フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

エリザベス女王杯 2017 最終追い切り評価|ディアドラ好時計で前向き評価!

2017/11/9/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

11月12日に実施される第42回エリザベス女王杯の最終追い切り考察について記載しています。
多段階にて前走からの状態を評価しています。

G1馬が多数揃った1戦だけに、しっかりと追い切りからチェックして、馬券に繋げていきましょう。
尚、1週間前追い切りの更新は、今回は取りやめますが、判定基準には含めています。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

ヴィブロス【B】

11月8日(水)栗東 坂路(良)
【52.0-38.1-25.3-12.9】

2頭併せ強め3馬身程先着。
強め表記ですが、馬なりの範疇とも言えるくらいの内容でしたので、言葉通り強めで捉えるとちょっと違うかもしれません。
馬なりよりかは、手が動いていたかなという状況でした。

僚馬が不甲斐ない形で、画面に現れた時には既に1馬身程後方を走っていたので、併せ調教になったのかどうかは未知数です。単走追いのような形になりましたが、それだけヴィブロスの状態がいいとも言えるかと思います。

ただ、綺麗な加速ラップを刻めたという訳ではないので、良化もそこまでの印象です。

ウキヨノカゼ【B】

11月8日(水)美浦 坂路(稍重)
【52.3-38.6-26.3-13.8】

2頭併せ馬なり半馬身程先着。
まだ馬場が綺麗な時間帯での追い切りでしたが、最後に大きく失速する形で終わってしまいました。

最終追い切りで坂路を選択しているのは、8月の関屋記念の時でした。
その点では、最終リハの動きが定まっていないのは、色々と試しながらという感じなんでしょうが、7歳という年齢を考えると、打つ手は打っているとも言えるので、あまり評価はできない追い切りになっていると思います。
この2走の追い切り内容を考えても、今回はデキキープ程度で考えるべきでしょう。

エテルナミノル【B】

11月8日(水)栗東 CW(良)
【6F83.8-68.8-54.2-40.6-1F13.0】

単走馬なり。
軽めの調整でしたが、動き自体は滑らかに動いていますので、状態が悪いということはないと思います。

やや縦に跳ねるように走っているのは、この馬の特徴でもあると思うので気にしなくていい範囲でしょう。
もう少しきっちりと縦に跳ねるように走ると、前に進む力が上手く伝わらない可能性はあると思うので、今でギリギリと見るべきでしょう。

状態的には前走程度で見ていいと思います。
上にも書きましたが、デキは良さそうです。

クイーンズリング【A-B】

11月8日(水)栗東 CW(良)
【6F84.3-68.2-53.2-39.4-1F12.1】

2頭併せ内強め併入。
僚馬に隠れてしまっていて、全体的な評価が難しいです。

外ラチ一杯を回って1馬身後方を守り直線へ。
残り約100Mの位置から内へ潜り横に並んだところがゴールでした。

前走は坂路での最終リハでしたが、今回はCWを選択。
叩き仕上げだと思っていましたが、4着は意外な成績でした。それだけ地力がついてきたと見ることもできます。

映像では僚馬に隠れていてなんとも言えませんが、時計的な判断ではボチボチ走れていると思います。
デキは今回の方が良さそうだと感じました。

クインズミラーグロ【B】

11月8日(水)美浦 南P(良)
【5F74.7-58.5-42.9-1F12.8】

単走馬なり。
体全体をもう少し使えると良さそうです。
イメージ的には、棒が走ってるというとイメージし辛くなるかもしれませんが、それだけ可動域が狭いイメージを持ちました。

前走の府中牝馬Sの追い切りでは、濃霧により視界不良で比較することができませんが、首の位置が高いのは分かりました。
その時と比べても、良化したというのは感じません。
やや悪化しているようにも感じます。

クロコスミア【A-B】

11月8日(水)栗東 坂路(良)
【53.6-39.1-25.2-12.5】

単走馬なり。
脚の回転は悪くはないものの、やや上体とのバランスが悪い印象は受けます。
脚は動いているものの、上半身がそれに伴って走れていないというべきでしょうか。

