フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

愛知杯 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察

2017/1/10/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

リッキーです^^

ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、愛知杯の出走予定馬と想定騎手と推定オッズを見ていきたいと思います。

有力馬考察も行っていますので、お時間ある方はご覧ください。

1月開催になって2回目の愛知杯ですが、ハンデの条件は変わらず混戦模様となっています。

昨年は8人気のバウンスシャッセが優勝し、2着5人気-3着4人気の組み合わせでした。

3連複配当48,950円、3連単配当345,200円でしたね。

今年も好メンバーが揃いどの馬が勝ってもおかしくない馬が集結しました。

早速、登録馬17頭を見ていきたいと思います。

出走予定馬(17頭)

左から馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ

  • アンジェリック 51.0 横山和 154.0
  • アンドリエッテ 52.0 -- 8.7
  • ウインリバティ 51.0 松山 38.1
  • カゼルタ 51.0 -- 215.2
  • クインズミラーグロ 53.0 藤岡康 6.4
  • クリノラホール 53.0 北村友 8.8
  • ゴールドテーラー 50.0 岩崎 104.3
  • サブトゥエンティ 48.0 -- 341.2
  • サンソヴール 52.0 津村 137.8
  • シャルール 55.0 Sフォリー 3.8
  • ダイワドレッサー 54.0 川須 10.8
  • ヒルノマテーラ 55.0 四位 5.2
  • プリメラアスール 52.0 幸 9.8
  • マキシマムドパリ 53.0 岩田 4.5
  • マラムデール 50.0 -- 415.9
  • リーサルウェポン 50.0 川島 31.5
  • レーヴデトワール 49.0 -- 68.8

アンジェリックは初富士Sと、アンドリエッテは北大路特別と、マキシマムドパリは新春S・日経新春杯と、マラムデールは新春Sと重複登録

レース解説と有力馬考察

今回のトップハンデは55kgを背負うシャルールとヒルノマテーラの2頭で、一番下の48kgのサブトゥエンティとの差は7kgとなっています。

ハンデ戦ではあるものの、今回はどれだけ斤量を引くかのハンデの付け方の印象を感じます。

それだけ小粒揃いとも言えますが、ここまでハンデの開きがあると面白くなります。

一発狙えそうな馬を狙うのも面白いです。

ただ、ここまで軽いと正直馬の実力とハンデ差を考えると分かりにくくなっていますね。

パッと見たところは様子見も考えたくなるハンデです。

 

トップハンデのシャルールの55kgはこのメンバーでも重たく感じます。

プリメラアスールはエリ女で5着という成績で52kgに対し、マキシマムドパリはエリ女9着で53kgも、近走1600万条件で2着だったのは同条件なのに1kgの差があるのは理解が出来ません。

54kgのダイワドレッサーは単純に見込まれ過ぎているようにも感じます。

ハンデを考える人は、レースレートなどからハンデを考えるそうですが、この項目の最初に書いたように上と下で7kgのハンデ差は少々やり過ぎのようなメンバーのように感じますね。

 

さて、冬の牝馬限定レースということもあり、気になるのは馬体重です。

というのも牝馬はこの時期冬毛に覆われ、さらに本来の生きる力で脂肪を蓄えようとします。

そのため、この時期は特に見た目がどうしても丸くなったり、冬毛に覆われると馬体のハリなども一見すると分かりにくくなってしまいます。

最低限として、馬体重はチェックして馬券を買うことをお勧めします。

それでは有力馬考察を行っていきます。

シャルール≪牝5/栗 松永幹夫厩舎≫

【前走】エリ女 15着
【父】ゼンノロブロイ
【母父】Kaldoun

昨年は初音Sを勝利し、2つの重賞で2着に入る成績を残せた点が評価され55kgの斤量を背負うことになりました。

G1ではヴィクトリアマイル(VM)で18着、エリ女では15着と結果が出ていませんが、福島牝馬SとクイーンSで2着に入っているように、G3レベルであれば一発あってもおかしくはないでしょう。

