フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

アンタレスステークス 2017 予想|馬連とワイドの2点勝負馬券

2017/4/15/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、アンタレスステークスの最終見解と予想について書いています。
アンタレスSは、阪神右回り1800Mで実施さる重賞です。

ちゃちゃ
この時期のダート重賞は、賞金加算が第一の目標です
こてつ
4歳馬は、賞金の減額があるから大変だな
ちゃちゃ
ダートは層が厚いので、賞金が足りない=出走できるレースが少ないということですよ

総じて4歳馬が狙い目とも言えるこの時期の競馬。
日本ダービーが終わると減算が行われるため、特にダート戦で戦うメンバーは致命傷です。
今回も、非当選馬が6頭いますが、重賞を勝った馬も含まれるため、その層の厚さは芝路線に比べても顕著です。
使いたいレースに使えない、出走したいレースに出走できないというのは、今後のレースの幅に関わるため、この時期に少しでも多くの賞金を加算しておきたいはず。

そして、個人的に、ここはなんとしても賞金を加算しておきたいのがアスカノロマンだと思っています。
昨年の秋に、チャンピオンズCで3着に入ったものの、賞金の加算はできませんでした。
これ以上賞金が減ることはないにしろ、フェブラリーSの時は、賞金順で11番目でした。
このままだと、地方交流に出走できる機会が減る可能性も高いため、勝負度合いはそろそろ高くなると思っていたんですが...。
最終追い切りでは、怪しい動きをしていました。

アンタレスステークス 2017 最終追い切り評価|ミツバの時計は好感も...
アンタレスステークス(2017)の最終追い切り評価を行っています。映像配信があった馬を5段階にて考察を行っています。ミツバとロンドンタウンの時計は好感が持てる仕上がりだと言えます。

私の評価では、【B-C】と前走からデキ落ちという判断です。
この点で買えないのかなと見ています。

今年のアンタレスSは、有力馬が軒並み前走からデキが落ちたと判断できる内容を消化しています。
ダート重賞の数が少ないため、どうしても出走できるレースが限られてしまいますが、もう少し作ってもよかったのではないかと思っています。
全体的に、勝負度合いが高いと判断できる陣営もなく、その点では残念です。

特になんとか賞金を加算しておきたい4歳馬で、好内容の追い切りを消化したのはピットボス・グレンツェント・ロンドンタウンの3頭でした。
それでも上昇気配というよりも、前走と同じく良い追い切りを消化していたという内容ですので、その点ではどっちに転ぶかは微妙なところです。

前書きが長くなってしまいましたが、それでは最終予想です。

最終予想

それでは、今回も馬連とワイドの2点で勝負していきたいと思います。
最終追い切りで名前を挙げた4頭の内、評価できる追い切りを消化していたのはグレンツェント・モンドクラッセ・ロンドンタウンの3頭でした。
その中から、今回は素直に選びたいと思います。

1頭目は4歳馬のグレンツェント

順調に重賞を勝っていますが、4歳馬の賞金の減算を考えると勝っておきたいレースになるでしょう。
まさに正念場のレースですね。
ここを勝つと、これからのダート重賞、特に地方交流でも選択肢が大きく広がるので、勝っておきたいレースになると思います。

一息入っていますが、仕上がり自体は決して甘くありません。
前走と同様程度の仕上がりで出走できるとみています。
十分に勝負度合いは高いでしょう。

2頭目には、同じく4歳馬のロンドンタウン

2走前に佐賀記念を制していますが、賞金的には減額を挟むと厳しいレース選択となるでしょう。
恐らく、秋を順調にいかなければ大きなところへの出走が難しくなるので、この時期に少しでも多くの賞金を加算しておきたいと思っているはずです。

上昇度は感じませんでしたが、今回の追い切りの動きはいいものを消化。
仕上がりは決して甘くありません。

前走はこれまでよりも前でレースを進めていましたが、阪神ダ1800Mは、とにかく先行しなければ始まらないコース。
これまでとは違うレース運びができたことはこの馬にしてみればプラスのはずです。

前向きな評価で見ていきたいと思います。

アンタレスSのまとめ

今年のアンタレスSは、グレンツェントとロンドンタウンの馬連とワイドの2点で勝負したいと思います。
想定オッズ、馬連は15倍、ワイドは5倍前後です。
穴っぽくはないですが、今回はこの2頭で勝負したいと思います。

以上、アンタレスSの最終見解と予想でした。

【号外PR】穴馬をガンガン的中
できる方法があった!