それでも加速ラップを刻めていますので、状態としては悪くはないと思います。
1週前も状態的には良さそうな時計を刻めています。
【A】評価にしても良かったと思いますが、前走時から比べると上体が立っている点をマイナス評価として、【A-B】評価くらいが妥当でしょう。

ジュールポレール【B】

11月8日(水)栗東 坂路(良)
【52.6-38.0-24.7-12.3】

単走一杯。
最後までしっかりと追われる内容で消化しました。

前走時の映像はありませんが、時計判断では同様の追い切りを消化していると思います。
VMと比べると、今回の方が良いのではないかと思います。
前走と比べると、同じくらいとみるべきかなと思います。前走の状態は非常に良かったと思うので、その時と同じデキというのは前向きな評価ポイントです。

一杯に追っている割には時計が伸びていない印象も受けますが、いつもこの程度で成績が出ていますので、深く考えすぎずにいいと思います。

スマートレイアー【B】

11月8日(水)栗東 坂路(良)
【52.3-37.8-24.6-12.3】

2頭併せ馬なりクビ差程先着。
最後のラップが、12.3-12.3秒で進んでいますが、0.1秒でも加速していればやや違う印象でした。

ただ、前走の京都大賞典では減速ラップで優勝しており、その点では、停滞ラップではあるものの、そこまで悪いということはないでしょう。

気になったのは、残り100Mを切った辺りで、僚馬の方へ首を振って近寄ろうとしています。
遊び半分というわけではないですが、どちらにせよ集中力に難があるのは感じる部分です。
これまで、スマートレイアーの映像を観て、僚馬の方を気にする内容だったことは記憶にありません。

その点では、これまでとは違う内容だったように思いますが、デキはキープしていると判断できる内容だったのではないかと思います。

タッチングスピーチ【A-B】

11月8日(水)栗東 坂路(良)
【52.9-38.2-25.1-12.5】

2頭併せ強め2馬身程先着。
踏み込みもいいですし、体全体を使って走れているのが印象的です。

ただし、今回のような時計を出しているのは、近走では金鯱賞時と似ていますが、その時の結果は9着でした。
それ以降も成績が伴っていませんが、デキで言えば上昇しているとは思いますが、それでも好走までは難しいと考えるべきでしょう。

ディアドラ【A-B】

11月8日(水)栗東 坂路(良)
【54.0-39.0-25.0-12.2】

単走末強め。
一度鞭が入りましたが、全体を通してみると末強めと表記していいのではないでしょうか。

1週前の段階である程度完成していると思います。
あとはデキ自体は、秋華賞の時よりもさらに良くなっている印象で、好感が持てます。
それだけ強い負荷を掛けても良い状態にあると判断するべきでしょう。

デンコウアンジュ【B】

11月8日(水)栗東 坂路(良)
【52.8-38.5-25.2-12.8】

単走強め。
比較的動かされているものの、動き自体は小さい印象です。こじんまりとしているという書き方がより伝わるでしょうか。
それでも、全体52.8秒で走れていればある程度は整っているでしょう。

減速ラップとなったのは残念ですし、できればもう1本欲しかったのではないかと思います。
デキは前走程度にあると思いますが、良くてもデキキープで見ておきたい1頭です。

トーセンビクトリー【A-B】

11月8日(水)栗東 坂路(良)
【52.0-37.6-24.5-12.3】

2頭併せ馬なり1馬身先着。
馬なりと表記するのはどうかなと思うのですが、強めと馬なりの丁度中間といったところでしょうか。
ある程度は追われていました。

一杯に追われた僚馬を突き放すのは好感が持てますが、5日8日と2日連続で減速ラップを刻んでいます。
前走時は加速ラップを刻んでの内容でしたが、その点ではどうなのかなと感じるところはあります。