中京2000Mは3歳500万条件で、テイエムフタエマル以下を2馬身以上突き放す好内容で勝ち上がっており、その時の勝ちタイム2.01.6は立派です。

メンバーを見渡しても先行勢は手薄でスローの流れが考えられる中、先行力を武器に走れるのは好感も持てます。

近走は勝ち馬から1秒以上離された結果ばかりでしたが、このメンバーなら地力上位と言えるでしょう。

クインズミラーグロ≪牝5/黒鹿 和田正道厩舎≫

【前走】カウントDS 1着
【父】マンハッタンカフェ
【母父】In Excess

前走は準オープンのカウントダウンSで1着となりオープン入りを果たしました。

その前走の2着馬は、今回人気の一角となっているマキシマムドパリで、10人気の低評価を覆す激走を見せの勝ち上がりとなりました。

この馬は、馬体重が1つの鍵となりそうな1頭です。

前走は-12kgでの出走でした。そこも嫌われて最終的に10人気となったようにも思います。

ただ、3歳以降でこの馬の勝った時の体重をみると、【432kg-444kg】(前走除く)となっています。

16年10月の山中湖特別の時に+14kgで出走し、次の11月のノベンバーSで+16と、2つのレースの合計で馬体重が30kgも増加していました。

明らかに太目な作りで、前走のマイナス出走がむしろプラスだったと言えるでしょう。

今回も同様の馬体重で出走できれば、好勝負に期待したいと思います。

ただ、昨年から連続して使われていて、2016年合計で10回も出走しています。

休養という休養をとっていないので、そろそろ見えない疲労も見えてくるころだけに、追い切りの動きや当日の気配には注意したいですね。

マキシマムドパリ≪牝5/芦 松元茂樹厩舎≫

【前走】カウントDS 2着
【父】キングカメハメハ
【母父】サンデーサイレンス

安定した走りが自慢の1頭で、掲示板を外したのは3歳のオークスと4歳時のエリ女のみ。

18戦して16戦は掲示板に入っています。

通算成績【4-3-7-4】という安定感は、ここでは力強く感じさせてくれます。

今回は岩田騎手への乗り替わりが発生しています。

昨年、重賞勝ち鞍がない岩田騎手への乗り替わりはさすがにプラスには感じないですね。

個人的には岩田騎手のイン突きを見せて欲しいと思っていますが、それが出来ていれば昨年も勝てる重賞はあっただけに、馬よりも騎手に不安を覚えてしまいます。

あと、この馬の特徴としては、内枠に入ると弱いことが挙げられます。

外枠だと複勝率100%のデータも出ていて、願わくば外枠が欲しいところでしょう。

クリノラホール≪牝4/芦 谷潔厩舎≫

【前走】
【父】ダイワメジャー
【母父】クロフネ

乗り替わり北村友一騎手となって3連勝中で、相性の良さが結果となって表れています。

今回も北村友一騎手が乗るので前向きな評価をしたいです。

中京コースは初出走で、今回は前走から距離延長となります。

意外と距離延長で苦戦していて、その点はマイナス評価ですが、3連勝の勢いがあれば問題なくクリアしてしまうかもしれません。

中京芝2000Mのダイワメジャー産駒は、【2-4-6-34】という成績です。

勝率は4.4%と低いですが、複勝率26.1%で複勝回収値は114円とプラスに転じています。

まとめ

ハンデ戦の重賞で、そのハンデも上下の開きが7kgと馬券的には難しい1戦です。

今回はオッズが集まりそうな馬とそうでない馬との差が大きく開くでしょう。

そのため、上位人気馬には極端に人気が集まりますが、そうではない馬は3桁オッズも多くなるのではないかと予想オッズでは思っています。

上位人気馬が人気を吸いますので、逆に言えば上位人気馬決着となってもそこそこの配当が見込めそうです。

愛知杯は例年難しい重賞レースですが、今年は更に難しく感じさせるレースですね。

