フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

ダービー卿チャレンジトロフィー 2017 予想|出走予定や最終追い切り評価

2017/3/28/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、4月1日に行われるダービー卿チャレンジトロフィーの想定騎手入りの出走予定と推定オッズに、最終追い切り評価と考察、そして最終見解を一気に書いています。
追記形式でお伝えしますので、何度も見るのが面倒な方は、週末にまとめてみていただければと思います。

注目の1頭が参戦してきました。
それはグレーターロンドンです。
ここまで出走したレースは、いずれも連対という成績を残しています。

恐らく人気最上位に支持されるでしょうが、今回のメンバー構成は面白いメンバーが集まりました。
今後の1600M戦を占う上で、このレースが分岐点になったと言われるほどのレースになる可能性がありますね。

それほど好メンバーが揃ったと思います。
まずは、出走予定馬をチェックしていきます。

出走予定

馬名 斤量 想定 推定オッズ
ガリバルディ 57 池添 9.8
キャンベルジュニア 55 Aシュタルケ 5.7
クラレント 57.5 岩田 57.4
グランシルク 55 戸崎 6.8
グレーターロンドン 56.5 田辺 1.7
コスモソーンパーク 54 丹内 678.9
サンライズメジャー 56.5 柴田善 85.9
シェルビー 54 578.9
シベリアンスパーブ 54 田中勝 325.9
ショウナンバッハ 54 192.3
ダイワリベラル 56 北村宏 38.9
ダンツプリウス 56 丸山 25.8
マイネルアウラート 57 柴田大 10.5
マルターズアポジー 57.5 武士沢 18.7
ロイカバード 55 横山典 8.6
ロジチャリス 56 内田博 21

有力馬紹介

グレーターロンドン
≪牡5/鹿 大竹正博厩舎≫

【前走】東風S 1着
【父】ディープインパクト
【母父】ドクターデヴィアス

通算成績≪6.1.0.0≫という安定感が魅力的な1頭です。
姉には、オークスを優勝したダイワエルシエーロ(父サンデーサイレンス)がいる血統です。
血統的には同じように活躍してもなんら不思議ではない血統構成だと見ることが可能です。

ここまで体質が弱く、使えるレース、そして間隔が限られていましたが、昨年末からイケイケで使えるようになっているのは体質が強化されてきた証拠と言えるでしょう。
使われても馬体重が増えているのは、体質の弱さを克服したと見るべきだと言えます。

初重賞で、一気に周りのレベルが上がるものの、能力は持っている1頭だけにあっさりと重賞勝利、そして春以降のG1戦線での活躍にも期待が持てます。
5歳馬ですが、これからが非常に楽しみな1頭と言えるでしょう。
単なる通過点となるか、そこだけが不安材料です。

キャンベルジュニア
≪牡5/鹿 堀宣行厩舎≫

【前走】幕張S 1着
【父】Encosta De Lago
【母父】Redoute's Choice

前走の幕張Sは、上手く流れに乗ると最後は35.2秒の脚を使って後続に0.3秒付ける完勝でした。

この馬の特徴は、昨年から順調に馬体重が増えている点です。
前走の馬体重536kgは、これまでのキャリアで一番重たい馬体重でした。
それだけ成長し続けていると言えるでしょう。

前走は休み明けを叩かれての1戦ですので、狙ってこのレースを選択してきたのが好感が持てます。

こちらも5歳馬で、今後のマイル路線での活躍が楽しみですが、まずは人気しそうなグレーターロンドンとの対決も楽しみですね。
グレーターロンドンの斤量が56.5kgに対し、キャンベルジュニアの斤量は55.0kgとなっているので、なんとしても勝ち切りたいと陣営は見ているはずです。
ここで完敗ということになると、今後のレース選択に幅が出来そうになりますので、試金石の1戦と言えるでしょう。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

ガリバルディ【B】

3月29日(水)栗東 坂路(良)
【52.4-38.0-24.2-12.1】

単走馬なり。途中促される場面もありましたが、全体を通したら馬なりの範疇かなと思います。

舌を出したり、進行方向右へと持たれるように走っていて、それを矯正されながらの走りでした。
集中力を欠いた追い切りで、その点ではやや不満を感じる内容でした。
時計は決して悪くないんですが、雰囲気はあまりよろしいものではなかったです。

京都記念ではCWを選択しましたが、前走の大阪城Sでは坂路を選択。
それは前向きに見れますが、内容がどうか。

クラリティシチー【B】

3月29日(水)美浦 南W(稍重)
【5F67.2-52.2-38.5-1F12.9】

2頭併せ内強め1馬身先着。
コース7分程を走っているので、時計は参考程度です。

残り300Mくらいのところまではグイグイ引き離す内容でしたが、残り1ハロンを切った辺りで伸びが鈍くなり、脚色は僚馬の方があったように思います。
それでも、時計が12.9秒出ているので問題はないでしょう。