ただし、春の中山牝馬Sを制した時のような坂路で猛時計を刻む全体時計に近いところまで出ていますので、勝負仕上げの印象は受けます。

ハッピーユニバンス【B】

11月8日(水)栗東 坂路(良)
【53.2-38.6-25.1-12.2】

単走馬なり。
脚の動きはスムーズで、全体的に診てもスムーズな動きをしています。
映像が最後の部分までなかったのが気になりますが、概ね全体的には良好と言えるのではないでしょうか。

前走のデキと変わらない程度で出走できると思います。

マキシマムドパリ【A】

11月8日(水)栗東 坂路(良)
【54.4-39.0-24.8-11.8】

単走末強め。
促されてからしっかりと反応しているのは好印象を抱きます。

今年6月のマーメイドSを制していますが、その時と似た状況の追い切りだと思います。
最後も11秒台という点は似ていますし、全体時計54.4秒と54.5秒と近いところで駆け抜けています。
1週間前も51.9秒という時計は、マーメイドSの1週前と同じです。

前走使われたことで、良化していると思いますので、そのまま状態は上がってきていると判断していいでしょう。

ミッキークイーン【A-B】

11月8日(水)栗東 坂路(良)
【52.0-37.6-24.4-12.1】

2頭併せ強め半馬身程先着。
マキシマムドパリを、左斜め前に見ながらの最終リハとなりました。

今回は坂路中心のメニューですが、昨年のエリ女も坂路中心に乗り込まれて3着を確保。
昨年同様、今年もここからのスタートですので、ある程度負荷を掛けての内容だと思いますが、それで結果を出していますので、好走は十分に可能でしょう。

宝塚記念の時に感じた、豪快さが鳴りを潜めた印象でしたが、今回の方が迫力があり、状態は良さそうです。

モズカッチャン【B】

11月8日(水)栗東 坂路(良)
【55.9-40.9-26.8-12.6】

単走馬なり。
踏み込みが甘い印象を受けましたが、左右にバランスが崩れるような走りをするのはこの馬の特性の1つだと思いますので、気にしなくていいでしょう。

もう少し負荷を掛けたかったのではないかと思った前走の最終リハの動きですが、今回も同様に負荷はあまり掛けずに終えました。
恐らくは、一杯にやらなくても結果がついてきたことで、最終リハは軽めにしようということになっているんだと感じます。

前走G1でしたが、目一杯仕上げた印象はなく、今回も同じような走りに期待が持てます。
デキ落ちは感じませんので、あとは古馬とどこまでやれるかでしょう。

リスグラシュー【C】

11月8日(水)栗東 坂路(良)
【51.4-36.8-24.1-12.2】

2頭併せ強め併入。
脚色は僚馬の方が良かったです。

最終リハで減速ラップを刻むのは久々ではないでしょうか。0.3秒、4ハロン目に落としてしまいました。

少々気になるのが、秋華賞の追い切りの内容が良かった点です。
前走の最終リハを見た限りではメイチ仕上げだったと思います。
その点では、今回は勝負度合いはないと思うんですが、しっかりと再仕上げを施したかのような内容でした。

この減速ラップをどう読むか。
中間の動きは披露を抜くために軽めの調整続きだと思ったのですが、最終リハだけ急にピッチを上げました。
いつもならば1週前に猛時計を刻んで、最終ではある程度の部分で終わっていましたが、今回は最終だけ熱のこもった仕上げを施しています。

意外と走れていた印象は受けますが、やはり前走がメイチだと思いますので、評価は落としておきたいと思います。

ルージュバック【A】

11月8日(水)美浦 南W(良)
【4F51.7-37.4-1F12.3】

3頭併せ内末強め1頭1馬身先着、1頭2馬身程先着。
前走2200Mの距離を勝ったのでなんとも言えませんが、やはり追い切りだけを見ると距離が短い方がいいのかなと感じてしまいます。

前走はあまり良く見えなかった追い切りでしたが、勝ち切ってしまいました。
その点では、デキが悪いと感じた時の方が走る馬、要は僕との相性だと思います。

その点、前走より仕上がりがいいと感じるのは非常に困ってしまうのですが、個人的にはデキは今回の方が断然です。
最後に12秒台前半を出せている今回の方がいいでしょう。

