フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

「追い切り情報」 一覧

土曜日日曜日に開催されるJRA中央競馬の追い切り情報をまとめたカテゴリです。特に最終追い切りは本番前のリハーサルも兼ねていることからも、競馬予想は追い切り中心でみるべきだと思っています。

スプリングステークス 2017 予想|最終追い切り評価と想定騎手入り出走予定

スプリングステークス(2017)の想定騎手入り出走予定から、最終追い切り評価と最終予想までを一気に1記事で行っています。注目は朝日杯FSで優勝したサトノアレスです。

🐴阪急杯 2017 最終追い切り評価|シュウジ元気に51.4秒の好時計!

2017/02/24   -追い切り情報
 

阪急杯(2017)の追い切り評価について。7段階で、前走からの調子の良し悪しを判断していますシュウジが元気に51.4秒をマークするなど、前哨戦ながら楽しみな1戦です。

🐴アーリントンカップ 2017 最終追い切り評価|伏兵馬の活躍もありそうな内容

アーリントンカップ(2017)の最終追い切りの考察について。調教映像や時計を見て、前走から上昇しているのか下降しているのかを見比べて評価しています。今回は、どうやら伏兵馬の活躍がありそうです。

中山記念 2017 最終追い切り評価|リアステ51.6秒-12.2秒の好タイム!

2017/02/23   -追い切り情報
 

中山記念(2017)の最終追い切り考察について。前走との比較で7段階にて評価しています。今回の追い切りで良かったのはリアルスティールとロゴタイプの2頭。その他にも、ヌーヴォレコルトなど有力馬が追い切りを行いました。

京都牝馬ステークス 2017 予想|最終追い切り評価から馬連とワイドで勝負

京都牝馬ステークス(2017)の最終追い切りから予想しています。いつものように2頭を選んで、馬連とワイドの2点勝負です。今回は人気の1頭と、伏兵馬の1頭を選びました。

ダイヤモンドステークス 2017 最終追い切り評価|アルバートは8割くらいのデキ!?

ダイヤモンドステークス(2017)の最終追い切り考察について。各馬の評価などを行っています。アルバートはやや仕上がり甘そうな印象で、デキ8割ほどの仕上げか。

フェブラリーステークス 2017 最終追い切り評価|ゴールド圧巻の走りを披露!

フェブラリーステークス(2017)の最終追い切り評価について。各馬の追い切りを5段階で考察し、おススメの馬を4頭挙げています。デニムアンドルビーの取捨についても簡単に触れています。

クイーンカップ 2017 最終追い切り評価|前評判よりも混戦かも。

クイーンカップ(2017)の最終追い切り評価について。今回は前評判の高い馬の追い切りも良かったですが、その他の伏兵馬・穴馬の存在もかなり大きそうです。どの馬も前走より状態を挙げてきているので、混戦となりそうです。

共同通信杯 2017 最終追い切り評価|ムーヴザワールド微妙か!?

共同通信杯(2017)の最終追い切り評価と考察について。今回の追い切りで上昇気配を見せていたのはアサギリジョー・エトルディーニュ・スワーヴリチャード・ディアシューターの4頭。中心になりそうなムーヴザワールドは良化途上か。

京都記念 2017 最終追い切り評価|マカヒキ53.6-12.4でもパワフルな動き

2017/02/09   -追い切り情報
 

京都記念(2017)の最終追い切り評価。5段階にて各馬の考察を行っています。凱旋門賞帰りのマカヒキは坂路で軽快な動きを披露しています。さすがに日本ダービーと比べると落ちますが、好走に期待が持てます。

きさらぎ賞 2017 最終追い切り評価|サトノアーサー迫力ある動き

きさらぎ賞(2017)の最終追い切り評価について。映像と調教タイムを見ての5段階評価とオススメ馬の紹介をしています。追い切りからはサトノアーサーの動きに注目。前走と仕上がりはキープしていて、雰囲気ある内容でした。

東京新聞杯 2017 最終追い切り評価|ブラックスピネル急上昇!?

東京新聞杯(2017)の最終追い切り評価について。調教タイムや映像をチェックしたものから、5段階で評価しています。今回の追い切りで上昇気配を見せた中で一番良かったのはブラックスピネルでした。雰囲気はとてもよく、重賞制覇に期待。

シルクロードステークス 2017 最終追い切り評価|ブラヴィッシモが上々の動き

シルクロードステークス(2017)の最終追い切りについて。各馬の評価とオススメ馬の記載をしています。【A】評価(前走から上昇気配)だったのはブラヴィッシモ・ラインスピリットの2頭でした。【A-B】評価はブランボヌールで、3頭は上昇気配を見せています。

根岸ステークス 2017 最終追い切り評価|ブルミラコロ上昇気配も混戦

根岸ステークス(2017)の最終追い切り考察について。今回の追い切りでは、どの馬も前哨戦仕上げという中で、ブルミラコロは上昇気配を感じさせる追い切りを消化。ラストダンサーの追い切りの雰囲気もGOODでした。