フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

チャンピオンズカップ 2017 1週前追い切り|サウンドトゥルーは引き続き好内容

2017/11/28/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

12月3日に中京で実施されるチャンピオンズCの1週前追い切りの考察を行っていきます。
映像配信のあった16頭をチェックしています。

チャンピオンズC1週前追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アウォーディー【B】

11月22日(水)栗東 CW(良)
【6F81.6-66.4-52.0-37.7-1F12.6】

単走末強め。
5馬身程後方から回ってきている他陣営の馬が半馬身程先着しているので、それと比べると地味に見えてしまいます。

時計はJBCの時に比べても今回の方が良さそうに見えますが、今週の栗東CWは時計が出易い馬場でした。
そこを勘定して見ると、直前の追い切りでどこまで動かしてくるのかではないかと思います。
1週前の段階では、特に前走から変わりなく来ているように感じるだけに、上昇度を感じさせる走りに期待したい。

アポロケンタッキー【B】

11月22日(水)栗東 坂路(良)
【52.2-37.9-25.1-12.9】

単走一杯。
しっかりと負荷を掛けられて走り続けていますので、調子はいいのではないでしょうか。

ドバイ遠征前の坂路調教でバシバシ時計を出していますが、その時に比べると、海外帰りの影響が出ていると感じる1頭です。
ただ、前走のJBCクラシックでは東京大賞典を優勝した時と同じような時計を出していて、復調の気配がある中での8着でした。

状態自体は良くなってきていると思いますが、大敗したところを見ると難しいのかもしれません。

今年の目標はここだとは思いますが、最終リハで54秒台が出せれば問題ないと思います。
減速ラップでも問題ない1頭ですが、加速ラップで本番に向かうとどうなるのかを見たいですね。

カフジテイク【B】

11月22日(水)栗東 坂路(良)
【56.5-41.9-27.1-13.2】

単走馬なり。

1週前に時計を出したり、出さなかったりと、陣営もこの馬には苦慮しているのではないかと推測できます。
ある時は、加速ラップを刻んでも勝ち切れだったり、同じく加速ラップを刻んで凡走したり。
全体時計を出しても好走したり凡走したりと、この馬の調子の良し悪しはあまり追い切りから見えてきません。

今回は全体遅く加速ラップ。
このパターンだと、最終リハではある程度刻んでくるものと思います。
最終では、映像から感じたことを素直に文章にしてお伝えします。

グレンツェント【B】

11月22日(水)美浦 南W(良)
【6F84.8-69.4-53.7-39.4-1F13.7】

2頭併せ外馬なり併入。
1馬身程先行した状態で直線へ。
内を回る僚馬の方が脚色は良かったですが、相手よりも時計を気にした走りだったかと思いますので、気にしなくていいでしょう。
じっくりと乗り込まれています。

前走のJBCクラシックと比べて、最終リハでの違いは感じません。
映像がないので時計判断となりますが、状態が落ちたとは感じません。

今年1月の東海Sと比べても、遜色ない仕上がりではないかと思います。
最終リハでの判断でいいのではないでしょうか。

ケイティブレイブ【B】

11月22日(水)栗東 坂路(良)
【53.4-39.0-25.2-12.5】

2頭併せ馬なり半馬身程遅れ。
半馬身遅れていますが、状態的にはそこまで気にしなくていいのではないでしょうか。
前走は全体時計55.1秒の1週前から、最終リハで52.1秒を出していました。

内容よりも時計の方が大事な気がしますので、今回のここまでの調整過程はなんの疑問も感じません。
順調に来ていると見ていいでしょう。

ゴールドドリーム【B】

11月22日(水)栗東 坂路(良)
【53.1-38.7-24.8-12.3】

単走強め。
加速ラップを刻む良い追い切りだったと思います。

フェブラリーSを制して以降は、交流重賞ですら馬券に絡めていないのは気になりますが、今回もデキで言えばこれまで通りでしょう。
逆にいえば、フェブラリーSの時と比べても変わりなく来ていると思いますので、その点ではきっかけ1つで変わりそうです。

コパノリッキー【B】

11月22日(水)栗東 CW(良)
【6F85.6-68.9-53.0-38.5-1F12.4】

単走馬なり。
スプリントを使われてからの出走ですが、特に疲労なども無さそうです。
走りもスムーズですし、雰囲気もあります。
ここまで順調に来ているのではないかと推測できます。

サウンドトゥルー【B】

11月22日(水)美浦 坂路(良)
【53.7-39.2-25.9-12.9】

単走馬なり。
特に悪いところは見当たりません。

ただ、これまでに比べるとやや迫力不足も感じる走り。
どこかこじんまりとした印象を受ける走りにも見受けられました。

最終リハではもう少し全体時計、そして末の時計が出てくればいいような印象です。
1週前と同じような馬場状況であれば、53秒台前半は欲しいです。

スリータイタン【C】

11月22日(水)栗東 坂路(良)
【56.0-40.9-26.6-13.0】

単走馬なり。
首を右へ向けたりするなど、やや落ち着きがない様子。
進行方向に対し、右側へやや流れていく走りも好感は持てません。

ただ、時計比較などいつも通りの追い切りパターンと言えそうです。
最終リハで判断していいのではないでしょうか。

テイエムジンソク【B】

11月22日(水)栗東 CW(良)
【6F80.2-64.7-51.3-39.0-1F13.4】

単走馬なり。
調整程度の内容で、特にこれが悪いということはないですね。

やや前のめりのような形になっていますが、前走の最終リハの映像と見比べても、馬なりであればこの程度なのかなと思います。
最終リハでは恐らく多少は追われると覆いますが、その時に今回みたいに前のめりとなっているのであれば、少々心配して見ていいくらいに覚えておくといいでしょう。