全体的な雰囲気は上々と言えるものでした。
悪い追い切りではなかったと思います。

ただし、前走と比べても今回が良かったとは思いません。
同じくらいの内容だと思います。
重賞ではさすがに厳しいのでは。

クラレント【A-B】

3月29日(水)栗東 坂路(良)
【52.0-37.8-24.8-12.3】

単走馬なり。
意外かもしれませんが、この2年程では自己ベストに近い動きを披露しています。
この2年程での自己ベストが、昨年のマイルCSの最終追い切りの51.9秒ですので、それを考慮すると今回のこの動きは、決して状態が悪いとは言えないものでした。

ただ、途中進行方向に対し、左へと流れるような動きになったのが気になりました。

それでも加速ラップを刻めているので、昨年秋の頃の不調よりかは今回の方が仕上がりは良さそうですね。

グランシルク【A-B】

3月29日(水)美浦 南W(稍重)
【5F66.6-51.1-37.5-1F12.7】

単走強め。コース5分程を通る内容でしたので、時計は参考程度に。
それでも雰囲気は上々で、走っているフォームなどはメリハリもあり、好感度は高いです。

追われるまでは舌を出していましたが、ゴーサインが掛かるとすぐさま引っ込めての内容でした。
そもそも舌を出すことはよろしくないとはいえ、ゴーサインが出た時に引っ込めたのはまだ集中している証拠でもあるのかなと思います。

可もなく不可もなくという追い切りでしたが、今回の方が仕上がりはいいのではないでしょうか。

コスモソーンパーク【B】

3月29日(水)美浦 坂路(良)
【51.9-37.3-24.7-12.5】

単走強め。
馬場が荒れ出した時間での追い切りでしたが、全体51.9秒であれば問題ない動きだと思います。

間隔が近いので、流す程度の追い切りかと思っていましたが、しっかりと負荷を掛けてきました。
それだけ調子がいい表れだと思いますので、仕上がり自体は整っていると見ることもできます。

ただし、時計を比較しても、前走から殆ど変わりのないもので、上昇したとは言い難い最終リハとなりました。
今年9歳馬なので、上積みを見込むのも酷なのかもしれませんね。

サンライズメジャー【C】

3月29日(水)栗東 坂路(良)
【56.6-41.0-26.4-12.3】

単走馬なり。やや左を向きながらの動きが気になります。
最後は12.3秒で走れていますが、全体時計は56.6秒は評価できません。

最終追い切りではもう少し時計を刻むか、1週前にきっちりとやるんですが、先週から今週にかけてしっかりと負荷をかけたとは言い難い内容です。
12月にタンザナイトSを勝っていますが、その時に比べても負荷は少ないです。

今回は仕上がりがやや甘そうです。

シェルビー【B】

3月29日(水)栗東 坂路(良)
【53.6-39.1-25.3-12.5】

2頭併せ強め併入。
脚色は僅かにシェルビーの方が良かった程度ですが、僚馬は馬なりでの併入ですので、見た目は地味に映りました。

時計自体は決して悪くないものでしたが、前走と前々走を見ると1年のブランクの多きを物語っていますね。
負荷は掛けているんですが、それに応える反応が乏しいのかなと見ることもできる内容でした。

今年8歳馬なので、上昇を見込むのは酷なのかもしれませんね。

シベリアンスパーブ【B】

3月29日(水)美浦 坂路(良)
【52.8-38.4-25.1-12.4】

2頭併せ馬なり。
手が動いていたので強め表記と迷いましたが、全体的には馬なり程度だったのでは。

馬場が荒れている時間帯での追い切りでしたが、時計は上々だと思います。
しっかりと加速ラップを刻めているので、調子落ちは感じません。

ただ、近走の成績と見比べても、いつもこのくらいの時計で走れているので上昇気配までは感じませんでした。

ショウナンアデラ【B】

3月29日(水)美浦 坂路(良)
【53.0-38.5-24.7-12.0】

2頭併せ馬なり2馬身程先着。
しっかりと走れているのは好感が持てます。
脚捌きもさすがはG1馬という動きでした。

ここまで順調には来ていませんが、その点での影響はどうでしょうか。
2月末に戻っていますが、乗り込み量も若干足りていないようにも感じます。
もう1本から2本ほどやりたかったのではないかなと感じる量ですね。

ここを目標にしていないとは言え、賞金的に今回はギリギリでした。
ここらで成績を出していないと次の大きなところが厳しいとは思うんですが、牝馬なので駄目なら引退、繁殖という感じなのかもしれませんね。