エリ女の追い切りまとめとお薦め馬

以上、除外対象を含めた19頭をチェックしていきました。木曜日に出走馬が確定しましたら、やや修正を加えます。
現時点では、20頭の登録のうちプリメラアスールの映像が配信されていませんが、一部で福島記念という話もありますので、もしかしたら上記のままで、1頭消す形になるかと思います。
もし、プリメラアスールがこちらに出走してきて追い切り映像が配信されましたら、追記してお伝えいたします。

さて、今回の追い切りで上昇気配を感じさせるのは、【A】評価のマキシマムドパリ・ルージュバックの2頭と、【A-B】評価のクイーンズリング・クロコスミア・タッチングスピーチ・ディアドラ・トーセンビクトリー・ミッキークイーンの6頭、合計8頭でした。

さすがにG1というだけありますね。
特に3歳馬は、エリ女を使ったあとは休養に入ると思いますので、目一杯仕上げてきたと言える内容だったのではないかと思います。
その点では、リスグラシューは悩んでしまいますが。

上記の上昇気配を示した中では、タッチングスピーチ・マキシマムドパリの2頭に関しては、近走の成績から考えても、上昇気配だけでは足りない印象です。

逆に、【B】評価でありながら、ヴィブロスは貫禄ある走りをしていました。
調子が良さそうという点で言えば、ジュールポレールも侮れないでしょう。

追い切りの内容はいつも平凡に見えるモズカッチャンも、前走はメイチ感は漂っていませんでしたので、ある程度の部分では走れるでしょう。

G1だけに、どの馬も仕上がり良好の馬が多いですが、お薦め馬をまとめると以下の通りです。


  • ディアドラ
  • ミッキークイーン
  • ルージュバック
  • ヴィブロス
  • クイーンズリング
  • クロコスミア
  • ジュールポレール

通常だと、5頭6頭辺りまで絞るのですが、今回は絞り切れませんでした。
本当は、トーセンビクトリーやモズカッチャンもお薦めできるだけの内容だったと思いますが、上位から選んでいくと、上記の7頭が良かったのではないかと見ています。
以上、エリザベス女王杯の最終追い切り考察でした。

秋華賞、菊花賞、天皇賞秋と注目G1の的中を総ナメした予想!

先週の無料予想!
2017-11-12 東京2R サラ系2歳未勝利
3連複 10,770円的中 53,850円獲得!

無料予想でしっかりと勝ち競馬を演出し続けているこのサイト。

無料で十分勝てます!

このサイトの売りは、過去1,000レース以上予想提供
その平均的中率がなんと72%!4回に3回は的中する実績を継続中!

今週は「マイルチャンピオンシップG1」の予想参考データを無料公開中!
買い目も公開予定となってます!

■無料メルマガ登録でご覧いただけます。

今すぐにでも、手っ取り早く稼ぎたいという方は、72%の的中率を誇るこのサイトが本当におススメです!
今年のマイルチャンピオンシップG1は荒れそうですよね。
武騎手の乗り替わり、力が均衡する各馬。

このサイトのG1的中率は高いです!
☆10月15日(日)秋華賞G1
3連単的中 147.6倍 「147,600円獲得
☆10月22日(日)菊花賞G1
3連複的中 1,363.5倍的中 「1,363,500円獲得
☆10月29日(日)天皇賞秋G1
3連単的中 553.2倍的中 「553,200円獲得

外す方が難しい!
過去予想提供1,000レース以上、平均的中率72%!

あなたがいつも感じていた当たらないという悩みは、このサイトを使うことで改善する可能性は十分にあります。
まずは無料登録を行って、コンテンツを利用してみてください。

【無料】今すぐ登録する方はコチラから

-追い切り情報
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。

馬券を買うあなたに朗報です!ポイントサイトを使って節約して馬券代を稼ぎましょう!

【第1位:げん玉】まだポイントサイトを使ったことがない人はココ!!