トップディーヴォ【B】

11月22日(水)栗東 CW(良)
【6F89.1-72.2-56.0-40.2-1F12.0】

単走馬なり。
走り自体は好感が持てるものでした。
雰囲気といいフォームといい、状態は良さそうです。

みやこSを除外後ですので、その点ではどうなのか状態が心配されましたが、動き自体は特に変わりなくきているでしょう。
雰囲気も良いですので、好走に期待が持てるのではないでしょうか。

ミツバ【B】

11月23日(木)栗東 坂路(重)
【55.4-40.0-25.9-12.7】

単走強め。
特に可もなく不可もなくといった内容でした。

前走は、JBCクラシックにて3着と敗れてしまいましたが、最終リハでは坂路を選択し好走を見せました。
坂路での最終リハはなかなかない1頭ですので、その点ではパターンに変化を持たせてきて結果が出ていますので、今回も坂路を選択するのではないかと思います。

メイショウスミトモ【B】

11月22日(水)栗東 CW(良)
【6F82.3-67.2-52.8-39.3-1F13.0】

2頭併せ外強め2馬身程先着。
ゴール後も追われているので、上記以上に走っていると言えます。

11人気でシリウスSを制しましたが、動き自体は今回も良いと思います。
前走の勢いそのままに出走できるのではないでしょうか。

前走は調子が良いとは思いませんでしたが、そのまま勝ってしまいました。
改めて今回の動きを見ると調子が良さそうだと思います。

最終リハでは坂路で動かしてくると思いますが、前走みたいに全体56秒台でも最後さえ締まればいいのではないでしょうか。

モルトベーネ【B】

11月23日(木)栗東 坂路(重)
【52.2-37.4-24.4-12.4】

単走強め。
可もなく不可もなくと言った内容です。

ここまで大敗することもありましたが、比較的重賞戦線でも通用している方だと思います。
ただ、今回はG1の舞台。
さすがに荷が重たいのではないでしょうか。
最終リハ次第で評価を変えるかもしれませんが、現状では前走程度の走りではないかと見ています。

ローズプリンスダム【B】

11月22日(水)美浦 坂路(良)
【53.5-39.8-26.6-13.8】

単走強め。
強めに追われていますが、反応しているのかは少々分かりづらい内容となりました。

休み明けからの坂路での時計を見ていると、4ハロン目に必ず時計を大きく落とします。
好走している時は、なんとか12秒台で踏みとどまっているので、その点では少々戻りきれていない印象を受けます。

最終リハで、最後に12秒台が出せて初めてこの馬の走りに期待が持てそうです。

ロンドンタウン【B】

11月22日(水)栗東 CW(良)
【6F80.2-64.8-50.6-37.8-1F12.5】

単走末強め。
反応はしているのかなと感じる程度で、もう少し伸びても良さそうな走り。
やや首の位置も高く、推進力が得られていないような走りになりました。

前々走のエルムSでも首の位置が高いのですが、今回の方が高いのが気になりました。
この馬の特徴でもありますが、いつも以上に高いように感じられたのは少々不安もあります。

最終リハを見て決めても良さそうです。

チャンピオンズCの1週前追い切りまとめ

以上、映像配信のあった16頭をチェックしていきました。

今回の評価を見て判る通り、スリータイタン以外は前走の走りそのままに出走できそうです。

その点では、JBCクラシックを勝利したサウンドトゥルーや同レースで好走を見せたケイティブレイブなどは評価ができそう。

一方で、前走で止まってしまったアウォーディーやアポロケンタッキーと言った面々は、少々心配にも感じる内容でした。

意外なところでは、除外明けとなりましたが、トップディーヴォは調子が良さそうな走りをしていました。
雰囲気はメンバーの中でも上位争いができそうなくらい、順調に来ていると思います。
メンバー的にはさすがに厳しい印象もありますが、5歳暮れから急成長する馬もいますので、穴があるとすれば程度で見ていてもいいかもしれません。

最終リハで最終的な評価を決めますが、今回のところでは、前走で好走を見せた馬を評価しておけばいいように思います。


  • サウンドトゥルー
  • ケイティブレイブ
  • コパノリッキー
  • トップディーヴォ

秋華賞、菊花賞、天皇賞秋と注目G1の的中を総ナメした予想!

先週の無料予想!
2017-11-12 東京2R サラ系2歳未勝利
3連複 10,770円的中 53,850円獲得!

無料予想でしっかりと勝ち競馬を演出し続けているこのサイト。

無料で十分勝てます!

このサイトの売りは、過去1,000レース以上予想提供
その平均的中率がなんと72%!4回に3回は的中する実績を継続中!

■無料メルマガ登録でご覧いただけます。

今すぐにでも、手っ取り早く稼ぎたいという方は、72%の的中率を誇るこのサイトが本当におススメです!

このサイトのG1的中率は高いです!
☆10月15日(日)秋華賞G1
3連単的中 147.6倍 「147,600円獲得
☆10月22日(日)菊花賞G1
3連複的中 1,363.5倍的中 「1,363,500円獲得
☆10月29日(日)天皇賞秋G1
3連単的中 553.2倍的中 「553,200円獲得

外す方が難しい!
過去予想提供1,000レース以上、平均的中率72%!

あなたがいつも感じていた当たらないという悩みは、このサイトを使うことで改善する可能性は十分にあります。
まずは無料登録を行って、コンテンツを利用してみてください。

【無料】今すぐ登録する方はコチラから

-追い切り情報
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。