ショウナンバッハ【B】

3月29日(水)美浦 坂路(良)
【54.3-39.0-25.0-11.8】

単走一杯。
ハロー掛け直後の追い切りでしょうが、馬場が綺麗な時間帯でした。
時計が出るのは普通のことなので、あまり時計は意識せずいいかもしれません。

前走の京都記念の最終リハと比べると、全体時計は前走の方が良くて、最後の時計は今回の方がいいです。
その辺りで追い切りの内容を変更してきたのは好感が持てますが、2週続けてしっかりと負荷を掛けていますが、少々物足りなさを感じているのかなとも考えられるだけに悩みますね。

一応、評価は【B】評価に加えておきます。

ダイワリベラル【B】

3月29日(水)美浦 坂路(良)
【53.0-38.9-25.6-12.6】

2頭併せ馬なり併入。
こちらも馬場はまだ綺麗な時間帯での追い切りでしたので、時計は参考程度に。

加速ラップを刻めていますが、雰囲気はあまり前向きな評価はできませんでした。
あまり坂路に入らないと言えば入らない方ですが、ラップの刻み方としては、前走の方がよかったのかなと思います。

下降したとまでは言い切れませんが、上昇したとは思えません。

ダンツプリウス【A-B】

3月29日(水)栗東 坂路(良)
【51.7-37.4-24.4-12.5】

2頭併せ強め3馬身程先着。
すぐ隣に2頭併せの馬がいましたので、実質的には4頭併せのような格好となりました。
実践さながらの追い切りとなりましたが、最後はその2頭併せの馬どちらにも遅れる形になりました。
それでも僚馬には大きく先着しています。

前走と比較すると今回の方が時計的な意味では上昇を感じます。
叩かれた上積みは感じますが、2走前と比べると、そこまで大きな差は感じません。
善戦できればいいのかなと感じる、ややマイナスな要素も大きいです。

マイネルアウラート【B】

3月29日(水)美浦 南W(稍重)
【5F69.3-54.7-39.6-1F12.7】

2頭併せ外末強め1馬身程先着。
追われたのは最後の1ハロンも切ったところでしたが、それまでは少々我慢の利かないような走りをしていました。
ガッチリと手綱を抑えられても、言うことを聞かないかのような形になっていましたので、少々心配材料が多いですね。

時計は出ている方ですが、コース6分程を通っていますので、参考程度に見ておくべきでしょう。
雰囲気が微妙で、時計も霞んでしまいますね。

これで走られたら、気合乗りが良い時の方が走ると言うことなので、そこは逆に気にした方が良いのかもしれません。

ロイカバード【A-B】

3月29日(水)栗東 坂路(良)
【53.5-39.3-25.3-12.4】

2頭併せ強め2馬身先着。
1週前もしっかりと時計を刻んでいますが、今回はしっかりと加速ラップを刻んでいます。

前走の東京新聞杯の時と比べると、1週前に加速ラップを刻んで、最終で減速ラップとなったのは、今回とは逆で、今回は1週前に減速ラップからの最終で加速ラップを刻んでいます。
状態としては、こちらの方がいいのかなと思いますので、上昇気配としてきます。

ロジチャリス【B】

3月29日(水)美浦 南W(稍重)
【5F70.4-550.-40.4-1F12.6】

3頭併せ内強め1頭併入、1頭2馬身程先着。
3頭併せの内を走っているので、コースの半ばを走っていることを考えると時計は参考程度にみるべきでしょう。

特に気になる部分はなかったですが、間隔が近いので軽く流した程度の内容とも言えます。
仕上がりは程々整っているのではないでしょうか。

最終見解と予想

本来であれば、追い切りの全体評価を行いますが、今回は時間が限られている中での更新となりましたので、最終見解の中でお伝えしていきます。

記事の編集は行いませんでしたが、グレーターロンドンが回避することになりましたが、さらに混迷となった印象すら受けるメンバーとなりました。
グレーターロンドンは安田記念を目標にするみたいですが、賞金的は足りるのでしょうか。
4歳馬の賞金が半分になれば、余裕があるとも見ることができますが、今年の安田記念も難しくなりそうなマイル路線ですね。

追い切りで好調さを伺わせるのは、【A-B】評価のクラレント・グランシルク・ダンツプリウス・ロイカバードの4頭でした。
【B】評価組の中でも、ショウナンアデラはさすがG1馬というような走りを見せてくれていました。
追い切り考察的には、上記の4頭を中心に見ていくといいかもしれません。