2頭に絞るのが難しかった場合は、配当が見込めそうな馬の単勝と複勝で勝負することも念頭に考えていきたいと今のところは思っています。

≪予想を公開しました≫

今回は伏兵馬2頭の馬連とワイドで勝負したいと思います。

ご興味ありましたらご覧ください。

愛知杯 2017 見解と予想|穴馬を交えて馬連とワイドで勝負!
リッキーです^^本日もご覧いただきありがとうございます。早速ですが、愛知杯の最終見解を行っていきたいと思います。ハンデ戦で行われる為、かなりの混戦が予想される今年の1戦ですが、追い切りを見ても尚難しく感じます。【参考】 枠順も大事になるだろうと思って...

単刀直入に言って、うまコラボは"こんな人"にお薦めです。

「本当は6頭まで絞って馬券を買いたいんだけど、絞り切れない。」
「実は縦目を喰らうことが多い。」

パドック横の発売機近くで、時計を気にしながら新聞と睨めっこ。本当は目ぼしい馬を決めていたのに、パドックで馬を見てしまったらどの馬も走るような気がしちゃう...。

「もっと楽に走る馬が判ればいいのに...。」

そんなことを願っている自分がいました。
あなたはそんな経験をしたことはありませんか?

もしも、そんなことを少しでも思ったことがある方なら、きっとお気に入り間違いなしの指数提供サイト『うまコラボ』を使ってみて下さい。

うまコラボを使う利点は、少なくとも以下の事が言えます。

  1. 走る馬を指数で提示してくれる。
    だから、迷ったら数値上位の馬を選択することができる。
  2. 有力馬の中で、どうしても切る材料が見当たらない時にチェックしてみる。
    実は指数では全く高評価されていなかった。
  3. 前評判は悪いけど、どうしても気になる1頭がいる。
    馬の数値をチェックして胸を張って買うことができる。

指数って本当に当たるの?という疑問を持つ方もいらっしゃると思います。私も最初はそう思ってました。

あくまで指数ですから、レース展開やそもそもスタートが上手に切れるかどうかは考慮してくれていません。その為、いざレースが始まると指数上位馬でも簡単に敗れてしまうことは十分にあります。

しかし、うまコラボは、過去の成績をしっかりと提示してくれています。そして、うまコラボは、指数上位6頭は来る確率が非常に高いのがミソです。

直近の結果だけですみませんが、だけど、これだけの実績があります。
6頭BOXという限定ではありますが、3連単の的中率が最高で47.2%というのは本当に高い数字です。ほぼ2レースに1レースは的中している結果ですから、驚異的とも言える成績です。

個人的には、指数サイトを使うことで一番のメリットは、時短ができるという点です。

サイトに行けば指数で走る馬を提示しているわけですから、どっちの馬を切ろうかなと悩んで悩んで時間が無くなってきたとき、思い切って指数を参考に切る馬を決めたりしています。

上記6頭のBOXは、私はさすがに買えないのでもう少し絞りますが、迷った時に頼りになるというのは最大のメリットではないかと思います。

使い方は簡単で、こちらの登録ページからメールアドレスの登録が必要です。

上記の登録箇所がありますので、メールアドレスを登録。仮登録メールが送られてきますので、記載のURLをクリックすると本登録完了です。

無料登録だけだと、第1R~第6Rまでのレースが無料で指数公開中です。

え、後半のレースは観ることができないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは無料で午前中のレースだけお試しください。

お気に召しましたら、月額1,980円で全レースの数値を見ることができます。だけど、この金額で全レース提供というボリュームは凄いです。

まずは無料登録から。だけど、あなたも不思議と有料登録したくなると思いますよ。

うまコラボオフィシャルサイトはこちらから

-出走予定馬
-