フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

【日本ダービー2016フォトパドック】馬体考察から好調馬を見つける

2016/5/25/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

おはようございます、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では日本ダービーのフォトパドックなどを参考に、馬体考察を行っています。

馬体を撮影した写真は19日(木)に撮影されており、その後日曜追いと最終追いをしてくるので、写真からガラリと馬体が変化している事も多々あります。フォトパドックでチェックしても、必ず当日のパドックでの気配も確認した方がいいです。

なお、当ブログでは競馬ラボ様の馬体FOCUSというページに記載されている写真と競馬ブック様のフォトパドックのページ等を参考に評価していきたいと思います。

尚、下記の写真はTwitter公式の共有サービスを利用しております。

関連:【皐月賞2016馬体考察】フォトパドックからみて3段階評価|「爆穴」〜的中率が低くても回収率で勝負するブログ

馬体考察

馬名横の評価は追い切り考察と違い、単純に今回の馬体を見てA・B・Cの3段階で評価しています。

マカヒキ【A】

毛並みの良さ、毛艶の良さ、筋肉量、いずれも写真を通じてしっかりと伝わってくる好仕上がり。明らかに前走よりも今回の方が仕上がりがよく、成長を感じさせる馬体をしています。

サトノダイヤモンド【A】

皐月賞のフォトパドックで感じた太目残り感はなくすっきりとした雰囲気。ただし、馬体のハリで言えば前走の方が良かったのではないか。若干の幼さを感じる馬体な分、秋以降の成長力に期待が持てるが、ここでピークに持っていけなかったという印象も否めなくはない。それでも今できる最高の仕上がりと言えるのでは。

リオンディーズ【A】

日差しが強く当たっている分、毛艶がとてもよく映ってしまいますが、それでも状態面では凄く調子が良さそう。前脚やトモの筋肉量も豊富で、馬体は既に古馬のトップ馬に匹敵する貫禄すら感じる。状態は前走以上に良さそう。

エアスピネル【B】

毛艶の良さ、ハリ共に好調さを感じさせる馬体。ただ、若干太目残りの印象も、逆に言えば前走の反動は感じさせない好馬体。しかし、成長と共に胴が短くなってきている印象も。距離適性にやや疑問も。辛うじて2400Mは大丈夫くらいではないだろうか。

スマートオーディン【B】

毛艶はピカイチ。もう少しハリが出てくれば状態は整ったと言えるでしょう。ここから最終追い切りまで時間があるのでどう変化しているのか楽しみ。距離は2000M前後が良さそうではあるものの、2400Mでも守備範囲だろう。

ヴァンキッシュラン【B】

キ甲のでっぱりがないのでまだまだ若駒の馬体とも言える。成長はまだまだこれから。それでも連勝しているのだから、強さは本物と言えるが、サトノダイヤモンド同様にここが馬体のピークではないのが気がかり。

マウントロブソン【B】

芦毛の馬体は強調させる部分を覆ってしまう色をしてしまうので判断が難しいですが、まだこちらも幼い印象を感じる馬体。あどけなさを感じる姿は少年そのもの。ただ、立ち姿が綺麗なのはこの馬。調子落ちは感じさせない。

ロードクエスト【B】

距離を意識すると胴が詰まっているのが気がかり。距離は1800M辺りまでで、それ以降では厳しさを感じる。それでも連戦の疲れは感じさせないふっくらと見せている。逆に言えば若干太目にも見えてしまうのは、マイナス要素か。それでもギリギリでの出走ということはなく、疲れは抜けていると言える方がいいのかもしれない。

マイネルハニー【B】

ロードクエストと同じ種牡馬から生まれたとは思えない体つき。まだ若干の幼さを感じさせる馬体も、毛並みと毛艶が最高に良い。ただし、胴が詰まっていて筋肉質。2000Mの500万条件の勝利や1800MのスプリングSでの2着などもあるが、ここにきて距離は1600Mくらいがいいのではないか。

アジュールローズ【C】

毛艶は前向きな評価も、筋肉量では若干劣る印象も。あまり筋肉が付かないのであれば、もう少し胴が長ければステイヤータイプなのかもしれない。ただ、脚の短さなども考慮すると2000M以上の距離であれば対応できそう。まだ成長途上でどっちに転ぶかは分からないが、上でも書いてるように他と比べると見劣りしていますのは仕方がないか。

プロフェット【C】

前走の皐月賞の時の馬体を見るとやや薄い感じの馬体だったが、今回は太目感を感じる馬体に。もう少し成長を促したい馬体ではあるが、重量感ある父の雰囲気がもう少し出てくれば良さそうだが、今は父方にも母方にもあまり似ていない印象で、どこか中途半端な感じに見える。

レインボーライン【C】

毛艶は今回の方が良さそうだが、馬体の作りは前走の方が良さそう。良くも悪くも前走以上のものは出せないのではないかと思ってしまう馬体。

プロディガルサン【B】

毛並みや毛艶は文句なし。前後のバランスも悪いことはない。ただし、トモから後脚にかけての筋肉量の薄さが気になる。キ甲も抜けておらず幼さを感じる馬体。もう少し筋肉にハリが出てきそうな夏場を過ぎた頃から面白くなるのでは。

レッドエルディスト【A】

芦毛の馬体で筋肉のハリなどが写真に出難いのではあるが、すっきりと見せていて高評価。青葉賞2着だった前走から比べても短期間に疲労回復から仕上げに関しても問題無さそう。脚の長さ、胴の長さなどからさっすると東京2400Mは合いそう。前走の成績が物足りなさを感じさせるが、東京2400Mを意識するとこのメンバーでも5本の指には入りそう。