さて、難しいダービー卿CTですが、少し枠の傾向を見てみたいと思います。

1着 2着 3着 以下 勝率 連対率 複勝率
1 1 0 1 17 5.3% 5.3% 10.5%
2 2 1 3 14 10.0% 15.0% 30.0%
3 0 3 2 15 0.0% 15.0% 25.0%
4 2 1 0 17 10.0% 15.0% 15.0%
5 2 2 3 13 10.0% 20.0% 35.0%
6 1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%
7 1 1 1 18 4.8% 9.5% 14.3%
8 1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%

中山1600Mのレースらしいと言える成績となっているかと思います。
中でも、2枠は単勝回収値138円、複勝回収値141円でどちらもプラス域です。
1枠は成績が悪いですが、その他の2枠から8枠を比べると、7枠8枠はやや成績が悪いのが特徴です。

外回りコースとなるため、おむすび型のコースとなります。
外枠は外々を回ることになるので、その点で成績が落ちているのかもしれません。
特にメンバーが揃った今回のようなレースでは、注意して見ていかなくてはいけません。

それでは予想です。

1頭目はグランシルク

追い切りでは、舌を出していたもののゴーサインが掛かるとスッと引っ込めた。
グランシルクの追い切り考察にも書いたように、そもそも舌を出すことにはマイナス要素してかないと思っています。

それでも追われてからの反応は良かったと思います。
鞍上の指示にしっかりと応えられるのは、調子のいい証拠でもありますので、そこは素直に評価したいと思います。

上昇気配を見込める時計でしたし、活躍できるのではないでしょうか。

2頭目はロイカバード

【A-B】評価をした中で、気になっていたダンツプリウスが8枠に入りました。
消去法ではないですが、6枠のロイカバードを選択することにしました。

この辺りはあまり差のない馬だと思いますので、この考えでいいのではないかと思います。

グランシルク・ロイカバードの馬連とワイドで

今回は、グランシルクとロイカバードの馬連とワイドの2点で勝負します。
馬連とワイドの比率は、1:10がお薦めです。

「うまコラボ」という競馬サイトがありますが、あなたはご存知でしたか?
知らない方は、もったいないですよ。
だって走る馬が視覚的に判っちゃいますからね。

自分の力だけで予想をするよりも、他の手段を使って予想した方が効率が良いってことに気付き始めました。

では、人気になっているうまコラボの何が凄いのか。

それは、単刀直入に言って『高確率で的中を持ってきてくれる点』です。
基準値としてわかりやすく三連単を見ていくと、三連単の平均的中率は10%と言われています。
その情報と、あなたのこれまでの実績と比べて以下のデータをご覧ください。

うまコラボ:4月15日(土)的中率結果
=========================================
単勝:86.1% 複勝:100% 馬連・馬単:66.7%
ワイド:91.7% 3連複・3連単:38.9%

=========================================
うまコラボ:4月16日(日)的中率結果
=========================================
単勝:86.1% 複勝:100% 馬連・馬単:69.4.%
ワイド:83.3% 3連複・3連単:52.8%

=========================================

ご覧いただけましたか、上の数字を。
市場の3~4倍の的中率をたたき出し、
実に、3回に1回は三連単が当たっています。
3連単の馬券を買う人は、よくよくチェックしておいた方がいいですと断言できる数字です。

これは、うまコラボだけの特別な強みと言ってしまっていいでしょう。

メールアドレスを入力して申し込む

■サイト運営者・重賞予想解説者:北条直人

こんな感じのよくわからない競馬オタクが運営しているサイトですが、

  • もっと楽しみたい。
  • 勝ちたい。
  • 的中させたい。
  • もう一度的中の興奮を味わいたい。
  • 競馬の相談が出来る頼れる存在が欲しい。

競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことへ答える為に、
土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!
実は凄い人かも北条直人!

確かにこんなサイトは今までありませんでした。
TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

今週の天皇賞春(G1)の予想に至っては、
サイト内の北条ブログで週末無料公開予定
との事で、
間違いなくチェックすべき内容です!

無料予想だけで充分すぎる内容なんですが、
月額で1,980円のみの有料メニューの提供もありました。

週末全レース72レース分の予想を見れた上に、
「 買い目付きの予想と考察・その根拠 」が提供されるので、
購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができるます。

もっともっと稼ぎたい人には最高の特典かもしれませんね!
プロの予想に数万円かけて購入するより、
この実績が明日から自分のものになると考えると、
これからの競馬シーズンも含めて、ずっと勝てる、楽しい競馬ができそうですね。

しかし、無料予想で十分勝てるし儲けれますので、
まずは無料でどんどん当てまくって下さい!

さらに多くのみんなに浸透してしまうと、勝ちにくくなるかもしれませんよ。

メールアドレスを入力して申し込む

-出走予定馬
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。