今週の穴馬ターゲットレースは、宝塚記念(G1)です!

【最近の重賞優勝馬】
桜花賞(G1)→       レーヌミノル(8番人気)
ニュージーランドT(G2)→ ジョーストリクトリ(12番人気)
皐月賞(G1)→       アルアイン(9番人気)
フローラS(G2)→     モズカッチャン(12番人気)
ヴィクトリアM(G1)→   アドマイヤリード(6番人気)
目黒記念(G2)→      フェイムゲーム(8番人気)
安田記念(G1)→      サトノアラジン(7番人気)
エプソムカップ(G3)→   ダッシングブレイズ(5番人気)

みなさんに一つ確認したい事がございます。
何でこんな馬が来るんだ?って思う事ありませんか?

みなさんの記憶に新しい函館SSを振り返ってみます。
優勝:ジューヌエコール(3番人気)
2着:キングハート(4番人気)
3着:エポワス(7番人気)
4着:セイウンコウセイ(1番人気)
ジューヌエコール、キングハートについては、力を持っていたことは事前にわかっていましたし、馬券に絡んでくることは想定内でした。

しかし、驚いたのは馬券内確実と言われていたセイウンコウセイを差し置いて、7番人気のエポワスが3着入線!
セイウンコウセイ1頭軸で買い目を組んでいた人は、一瞬で灰となりました。

さて、今週のG1宝塚記念はどうでしょうか。
キタサンブラックが馬券圏内確実と前評判では言われています。
セイウンコウセイの様な結果にならなければいいのですが。。。

過去、宝塚記念の穴馬と言えば、
2016年:マリアライト(8番人気1着)
2015年:ラブリーデイ(6番人気1着)
2015年:デニムアンドルビー(10番人気2着)
2015年:ショウナンパンドラ(11番人気3着)

など。

ただ、これらの馬にしても他に大穴を開ける馬にしても、穴馬を本命にする側から言えば 「何でこんなにオッズが付くの?」
と思っているんです。

そういう人ってやっぱり情報源が違うんですよね。
普通の人って東スポなどのスポーツ新聞とかを使って予想するじゃないですか。

穴馬を当てる人って違うんです。
独自の情報源を持っているんです。

だから人気のない馬を躊躇なく買えるんです。

そんな、穴馬をガンガン当てまくっているサイトが「PREMIUM」というサイトです。

詳しくはこちらから

先週で言うと
17日(日)阪神3R
ウィッシュノート(6番人気1着)
レオンマテラ(12番人気2着)3連単3,339,850円

17日(日)阪神4R
ヴィトンリード(12番人気3着)3連単451,850円
などを拾っています。

しかも買い目は20点前後です。
20点前後って、例えば1着を固定した場合、2着3着を5頭ずつしか買えないんです。

1着を固定する事自体にかなりリスクがあるのに、12番人気を指定するのは難しいと思うんですよ。

それをやってのけるんですから強力な独自情報源がある事は間違いありません。

「なんでこんな馬が来るんだ?」は今日で卒業して
「なんでこの馬が人気ないんだ?」に変えていきませんか?

まずは土日それぞれ1レースずつ、渾身の無料予想が公開されているので、穴馬が的中する感覚を味わってみて下さい!
宝塚記念(G1)の穴馬ももちろん公開予定です!

「PREMIUMの穴予想はコチラから入手可能!」

お申し込みはこちら

-競馬予想
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。