有馬記念・ジャパンカップ以上の額が動きます。
海外競馬では世界の代表馬が集結するので、巨額が動きます。

競馬好きはここで一発的中させて、稼ぎたいところですよね。

しかし実際問題、日本競馬と違って外国馬の詳細な情報がないので、どう予想したらいいかわからないのです。

そこで、海外競馬予想で本格的に動き出したのが、日本の競馬予想サイト【PREMIUM】です。

公式サイトはこちら

【PREMIUM】の情報元

大井競馬の情報元として一世を風靡し、今や世界的に活躍中の情報元で、現在では国内7番目の「最高情報認定」を受けています。

7番?という感じですが、実績としては、
前回の香港競馬4レース、全レース3連単的中。

1)第23回 香港ヴァーズ(G1)
3連単 的中 86,250円

2)第18回 香港スプリント(G1)
3連単 的中 10万8850円

3)第26回 香港マイル(G1)
3連単 的中 69万4200円

4)第30回 香港カップ(G1)
3連単 的中 29,700円

大井競馬場
2017年3月20日 大井7R
3連単 的中 59万8050円

2017年3月20日 大井10R
3連単 的中 77万7900円

2017年3月21日 大井3R
3連単 的中 86万1850円

【JRA馬券購入情報】
発売開始時刻: 3月25日(土曜)19:30
発売締切時刻: 各レースの発走予定時刻の4分前まで

TV:グリーンチェンネルとフジテレビで生放送
MBSラジオ「GOGO競馬スペシャル ドバイワールドカップ実況中継」

【PREMIUM】は日本で唯一、海外競馬を予想提供できるレベルの競馬予想サイトかもしれません。
この限られたチャンスを手に入れましょう。

ドバイワールドカップデー 3競走情報 提供中

お申し込みはこちら

※サイト内でしたら地方競馬キャンペーンを、あとはメールを確認してください。

-追い切り情報
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。