アグネスフォルテ【C】

スラリと伸びている馬体から察するに距離は問題無さそうも、どこか胴が詰まっているようにも見える。距離は2400Mは守備範囲くらいで、適正はもう少し短いところにあるのでは。首の太さなどはたくましいものがあり、その辺は1600M以下でも対応できるようにも見える。ここからもう少し成長してきた時にもう少し適性がハッキリと見えてくるのではないか。

ジョルジュサンク【B】

今回のメンバーの中でも馬体をすっきりと見せているのはこの馬。仕上がりは前走より今回の方が良いが、上記の馬達を見てきたせいかやや貧弱にも見える。ヴィクトワールピサ産駒からして珍しいかもしれないが、ステイヤーに寄ってきた印象。それでも仕上がりに関してはここ一番に仕上げてきた印象はある。

ブラックスピネル【B】

タニノギムレット産駒らしいというよりも、ブライアンズタイムの血を受け継いだかのようなやや重たく見える馬体。パワー系にも見えるが、腹周りのゴツゴツした印象は1600M~1800Mのピンポイント辺りで好成績を残せそうにも見える。今回は距離が合いそうには見えないが、どちらかというと今後が楽しみな1頭。今回に関しても仕上がりに関しては万全と言えそう。

ディーマジェスティ【B】

やや太目感を感じる馬体。前走の1週前の写真の方がまだすっきりと見せている分、今回は重量感が目につく。皐月賞時の馬体評価でA評価をつけていただけに、今回はやや落ちた印象。それでも馬格の雄大さは前走以上。ここから最終追い切りまで時間があるので、もう少しすっきりとさせてくれたら好印象。

まとめ


今回の馬体考察で良かったと感じたのは、皐月賞の時と同様となりますがリオンディーズがお薦め。

それでも前走時は最後に崩れた点は、馬体には表れない距離適性が響いているのかも。

それでも、馬体は本当に素晴らしいところでキープしていると思います。

次点ではマカヒキ。もう1頭挙げるならばサトノダイヤモンドの馬体も良かった。

皐月賞馬ディーマジェスティだが、やはり何度見ても前走の方が仕上がりは良かったと思う馬体。

ただ、その他有力視されている馬についても大方B評価を付けたが、今回はハイレベルな馬体が並んでいてその中で評価をつけていった。

実際のところ、今回の評価した馬の中でC評価以外は全頭好仕上がり。

それでも馬体の適正などを見ていくと、東京2400Mを考えるとというところでB評価の馬もいたりする。

さすがは日本ダービーという感じの仕上がりの良さをした馬体が並んでいて、本番がますます楽しくなりそう。

単刀直入に言って、うまコラボは"こんな人"にお薦めです。

「本当は6頭まで絞って馬券を買いたいんだけど、絞り切れない。」
「実は縦目を喰らうことが多い。」

パドック横の発売機近くで、時計を気にしながら新聞と睨めっこ。本当は目ぼしい馬を決めていたのに、パドックで馬を見てしまったらどの馬も走るような気がしちゃう...。

「もっと楽に走る馬が判ればいいのに...。」

そんなことを願っている自分がいました。
あなたはそんな経験をしたことはありませんか?

もしも、そんなことを少しでも思ったことがある方なら、きっとお気に入り間違いなしの指数提供サイト『うまコラボ』を使ってみて下さい。

うまコラボを使う利点は、少なくとも以下の事が言えます。

  1. 走る馬を指数で提示してくれる。
    だから、迷ったら数値上位の馬を選択することができる。
  2. 有力馬の中で、どうしても切る材料が見当たらない時にチェックしてみる。
    実は指数では全く高評価されていなかった。
  3. 前評判は悪いけど、どうしても気になる1頭がいる。
    馬の数値をチェックして胸を張って買うことができる。

指数って本当に当たるの?という疑問を持つ方もいらっしゃると思います。私も最初はそう思ってました。

あくまで指数ですから、レース展開やそもそもスタートが上手に切れるかどうかは考慮してくれていません。その為、いざレースが始まると指数上位馬でも簡単に敗れてしまうことは十分にあります。

しかし、うまコラボは、過去の成績をしっかりと提示してくれています。そして、うまコラボは、指数上位6頭は来る確率が非常に高いのがミソです。

直近の結果だけですみませんが、だけど、これだけの実績があります。
6頭BOXという限定ではありますが、3連単の的中率が最高で47.2%というのは本当に高い数字です。ほぼ2レースに1レースは的中している結果ですから、驚異的とも言える成績です。

個人的には、指数サイトを使うことで一番のメリットは、時短ができるという点です。

サイトに行けば指数で走る馬を提示しているわけですから、どっちの馬を切ろうかなと悩んで悩んで時間が無くなってきたとき、思い切って指数を参考に切る馬を決めたりしています。

上記6頭のBOXは、私はさすがに買えないのでもう少し絞りますが、迷った時に頼りになるというのは最大のメリットではないかと思います。

使い方は簡単で、こちらの登録ページからメールアドレスの登録が必要です。

上記の登録箇所がありますので、メールアドレスを登録。仮登録メールが送られてきますので、記載のURLをクリックすると本登録完了です。

無料登録だけだと、第1R~第6Rまでのレースが無料で指数公開中です。

え、後半のレースは観ることができないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは無料で午前中のレースだけお試しください。

お気に召しましたら、月額1,980円で全レースの数値を見ることができます。だけど、この金額で全レース提供というボリュームは凄いです。

まずは無料登録から。だけど、あなたも不思議と有料登録したくなると思いますよ。

うまコラボオフィシャルサイトはこちらから

-考察
-