ポイントサイトを使う利点は、普段のネットでのお買い物やネットサービスを利用する際に、ポイントがキャッシュバックされる点です。

そして、数多くあるポイントサイトの中で『げん玉』を1番にお薦めする理由を書いてみます。

  • 安心の会員数1000万人以上の日本最大級の規模
  • リッキーの2017年(10月末時点)のキャッシュバック総額は3500円
  • 楽天市場やYahoo!ショッピングなど定番ショップでポイントが貯まる
  • ポイントに毎月利息が付く
  • 300円から換金できる
  • ポイント増のキャンペーンが多い

当然ですが、完全無料で利用することができます。
また、私自身がしっかりと換金しています。

『げん玉』は、10pt=0.1円換算となりますので、上記は500円を換金しています。

ただ、ここの換金は、げん玉と同じリアルワールドという会社が運営している『PointExchange』というサイトを経由しなければなりません。そこが正直面倒なポイントなんですが、その『PointExchange』は、「トラノコ」というお釣りで投資をする会社と提携して、『ポイントで投資』というサービスを利用できるようになりました。

まだ、私は試していませんが、丁度、テレ東を観ている時に特集されていたので気になっていたんです。雑誌『AERA』『日経ヴェリタス』などにも掲載されていて、凄く興味を持ってます。

この後、2位と3位で紹介するポイント会社からも、ポイント投資先に選べるようになったら、ポイントを使って投資ができるので、楽しみが増えそうです。

詳しく勉強して、ポイントでお金を増やす取り組みにも力を入れていきたいと思います。

【第2位:ハピタス】実は他のポイントサイトよりも、キャッシュバック額が大きい...!?

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

完全無料で利用することができるポイントサイトです。会員数はげん玉に比べて少ない180万人ですが、ハピタスの特徴に、『毎月ハピタス宝くじ』『毎日ハピタス宝くじ』などの、面白いサービスを行っています。

条件を満たした場合に、宝くじ交換券を貰うことができます。それを使って、上記のどちらかの宝くじと交換します。

『毎月ハピタス宝くじ』は、毎月1回抽選が行われ、1等前後賞30,000pt(1pt=1円)。
『毎日ハピタス宝くじ』は、毎日抽選が行われ1等1,000ptが当たるかもしれません。

私はこれまで10回ほどチャレンジしていますが、当たったことはないです。だけど、こういった遊び心があるサービスは楽しみが増えるので、ワクワクできるものは好きですね。競馬をやっている方なら、ワクワク感って好きですよね。

ハピタスは、リッキーが今年1番稼いでいるポイントサイトです。
10月末現在、4,860ptを保有していますが、9月からの2か月弱で貯まりました。

もう少し貯まる予定ですので、年末の有馬記念で使いますヽ(^◇^*)/

『げん玉』を使う機会が多いのですが、それでもなぜハピタスの方がポイントが貯まるのかというと、意外と利率が高いのがハピタスの特徴です。

例えば、出張の際に、私は楽天トラベルを使うことが多いですが、楽天トラベルをげん玉経由で申し込みを行うと、げん玉でのポイントは最大2500ptしか貯まりません。定額キャッシュバックです。

しかし、ハピタスの場合は、利用額の0.6%のポイントがキャッシュバックされます。

ここで使い分けます。

げん玉経由で楽天トラベルを利用した場合は、国内ホテルの宿泊だけだと750ptが定額で付きます。そこはハピタスを使うと損をします。
しかし、ANAパックなどが使える出張の場合は、高額になりやすいので、げん玉の最大2500ptよりも、ハピタスの0.6%のキャッシュバックの方が多くなる場合があります。連泊が必要な場合は、ハピタスを利用する方がキャッシュバック額が多くなります。

そして、10月28日現在、楽天トラベルは、利用額の3.1%がキャッシュバックされるキャンペーン中です!これは大きいですが、私はこの時期の出張や旅行の予定がありません。。。

分かりやすい説明に、楽天トラベルの名前を借りましたが、基本的にハピタスは他のポイントサービスに比べて、オトクに利用できることが多いです。
げん玉とハピタスの二刀流で、ガッチリ貯めることができます。