フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

【函館2歳ステークス2015】最終追い切りタイム一覧と5段階評価

2015/7/25/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。
分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

2017年3月より、記事を細分化せずにまとめて更新していくスタイルへと変更しています。
例えば「日本ダービー」について書くならば、週初めに出走予定馬を更新し、その後最終追い切りなどを1つの記事に追記して更新を行っています。

こんばんは、この記事では函館2歳ステークスの最終追い切りタイム一覧と5段階評価についてかいていきたいと思います。

函館2歳ステークスは2歳世代最初の重賞レース。世代で最初の重賞ウィナーになるのはどの馬か、楽しみですね。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アルマククナ【B】

7月22日(水)函館 W(良)【5F70.1-54.3-39.6-1F12.3】

単走馬なり。コース3分どころを通っており、時計は参考程度。ただ、走っている姿には雰囲気を感じます。状態は比較的良さそうです。

オデュッセウス【B】

7月22日(水)函館 W(良)【5F68.3-53.7-40.0-1F12.7】

2頭併せ内1馬身先着。向正面にいるときから4コーナーにかけて、掛かりっ放しで気難しい正確なのかなという感じ。時計自体はそこまで悪いということもないですが、気性の悪い面がレースに出てくれば、好走は難しいのではないかと思います。

コラッジョーゾ【B】

7月23日(木)函館 W(稍重)【5F68.8-53.1-38.8-1F12.9】

単走末一杯。最後は本番追いのような形となりましたが、時計は伸びきれずといったところでしょうか。C評価とまではいきませんが、状態は今一つと言えるかもしれません。

ヒルダ【B】

7月22日(水)函館 W(良)【5F71.7-55.0-40.4-1F12.7】

2頭併せ外馬なりクビ差遅れ。併せたのはラッキーボックス。走っているフォーム的にはこっちの方が良さげも、最後はやや離された形。ただ、余力は十分という感じも受けるので、追えばまだまだ走れそう。

ブランボヌール【B】

7月22日(水)函館 W(良)【5F68.5-53.3-40.3-1F13.0】

2頭併せ外馬なり3馬身差先着。併せた相手が早々に脱落したので、最後は単走のような形に。フットワークの軽さが印象的でした。

ペイシャオトメ【B】

7月22日(水)函館 W(良)【4F54.4-39.6-1F13.0】

2頭併せ外馬なり併入。状態は良さそうですが、芝でどこまでという印象も。

マコトルーメン【B】

7月22日(水)函館 W(良)【5F69.0-54.0-39.9-1F12.8】

2頭併せ内馬なり1馬身先着。僚馬は鞭が飛ぶ中で、やや押えられた状態で併入という好内容。良馬場でも走りそうな雰囲気はありますが、前走新馬戦同様雨が降ればますます面白いかなという印象です。

メジェルダ【C】

7月22日(水)函館 W(良)【5F68.5-53.3-38.7-1F13.3】

単走馬なり。フットワークに力強さを感じますが、あまり時計は伸びなかったかなという感じも。

メジャータイフーン【B】

7月22日(水)函館 W(良)【4F54.6-39.2-1F12.6】

2頭併せ内馬なり半馬身先着。情報上は2頭併せも、直ぐ内に馬がいて最後は3頭併せのような格好。時計的には好内容と言える分類だと思いますが、中2週にしてはややハードな内容になっているんじゃないかと勘繰ってしまいます。

ラッキーボックス【B】

7月22日(水)函館 W(良)【5F71.3-54.6-40.0-1F12.7】

2頭併せ内馬なりクビ差先着。やや掛かりながら直線へ入り、軽く促されると自ら動いてクビ差先着。やや気性面に問題がありそうではありますが、瞬発力はありそうな雰囲気。

レディトリス【B】

7月22日(水)函館 芝(良)【5F68.6-52.4-38.7-1F12.1】

2頭併せ外1馬身半先着。もしかしたら3頭併せなのかもしれませんが、もう1頭は早々に離れてしまったので、3頭併せだったとしても実質的には2頭併せと言えるでしょう。直線向くまでは僚馬の内を走っていたものの、直線向いたところで外に進路変更し、馬体を併せると、最後は楽々突き放す内容でした。ただ、首がもう少し楽に動かせればという感じで、雰囲気的には今一つと言えそう。追い切りの雰囲気からすれば、スピード感ある馬で、人気がないのであれば狙ってみても面白いかも。

寸評

函館2歳ステークスの最終追い切りについて書いてきましたが、基本的にこの時期の2歳馬は未知な部分が多く、上向いてるのかなと思っても、基本的には消極的になってしまうのですが、それを表すようにB評価のオンパレードですね。函館組が多いので、前走も函館での追い切りという馬も多いのですが、時計的には伸びているけど、A評価つけるのは難しいという感じで、その逆も然りで、時計的には落ちているけど、雰囲気は悪くはないという感じで、C評価まではいかないのかなという感じですね。

特に、中2週など、調整程度で終わらせている陣営も多いので、単純に前走と比較できないと言ってしまえばご理解頂けるのかなと思います。

さて、回りくどくなってしまいましたが、今回の追い切りで良かったなと思った1頭は、B人気ブログランキング(205位辺り)

前走は上手く先行してからのレースで、今回も同じようなレースをしてくるはず。不安なのは勝ちタイムが平凡な点。勿論、この時期の2歳馬は走破タイムをそのまま勝っていても勝てないのですが、やや不安の残る前走の勝ち方だったかなと思います。

それでも追い切りの雰囲気は好感が持てますし、ここでも好走出来るんじゃないかなと見ています。

以上、函館2歳ステークスの最終追い切りタイム一覧でした。

「馬体を見ても良し悪しが判らない」
そんなあなたこそ必見です。

【ラジオ日本】【グリーンチャンネル】で、長年にわたりパドック解説を務めてきたこの道20年の大ベテランの柴崎幸夫氏。
前肢後肢オヤジ」というユニークなニックネームを持つほど長年培われた馬体診断を得意としている方です。
これまでに多くの人を的中へと導いてきました。

柴崎幸夫氏が今までの経験を活かし
「HIGH VOLTAGE」というサイトで予想提供をしていますよ。

メルアドを入力して申し込む

【お奨め無料コンテンツ】
「注目馬速報」
複勝圏内90%超の軸馬を押さえる事ができます。
この情報があれば、かなり予想を絞り込めますし的中精度が伸びます。

≪今週の勝負レース≫

大阪杯(G1)

「HIGH VOLTAGE」直近の的中情報です。

  • 03月26日 中京9R 刈谷特別
    3連単 67,900円
  • 03月25日 中山10R 春風S
    3連単 254,900円
  • 03月25日 中山11R 日経賞
    3連単 1,673,100円
  • 03月25日 阪神11R 毎日杯
    3連単 144,200円
  • 03月19日 中山6R 3歳500万下
    3連複 138,250円
  • 03月19日 阪神6R 3歳500万下
    3連複 704,100円

※払い戻し金額は、最大購入金額。

馬体に大きな完成度の差が現れてくる、デビュー戦や下級条件での的中も目立ちます。

今登録すると、
柴崎幸夫氏監修、今週の厳選レース「大阪杯(G1)」の買い目を無料で見る事ができます。
あなたの情報収集にお役立てください。

メルアドを入力して申し込む

-追い切り情報

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。